相談できるおくすり屋さんの看板デザイン

W700×H1500

 

大分県杵築市にある

相談できるくすり屋さん

川中薬品の看板デザインです。

 

ダマリが3年半住んでいた町

大分県杵築市の城下町にある

川中薬品さまより、看板デザインの

ご依頼をいただきました!

誠にありがとうございます。

 

前回、名刺デザインをさせていただき

引き続き、看板まで制作させて

いただくことになりました。

看板のサイズは

W700×H1500とW2850×H900の2種類。

 

川中薬品の薬剤師・利光由美子さん。

ダマリが杵築市に住んでいた時に

とても親身になって心身ともに

サポートをいただきました。

 

妊娠中から出産後。

独身の時の健康管理など。

あらゆる面でサポートいただき

本当にアットホームなお店です。

 

今回、ご依頼いただいた看板は

「子宝相談」メインのもの。

利光さんは、子宝カウンセラーでもあり

漢方をメインにした

体づくりをサポートされています。

 

この看板づくりで難航したのは写真でした。

縦長の写真を扱って

なおかつ優しいイメージでなければ

なりませんでした。

母親の表情にフォーカスし

デリケートな子宝相談を

どう表現していくか。

 

最初のデザイン案は

川中薬品さまのコーポレートカラーである

ピンクと青緑を扱って

とにかく遠くからでも目立つように

制作しました。

結局これはボツに。

 

やはり、母親の思いを組むべく

ナチュラルで優しいイメージ。

色で目立つよりも、母親のイメージ優先で

仕上げることになりました。

 

目立てばいいもんじゃない。

この看板をみるのは

「ママになりたい」方で

その方がどう感じるか?共感するか?

が重要なんだと気づかされました。

 

鹿児島に移住した今でも

ダマリは川中薬品さんを

相談できるくすり屋さんとして

おつきあいを続けさせてもらっています!

おかでさまで、息子1歳も元気です(^3^)/

 

W2850×H900

 

 

由美子さんと(^^)

 

 

●相談できるおくすり屋さん川中薬品

城下町杵築川中薬品「相談できるくすり屋さん」ブログ

 

 

以前ご依頼いただいた名刺デザイン


新宿中村屋のDMデザイン制作

 

 

ダマリがコンビニに行って

ついつい家に持ち帰ってしまうもの。

それは、お中元やお歳暮カタログ。

 

ページ数が多いカタログをみては

広告制作会社に勤務していた頃を思い出し

過去ダマリに元気をもらう。

 

カタログで一番大切なのは、やはり写真だろう。

「おいしそう〜!」と消費者に感じさせること。

「共感」を得ること。これがいわゆる「シズル感」というものだ。

 

ダマリが勤めていた制作会社は写真部があった。

そのため、デザイン制作と平行で撮影立会いはもちろんのこと、

商品撮影に使用するお皿・器、クロス、装飾雑貨など

百貨店や雑貨屋を巡り、自ら調達せねばならなかった。

 

画像で貼り付けているのは

ダマリがコンペで勝ち取った

新宿中村屋さんの四季DMカタログA2サイズ。

 

今みると、うわダサイ。って思っちゃうけどw

当時は、これが良いと思ってデザイン制作したわけだ。

 

例えば、カレーに敷いているランチョンマットや

あんみつを入れている器、スプーン、クロスも

ダマリが新宿を駆けずり回って買ってきたものだ。

 

こんな背景があるため、カタログの写真をみながら

食品の盛り方、使用されている雑貨、器、

そしてテーブルウェア、セッティングなど

 

上手いなぁ〜〜〜〜。と関心したり

ここは、こうだよね。とか

1人評論している。

 

もちろん、写真の次はページ構成や

インデント、文字組、マークなどもチェックしている。

 

気づけばデスク周りはカタログだらけ!!!!

溜まったら躊躇せず、全部捨てるけどさ。

 

コンビニカタログは特に綺麗に制作されている。

制作の背景が見えるから

「お疲れ様です!素晴らしいです!」とお伝えしたい(^^)


ハーブ温浴・アロマリンパマッサージサロンの看板デザイン

 

福岡県大野城市にある

ハーブ温浴・アロマリンパマッサージサロン

YOSA PARK「ロータス」の看板デザインです。

 

2017年の9月・10月に北九州で行われた

好きを仕事にする大人塾かさこ塾」に通っていたダマリですが、

そこで出会った同期塾生と繋がりお仕事をいただいく機会に恵まれています。

 

今回、サロンの看板と名刺デザインのご依頼をしてくださったのも

同期の大部さんです。本当にありがとうございます!

 

大部さんは、ダマリにデザインを依頼する前に

他者に見積もりとデザイン案をお願いしていたそうですが、

なかなか上手く思いが伝わらず困っていたようです。

 

そんな時、大部さんはダマリの事を思い出してくれたようで

本当に嬉しいです。

 

塾の最後の回で、3分間のプレゼンがあったのですが

そのプレゼン内容が大部さんに響いてくれていたようで

プレゼンをやった甲斐がありました(笑)

 

看板デザインは、チラシなどのデザインとは違い

なるべく遠くからでも目に入るシンプルなものでなければなりません。

伝えたい要素を絞り、大部さんと一緒に何度も修正を重ねました。

 

看板を制作するときは、お客様自身で

看板屋さんとサイズや取り付けの段取りをしていただき、

デザインデータをダマリから看板屋さんへ送るという流れになっています。

 

 

今回は、H600×W900のサイズを2箇所に取り付けたようです。

 

 

看板が出来上がったあとに、

同じイメージで名刺制作もさせていただきました。

 

自分へのご褒美に、たっぷり温まって綺麗になりたい!

出産して落ち着いたら、「ご褒美ゴールドコース」を是が非でも受けよう!

と決めているダマリです。

 

 

●YOSA PARK LOTUS


大分県杵築市地域商社の封筒デザイン

 

杵築の生産者、製造者が真心を込めて作った商品を、

真心を込めて全国にお届けする大分県杵築市地域商社の

封筒デザインです。

 

ダマリが今現在住んでいる街

大分県杵築市に「きっと好きになる、きつき」を合言葉に

地域商社「株式会社きっとすき」が誕生しました。

 

地元のデザイナーにお願いしたいとのことで、

今回封筒デザインのお仕事をいただきました。

ありがとうございます!

 

封筒のサイズは、長3(A4三つ折りが入るサイズ)と

角2(A4がまるごと入るサイズ)の2種類。

 

「きっとすき」のCI使用規約に反することなく

このロゴを活かすデザインを心がけました。

 

シンプルだけど、どこか「気が利いてるねぇ」と思わせたい。

上質紙の白さも活かしたモダンな封筒にできないだろうか………

 

「きっとすき」のロゴは、黒と緑で構成されていて

背景の白がすっきりと美しい。

では、この3色でシンプルに表現できないか。

 

表面と裏面が繋がっているような、三次元的なデザイン………

と、あれこれ考え、できあがったのが、このデザイン。

 

担当者の阿部さんに、メールを送ると

一目で気に入ってくれた様子で、ほっとしました(^^)

 

シンプルであればあるほど、デザインて難しい。

みなさんも、オリジナル封筒作ってみませんか?

 

代表取締役社長 大蔵さん。

博報堂出身なので、いつも刺激あるお話を聞かせていただいています!

 

 

●株式会社 きっとすき

http://kit-suki.co.jp/


国指定重要文化財・八幡宮のぼりデザイン制作

 

 

福島県いわき市平に鎮座する飯野八幡宮

 

奉祝・御鎮座950年例大祭のぼりデザインです。

 

 

飯野八幡宮の例大祭の「のぼり」デザインを今回ご縁があり制作させていただきました。

 

例祭とは恒例によって一年に一回行われる神社にとって最も重要な祭祀。
祭祀とは神社庁が規定する民族固有の伝統かつ公共的な祈り。


磐城の総社であった飯野八幡宮では、八幡神を慎みお祀りすることで、

いわきの祖先に感謝し磐城の国の始まりを思い敬うことを目的としているそうです。


特に神社にとってゆかりの深い日になり日時を変更することは許されない祭祀。
いわき市内の例祭で献弊使(神社本庁より幣帛を共進する使者)がくるのは飯野八幡宮だけ。

 

950年継続している伝統の祭祀(しかも国指定重要文化財)の、のぼりを制作させていただけるなんて、

とても貴重な経験をさせていただきました。

 

先方から、「こんな感じで」という資料画像とのぼりデータをいただき、

「かなり派手な神様です」と、大祭のポスターも見せていただきました。

 

飯野八幡宮のホームページを一通り目を通し

自分自身を「巫女」に置き換え(笑)神聖なる気持ちで制作し、

好きな世界観だったので、あまり悩まずに制作することができました。

 

2017年9月15日に行われた例祭も無事に終わったようです。

 

 

 

 

 

この重要なお仕事を任せていただいた飯野敦子さん、

素敵な写真を撮影していただいた、いわき地域学會・渡邉剛広さんに感謝いたします。

いつか、飯野八幡宮に行かせていただきます(^^)/

 

 

●奥州飯野平御鎮座 飯野八幡宮

 

●OMAMORI.Lab(飯野八幡宮コラボ)

https://www.facebook.com/OMAMORI.Lab/

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/4PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

ダマリ
ブランディングデザイン
ダマリデザイン室
代表 クリエイティブディレクター
趣味:乗馬 旅歴:22ヵ国
夫・息子1歳・黒猫と
鹿児島県霧島市在住
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ