【SPAIN】地球めしvol.16〜ティント・デ・ベラーノ Tinto de Verano

 

放浪の旅で、意心地の良いスペインに3カ月滞在していた。

その間、スペインに嫁いだ3名の日本人女性の家を転々とさせてもらっていた。

本当にお世話になりましたm(_ _)m

 

そんな中で、スペイン料理も色々教えてもらい

特に暑い日にオススメなのは、

「ティント・デ・ベラーノ」

 

これは、簡単に言うと赤ワインのソーダ割り。

Tinto=赤ワイン、Verano=夏

夏の赤ワイン!夏に飲まないでどうすんだ!

 

サングリアももちろん美味しいけど

手軽に飲めるのはティント・デ・ベラーノ。

自宅で軽めのスパークリングワインを楽しめちゃうわけだ。

 

ぜひお試しあれ*

 

 

Spain

ティント・デ・ベラーノ Tinto de Verano

 

■材料

・氷
・赤ワイン
・レモンライムソーダor炭酸水
・レモンのスライス

 

■作り方ってほどでもないが…

step 1

1Lのカラフェ的なものに、氷を1/3ほど入れる。
 

step 2
そこへレモンスライス数枚を投入。

(レモンを使わなくても、レモンフレーバーの炭酸水だったらいらないね)

step 3
次に赤ワインを1/2のところまでドボドボ入れる。
 

step 4
最後に炭酸水を1/2注いで、軽くマドラーでかき混ぜたらOK!!!!!

 

これ、ガブガブ飲めちゃうのでやばいっす。

お友達と集まる時にいいかもね*

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

電子版制作代行いたします!

「自分で電子版カタログ作るの面倒だなぁ。やってくんない?」

という方は、デザイン屋Damalish.comにご相談ください(^^)/

 

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


肩書き、グラフィックデザイナーだけじゃつまらない



最近、悩みの一つである「肩書き」。


グラフィックデザイナーの一つじゃつまんない!


と、あれこれ考えてみるものの。



だからと言って私に何ができるのか?


自称料理研究家。

自称ハーブ愛好家。


コーディングをもっと勉強してWEBデザイナー。


自分の好きなことを極めるにしても。

馬、猫。

ムムム、どうすりゃ良い?


高校生の頃まで、

なんであんなに好きなことが沢山あって夢中になれたんだろう?


時間を惜しんで、

油絵を描いた、漫画を描いた、ダンスを踊った、スクラップブックを作った、紙粘土でオブジェ作った。


たぶん、「お金」という対価を気にせず

本当に自分さえ楽しけりゃ良いものに没頭していた。


あれから、お金もらわなきゃやってらんない。という思考になってしまって


無我夢中で何かを作ることという感覚を忘れてしまっている。

今の私は、バケツに入れられた蠍。


さ、どうやって脱出する?

毒を出してかなくちゃ。さ、どうする?


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

電子版制作代行いたします!

「自分で電子版カタログ作るの面倒だなぁ。やってくんない?」

という方は、デザイン屋Damalish.comにご相談ください(^^)/

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから


デザイン屋Damalish.comネットツール

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「魔女のろうそく」と呼ばれるハーブ【マイレン】

 

私が不定期で通っている魔女パート先のハウスには

幾種類ものハーブ苗を販売している。

 

私にとっては、ハーブ植物園さながらなので

ハウスが楽しくってしょうがない。

 

先日、ハウスに足を運んだ時のこと。

目に飛び込んできた文字。

 

「魔女のろうそく」

 

な、な、な、なにぃ〜〜〜〜〜〜!?

「魔女の」という文言に弱い私は

その「魔女のろうそく」とやらのハーブの前で足を止めた。

 

 

そのハーブの名前は「マイレン Mullein」。

見た目の葉は、ラムズイヤーのように、モコモコして肉厚でかわいい。

 

これが、どうして、魔女のろうそくなんだ!?

 

説明書きを読んでみると、

 

「古代ローマ時代には長い穂に牛脂や樹脂をしみこませたものをたいまつとして利用し、

魔女のロウソクという呼び名をつけて親しんでいた。」

とある。

 

その松明とされた花穂はこんな感じ。

 

 

 

写真でみるとわかりづらいが、

花穂が伸びると、2mを超すまで成長する。

モコモコで毛深いため、油が染み込みやすい。

松明にもってこいのハーブ。

 

松明だけの用途ではなく、花や葉は、呼吸器系に良いとされていて

咳や痰を取り除いてくれるそう。ネットで調べると、ドライのハーブティが販売されている。

 

また、花をオリーブオイルに浸して作ったオイルで湿布をすると筋肉痛や関節痛に効くようだ。

(葉を煮出したお湯で温湿布にしても良いそう)

 

この黄色のかわいらしい花は、染料にも使用されているそうで

なんとも、あますところのない、最強のハーブ!!

 

和名は「ビロードモウズイカ」

ん、、、、ロマンも何もない名前だわね(-_-)

 

アメリカ西部では「Cowboy Toilet Paper」と呼ばれているらしい。

たしかに、モコモコの大きい葉は、お尻を拭きやすいし、よく吸収してくれそうだわwww

 

一度キャンドル試してみたいな。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


見送られる人、見送る人。寂しいのは、どっちだと思う?

 

昨年、母がなくなって二回目のお盆を迎える。

 

この時期になると、学生の頃の夏休みを思い出す。

 

私が小学5年の夏休み。両親は離婚した。

母は、祖母がいる奄美大島へ引っ越し、離島のため、簡単には会えない距離になる。

 

毎年夏休みになると、弟と二人で飛行機に乗り

奄美大島へ1〜2週間母の元へ遊びに行っていた。

 

弟が小学生を卒業するまでは、父が搭乗口まで送ってくれていて

私はそんな父に見送られるだけで、泣いていて、

その頃の弟には、私が泣く意味が理解できず、いつも私をバカにしていた。

 

 

 

「見送られる人、見送る人。寂しいのは、どっちだと思う?」

 

母が良く言っていた言葉。

 

夏休み、母と過ごせる限られた時間は長くて2週間。

母に会える嬉しさの反面、「別れ」の寂しさも常につきまとい

とても切ない夏休みを、毎年毎年繰り返していた。

 

母と過ごす最終日、空港で母に見送られる。

私は、空港に向かう車に乗った時点から、泣き始める。

 

「見送られる人、見送る人。寂しいのは、どっちだと思う?」

 

中学までは、見送られる人が寂しいと思っていた。

飛行機の中から見る、空港の送迎デッキから手を降る母が小さくなっていく。

とても辛かった。

 

あれから、いろいろな形で何度も出会いと別れを繰り返し、涙を流し、

私の中で確信しているのは、

 

見送る人の方が、圧倒的に寂しい。

 

見送られる方は、「行き先」という目的がある。

そこへ向かって進んでいく。

別れの時は辛くても、「行き先」に着く頃には忘れている。

 

見送る方は、見送った後も、その人のことをしばらく引きずる。

それが寂しい。

 

この、見送る人と見送られる人の寂しさは

「永遠の別れ」でも同じことが言える。

 

昨年、母と最期の別れ。

母は、旅立った。

 

今思えば、普段の別れと、最期の別れって

案外、たいしてかわらない。

 

最期の別れの方が、一生の別れなんだから、

同じな訳ないでしょ!

 

という人もいるかもしれないが。

 

人の死なんて、残された者は寂しさでいっぱいだけど

見送られた方は、「行き先」に向かって行く。

 

死んだことがないから、なんとも言えないが

死に際って、寂しいけど

「じゃあ、またね。あとは、よろしくね」というシンプルな想いだけなんじゃないか?と思う。

 

人の死は、永遠の別れのようだが

どこか遠くに旅立っていて、生きている気がするような感覚。

 

また会える日まで、命を全うするのみ。

 

 

 

Dear mom,Love you.

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


中学・高校で6年も習ってんのに話せないのは国家が悪い!

 

なんども勉強をはじめては挫折する英語。

中学・高校と6年間も習ってんのに話せないってどういうことだ?

 

短大や大学、英語を専門とした高校は別として

多くの日本人は英語が話せない。

 

バックパッカーの旅で痛感したことは

日本人は本当に英語が低レベルだということ。

自分にも腹がたつ。

同じアジア圏の韓国人や台湾人はベラベラ。

勉強した期間を聞くと、さほど日本人と変わらない。

 

「英語なんか話せなくても生きていける」

「海外にはいかないから話せなくていい」

こういう人たちは別としても、

やはり第二言語、第三語言語まで

学校で教えてほしい。

 

ホリエモンとかも本で書いているけど学校なんていらない。

学校で得たものは、友達くらいで、

ほとんど頭に入っていないし、社会人になって必要なものなど習っていない。

 

数学なんて、簡単な計算ができればいい。

それ以上勉強したい人だけ、学ぶシステムにすればいい。

 

お金の流れ、ビジネス、トーク、プレゼンの仕方などを

中学、高校からやっていたら、どんなにいいか。

そして、習いたい外国語を選ぶ形にすればいいのに。

 

「日本人の英語の先生」というのも間違っている。

ネイティブの先生をなぜ起用しないの?

 

大人になって英語にお金と時間をかけている人は大勢いる。

これを無駄な行為だとホリエモンや色々な人が言っていることも、よく分かる。

 

あと、日本人の鎖国文化も英語を話せない一因かと。

英語を習っても、使う場がない。

周りは日本人ばかりだから、英語なんて必要ないのが現状。

 

最近になって海外からの旅行者が増加傾向にあって

地方でも英語表記を見るようになった。

 

ふぅ〜〜〜

 

ただただ英語を理解できない悔しさだけが募って、わけもなく焦るばかり。

海外に移住したいし、世界をまたにかけて仕事をしたい。

漠然とした目標を掲げ、少しでも話せるようになりたいわけで。

 

恨むわぁ、、、、中学も高校も、がっつり日本人の英語の先生だった。

 

専門学校にいたっては、強制的にフランス語の授業があったが

サヴァ? ケスクセ? メルシーボークー、サヴァビアンメルシー

しか憶えていない。www なんなんだったんだあの時間は。

 

英語の勉強たって、何から始めていいかわからないから(海外へ住むのが一番早いけど…)

自分のレベルがどのくらいか分かるために、とりあえず英検準2級から始めてみて、合格。

 

次は英検2級を目指してやっている。これに合格できたらTOEICを受けてみようかと。

まずは、英検2級から。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/68PAGES | >>

search this site.

ホームページ

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

プロフィール

グラフィックデザイナー・DAMALI
本名・西溜美和(ニシダマリミワ)。鹿児島県霧島市出身。趣味・乗馬。 専門学校卒業後、東京四谷の広告制作会社にグラフィックデザイナーとして5年間勤務。 大手企業の通販カタログ、商品パッケージ、アパレル広告、折り込みチラシや販促ツール、ブースデザイン等、幅広いデザインに携わる。 その後ローカル新聞社で組版、広告制作に7年間携わり、新聞社の社名変更に伴いCIデザインを手がける。途中、一時退社し、270日間20ヵ国を巡る世界放浪の旅へ出発。 新聞社を退社後、2015年にフリーランスグラフィックデザイナーとして独立起業。地元ブログサイトの取材・撮影・執筆・編集や、新聞社の新聞広告制作等を手がけ、現在に至る。大分県杵築市にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールはコチラ

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

selected entries

categories

archives

recent comment

clients

search this site.

others

mobile

qrcode