今日の一枚「Mesilla girl」

 

アメリカ、ニューメキシコ州にあるメシーラMesilla。

昔のメシーラを再現して作られ、今ではオールドメシーラと呼ばれ観光地になっている。

 

素敵なお嬢さんが絵になる。

オールドメシーラらしく、セピアの世界を切り取った感じ。
この日は、砂嵐みたいな感じで空も白く、タイムスリップした気分になった。

 

21人もの人を殺したことで知られる、アメリカ西部の伝説のアウトロー「ビリー・ザ・キッド」が、
裁判にかけられた街としても知られている。
その旧・裁判所は、お土産屋になっていて、ネイティブなものが売られていて楽しかった。

 

なんだか「バグダッドカフェ」を思い出しちゃう。


ベガスでの苦い想い

ダマリは、2010年に世界放浪の旅へ出た。

サンフランシスコから旅を始めたが、

はじめは、ワクワクどころか恐怖心だらけだった。

 

サンフランシスコを堪能したら、帰国しよう。

やっぱり、私には世界放浪なんて怖くてできない。

自分でルートを決めて移動して行くなんて無謀すぎる………

 

こんな思いを抱きつつ、サンフランシスコ5日間を過ごし

「とりあえず、次まで移動してみよう」と勇気を振り絞り

長距離バスで「ラスベガス」を目指した。

 

パチンコもスロットも、カジノ関連は何も分からないのに

なぜ、ダマリはラスベガスへ向かったのか?

 

旅に出る前に、ネットでラスベガスからレンタカーを借りる手配をしていて、

グランドサークルを回る予定にしていた。

 

予定通り、ベガスにてレンタカーの受付を済ませ、車の鍵を受け取り

駐車場へ向かったが、向かう途中で、かなりの恐怖心がダマリを襲ってきた。

日本でも運転がままならないのに、アメリカの左ハンドル、右側通行で運転できるのか?

たった一人で荒野を走り、モーテルを転々としながら、本当に回れるのか?

 

やめとけ、ダマリ。事故でも起こしたらどうする?

グランドキャニオンやアンテロープ、モニュメントバレーに行きたいのなら

ツアーで行った方が断然良い!ここで、鍵を返すんだダマリ!

 

結局、鍵を返し、アメリカレンタカーの旅の計画は簡単に崩れ去った。

が、恐怖や不安の重圧から解放されたダマリは、急にワクワクして楽しくなってきた!

自分で自分の首を締めていたのがアホらしい!

 

そこからのダマリは、ハイテンション!カジノはできないものの

至る場所で飲み食いし、色々なホテルを散策して回った。

 

そして、そんな中で偶然見つけたのが

ホテル・ミラージュにデカデカと掲げられたビートルズの看板!

 

 

どうやら、ビートルズとコラボしたシルクドソレイユの舞台があるようで、

ダマリのボルテージは最高潮に!!!

きっと、これを観るためにダマリは、ベガスに呼ばれたんだ!

 

 

さっそくミラージュへ潜入!劇場がある階へ急ぐ。

劇場がある階には、ビートルズ仕様のカジノ。

ビートルズグッズが売っているショップもあった。

 

 

訳も分からない状態で、チケット売り場へ。

とりあえず、一番安いチケットを購入。

 

 

サンフランシスコ、ラスベガスを楽しんだら帰国しよう。

そう思っていたダマリだったが、ビートルズのショーを観終わると

それまでの怖気付いていたダマリはいなくなっていた。

 

旅は計画通りにはいかない。

こうして、旅の序盤にビートルズのショーを観られるというサプライズが起きた。

きっと、ここから繋がって行く旅は、きっとその繰り返しなのだろう。

 

よし、次へ移動だ!

 

ベガスから長距離バスで、メキシコ国境がある街「エル・パソ」へ。

そこから約1年の旅が続いた。


今日の一枚「ルート66」

 

ラスベガスで私は、レンタカーを借りる予定だったが

レンタカーの鍵を受け取るなり、急に怖気付き

その場でキャンセルしてしまった事がある。

 

自分で運転して、アメリカのグランドサークルを周る予定だったが、

右ハンドルや、アメリカのデカさにビビッてしまい、

レンタカーの店員さんを困らせた。

 

そんな背景もありつつ、安宿で参加者を募っていた

日帰りグランドキャニオンツアーに申し込んだ。

自分で運転しなくたって、気軽にツアーで楽しめば良い。

 

そう思った途端に、ナーバスな感情が一気に吹き飛んだ。

 

グランドキャニオンツアーは、

フーバーダム、ルート66を通って行くパターンが多い。

 

その時の写真がコレ。

 

国際免許も取得して、ルート66を行くドライブブックまで購入したというのに。

モーテルに寝泊まりしながら、一人ででかいUSAを周るというのは

だいぶ無謀な計画だった。

 

今度アメリカリベンジするときは、アメリカ横断、グランドサークルを周るぞ。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタサッポロ

「好きを仕事にしたい」「人生をもっと楽しみたい」

「自分を見つめ直したい」「楽しい仲間に出会いたい」

一つでも当てはまる方必見!札幌に遊びに来ませんか?

 

2018年5月19日(土)

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

ダマリも出展します!ダマリブースへ是非いらしてください(^^)

詳細はコチラ

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


クリーンミント味、全然ちゃうやんけ!

 

ダマリは、液体ハミガキを使用しているのだが

最近、気分を変えてみようかと「LISTERIN」を買ってみた。

購入する際に「味」をチェック。

 

リステリン紫は、「クリーンミント」と書いてあり

ま、リステリンは初めてだし、ミントなら大概、あの味だろう。

と王道のミント味を想像していた。

 

そして、リステリンの初体験日。

口に含むな否や「ルートビア味やん!!!」

と突っ込まずにはいられない状況に。

 

 

ルートビア。

知る人ぞ知る炭酸飲料。

「ビア」という名はついているがアルコールは一切入っていない。

 

私のルートビア初体験は、アメリカだった。

オプショナルツアーの途中でドリンクサービスがあり

「コークがいい?それともルートビア?」と聞かれ

「Beer」という単語に反応し、ルートビアをお願いした。

 

私はビールだと思い込んで、勢いよく缶を開けて飲むと

「!!!!!!!!!!な、なんじゃこのサロンパス味は!!!」と吹き出しそうになった。

激マズ…甘い…癖が強すぎる!!!!

 

私は、この後、食わず嫌いなだけかもしれない。と

アメリカのバーガーキングやレストランで2度ルートビアを試したが

やはり、どうしても慣れない味…………。

 

この味を思い出してしまったリステリン紫。

これは、使い切るまでに毎日この味と戦わねばならぬのだな。

使い終わる頃には、慣れるのだろうか………

 

浮気をしてしまったバチだ。

デンタルGUM液体よ。

また、君に戻るから待っていてね。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ローストチキン、過去に一度だけ挑戦したことがある

 

過去に一度だけ丸鶏のローストチキンに挑戦したことがある。

海外のスーパーでは、丸鶏をよく見かけるが

日本は、鶏屋に行かねば入手できない。

 

私も地元で美味しいと言われる地鶏屋さんへ前日注文の電話を入れ

調理する日に取りに行った。

結構立派な丸鶏だった。

 

しかしながら、自分で丸鶏を調理するなんて「初」だったため

ちょっとびびった。気持ち悪い。というのが本音かな。

 

日頃は、スーパーで綺麗に切り分けられたパック詰の部位を購入するから

こうして羽が抜かれた状態の生の丸鶏なんていうのは、ちょっと慣れないと勇気がいる。

私は、意を決して、ローストチキン作りに挑戦した。

 

お尻から、ピラフを詰めていく作業がある。

この作業もなかなかグロッキーww。

 

最初の一日目は、丸鶏にハーブ類や塩、オイルを擦りこみ、一晩寝かせる。

そして翌日、スタッフィングするものを用意し、

お尻から詰めて、竹串でとめる。(この時は確か、手抜きして冷凍ピラフを入れたはずw)

 

で、ちょっと失敗した!と思ったのが、オーブンの大きさ。なかなかギリギリだった。

海外のように、七面鳥を丸々焼けるぐらいのオーブンがあればいいのだが

日本製は、大きさに注意したほうがいい。

 

鉄板に、丸鶏と、ジャガイモを乗せて一緒にローストしていく。

途中で出てきた肉汁を、時々肉にかけるのがポイントだ。

 

 

もうちょっと焦げ目がついてもいいかな。

 

ファミリーで切り分けて食べると、本当に幸せをひしひし感じる料理だよなぁ。

また、挑戦する日が来るだろうか?

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ