仕事でSNSを使用している人は、写真に気を使うべし!

 

仕事でSNSを使用している人は、写真に気を使うべし!

これは、自分自身にも言い聞かせていることだが、

残念な投稿があまりにも多いので、ブログに書いてみる。

 

 

その1)飲食店の写真投稿

 

飲食店を経営されている方。

これは、ちょっと写真の勉強をした方がいい。

飲食店の要である料理の写真に気を使わずして投稿している店が多い。

 

窓際で、光と陰のコントラストをつけて撮影してくれよ。

料理は立体感がないと美味しそうに見えない。

 

そして、青白い蛍光灯の下での撮影はNG!!!

料理の写真は、赤み・黄色が強くないと食欲が掻き立てられない。

 

そして、器やテーブルにも気を使って欲しい。

そこに気を使えなかったら、料理もそのレベルにしか見えない…………

 

 

 

その2)お酒ばかりの投稿

 

仕事でSNSを利用しているなら、

自分自身にもっと気を使おう。

 

お酒ばかり投稿している人、結構見受けられる。

私自身もお酒を飲むが、「今日も飲んでまぁ〜〜〜す!」的な

投稿はしない。

 

飲んだくれの会社に、仕事が来るだろうか?

私だったら、心配になる。

 

 

その3)病気の投稿

 

インフルエンザがはやっている。

そのほかにも、入院している写真などupされている。

 

病気がちな人に、仕事が来るだろうか?

私だったら、元気で笑顔のある人に仕事を依頼したい。

 

なので、あまり自分が病気とかネガティブ発言とか

多く投稿しないほうがいいように思う。

 

 

 

その4)自分自身の綺麗に見える角度を把握せよ

 

人の顔は、左と右ではちょっと見え方が異なる。

日頃何気なく撮影する写真だが、

そこで、自分の見せ方を知っている人は得をする。

 

私も最近、自分の顔がどっちが写りがいいか分かってきた。

今までだと、「そんなの気にしても一緒だしぃ〜〜〜」

なんて、ズボラだったのだが、意識するのとしないのとでは全然違う。

 

自分自身をブランド化するならば、自分にもっと気を使おう。

「綺麗!」とか「かっこいい!」と言われている人達は、自分の見せ方を知っているし

自分のNG、ウィークポイントをよく知っている。

 

私の母は、自分の写真に写る角度が決まっていた。

いつも顎を引いて、口角をバッチリあげて、足や手の角度にも気を使っていた。

 

メイクをしていない母は、決して美しいとは言えず、お腹もボッテリ出ていたのだが

お客さんに対する姿は、メイクも髪型もバッチリ、姿勢が良かったため

「いつも綺麗ねぇ〜、スタイルいいわねぇ〜」と言われていた。

 

 

個人で楽しむツールとして、SNSを使っている人達は別だけど

個人事業主や会社を背負っての投稿などは、

ちょっと気を使ったほうがいい。投稿する前に、ちょっと考えよう。

 

最近つくづく、そう思う。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン

独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。

印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?

この写真をうまく切り抜きたいの………。

チラシや名刺を自分で作りたい! などなど

●レッスン…(1時間)5000円

※オンラインも可能です。※プロの方はご遠慮ください。

 

セルフマガジンプロデュース"POWER for Restart"

個人版会社案内セルフマガジンをプロの編集者とデザイナーでプロデュースします。

自分をブランド化し、正々堂々と自分を売り込むマガジンを作りませんか?

●A5版p8 …135,000円〜

※お申込み、お問い合わせはコチラから。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


世の中パクリだらけやろ!それにセンスが加わり、オリジナルになるんやろ。

 

数年前、オリンピックのシンボルデザインで

パクリ事件があった。

 

確かにあれは、そっくりすぎて、

周りの人は、かばいようにも、かばえなかっただろう。

 

友人らと話をしていて、こういう話になった。

「ピカソの絵を真似して描いたところで、ピカソは"パクリだ!"って怒らないだろう」

うん、ほんとその通り。

 

世の中パクリだらけ。

デザインの世界もそうだ。

 

ただ、何を吸収するかは、その人のセンス。

そして、吸収したものを、その人のフィルターに通して

どう表現するかも、その人のセンス。

 

パクって真似して、同じものを作ったり、描いたりしても

それは、全く同じものにはならない。

 

オリンピックのシンボルデザイン事件は、

フィルターを通してからの、表現のセンスが足りなかったために起こったことだと思う。

 

例をあげてみる。

手芸教室や、絵画教室で、講師よりも優れた生徒がいた場合。

講師が教えた技法を使って、生徒が講師よりも良いものを作ったら。

 

ほとんどの講師は、妬みを持つ。

残念ながら、ほとんどがそうだ。

 

私の母は、手芸教室、フラダンス教室、絵画教室に通っていたが

どれもすぐに超えてしまって、毎回講師に妬まれていた。

 

「どんどん真似して良いよ。どうせ、同じものなんか作れっこないのだから」と

堂々と言える講師は、どれだけ存在するのだろう?

 

良いものは盗んで、パクる。

ただし、自分のフィルターを通して、さらに磨かねば。

 

 

 

 


ダマリ初のPhotoshopマンツーマンレッスン

 

ダマリにとって、初めてZoomでマンツーマンレッスンをさせていただいた。

 

会社員時代、社内で「Adobe Illustrator」や「Photoshop」などを教えることはあっても、

お金をいただいて教える。ということは

グラフィックデザイン歴20年目にして、初めてのことだった。

 

お客様は、福岡の方だったのでZoomで教えることに。

マンツーマンレッスン。

遠隔で、操作を教えるというのは、なかなか難しいことだと改めて思った。

 

プロのデザイナーは、ほとんどショートカットで作業をする。

いかにマウスを持ち替えてする作業をなくすか………

自分で作った独自のショートカットを作ったりもする。

 

これを、教えるとなると、なかなか難しい。

ショートカットを教えるのが難しいのではなく、

どこのバーから入って、どこどこを選択して。ということが難しい。

 

自分でやる作業は、オートマティックになってしまっていて

影をつけるとき、移動するとき、などなど、勝手にキーを触っているため

普段、自分がどこをどう押して作業しているか、教えるとなると戸惑う。

 

例えば。

上の写真の三角形のパスをとるとしよう。

そのあと、そのパスを選択範囲で指定したい場合、

私は、command+パスレイヤー をクリックして選択しているが

お客様に教えるとなると、どこをどう選択して。と、伝えるのが難しい。

 

おまけに、私はMac、お客様はWindowsだと

commandキーではなくて、Ctrlキーだったり、

optionキーがAltキーだったりする。

 

右クリックでしているお客様もいることだろう。

 

やはり、何度もこういう対面レッスンをしていきながら

改善点を見つけて、よりよくしていくことが何よりも大切だと改めて思った。

 

そして、お客様に理解しておいて欲しいこと。

「Adobe Illustrator」や「Photoshop」も技術の道具だと考えておいてほしい。

大工さんでいうノミやノコギリのような工具と同じ。

 

棟梁が弟子に、ノミの使い方を教える。

その時に、棟梁が今までやってきた方法で、オリジナルのやり方で教えてくれるだろう。

「Adobe Illustrator」や「Photoshop」も、人によって様々な使い方をする。

デザイナーによっても様々だ。

 

デザイナー本人たちも、より早く作業をするために、

裏技や便利ツールをインストールしたりする。

おまけに、ソフトのヴァージョンいによってもツールが変わっていたりするので

常に、勉強を続ける必要性がある。

 

私はずっとCS6で制作していたが、

お客様がCCを使っているという方もいらっしゃるので、

CC(Creative Cloud)導入に迫られている。

 

「Adobe Illustrator」や「Photoshop」を習いたいという方は

ぜひ、お問い合わせください(^^)/

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン

独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。

印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?

この写真をうまく切り抜きたいの………。

チラシや名刺を自分で作りたい! などなど

●レッスン…(1時間)5000円

※オンラインも可能です。

※プロの方はご遠慮ください。

※ソフトを持っている方に限ります。

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


自分で自分の信用を落としていないか?

 

 

私が仕事をいただいている社長さんと

お食事をさせていただいている時のこと。

 

その社長さんは、本州に本社、そして大分に支店を出されてるやり手の方だ。

 

お食事をしている過程で

共通のお知り合いの名前があがった。

 

ダマリ「あ!私もその方と面識あります」

社長さん「あ、そうなの?」

 

と、その共通の知人が素晴らしいという話になり。

そして、私は、その知人に近日会う予定になっていたので、

 

ダマリ「あ、今度私○○さんに会うんですよ!社長さんとの話、してみようかな」

私は、気軽にそう言った瞬間、

 

社長さん「ダマリさん、それは、ダメよ!」と注意された。

 

え????私は、なんでそれがダメなのか一切わからなかった。

すると、社長さんがこう話を続けた。

 

「その方に、私とダマリさんが知り合いだということを言えば、信用をなくすよ」

「え?」

「○○さんはお客様だから、私がダマリさんに○○さんの事を話していたと知ったらどう思う?」

 

 

私は、理解するのに数分かかった。それだけ、私のこれまでの言動が浅はかだったと言える。

 

「○○さんは、私とダマリさんがランチをしながら、私の事で何を話していたのだろう?と思うはずよ」

「あ、、、、そうか」ようやく私は理解し始める。

「一定の場で話した内容は、絶対外に話したらダメ。個人情報を漏らすことになるし、あなたも私も信用をなくすことになる」

 

私は、金槌で頭を殴られたようだった。

本当にそうだ。その通りだ。

 

「だから、人のことをその人がいない場で、あれこれいう人を信用してはいけない。私は社員を抱えているから、なおさら。人に相談されたりするけど、一切漏らさないよ。家族にも言わない。」

 

私は、これまで出会ってきた代表や社長達の顔が頭をよぎった。

信用できる社長達から、陰口を聞いたことはない…そういうことだったのか。

 

陰口を叩くなら、直接本人に言おう。

あの人は、ああいう人だ。こういう事があった。と、いう人は信用してはいけない。

私も今まで、そういう人は信用していなかったが、なおさら気をつける。

 

自分が目で見て、確かめたことしか信じてはいけない。

そして、黙っておくことだ。第三者のことに口出しは禁物。

 

陰口を叩く人が目の前にいたら、その人はきっとあなたのことを他にも言っている。

それは、間違いない。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

仕事につながる名刺づくりアドバイス

あなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?

ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!

●アドバイス…(1時間)1人3000円

※オンラインも可能です。1名様〜

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン制作料金、全額前払い、賛否両論ありますが。

 

デザイン屋Damalish.com。

デザイン制作料金、全額前払い。

早速、賛否両論、話が持ち上がっている。

 

「前払いなんてありえない」

「デザイン制作で前払いなんて聞いたことがない」

「普通、後払いでしょ?」

 

と色々なお声をいただいている。

不快な思いをさせてしまっている方々、

私の制作の進め方が悪く、本当に申し訳ございません。

 

今回の件で、デザイン制作というサービスは

制作の流れを読んで理解いただき、お見積書に同意をいただく。

このことの重要性が身に沁みて分かった。

 

「全額前払い」というのは、お客様にとってリスクが高いのか?そして失礼な事なのか?

確かに、3万、5万以上となると高額だし、お支払いが大変だということは良くわかる。

お客様との信頼関係があれば、分割払いもできる。

 

ただ、私はこう思う。

本当に必要なものなら、お金を支払ってモノ・サービスを買う。

払えなければ、そのモノ・サービスは受けとれない。

 

制作の流れ、お見積書に納得が行かなければ、

私ではなく、他のデザイナーへお願いするのは当然のこと。

なので、デザイン屋Damalish.comの方針に納得できない方は、依頼しないでください。

 

私の事を信頼してくれ、「ダマリさんのデザインが良いからお願いしたい」と

対価を支払ってくれるお客様に、私は時間をかける。

 

デザイン制作というのは、打ち合わせから刷り上がりまで、

名刺で2週間〜1カ月、チラシ・冊子で2カ月かかる。

ひどい場合には、話が右往左往して半年かかる場合もある。

 

後払いでデザインの仕事をするとどうなるか?

売掛金だらけの、タダ働きとなる。

 

タダ働きの上に、何度も打ち合わせをし、修正がくる。

精神と時間がどんどん消耗する。

これで、モチベーションが上がるのか?上がるわけがない。

 

会社員なら別だが、フリーランスは、そうも行かない。

営業はいないし、総務も会計もいない。

自分の身は、自分で守るしかないのだ。

 

スーパーで商品を買う。前払い。

セミナーを受ける。前払い。

マッサージを受ける。前払い。

映画を観る。前払い。

オンラインショッピングをする。前払い。

オンライン印刷を頼む。前払い。

 

ほとんどのものが前払いの世の中なのに

なぜ、デザイン料金は前払いはダメなのか?

 

変なものを作るかもしれないから?

どんなデザインをするかわからないから?

逃げられると困るから?

 

不安な方は、ダマリに依頼しない方が良いです。

私は、前払いをしていただくことで、最高品質のデザインを提供します。

 

お客様は神様なんかじゃない。

対価を求め合い提供しあう、人対人。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

印刷物・販促ツールマンツーマンアドバイス

ダマリとマンツーマンで、既存の印刷物・販促ツールを見直しましょう!

●アドバイス…(1時間)3000円

※オンラインも可能です。

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/20PAGES | >>

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県霧島市出身。趣味・乗馬、弓道弐段。海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

ホームページ

コメント

search this site.

管理者ページ