今観ているアニメ「ロミオの青い空」を観て思うこと。

 

Netflixにupされている

「世界名作劇場」の気になるものを片っ端から観ている。

これが、なかなか面白い。

 

今までに観終えたのは

「赤毛のアン」「小公女セーラ」「ペリーヌ物語」「ふしぎな島のフローネ」「七つの海のティコ」。

これまで全て女の子の主人公だった。

 

今回観ている「ロミオの青い空」は

男の子の主人公。舞台はイタリア・ミラノ。

 

世界名作劇場って、残酷なシーンが結構多いし、

日本に住む平和な子供たちが、物語を観て

どのくらい理解しているのだろうか?と毎回思う。

 

小学生の頃、「小公女セーラ」を観ていたけど

覚えているのは、いじめられるセーラや部屋のネズミと仲良くなるシーンとか、そんなもので

インドから引っ越して来てイギリス・ロンドンが舞台だなんて当時はわかっちゃいなかった。

 

「ロミオの青い空」は、初めて観る物語。

スイスにある田舎の貧しい家に住む11歳少年ロミオが

家族のために、「人買い」に自分を売り、イタリアの大都市ミラノで煙突掃除夫として働く。

 

ミラノでは、色々なことに巻き込まれるが

煙突掃除夫として働く仲間と共に、たくましく生きるロミオ。

字が読めなかったが、懸命に読めるようになる姿も泣ける。

 

宮崎駿監督も言っていたが

少年少女の10歳、11歳というのは幼さがありながらも

大人になる手前の魅力がある。

 

となりのトトロ さつき10歳

おもひでポロポロ タエ子10歳

千と千尋の神隠し 千尋10歳

赤毛のアン アン11歳

小公女セーラ セーラ10歳

七つの海のティコ ななみ11歳

ロミオの青い空 ロミオ11歳

 

現代でも、ミラノでは煙突掃除夫として働く少年たちがいるのだろうか?

とても過酷な仕事だ。

 

今までミラノにはあまり興味がなかったが

「ロミオと青い空」の影響で興味が湧いて来た。

 

世界名作劇場は、「なるほどザ・ワールド」なみに歴史や文化がわかって

とても面白い。大人になって観ると理解が深まる。

映画もいいけど、名作劇場のアニメもおすすめ。


4年毎のサッカーW杯に想うこと

↑4年前のコロンビア戦

 

FIFAサッカーW杯ロシア

日本 VS コロンビア戦

まずは、勝ち点3を取れて良かった!

 

試合を観ながら、毎回想う。

長谷部、本田、香川、長友、吉田、川田…………

8年前に南米で観たW杯南アフリカのメンバーとあまり変わっていない。

 

これって、本当にすごいことだ。

 

自分に置き換えて考えてみる。

この8年間で、成長した?何か成し遂げた?

8年という月日は長い。環境も変わる。

 

2010年のW杯は、南米にいた。

2014年のW杯は、奄美にいて、母もまだ生きていた。

 

2006年のW杯で、中田英寿が引退した。

最後は、芝生の上に仰向けになって倒れ込んだシーンが

今でも忘れられない。

 

中田英寿と私は、同学年。

同学年なのに、スケールが違いすぎて

とにかく「このままではいけない」と焦っていた私がいた。

 

W杯の選手紹介で流れたメッセージで、

本田の「ずっとプレッシャーの中で生きてきた」

という言葉がズシンと来た。

 

プレッシャーに耐えながら、ずっと戦う精神って想像を絶する。

他の選手に比べて、媚びないし、愛想もないし、冷たい人にみえるけど

本田とは、そういう選手なんだ。

 

私は、プレッシャーから逃げてしまいたい。

でも、逃げていたら、何もかわらない。

やってしまえば、どうにかなるものだし、失敗しても死にはしない。

 

W杯を観ていると、もちろん試合も面白いけど

選手一人一人の生き様が、プレイやスタイルに見え隠れして

とても清々しい気持ちになれる。元気、勇気をもらえる。

 

がんばれ日本!!!

そして4年後のW杯も、自分が成長していますように。
がんばれ自分!!!

50代には、どこかの国でゲストハウス経営

 

↑ロンドンのゲストハウス。ハリーポッターの寮生になった気分だったw

 

 

私は、今のところ

デザインの仕事をさせてもらっているが

一生するか?と聞かれたら、それは「No」だ。

 

私には、デザインの技術しかない。

他の職種で働く選択肢はない。

 

ただ、昔からやってみたいものがある。

それは「ゲストハウス」経営。

 

今の時代、Airbnbのような

現地の人の家を借りるシステムも流行っているが、

どこかの国で日本人宿を経営してみたい。

 

私は、バックパッカーで世界各国のゲストハウスに泊まってきた。

良いところ、悪いところ、

自分なりに自然と分析できているかと思う。

 

日本でも、宿に泊まるときはゲストハウスを選ぶ。

なので、旅人目線でどういうものが必要なのか、喜ぶのかを

自分なりのアレンジで、経営したいと思ったりする。

 

ここからは、妄想ダマリゲストハウス。

 

旅人が到着したら、まず、ウェルカムドリンク。

バックパックは、重い。すぐさま下ろしたい。すぐに、座って、チェックインしたい。

だから、ソファに腰を下ろしてもらって、喉をまず、ゆっくり潤して欲しい。

余裕があれば、ホットタオルでも出してあげたいな。

 

ゆっくり座りながら、必要なことを説明。そして記帳してもらう。

朝食チケット、周辺地図、ゲストハウス案内を渡す。

 

ゲストハウス内を一通り説明。

部屋に案内。

 

ドミトリーベッドには、仕切りカーテン必須。

PCが置けるミニテーブル、ライト、ハンガー、なんでも掛けられる突っ張り棒、コンセント2つ。WiFi。

ベッドは、ちょうど良い柔らかさで、セミシングルのものを置きたい。枕は2個。

 

シャワールームは、少し広めで3つは欲しい。

シャンプー・リンスなどのアメニティを充実させる。

特に、綿棒は欲しい。ホットシャワーは、いつでもすぐに出るように快適に。

 

トイレは、ウォシュレット。コインランドリー設置。洗濯干し場も完備。

 

一部屋、図書室のようなブックコーナーを作る。ネットも3台完備。

本を交換できたり、コミックや、旅の本や、いろいろな情報を集められる場所。

 

キッチンも使いやすくロの字型にしたい。

朝ごはん以外は、自由に使用して良い場所。

コーヒー、お湯、お茶などはいつでもfree。

 

朝ごはんは、ダマリ特製のものを提供。日本の味を堪能してもらいたい。

日本人ゲストハウスなので、旅の疲れを癒してあげるために

食べたい日本食などをアンケートでとって作りたい。

 

みんなが集まって話ができる部屋には、くつろげるソファー。

ドミトリーの部屋からは離した場所に。24:00以降はお静かに。

 

できたら、屋上にも、ソファーとテーブルを置いて

BBQパーティをしたり、ゆっくり風を感じられる屋上ガーデンを作りたい。

植物や、菜園も屋上につくりたいな。

 

ゲストハウス内には、自由にいきかう猫も数匹。

 

時々、ワークショップも開いで、

現地の国の方との料理教室、現地語教室、日本語教室もしたい。

 

海外に住みながら、日本人ゲストハウスをすれば

いつでも日本人に会えるし、話ができる。

 

ただ、現地でビルを借りたりするには

色々法律上大変なことがあるし、VISAの問題もある。

 

ま、実現するかどうかは分からないけど

夢はあるか?と聞かれたら、やってみたい。と思うのはゲストハウス経営。

あとは、キャンピングカーで世界放浪の旅かな。

こどもの日に思いを馳せるドライアイスシャーベット

 

葬儀屋さんのリーフレット制作時に

「ドライアイス」が目に入り

昔のエピソードを思い出したので書いてみようかと思う。

 

小・中学生の頃のクリスマスケーキと言えばダマリ家は「アイスケーキ」が定番だった。

アイスケーキもテンションが上がるが、

ダブルでテンションを上げるのがケーキを冷やす「ドライアイス」だった。

 

私と弟は、オレンジジュースやサイダーにドライアイスを入れて

煙の出るシャーベットにすることを楽しんでいた。

バカな弟は、「電撃ネットワーク」の真似をして

口にドライアイスを含んで、鼻から煙を出したりw

 

今思えば、火傷する可能性が高いのに

二人してはしゃいで楽しかったものだ。

優しく見守ってくれていた祖父母、父に感謝したい。

 

この年になると、「ドライアイス」のイメージは

葬儀のイメージでしかない。

亡骸をキンキンに冷やすドライアイス。

 

もちろん、舞台などの演出で使ったりもするけれど、

今は、ドライアイスを食べる気はしない。

 

子どもって、本当に遊びの天才だ。

馬鹿げたことを色々やって、弟と笑い転げた幼い頃の思い出はかけがえのない宝物。

子どもの日。全ての子どもたちが笑顔で満ち溢れる日になりますように。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


寝敷き?寝押し?昔のアイロン方法

 

 

私が通いっている七島藺(しっとうい)教室で、

方言について盛り上がった。

 

ほとんどの人が大分県出身だが、

鹿児島、広島、福岡出身も混ざっているため

とても面白い。

 

そんな中で「ネジキって知っちょるか?」みたいな話になって

「ネジキ?」なんだか、子泣き爺みたいだけどなんのことだろう?

と話を聞き続けていると

 

学生服のスカートのプリーツ(ヒダ)を綺麗に保つために

布団の下に敷いて寝ること。

これを「寝敷き」というらしい。

 

私も、小学生の時にばあちゃんに教わって、

布団の下に敷いて寝たことが何度かあったので

とても懐かしくなってしまった。

 

でも、ばあちゃんはなんて言ってたかな?

大分では「寝敷き」と言っているところが大半だった。

だけど、グーグル先生によると「寝押し」という言葉が一般的らしい。

 

今でも「寝敷き」している人いるのだろうか?

しかしながら、昔の人は頭がいい。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/28PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ