防災グッズにだけフォーカスせず、まずは敵を知る!

 

2019年10月22日に、

「防災ママカフェ®︎」に参加してきた。

 

今までは自分の身と愛猫の事しか考えずに、

防災グッズをなんとなく用意していたが。

今は、昨年産んだばかりの大事な大事な息子がいる。

 

子どものいのちを守れるママにならなくてはいけないのだ。

そのためには?防災グッズを揃えることからはじめる?

 

ママダマリは、防災グッズにばかりフォーカスしていたが

「防災ママカフェ®️」に参加して意識が変わった。

一番大切なのは、まずは「敵を知ること」。

 

講演を全国各地でおこなっている、防災ママカフェ®️主宰かもんまゆさん。

防災について、ロールプレイングゲームに例えてお話を進めてくださり

とても分かりやすかった。

 

敵を知らなければ、武器や道具を揃えることはできない。

「敵」というのは、津波や大地震など災害のこと。


 

 

自分の地域に災害がおきたらどうなるのか?

リサーチしてハザードマップを確認して

その時どうなるかを頭でシミュレーションしてみる。

 

敵を知った後は、ゲームの主人公や仲間にあたる自分や家族を知ること。

夫、息子0歳、愛猫の弱点はなにか?

 

その弱点を埋めるものを防災グッズで準備しなければならない。

要するに、各家庭によって防災グッズの内容は変わってくる。

 

 

自分たちの家族は、どのくらい戦う能力があるのか、ないのか?

 

 

大分県別府市に、震度7の大地震がきた時のシミュレーション。

最大の津波は5.4mが40分で到達。

津波、建物の倒壊、火災で8万3027棟が全焼、3万6399人が死亡。

 

ちなみに、このリンクに行くと

自分が住んでいる街の被害想定を確認できる。

朝日新聞デジタル「南海トラフ地震の被害想定

 

 

ちなみにママダマリが住んでいる大分県杵築市の想定。

最大震度6弱。最大津波6m、津波到達時間68分。

もし津波速報があれば、津波到達時刻まで60分の時間があるということがわかる。

60分あれば、高いところに避難できる。

 

2019年も残すところあと1カ月。

この1カ月で災害が起こるかもしれない。

2020年もきっとどこかで起こる。自分のところかもしれない。

 

年末までに色々やることがあるが

防災グッズや備え・シミュレーションの準備を優先的にする。

みなさんも、早め早めに備えを。

 


カタログ見ながら1人評論

 

 

ダマリがコンビニに行って

ついつい家に持ち帰ってしまうもの。

それは、お中元やお歳暮カタログ。

 

ページ数が多いカタログをみては

広告制作会社に勤務していた頃を思い出し

過去ダマリに元気をもらう。

 

カタログで一番大切なのは、やはり写真だろう。

「おいしそう〜!」と消費者に感じさせること。

「共感」を得ること。これがいわゆる「シズル感」というものだ。

 

ダマリが勤めていた制作会社は写真部があった。

そのため、デザイン制作と平行で撮影立会いはもちろんのこと、

商品撮影に使用するお皿・器、クロス、装飾雑貨など

百貨店や雑貨屋を巡り、自ら調達せねばならなかった。

 

画像で貼り付けているのは

ダマリがコンペで勝ち取った

新宿中村屋さんの四季DMカタログA2サイズ。

 

今みると、うわダサイ。って思っちゃうけどw

当時は、これが良いと思ってデザイン制作したわけだ。

 

例えば、カレーに敷いているランチョンマットや

あんみつを入れている器、スプーン、クロスも

ダマリが新宿を駆けずり回って買ってきたものだ。

 

こんな背景があるため、カタログの写真をみながら

食品の盛り方、使用されている雑貨、器、

そしてテーブルウェア、セッティングなど

 

上手いなぁ〜〜〜〜。と関心したり

ここは、こうだよね。とか

1人評論している。

 

もちろん、写真の次はページ構成や

インデント、文字組、マークなどもチェックしている。

 

気づけばデスク周りはカタログだらけ!!!!

溜まったら躊躇せず、全部捨てるけどさ。

 

コンビニカタログは特に綺麗に制作されている。

制作の背景が見えるから

「お疲れ様です!素晴らしいです!」とお伝えしたい(^^)


息子0歳初パスポートのローマ字表記

 

息子の名前は、李衣(りい)。

ローマ字表記だと「RII」となる。

ん〜〜〜〜〜、これ、納得いかない。

 

 

 

パスポート申請をするときに、

申請書にヘボン式ローマ字表記を記入する欄がある。

だいたい毎回思うけど、「ヘボン式」ってなんなんだよGoogle先生!

 

ヘボン式ローマ字とは、1867年アメリカの宣教師ヘボンさんが出版した

「和英語林集成」という和英語辞典で使われた綴りを元に

羅馬字会、ローマ字ひろめ会が修正を加え、ローマ字ひろめ会が1908年に発表したもの。だそう。

 

よくわからないけど、日本政府がそれを用いるようにしているのね。

ローマ字表記って、みんなバラバラだから、統一できるように

きちんと決まりがつくられているヘボン式をずっと使っているわけだ。

 

 

ヘボン式ローマ字でいうと、息子の名前・李衣(りい)はRII。なんだけど

この申請書の裏面には、こういう欄がある。

「ヘボン式と異なる場合のみ」の表記ができる。

 

ダマリは、どうしても李衣をLEEで表記したい。という思いがあった。

パスポートは一生使うものだし、

結局RIIよりLEEの方が国際的で読みやすいし。

 

申請する際に、「LEE」でも問題はないか?尋ねてみると

・クレジットカードのローマ字も同じ表記でなければならない

・これまで飛行機のチケットなどのローマ字表記が同じでなければならない

など言われた。

 

息子の場合は、まだ0歳だから

クレジットカードは作っていないし、

飛行機には乗ったけど息子用のチケットはとったことがない。

 

というわけで、「LEE」で申請できることになった。

が、この先、息子がクレジットカードを作る際や飛行機チケットなどでローマ字表記をする際は

必ず「LEE」を使用せねばならないようだ。

 

これが一生のローマ字表記となるわけだ。

とにもかくにも、はじめから国際的な子になるようにと願いをこめた名前だから。

LEEで国際デビューできるね。


母から最後のバースデーカード

 

先日、Facebook上で

「おすすめの映画・ドラマを教えてください!」と書き込みをしたら

たくさんのおすすめ映画・ドラマ情報をいただいた。

 

その中で、まず選んだのは「バースデーカード」という作品。

自分の誕生日が近い。という単純な理由で選んだのだが、

これが号泣ものの作品だった。

 

主人公の女の子が10歳のある日、母が病気でこの世を去ってしまう。

自分の死期を悟った母は、子どもたちが20歳になるまで毎年バースデーカードを贈る約束をしていた。

その約束どおり、子どもたちのもとには毎年、母からの手紙が届くように。

 

自分の子どもが11〜20歳になるまでの成長を想像して

バースデーカードを書く気持ちって、どんなだろう?と、

母になった今、胸が熱くなった。

 

そして、ダマリの母からもらった

最後のバースデーカードを思い出した。

まさか、このカードが最後になるなんて、思ってもいなかったな………

 

誕生日プレゼントを贈るとき、カードを付けるのと付けないのとでは

受け取る側の気持ちが大きく異なる。

プレゼントも嬉しいけど、手書きの手紙の方が、最高のプレゼントだから。

 

今日も誰かが生まれた日。

Happy Birthday to you.

 

 


【世界一周最終地点・沖縄】首里城の思い出

 

今朝のニュースはショッキングだった。

あの沖縄のシンボルである首里城が大火災。

それも正殿全焼。なんということだ……。

 

 

ダマリが、2010年に世界一周放浪の旅をしたとき

旅の最終地点に選んだのは沖縄だった。

台湾から飛行機で那覇へ。文化のグラデーションを感じディープなアジアを感じていた。

 

 

首里城は、朱の色で染まり、沖縄の空とハレーションをおこし

とても眩しかった。

琉球王朝のすごみを感じた。

 

 

ダマリが首里城へいったときは、補修工事を行なっていた。

そうして、首里城を大切に守ってきた背景を見ただけに

今回の火災は、なんだか旅の一部も火災にあったような気持ちになった。

 

 

沖縄の人たちは、悲しい思いをしているだろうな。

復元にも時間がかかりそうだし。

 

 

ダマリは辰年の女。

首里城のいたるところにある、龍の装飾は、どれもこれも素晴らしく

エネルギーをたくさんもらえた気がした。

 

 

素晴らしい絵画や装飾品も、すべて燃えてしまったとは………。

火災って、本当に怖い。

 

 

がんばって復興してほしい。

そして、沖縄の青い空に映える真っ赤な首里城に、また出会える日を楽しみにしている。

がんばれ沖縄!!!


| 1/140PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ