ロゴ制作について書いてみる

Sweet Rin 様 ロゴマークデザイン

 

デザインは生活に深く根付いている。

特に、なんとなく暮らしている日常でも「ロゴ」は当たり前に存在している。

「グラフィックデザインって何?」という人が多いが

ロゴデザインもグラフィックデザインの仕事だ。

 

会社や商品など、ブランドを認知してもらうためのロゴ。

ロゴと言っても、上記のように「シンボルマーク」と「ロゴタイプ」に分かれていて

それをまとめたものを「ロゴマーク」という。

 

このロゴマークを制作するだけなら良いが、中小企業、大企業のロゴマークとなると

CI、VI、BIというマーケティング要素が入ってくるのでかなり専門的であり

1つのロゴマークが100万円以上することもある。

 

CI、VI、BIというのは?

 

CI(コープレート・アイデンティティ)

企業の理念・事業内容・広告・マーケティングなど一貫した戦略を指す。

ロゴマーク仕様の厳密なマニュアルがある。

身近で言えば、facebook、twitter、instagramのロゴを使用するときは

規定にしたがって使用しなければならない。

 

VI(ビジュアル・アイデンティティ)

CIで作られたロゴなどの視覚的デザインを指す。

ロゴを中心とした企業の販促ツール(名刺・封筒・制服)などデザインを統一する。

 

BI(ブランド・アイデンティティ)

企業ではなく、商品ブランドの戦略を指す。

例えば、オンワードであれば「24区」「組曲」などブランドごとに異なるロゴを使っているのがBI。

 

 

株式会社きっとすき 様 封筒デザイン

 

他にも、名刺や封筒にロゴを使用する場合

住所と一体となった「アプリケーションデザインシステム」という

まどろっこしいモノが存在する。

 

これがなかなか厄介で、できあがったロゴを企業からいただいて

封筒や名刺をデザインする場合は、デザインの幅が狭まるため

なかなか難しい場合がある。

 

ロゴ制作は、一見簡単なようだが

かなり色々考えねばならないデザイン。

毎回依頼をいただく度に、格闘するダマリである。


例えばパンフレット8ページの制作費20万は高いのか?

 

名刺制作・両面20000円。

そう聞くと高いと思うだろう。

 

A5パンフレットを8ページ制作・20万円。

そう聞くと、高すぎる!無理!と思うだろう。

 

何か、販促ツールなどの印刷物をプロに依頼する時は

自分自身や自社のお客様に提供している価格を考慮して

相場にあったデザイナーや制作会社に依頼した方がいい。

 

名刺20000円。100枚の印刷費込みなら名刺1枚にかかるコストは@200円。

そう考えると、名刺一枚の重みがわかるし、

名刺交換する際も、気合が入るだろう。名刺は大事な資産だ。

 

パンフレット20万円。1000部の印刷費込みならパンフレット1冊にかかるコスト@200円。

あれ?名刺一枚の値段と同じじゃん。

1000部配布できたら、営業ができて、20万なんてあっと言う間に元が取れる。

 

自分がお客様に提供しているサービスが、1人10000円ならば

20人のお客様にサービスを提供すれば、パンフレット代の元は取れる。

それって、難しいことかな?

 

1人1000円のサービスなら、200人にサービスを提供しなければならない。

それが大変ならば、8ページ20万の制作費は、高いだろうから依頼しない方がいい。

名刺も、自分自身で制作したほうがいいだろう。

 

ダマリは結局何が言いたいのか?

 

広告制作費は、ピンからキリまで様々だ。

自分のサービス料金を見直し、その制作物でどうなりたいのか

まず、自分自身で明確なビジョンを描こう。

 

広告制作費は、投資だ。

自分のサービスメニューを見直して、自分にあった広告費で制作すると良い。

自分の価値を高めたい場合は、プロに制作物を依頼することをオススメする。

 

そして、もしダマリが制作することになったら、その投資を決して無駄にはさせない。

自信を持って配布できる名刺やパンフレットを責任を持って制作させていただく。

10月1日。自分のセルフマガジンを見ながら、そう思ったので書いてみた。


デザイン屋Damalish.com3周年で想うこと

 

本日、山の日。そして「デザイン屋Damalish.com」3周年記念日。

こうして、3周年を迎えられたのも皆様のおかげです。

本当にありがとうございます。

 

明日から、4周年に向けて気持ち新たに走りだす訳だが、

来年早々、自分に赤ちゃんが誕生することを思うと

仕事のスタイルが180度変わってしまうことが、とても不安だ。

 

仕事が激減するのではないか?仕事どころでは、なくなるのか?

子育てしながらデザインできるのか?生活していけるのか?

育児ノイローゼにならないか?

 

などなど、色々な不安要素がある。

 

でも、改めて3周年を迎えて、これまでの過去を振り返ると

「なんとかなる」という想いが強くなって来た。

 

初めの頃は、フリーランスでどうやって食べていくのか?

営業なんてしたことないし………お客さんって増やせるのかな。

何からやっていけばいいのだろう。

 

不安ばかりが募っていたが、少しずつ少しづつ見よう見まねで開拓してきた。

色々な場所に足を運び、沢山の人に出会い、発信し続けた。

 

もし、今の居住区から別の場所へ拠点を移し

ゼロからのスタートになっても

この3年間培って来た自分なりの開拓方法でやり直せる自信がある。

 

それは、デザイン屋Damalish.comの開業届けを出した

3年前の今日の自分には、到底分かりっこない自信だ。

 

これまで出会って来たお客様、一緒に仕事をして来た仲間、

いつも支えてくれる彼や愛猫に感謝し

明日から気持ちを新たに、5周年へ向けて走ろうと思う。

 

皆さま、これからも進化し続けるダマリを

どうぞよろしくお願いいたします。

皆さまに眩しくて見えないほどの光が降り注ぎますように。


時効の撮影現場裏話

 

 

時効の話。

 

デザイン会社に勤めていた頃、ダマリは某有名通販カタログのデザイン担当をしていた。
デザインはもちろんのこと、ロケハン、ロケ、カメラアシスタントなどなんでもやっていた。

 

撮影現場では、いろいろな事が起こる。

特に、生き物を扱う撮影は、非常に困難。


例えば、冒頭に載せているこの写真。


左は、水槽をのせるキャビネットの商品。

これを撮影するために、わざわざ軽井沢の撮影ハウスをかり、

なんと軽井沢までトラックの荷台に乗せられた屈辱を味わったロケ。


なおかつ、水槽の中のシルバーアロワナ4匹を引き取る事になり、

狭いアパートにデカイ水槽を置くハメになった。

シルバーアロワナは、体長1mにも成長してしまう古代魚。

 

エサは、「赤金」と呼ばれる餌用の金魚(T ^ T)

アロワナははじめ、15cmほどだったのに、あっというまに20cm強になり

夜行性のため、夜中にはジャンプする始末。

とんでもないのを引き取ってしまった………。

 

最終的には、部屋に殺虫剤をまいた際に、水槽に入ってしまい、

シルバーアロワナ全滅…………。

ギラギラ光るボディとでっかい死んだ目がトラウマになり、しばらく青魚が食べられなかった。


右のラビットハウスは、夢の島まで行って撮影。

ロケ車移動中に、2匹中1匹死亡。写真に写っているハウス内のウサたんは、死亡してまふ…。
それを私が良い角度に配置して、こうなりんした(T ^ T)

 

勝手にカメラマンと土を掘り、夢の島に埋葬してきた。苦笑
 

今思えば、行き当たりばったりで、田舎者のペイペイのダマリは

カメラマンにも良いように使われていたんだな………。

シルバーアロワナをパワハラで引き取らせられ、

死んだウサたんを撮影に使用し、それが全国のカタログに載るとは……

 

どれだけブラックなんだよ。

ま、時効です。


点と点はつながる。

photography 江藤 智徳

 

スティーブ・ジョブスの有名なスピーチの中での格言。

「Connecting The Dots 点と点をつなげ」

私はことあるごとに見返す。

 

先を見通して点をつなぐことはできない。

振り返ってつなぐことしかできない。

 

だから将来何らかの形で点がつながると信じることだ。

何かを信じ続けることだ。

 

直感、運命、人生、カルマ、その他何でも。

この手法が私を裏切ったことは一度もなく、そして私の人生に大きな違いをもたらした。

 

今、自分がしていることは正しいのか正しくないのか。

そんなことは重要ではないと思う。

 

フリーランスになってから、

とにかく自分ですることは自分で考え

自分自身が決定し、行動し、反省する。の繰り返す。

 

私はひとつの所にとどまらず

日本全国、もしくは世界各国で仕事をしたいと思っているから

とにかく「行く」チャンスがある場所には出向くようにしている。

 

人との出会いも、点と点。

人との出会いが、私をここまで連れてきてくれたし

仕事もいただけるようになった。

 

何も変化がないように感じる日々だけど、

とにかく自分を信じて

自分の信念にそって、行動していけば

 

ある未来に立った時

点と点がつながり、一本の線になるのが見えることだろう。

 

それを信じて。とにかく

前進あるのみ。

 

今回北海道で繋がった人たち。

きっと未来に、形を変え線になることだろう。

 

 


| 1/23PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ