ダマリの着せ替え人形エピソード

拭き掃除をするときに

洗面台に水を張るわけだが

その時に、ふっと思い出すエピソードがある。

 

小学生のダマリは、3体の着せ替え人形を持っていた。

その人形たちの洋服を洗面台で手洗いをして

「洗濯」という行為を楽しんでいた。

 

洗濯して、絞って、干す。

これが一丁前になったような感じで、満足していた。

 

ここで、持っていた3体をご紹介。

 

一人目は、リカちゃん。

調べたところによると、ダマリが持っていたのは2代目らしい。

髪はストレートではなく、クリクリしていて、バラの飾りを付けていた。

 

3体のうち、一番身長が低かった。

そこで、ダマリは人形の首をカポッ!とぬいて

3体の顔と体を入れ替えていた。

 

思い返せば、子供って残酷だなぁ………と思うのが

リカちゃんの腕をハサミで切り落とし

ティッシュを巻いて、ケガ人として扱っていた。(怖っ!)

 

 

二人目は、クリーミィマミ。

1980年代、当時大人気だったアニメ。

 

この人形の髪の毛を洗って、ストーブの上で乾かそうとし

人形の髪の毛がドレッドヘアのようにチリチリになった。

そこから、あまりこの人形を好まなくなったw

 

リカちゃんに続き、膝小僧にカッターで切り込みを入れ

またしても、負傷者としていた。(怖っ怖っ怖っ!)

 

 

3人目は、ジェニー。

タカラバービーとして発売された。

 

ジェニーは、リカちゃんよりも大人でおしゃれで

身長も高く、おしゃれな洋服が沢山売っていた。

基本的に買ってもらうのは、ジェニーの服ばかりだった。

 

お気に入りの服は紫の着物。

他にも、母が色々手作りドレスなどを作ってくれた。

 

長い髪が魅力のジェニーなのに

ジョキジョキと髪の毛を切ったりもした。

 

 

ダマリは、この3体の人形と

弟の戦隊モノの人形でダマリワールドを作り

もくもくと一人で遊んでいた。

 

今思えば、ストーリーを作って永遠と遊んでいられる力って

本当にうらやましい。

人間にとって一番大切なのは「想像力」だと思っている。

 

赤毛のアンのように、イマジネーションの世界を自分でつくる力。

自分の子どもも、想像力溢れる子に育ってほしい。

人形たち、本当にお世話になりました。ありがとう。


道路で猫の亡骸を見たら唱える言葉

 

運転をして出かける際に、遭遇したくないもの。

動物達の車にひかれた亡骸。

人間達が我が物顔で道路を作り、動物達の獣道を奪っている。

 

中でも、毎回心を痛めるのが猫の亡骸。

猫を飼っているものとしては

本当に、どうしようもない気持ちになる。

 

以前、何かの記事で

猫の亡骸に囚われ、そこに可哀想だと思いを引きずると

あまりよくない。みたいな事が書かれていた。

 

ダマリの場合、猫の亡骸を見たら唱える言葉がある。

それは

「風になれ。風になれ。風になれ。」

 

どうして、「風になれ。」か?

 

これも以前何かの記事で読んだが

猫は火葬や土葬をするよりも「風葬」が好ましいようで、

沖縄や奄美大島でも、昔は人も風葬だったようだ。

 

それを知ってから、猫の亡骸をみると

もう魂は自由になって、風になったのだと思うようになった。

 

猫は、生きている頃から「風」を常に感じている。

愛猫を見ていると風が吹き込むたびに、鼻をひくひくさせて

風を感じているようにみえる。

 

暑い時は、涼しい風の通り道を知っているし

猫の人生そのものが、風のような生き方だ。

 

愛猫が亡くなったら、火葬だけは避けたい。

風葬も今の時代は、難しい。

実家の庭に埋めようと決めている。

 

今日、命を失くした猫達よ。

風になれ。風になれ。風になれ。


明日から2018年最後の月

 

2018年。いつも以上に駆け抜けた年だった。

 

年始は上海とインドで始まり、

ダマリ初の試み「仕事につながる名刺づくり講座」という講座を9回開催し

受講者は約50名となった。

 

北海道にも初上陸できた。

 

そして、入籍・妊娠。

お腹のチビは12月に生まれてくれるのか、はたまた1月なのか。

どちらにしても、2018年は最後の最後まで濃い日々となる。

 

来年からは、ママダマリとなり

生活スタイルが変化するだろうが

ママだからと言って言い訳をし、あれこれ諦めるのは嫌だ。

 

ママ目線で、自分がどう変化するのか

自分自身とても興味深い。

 

明日から2018年最後の月。

より楽しもうではないか。


炊飯器と冷蔵庫とランプシェードとダマリ



現在ダマリ家の炊飯器・冷蔵庫・ランプシェードは、
ダマリが新社会人になる際に購入した20年前のもの。
東京→奄美大島→鹿児島→大分と
引っ越しをする度に一緒に連れてきた。

炊飯器は、東京に上京が決まった際に
祖母と父とケーズデンキへ行き
電気ケトルと一緒に買ってもらったモノ。

冷蔵庫とランプシェードは、東京に上京してすぐ
引っ越し先の北区十条の商店街にある
ローカル電気店で購入したモノ。

故障もせずに、ずっと稼働してくれている
優秀な子たちばかり。
ダマリと20年の時を過ごしてきた。

炊飯器は、今のように色々な機能はない。
炊くだけ。
そのシンプルさが好き。

冷蔵庫は、幸運が舞い込んでくれるような
ディープイエローで、内側はグレー。
デザインが気に入って購入した。

ランプシェードもシンプルなモノを選んだ。
あれからずっと、ダマリを照らしてくれている。
電球色をずっと使用。

壊れない限り、これからもずっと
ダマリの生活を見守って、支えてね。
お礼と感謝を込めて、ピカピカに磨きあげる。
ありがとう。

思い出の匂い【お弁当をあたためる魔法の棚】

 

冬が近づくと、思い出す匂いがある。

それは、保育園時代の匂い。

 

ハッキリした記憶はないが、

寒い時期になるとお弁当を木製の棚に入れていた。

 

ダマリは、お弁当をその棚に入れる様子が好きで

先生の手によって、ひとつひとつ棚に入れられていくのがなんとも面白く、

「魔法の棚」のように思えていた。

 

その棚の一番下には、たぶん火鉢が置かれていた気がする。

「匂い」だけはハッキリ憶えている。

あれは火鉢の炭の匂いではないか?

 

お昼時間になると、棚からお弁当が出され

あたたかいお弁当、そして火鉢の匂いがしみつき

余計にお弁当が美味しく感じる。

 

現代は、なんでも電気だけど

「火」というのは、確実にDNAに刻まれていて見るだけで落ち着く。

そろそろ大好きなストーブの季節だなぁ。


| 1/29PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ