今日の一枚「朝日を浴びるリャマ」

 

マチュピチュへは2日間通った。

1日だけでは時間が足りず

おかげで2日目は

マチュピチュ散歩を

ゆっくり存分に堪能できた。

 

そんな中でよく目にしたのは

マチュピチュに住む

リャマ達。

のんびりゆったりと

なんて気持ち良さそうなのだ。

 

世界遺産の場所に

住めるって

安全を確保されているのと

同じことだよね。

幸せな子たち。

 

朝日を浴びて

光り輝いていた。

インカ帝国時代もきっと

同じ風景があったことだろう。

 

追記)リャマに近づく際は

唾を飛ばしてくる恐れがあるので

注意しようww


写真で見る標高2,693mワイナピチュ登山

 

ペルー世界遺産マチュピチュ遺跡。

この風景は誰でも一度はテレビや写真でみたことがあるだろう。

今回は、この遺跡の背景にある山「ワイナピチュ」登山を写真でご紹介(^^)

 

ダマリは、マチュピチュ遺跡に2日通った。

1日目は遺跡。2日目はワイナピチュ登山。

 

マチュピチュ遺跡には、アグアスカリエンテスという村から

早朝4時台から出ているバスに乗って遺跡入り口まで来ることができる。

 

ワイナピチュ登山の入り口は、遺跡に入って奥の方。

 

 

ワイナピチュは、制限人数1日400人しか入山できないため

ツーリスト達は朝から並ぶこととなる。

…7:00〜8:00までに入場200人 朝10:00〜11:00までに入場200人

 

 

入り口では、名前・年齢・性別・国籍・パスポート番号を記帳する。

入山時刻、下山時刻も書くようになっているのは、死亡者が毎年でているためなのか。。。

さ、さ、いざ出発!!!

 

 

お?なんだ。登りやすい階段があるじゃない!

これなら余裕でしょ。

頂上までだいたい1時間〜2時間だとか。マチュピチュとの標高差300m。

 

 

見下ろせばアマゾン川へ続くウルバンバ川。最高に気持ちがいい。

しかしながら、ダマリは1人登山のため、落ちたら誰にも気づいてもらえない可能性があるため

なるべく人に着いていくようにしていた。

 

 

標高があがるにつれ、どんどん道が険しくなるww

 

 

山に色々な植物が生息していて、綺麗だった。

 

 

ゆっくり、確実に、足元に注意して登りましょう!!!

 

 

かわいい。

 

 

石を彫っただけの階段。インカ帝国の人々が彫ったのだろうか?

 

 

人が小さく写っているのわかるかな?

 

 

山頂が近づいてきたよ!

高所恐怖症の人は、クラクラするかも。

 

 

おお!ここが頂上か?

みんな座って休憩しているぞ。

 

 

おぉ〜〜〜〜!

 

 

ちゃら〜〜〜〜〜ん!!頂上到達!

下に見えるは、マチュピチュ遺跡。

 

 

遺跡左横に写っているジグザク道は、ハイラム・ビンガム・ロード。

村からバスに乗って、この道を上がってくる。

ハイラム・ビンガムとは、マチュピチュ遺跡の発見者の名前。

 

マチュピチュ遺跡にきたら、ここまでこないともったいない気がする。

下山も、色々な植物を楽しみながら楽しかった。

日本人から現地の学生に間違われたダマリwww

 

しかしながら、危ない道をわざわざ通るツーリストもいたり

足を滑らせて落下するなどの死亡事故が毎年発生しているのも事実。

自分の身は自分で守り、足元に注意して楽しもう。

 

マチュピチュ遺跡やワイナピチュ登山のあとは、

街でビールをのんで、温泉入って、ゆっくり楽しめるよ(^^)

 

 

おつかれさま〜〜〜〜〜


【ペルー】アレキパから行くYURA温泉

ペルー第二の都市アレキパ。別名「白い町」。

ダマリは、ペルーの首都リマの日本人宿にあった宿帳に

「アレキパは良い!」という旅人の感想をたくさん目にして、行くことに決めた。

 

リマ→ナスカと旅を経て、ようやくアレキパへ。

噂通り、過ごしやすく、宿も快適すぎて、予定より長く滞在してしまった。

 

ある日、「YURA」という温泉があるということを耳にする。

ペルーでの温泉は、これで2度目となる。

 

公共のバスターミナル。バスに「YURA」と書いてあるからわかりやすい。

 

ギアのドクロがかわいいw

 

YURA(ユーラ)は、アレキパからバスで約1時間。

 

 

到着!!なんだかリゾートっぽい!

とスパのような感覚でいたら大間違いw

温泉は、この建物の一角にあった。

 

 

じゃじゃ〜〜〜〜ん!

なんだ、この芋洗のような温泉は。

なぜこんなに小さく区切られているの?

 

想像を絶する狭さと、芋洗状態に愕然としたが

これは、楽しむしかない!と頭のスイッチを入れ替える。

水着に着替えて、いざ入浴!!!

 

ダマリも体が大きい方だが、ペルーの方達もそれはそれはデカイ!

湯船に使っても、隣の人の肌が触れるほどに芋洗。

本当に自分が芋になったようだった。

 

とにかく、目を閉じて、温泉が体に染み渡るのを感じるのみ。

でも、ぬるいのよねぇ〜〜〜〜〜〜。

 

ここは、地元の人が集う湯治場なんだろう。

観光客がくる場所ではないw

でも、地元の人たちの生活を身近に感じられるのは、とても良い。

 

あとで調べてわかったが、温泉はここだけではなく、

他の建物の中にもあるらしい。

 

泉質は、硫黄みたいな匂いがして、ちょっとラムネ湯っぽかったかな。

 

みなさん、世界を旅するときは、水着を持っていきましょう〜!

どこでどんな温泉に巡り会えるかわからないよ(^^)v

 

 


富士山よりも高い位置にあるチチカカ湖【葦(アシ)の島ウロス島】

 

鹿児島のマンションに住んでいた頃。

ペルーとボリビアの国境付近に位置するチチカカ湖の「ウロス島」で購入した刺繍の布に木枠を付けて

玄関を開けた正面に掲げていた。

 

チチカカ湖の標高は、3810m。富士山よりも高い位置にある湖。

ツーリストの中には、高山病に悩まされる人もいる。

酸素濃度が薄いため、ちょっとした坂道も足取りが重くて息切れしやすい。

 

湖面の60%はペルー、40%はボリビア領。

琵琶湖の12.5倍の大きさで、島が41存在する大きい淡水の湖。

ダマリは、ウロス島、タキーレ島、アマンタニ島を巡る1泊2日のツアーに参加した。

 

 

この女の子から、刺繍の布を購入。

ウロス島の営みが全て刺繍で表現されていて

一目惚れして即購入。色使いも鮮やかで美しい。

 

 

観光客への土産物は、ウロス島の土台になっている葦(アシ)

"トト ラ"というイネ科の植物でできた工芸品が多い。

島も、家も、船も。何から何までトトラでできている。

 

 

ウロス島は、チチカカ湖に浮かんでいるのではなく、チチカカ湖に生えているトトラを刈り取り、

その根の塊を浮島の土台とし、ブロックのようにして束ねたトトラを3mほど重ね、

さらにその上に敷き藁のようにしてトトラを敷き詰めてできている。

 

 

湖の上に存在する島のため、魚料理や芋、キヌアが主食。

ワカサギ釣りのように、穴を開けて、そこに糸を垂らして魚を釣っていた。

島には、電気も通っていて、TVもあった。

 

 

「日本人は、フラミンゴを食べるんだろ?」という、

変な誤情報をアメリカ人から聞いたww

 

 

日本人との出会い!!!!うれしぃ〜!

チチカカ湖1泊2日ツアーで一緒になったレイチェルさん(^^)

今でも時々、メッセージのやりとりをしている。

 

 

Hasta la vista!
さようなら、また!

 

 

チチカカ湖には、インカ帝国発祥の島がある。

ペルー・ボリビアを旅する際は、外せない。


【ペルー】首都リマからナスカへの風景

ペルーの首都リマからナスカへバスで7時間。

 

私は、長距離バスに乗る際、できるだけ前の席を予約する。

そうすると、先頭からの車窓は、まるで映画のスクリーンのように

迫力ある景色が次々と現れ、その都度ライブで楽しめる。

 

国から国へ移動する際の、文化のグラデーションが

私にとってはたまらない。

 

 

朝、ペルー首都リマを出発。

ひたすら砂漠をゆく。

 

 

時折、海が見えると、閉塞感から抜け出せた気分になるのはなぜだろう。

 

 

 

ペルーでお世話になる乳製品の会社。

 

 

 

 

ひたすら砂漠。

 

 

途中で停まった、ピスコ、パラカス。

砂漠を抜けて、一気にリゾート地。

 

 

フジモリ大統領の娘KEIKO。

選挙の看板があちこちに。

 

 

砂漠にいると、フルーツがめちゃくちゃ美味い。

 

 

 

アメリカのアリゾナもこんな感じだったけど、色が違う。

この付近は、白い。

 

 

 

 

お。この辺りから、ナスカの地上絵付近。砂漠から黒い大地へ。

 

 

丘に見える線も、地上絵の一部。

 

 

ナスカの町に滞在し、最終日にみたミラドール(展望台)からの道路。

ここをまっすぐ行くとナスカの繁華街へ。

この道路両端に、ナスカの地上絵が広がる。

 

南米の魅力に取り憑かれた顔。この後、2カ月南米の旅を続けた。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2020年8月でデザイン屋Damalish.com5周年。夫32歳、息子1歳、黒猫14歳と暮らす。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ