南米備忘録「ボリビアからチリへ」

 

ペルーからボリビアに入国して、首都ラパスから下り、ウユニへ。

ウユニから二泊三日のツアーに参加し、

チリに抜けたい人は、ここで降ろされる。

 

ここから、小さなバンに乗りかえ

チリ側の国境の町「サンペドロ・デ・アタカマ」へ移動することになる。

 

 

地理がわかりづらいと思うので、地図を貼ってみる。

 

 

この国境で、キツネと遭遇。

野生のキツネをみたのは、これが初めてだった。

 

キツネに別れを告げ、チリへ入国することとなる。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【ブラジル.サンパウロ編】旅の危険を感じた出来事

 

バックパッカーの旅をしていると、

やはり危険な目にいくつか遭遇するものだ。

今回は、サンパウロでの出来事を書いてみる。

 

サンパウロは、ブラジルはおろか、南米大陸においてのメガシティ。

「人種のるつぼ」と習ったように、色々な人種が混在している。

そして、格差も激しい。

 

サンパウロは、私の両親が出会った街でもあり、

そして今でも、イトコや親戚が住んでいる。

私は、そこを訪ねて1カ月ほど滞在させてもらった。

 

 

イトコのお嫁さん、えみさんと、その子供2人と車に乗り

親戚の家へ向かう時の話。

えみさんは、左ハンドル運転席。私は右。後部座席に、子供たち2人。

 

楽しくドライブをしながら、ペチャクチャおしゃべりをして、

私もえみさんも気が抜けていた。

あんなに、「車の窓は、開けるな」と聞いていたのに…………。

 

 

サンパウロの高層ビルの合間を抜けて、

ある時、閑散とした街で、信号機が赤になり、

車を停めた時だった。

 

私たちの車を見計らったのように

小学高学年くらいの浅黒い男の子が3人ほど、車に駆け寄ってきて

10cmくらい開けていた窓から、長い手を入れてきて

「MANEDA(マネダ)! MANEDA!」と言ってくる。

 

MANEDAとは、Money。お金のこと。お金をくれと請求して来た。

わたしは、「NON(ノン)! NON!」と拒否。

えみさんも、何かポルトガル語で言ってる。

 

すると、少年の目が一瞬私の胸元にある

十字架のペンダントに目が向いたと思った瞬間、

ペンダントをガシッと握り、ブチッ!と引きちぎり、走り去ってしまった。

 

私は、追いかけようとしたが、

えみさんが「ダメだよ!美和ちゃん、あきらめて」と言う。

その子たちが向かった先には、もっと恐ろしい背景があるからだ。

 

十字架のペンダントは、プラチナで、母からプレゼントされたものだった。

あの子たちは、一瞬で、プラチナだと分かったのだろうか?

この一連の流れが、早すぎて、ポカーーーーンとしてしまった。

 

後々聞くと、その場所は、サンパウロでも危ない場所(ファベーラ)で

強盗・恐喝・スリなどが、頻繁に起こっている区域だったようで、

えみさんが、仕切りにあやまっていた。えみさんが悪いのではない。

私が、平和ボケして、窓を開けてせいだ。

 

その夜、母に電話して、プラチナのペンダントを取られたことをあやまった。

すると、母はこう言った。「その子たちが、少しでも潤うと思えば、それで良いよ」

「それだけで済んで良かった。お守りの役目も果たしてくれたね」

 

母が、サンパウロに住んでいた頃は、

流れ弾にあったことがあるという。

幸い、母にはファベーラに友人がいたため、助かったようだ。

 

旅は、楽しい。が、その反面、危険が潜んでいることがある。

自分の身は、自分で守る。

「恐れずに。 しかし、気をつけて」これから旅立つすべての人に。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【MEXICO】孔雀に魅せられてinドローレス・オルメド美術館

 

メキシコの首都メキシコシティにある「ドローレス・オルメド美術館」

私は、メキシコの情報をほとんど持たずに入国したため、

とにかくメキシコシティでは「フリーダ・カーロ美術館」に行けばそれで良いと思っていた。

 

が、日本人のドミ友が「とってもよかった!是非行って欲しい!」と

メモに行き方を書いてくれ、さっそく私は向かうことにした。

 

メキシコシティの電車はとても安く、1区間30yenほど。

とっても分かりやすくて、どこでも行ける。

この日は、快晴で最適な気温。最高に気持ちが良い日だった。

 

「ドローレス・オルメド美術館」は、

ディエゴ・リベラとフリーダ・カーロの作品が集まる美術館として知られている。

美術館の名前になっているドローレス・オルメドは、メキシコで成功した女性実業家だ。

 

 

作品もさることながら、美術館を囲む広大な庭園があり、

この庭園に、大きな孔雀が何羽も放し飼いにされていた。

光に照らされた孔雀の美しいことったら……。ブーゲンビリアと孔雀。あなた、綺麗ね✨

 

 

メキシコ固有の犬、アステカ犬という珍しい犬も見ることができる。

毛がないから、ブロンズ像みたいで………。

動いてないワンコは、「ん?リアル?」と疑うほどだった。ww

 

 

↑これは、ブロンズ像ww

 

 

素敵なカフェもあって、1日中ゆっくりできる場所だった。

絵画も素晴らしかったけど、私の中に一番印象に残っているのは

やっぱり、放し飼いの孔雀!

 

メキシコで孔雀に魅せられ、孔雀の羽のピアスを買ったり。

私の知っている孔雀は、保育園でも小学校でも

網できた小屋の中にいて、狭そうで、なんだか怖いイメージしかなかったけど。

 

 

ジャカランダと孔雀。

 

 

なんでこんなに色鮮やかなのだろう。

この時ばかりは、楽園にいるようだった。

素敵な美術館。とってもおすすめ!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

仕事につながる名刺づくりアドバイス

あなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?

ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!

●アドバイス…(1時間)1人3000円

※オンラインも可能です。1名様〜

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【リアルダイアゴン横丁!?】ボリビア首都ラパスにある魔女通り

ボリビアの首都ラパスに「リナレス通り」通称「魔女通り」がある。

私の宿からとても近く、毎日のように通った。

お気に入りのカフェもできたし、郵便局もあったし、便利が良かった。

 

 

 

石でできたお守りがズラリ。

私は、コンドルの形をした旅のお守りと、男女が抱き合う良縁のお守りを購入。

 

 

 

 

三つ編みのチョリータ達が魔女に見えてしょうがないww

 

 

ぶら下がっているのは、リャマの胎児。大地の神パチャママに捧げる生贄。

家などを建てる時に埋める。インカ帝国の名残が強く残っている。

 

 

カラフルな色がついたお菓子も、儀式に使用する。

 

 

私が毎日通ったカフェの入り口。1Fは郵便局。2Fがカフェ。

 

 

 

 

媚薬。

 

 

アルマジロ。

動物のミイラは、全てパチャママに捧げるものなのだろうか………

 

 

お香もズラリ。

 

 

期待を裏切らない、カエルのミイラ。絶対ヤモリもあるだろうね。

 

 

飽きない品揃え!!!

 

 

 

ボリビアのお供え物。

 

 

何に使うのか知りたい!!!

 

 

ハーブがズラリ。何に使用するんだろう〜!

 

 

これは、薬なのだろうか?サプリ?ものすごいパッケージww

 

 

私のお気に入りの店は、アンティークなもので埋め尽くされている。

朝も昼も夜も営業しているため、朝食と夜食はここで食べた。

 

 

ラパスでの最後の夜も、ここで。

リナレス通り。魔女好きにはおすすめです。

リアルダイアゴン横丁!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【マヤ歴】ダマリは黒KIN、角KINらしい。

昨日11日は、日頃お世話になっている方からのお誘いで

別府にある「サロン ソレイユ」さんの振る舞いぜんざいをいただきに出向いた(^^)/

 

サロン ソレイユさんでは、宝石岩盤浴、ハーブ蒸し、経絡リンパマッサージなど

健康を促進するメニューがズラリとあり

その中に、「マヤ歴鑑定」もあった。

 

ソレイユさんのスタッフ、あいさんがマヤ暦鑑定をしてくださる。

私は、今まで「マヤ歴」について鑑定してもらったことがなかった。

あいさんが、私がなんの種類かをみてくださることに。

 

1976年11月4日生まれ。

このことを告げると、表を見てこう言った。

「お!出た、黒KIN!角KINだ」

 

 

 

この「ツォルキン表」というもので言う、左下の角の黒に私はあたる。

そういえば、メキシコへ言った時に、同じドミトリーにいた日本人の子が

マヤ暦の何かで私を見てくれたっけ。KIN20って言っていたような気がする。

 

私は、太陽の勲章が「黄色い太陽」、ウェブスペル(潜在意識)が「白い魔法使い」なんだそう。

古代マヤ文明の人たちは、こういう表やカレンダーで人を見ていたのか。

そして、それを現代版でこうしてビジネスにした人は、ほんとすごいよなぁ。

 

何か路頭に迷った時は、詳しく見てもらおうかな。

今、沸々と思い出してきた。

そういえば、マヤ文明の遺跡、チチェン・イツァへ行った時、

マヤ歴沢山売られていたなぁ〜〜〜〜〜。

 

 

マヤ暦鑑定は、ぜひ別府市石垣西にある「サロン ソレイユ」の、あいさんへ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/3PAGES | >>

ホームページ


2018.5.19(土)かさこ塾フェスタ札幌に「印刷物制作アドバイス」ダマリ出展します!お申し込み詳細はコチラ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ