キリストが見守る街

誰もが一度は映像や写真でみたことがあるであろう

リオ・デ・ジャネイロのキリスト像。

ここは「コルコバードの丘」と呼ばれている。

 

ポルトガル植民地からブラジル独立100周年を記念して創られた。

コルコバードの丘の標高は710m。

なぜそんな高い場所にわざわざ建てたのだろうか?

 

 

標高710mだが、ミニバスが丘の中腹まで出ていて

ヒーヒー息を切らして登る場所ではない。

エスカレーターもあり、さすが世界の観光地。

お!キリスト像の背中が近くなってきた!!!

 

 

「よくきたね〜、ダマリ!待ってたよ!」

キリスト像は、両手を広げ世界中の人々を出迎えてくれているかのようだった。

 

 

「ほら、ごらんなさい、ここから観るリオの眺めを。」

 

 

おぉ!リオの街が一望。でも、もやってんなぁ〜。残念。

見えている海岸は、ボタフォゴ海岸。

ダマリが泊まっているゲストハウスはこの辺り。

 

ニョキッと盛り上がった山は「ポン・ヂ・アスーカル(Pão de Açucar)」

ポン(パン)ヂ(の)アスーカル(砂糖)、砂糖パンという観光地でロープウェイがある。

ポン・ヂ・アスーカルの向こう側に、有名なコパカバーナとイパネマ海岸がある。

 

 

キリスト像は、高さ39.6m(内台座の高さが9.5m)。

写真では小さく見えるが、結構な迫力だった。

 

リオ・デ・ジャネイロ (Rio de Janeiro)という地名は

直訳ではRio(川)de(の)Janeiro(1月)で1月の川だが

「キリストの神様が見守る街」という意味もあるようで

キリスト教徒の多いブラジル人の信仰の深さを象徴する像となっている。

 

ダマリが行った時間帯は、午後16:00前だったため

キリスト像の正面が影になってしまっていた。

なので、いくなら午前中がオススメ!

 

 

キリスト像の裏手には、お土産やさんやカフェがあり、賑わっていた。

 

 

Tシャツくらい、買っておけば良かったな。

 

 

コルコバードの丘へのアクセスは「登山電車」が人気だったが

ダマリは、迷わずストレートに行けて効率よくアクセスしたかったため

それを利用せずコレクティーボ(乗合ミニバス)を利用した。

 

徒歩で行こうと思う方もいるかもしれないが、

ファベーラ(スラム街)を通らねばならないため、大変危険。

 

 

ちなみに、ゲストハウスからのコルコバードの丘。

どこからでもキリスト像を観られるのは、やはり安心感がある。

ブラジルの信者達が、高い場所に像を建てた気持ちがよく分かる。

 

 

ダマリブラジルの旅は

リオ・デ・ジャネイロ→サンパウロ→ブラジリアと

ここから続く。


まるでガリガリ君の塊!氷河の世界ロス・グラシアレス

ダマリが今までの乗った長距離バスで

最高乗車記録は、36時間移動。

そんなに移動してどこまで行ったか?

 

行き先は、パタゴニアと呼ばれる

南米大陸の南。コロラド川以南の地域の総称。

チリとアルゼンチンをまたぐ。

 

 

アルゼンチンのサン・カルロス・バリローチェからバスに乗り

南米大陸を右に横断。そして南下。途中二回乗り換えたかなぁ〜。

氷河を楽しむツーリストが拠点としているエル・カラファテまで。

 

カラファテからツアーバスが沢山出ている。

さぁ、念願の氷河をみに、いざ出発!!!

 

氷河は、ロス・グラシアレス(氷河)国立公園という場所にあり

様々な47の氷河を見ることができる。

広すぎるため、自分が何をしたいか、何を見たいか絞った方がいい。

 

ダマリは、ロス・グラシアレス国立公園で一番有名な

ペリト・モレノ氷河を見ることに決めていた。

 

 

バスを降りて、目の前にひろがったのは

アルゼンチンブルーの世界!!!!

ずっと奥から手前に、ズズズズンと押し迫ってくる青い氷河。

 

 

ダマリの服装は、持参してきたゴアテックスの上下に

南米各国で入手してきた寄せ集めの衣類をありったけ重ね着し、

訳がわからないことになっていたが、そんなの御構い無し。

 

 

長い時間圧縮され、空気をほとんど含まなくなった透明な氷は、

波長の長い赤の光を吸収するため、氷を透過した光は青い。

そのためロス・グラシアレスの氷河は青く見えるそうだ。

 

 

崩れた氷河が、近くまで流れてきていた。

「巨大なガリガリ君だよね!」と誰かに言いたいが

日本人以外に言っても分からないもどかしさ。

 

 

船にのって、氷河まで近づけるサービスがあるのに、乗りそびれた………

 

 

氷河でオンザロックを飲むのがダマリの夢だったのになぁ。

 

 

自然の造形美には、何者も敵わない。

 

 

どこを切り取っても、美しく、飽きることはなかった。

 

 

青の世界が堪らない。

 

 

こんな南米の果てまで来れるのは、もう2度とないかもしれない。

そう思うと、氷河を目に焼き付けることに時間をかけた。

 

 

ガリガリ君ソーダ味。食べたいな。

 

 

帰り際に、そばに来てくれた美しい小鳥。

「ここまで来れたことに、感謝します」

 

 

小鳥と記念撮影をして、ロス・グラシアレス国立公園を後にした。

アディオス!

 

 

エル・カラファテから飛行機でブエノスアイレスへ。

機内食で出たスナック菓子の箱が、ロス・グラシアレスだった。

 

もう2度とくることがないことを思うと

単なるスナック菓子だが、一口一口噛み締めて食べた。


考え方を変えるだけでハッピーになれる

7/30に、スウェーデンの都市ウプサラ中央駅が大雨で浸水。

しかし、市民は水着を着て楽しんでいる様子が画像でupされていた!

 

 

なんだこのポジティブ精神は!この記事を読んで

ある旅のエピソードを思い出したので書くことにする。

 

メキシコ南東部に位置する都市カンクン。

カリブ海に面していて、かなりのリゾート地。

ここを拠点にして、周辺にある遺跡を巡る旅人が多い。

 

海があるせいか、カンクンでは毎日のように

スコールのような雨が振り、道路がすぐに浸水するため

外に出るときは、ビーサンが必須だった。

 

そんな土地柄を知らないまま

私は、カンクンからバスで約2時間半の場所にある

マヤ文明遺跡チチェン・イッツァへ行った時のこと。

 

ククルカンの神殿…ククルカンとは、羽のある蛇マヤ最高神。

 

「今日は曇り空で、遺跡巡りには最高だぞ〜!」と

テンション高めで隅から隅まで広い園内を散策。

気分は、もうミステリーハンター!

 

セノーテ…ユカタン半島にはセノーテがいくつも存在する。儀式に使われ女性を放り込んでいたとか。

 

 

チチェン・イッツアは、私の中で「大きな公園」のような感覚で

のんびり散歩してまわれる感じだった。

 

 

のんびりした光景に癒されながらも、

そろそろ帰らなくちゃなぁ。とバスを待っている間に

すさまじいスコールがチチェンイッツアを襲った!!!!

 

あまりにも激しすぎて、カメラのシャッターも押せず記録が残せていないのが残念だが、

世界中から集まった旅行者で、ごったがえすエントランスが

水浸し!!!避難できる場所もあまりない!!!!

 

私は「もう!最悪〜〜〜〜〜!!!」と嘆きまくって泣きそうになっていたら。

目の前の欧米人たちが、急に「ひゃっほ〜〜〜〜〜う!!」とはしゃぎ出した。

水着なのか下着なのか、わからないがTシャツやタンクトップを脱ぎ捨てて、大雨を楽しみ始めたのだ。

 

それを目の当たりにした私は

なんて、開放的な魂で、人間らしいのだろう。と

とっても羨ましく思った。

 

こういう感覚は、考えてできるものではなく、

とっさに体が反応してしまうもの。

真面目で控えめな日本人には、到底真似できない表現力だ。

 

考え方を変えるだけでハッピーになれる。

つくづくそう思う。

 


【ペルー】アレキパから行くYURA温泉

ペルー第二の都市アレキパ。別名「白い町」。

ダマリは、ペルーの首都リマの日本人宿にあった宿帳に

「アレキパは良い!」という旅人の感想をたくさん目にして、行くことに決めた。

 

リマ→ナスカと旅を経て、ようやくアレキパへ。

噂通り、過ごしやすく、宿も快適すぎて、予定より長く滞在してしまった。

 

ある日、「YURA」という温泉があるということを耳にする。

ペルーでの温泉は、これで2度目となる。

 

公共のバスターミナル。バスに「YURA」と書いてあるからわかりやすい。

 

ギアのドクロがかわいいw

 

YURA(ユーラ)は、アレキパからバスで約1時間。

 

 

到着!!なんだかリゾートっぽい!

とスパのような感覚でいたら大間違いw

温泉は、この建物の一角にあった。

 

 

じゃじゃ〜〜〜〜ん!

なんだ、この芋洗のような温泉は。

なぜこんなに小さく区切られているの?

 

想像を絶する狭さと、芋洗状態に愕然としたが

これは、楽しむしかない!と頭のスイッチを入れ替える。

水着に着替えて、いざ入浴!!!

 

ダマリも体が大きい方だが、ペルーの方達もそれはそれはデカイ!

湯船に使っても、隣の人の肌が触れるほどに芋洗。

本当に自分が芋になったようだった。

 

とにかく、目を閉じて、温泉が体に染み渡るのを感じるのみ。

でも、ぬるいのよねぇ〜〜〜〜〜〜。

 

ここは、地元の人が集う湯治場なんだろう。

観光客がくる場所ではないw

でも、地元の人たちの生活を身近に感じられるのは、とても良い。

 

あとで調べてわかったが、温泉はここだけではなく、

他の建物の中にもあるらしい。

 

泉質は、硫黄みたいな匂いがして、ちょっとラムネ湯っぽかったかな。

 

みなさん、世界を旅するときは、水着を持っていきましょう〜!

どこでどんな温泉に巡り会えるかわからないよ(^^)v

 

 


ブラジルでW杯を観戦するの巻

 

FIFA W杯ロシア開幕!

普段は、サッカーに興味ないけど

ワールドカップだけは、やっぱり観てしまう。

 

 

8年前のW杯。

私は、サッカー大国である南米を移動中で

日本VSブラジル戦の時に、ちょうどリオ・デ・ジャネイロにいた。

 

 

アルゼンチンからブラジルへ入国する際

「HONDA!HONDA!」と声をかけられ

私は本田選手をその時知らなかったため、なんのことだか分からなかった。

 

ブラジルは、母国のサッカー試合が始まる日、街中が静かになる。

みんな試合を観るために、室内に閉じこもるからだ。

こういう時は、外に出ると犯罪に会う確率が上がる。

 

閑散とした街。お店はシャッターまで閉めている!

 

 

 

日本VSブラジル戦の時、リオのゲストハウスにいたが

共有スペースであるカフェに皆んな集まり

熱気にあふれていた。

 

ブラジル人と観るサッカー観戦。

それも、戦いの相手同士。

なんだかとても鳥肌が立つ時間となった。

 

ゲストハウスのカフェでビールを飲みながら観戦!

 

その試合は、もちろん(!?)ブラジルが勝利したが

とっても良い試合で、「もしかしたら勝つかも!」という

ブラジル人も冷や汗の試合だった。

 

試合を終えた後、ブラジル人たちが

私に、「日本人はよくやったよ、すごかった」「本田はすごい」と言ってくれ

なんだか嬉しくなったことを覚えている。

 

今年のW杯は、どんな熱い試合を観せてくれるか

楽しみだ。


| 1/4PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ