ロゴ制作について書いてみる

Sweet Rin 様 ロゴマークデザイン

 

デザインは生活に深く根付いている。

特に、なんとなく暮らしている日常でも「ロゴ」は当たり前に存在している。

「グラフィックデザインって何?」という人が多いが

ロゴデザインもグラフィックデザインの仕事だ。

 

会社や商品など、ブランドを認知してもらうためのロゴ。

ロゴと言っても、上記のように「シンボルマーク」と「ロゴタイプ」に分かれていて

それをまとめたものを「ロゴマーク」という。

 

このロゴマークを制作するだけなら良いが、中小企業、大企業のロゴマークとなると

CI、VI、BIというマーケティング要素が入ってくるのでかなり専門的であり

1つのロゴマークが100万円以上することもある。

 

CI、VI、BIというのは?

 

CI(コープレート・アイデンティティ)

企業の理念・事業内容・広告・マーケティングなど一貫した戦略を指す。

ロゴマーク仕様の厳密なマニュアルがある。

身近で言えば、facebook、twitter、instagramのロゴを使用するときは

規定にしたがって使用しなければならない。

 

VI(ビジュアル・アイデンティティ)

CIで作られたロゴなどの視覚的デザインを指す。

ロゴを中心とした企業の販促ツール(名刺・封筒・制服)などデザインを統一する。

 

BI(ブランド・アイデンティティ)

企業ではなく、商品ブランドの戦略を指す。

例えば、オンワードであれば「24区」「組曲」などブランドごとに異なるロゴを使っているのがBI。

 

 

株式会社きっとすき 様 封筒デザイン

 

他にも、名刺や封筒にロゴを使用する場合

住所と一体となった「アプリケーションデザインシステム」という

まどろっこしいモノが存在する。

 

これがなかなか厄介で、できあがったロゴを企業からいただいて

封筒や名刺をデザインする場合は、デザインの幅が狭まるため

なかなか難しい場合がある。

 

ロゴ制作は、一見簡単なようだが

かなり色々考えねばならないデザイン。

毎回依頼をいただく度に、格闘するダマリである。


イマジン・ピース・タワーの光を思い出す季節

 

ダマリが、アイスランドを訪れた目的は、ただ一つ。

オノ・ヨーコがアイスランドのヴィーズエイ島に創った

「Imagine Peace Tower」と「Wish Tree」をこの目でみるため。

 

「Imagine Peace Tower」イマジン・ピース・タワーとは、

毎年、10月9日(ジョンレノンの誕生日)から12月8日(ジョンが暗殺された日)まで
光が連日灯される塔のこと。

 

さっそくダマリは、アイスランドの首都レイキャビクにある観光案内所へ。

そこで、ピースタワーのツアーを申し込んだ。

 

ツアー当日。

なんと、天候不良のためツアー中止。翌日へと変更になってしまう。

 

 

しかしながら、このツアー日程変更のおかげで

ダマリは、人生初のオーロラをみることができるなんて

思ってもみなかった。

 

そして、今度こそツアー当日。

日が暮れかかった時間に、ホステルまでバンが迎えに来てくれた。

その日のツアー参加者はダマリを含めて5名。

 

小型船に乗り込み、ヴィーズエイ島へ渡る。

 

イマジン・ピース・タワーとレイキャビクの街並み

 

 

島が近くにつれ、タワーの光が近づいてくる。

光が天高く、どこまでも続く。

周りには、余計な光が何もない。冷たく澄んだ空気だけ。

 

島に上陸して、タワーまで歩く。

なんて贅沢な時間だろう。

 

 

アイスランドのエネルギーの80%は石油ではなく、水力から得られている。

タワーのエネルギーもまた、水力を源としていて

純粋に、光のみによって創られた塔だ。

 

ダマリは、教会にいるような気持ちになっていた。

光はクロスではないものの、一番天に近い光ではないか。と

その場にいれること全てに感謝した。

 

どこまでもどこまでも天高く続く光

 

 

この光を発している白い井戸「ウィッシング・ウェル・ウォール」には

「イマジン・ピース」というメッセージが、24の言語で刻み込まれている。

 

 

平和な世界を想像してごらん

 

タワーの光だけでも、感動してチビリそうだったのに、

なんと、オーロラが出現してくれて、とてもラッキーだと言われた。

ジョンありがとう。

 

 

この時のダマリのコンデジには、これが限界。。。

雲のように白いものが横切っているのがオーロラ。

 

 

ツアー会社からもらった画像。

オーロラというのは、肉眼でみると、このような緑の光ではない。

好感度カメラで撮影すると、このような色になるそうだ。

 

タワーを堪能した後、ダマリがもう一つ楽しみにしていた

「Wish Tree」のある小屋へ。

日本人らしい発想の七夕短冊が、静かに佇んでいた。

 

 

世界の平和と団結を願うウィッシュ・メッセージ。

世界中からウィッシュ・メッセージがここに集められ、いまだに送られて続けている。

これはまさしくジョン・レノンが生涯をかけて努力していたこと、それ以上のもの。

 

送られて来たメッセージも、この場所で書いたメッセージも永久に保存されるようだ。

ダマリも心静かに、短冊に願いを書き、このTreeに吊るした。

よし。ダマリのアイスランドでのミッション完了だ。

 

帰りの船の中で、あたたかいミルクティーと

ジョンの「IMAGINE」を流してくれるというツアーのサービスに

ダマリは感無量だった。

 

この時のダマリは、アイスランドからロンドンへ飛び、その後、北欧へ行く予定にしていたが

この「Imagine Peace Tower」と「Wish Tree」を目の当たりにして

「ダマリの旅は、もう終わりにしよう」と決心した。

 

それぐらい、心身ともに浄化された気持ちになった場所だった。

地球一体となったタワーは、

オノ・ヨーコとジョンの世界最高のアート作品だ。

 

 


植物のように水のようにしなやかでありたい

 

今回の台風24号・25号の影響で、

森や植物たちが強風にあおられているのを見て

「なんて、しなやかなのだろう…」と思った。

 

人は、困難にぶち当たる時

「なにくそ!」と力を入れて踏ん張ることがある。

自暴自棄になって、空回りすることがある。

 

以前のダマリは、そうだった。

そういう時の自分は、周りにあたり散らし、神経が乱れ、

良いことなんて一つもなく、悪循環スパイラルに陥る一方だった。

 

植物たちは、強風に身を任せて

しなやかに倒れる。細い茎も折れない。花びらも散らない。

そして強風が過ぎた後、また起き上がる。

 

水は、コップ、茶碗、グラス、やかんと

器によって変幻自在に形を変え

一滴の水から、大海の水へ。液体、固体、気体と姿を変える。

 

絶望的なことや、大きな困難に苛まれた時

まずは、その状況を受け入れること。

そして、なすがままに身をまかせること。

 

心身がポキっと折れないように。

植物のように水のようにしなやかでありたい。


彼と出会って11年後に結婚

 

>2018年10月3日水曜日

二人で、市役所へ婚姻届提出。

なんとも複雑な気持ち。私たちは、夫婦になった。

 

 

>2007年10月

彼とダマリが出会ったのは、11年前。

転職した新聞社の制作部に、彼はバイト生として働いていた。

ダマリ30歳。彼19歳。

 

彼は、日中は専門学校、夜は新聞社でバイトをして、

自分で学費を納めていた。

11歳も年下なのに、しっかりしていて、かっこいいな。と思っていた。

 

 

>2008年10月

あまり仲良くなれないまま、彼はニュージーランドへワーホリへ行く。とバイトを辞めた。

ダマリは彼に恋をしていたものの、ワーホリへ行く彼の心境を思い、

応援の手紙と「深夜特急」「青年は荒野をめざす」のドラマを焼いたCD-Rをプレゼントをするのが精一杯だった。

 

その頃のダマリは、世界放浪の旅に出る目標を計画していて

彼のニュージーランドは人ごとではなかった。

 

 

>2010年3月

ダマリの世界放浪の旅への出発が迫る中、ふと思い立ち、

旅へ出ることを、以前教えてもらっていた彼の携帯メールに送信してみた。

 

すると応援の返信メールがきて、なおかつ数日後に

旅の写真集と彼のワーホリ写真のCD-Rが送られてきた。

 

旅へ出た後も、幾度か彼とメッセージのやりとりをした。

彼は、専門学校を卒業し会社員になっていた。

 

 

>2011年2月

帰国後「旅の話を聞かせてください」と彼と再会を果たす。

新聞社で出会ってから3年が経っていた。

そこからデートを重ね、付き合うこととなる。

 

 

彼と付き合って8年の間に、別れ話も何度もした。

年齢がひとまわり違うのだから、結婚願望も、ましてや子どもを持って家庭を築くことも

あの頃の自分達には、想像もできなかった。

 

彼と付き合い始めの頃は、母にも祖母にも反対され

ダマリ自信も悩みすぎて、過呼吸になることもあった。

 

それでも、自分自身と彼を信じて

奄美大島、鹿児島、大分とずっと一緒にいて

困難を乗り越え、お互いを支え合ってきた。

 

41歳のダマリにとって、結婚は特別なことではなく

一つの通過点でしかない。

これからも、今まで通り彼と一緒に人生の旅を楽しもうと思う。


例えばパンフレット8ページの制作費20万は高いのか?

 

名刺制作・両面20000円。

そう聞くと高いと思うだろう。

 

A5パンフレットを8ページ制作・20万円。

そう聞くと、高すぎる!無理!と思うだろう。

 

何か、販促ツールなどの印刷物をプロに依頼する時は

自分自身や自社のお客様に提供している価格を考慮して

相場にあったデザイナーや制作会社に依頼した方がいい。

 

名刺20000円。100枚の印刷費込みなら名刺1枚にかかるコストは@200円。

そう考えると、名刺一枚の重みがわかるし、

名刺交換する際も、気合が入るだろう。名刺は大事な資産だ。

 

パンフレット20万円。1000部の印刷費込みならパンフレット1冊にかかるコスト@200円。

あれ?名刺一枚の値段と同じじゃん。

1000部配布できたら、営業ができて、20万なんてあっと言う間に元が取れる。

 

自分がお客様に提供しているサービスが、1人10000円ならば

20人のお客様にサービスを提供すれば、パンフレット代の元は取れる。

それって、難しいことかな?

 

1人1000円のサービスなら、200人にサービスを提供しなければならない。

それが大変ならば、8ページ20万の制作費は、高いだろうから依頼しない方がいい。

名刺も、自分自身で制作したほうがいいだろう。

 

ダマリは結局何が言いたいのか?

 

広告制作費は、ピンからキリまで様々だ。

自分のサービス料金を見直し、その制作物でどうなりたいのか

まず、自分自身で明確なビジョンを描こう。

 

広告制作費は、投資だ。

自分のサービスメニューを見直して、自分にあった広告費で制作すると良い。

自分の価値を高めたい場合は、プロに制作物を依頼することをオススメする。

 

そして、もしダマリが制作することになったら、その投資を決して無駄にはさせない。

自信を持って配布できる名刺やパンフレットを責任を持って制作させていただく。

10月1日。自分のセルフマガジンを見ながら、そう思ったので書いてみた。


| 1/123PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ