ベガスでの苦い想い

ダマリは、2010年に世界放浪の旅へ出た。

サンフランシスコから旅を始めたが、

はじめは、ワクワクどころか恐怖心だらけだった。

 

サンフランシスコを堪能したら、帰国しよう。

やっぱり、私には世界放浪なんて怖くてできない。

自分でルートを決めて移動して行くなんて無謀すぎる………

 

こんな思いを抱きつつ、サンフランシスコ5日間を過ごし

「とりあえず、次まで移動してみよう」と勇気を振り絞り

長距離バスで「ラスベガス」を目指した。

 

パチンコもスロットも、カジノ関連は何も分からないのに

なぜ、ダマリはラスベガスへ向かったのか?

 

旅に出る前に、ネットでラスベガスからレンタカーを借りる手配をしていて、

グランドサークルを回る予定にしていた。

 

予定通り、ベガスにてレンタカーの受付を済ませ、車の鍵を受け取り

駐車場へ向かったが、向かう途中で、かなりの恐怖心がダマリを襲ってきた。

日本でも運転がままならないのに、アメリカの左ハンドル、右側通行で運転できるのか?

たった一人で荒野を走り、モーテルを転々としながら、本当に回れるのか?

 

やめとけ、ダマリ。事故でも起こしたらどうする?

グランドキャニオンやアンテロープ、モニュメントバレーに行きたいのなら

ツアーで行った方が断然良い!ここで、鍵を返すんだダマリ!

 

結局、鍵を返し、アメリカレンタカーの旅の計画は簡単に崩れ去った。

が、恐怖や不安の重圧から解放されたダマリは、急にワクワクして楽しくなってきた!

自分で自分の首を締めていたのがアホらしい!

 

そこからのダマリは、ハイテンション!カジノはできないものの

至る場所で飲み食いし、色々なホテルを散策して回った。

 

そして、そんな中で偶然見つけたのが

ホテル・ミラージュにデカデカと掲げられたビートルズの看板!

 

 

どうやら、ビートルズとコラボしたシルクドソレイユの舞台があるようで、

ダマリのボルテージは最高潮に!!!

きっと、これを観るためにダマリは、ベガスに呼ばれたんだ!

 

 

さっそくミラージュへ潜入!劇場がある階へ急ぐ。

劇場がある階には、ビートルズ仕様のカジノ。

ビートルズグッズが売っているショップもあった。

 

 

訳も分からない状態で、チケット売り場へ。

とりあえず、一番安いチケットを購入。

 

 

サンフランシスコ、ラスベガスを楽しんだら帰国しよう。

そう思っていたダマリだったが、ビートルズのショーを観終わると

それまでの怖気付いていたダマリはいなくなっていた。

 

旅は計画通りにはいかない。

こうして、旅の序盤にビートルズのショーを観られるというサプライズが起きた。

きっと、ここから繋がって行く旅は、きっとその繰り返しなのだろう。

 

よし、次へ移動だ!

 

ベガスから長距離バスで、メキシコ国境がある街「エル・パソ」へ。

そこから約1年の旅が続いた。


クリーンミント味、全然ちゃうやんけ!

 

ダマリは、液体ハミガキを使用しているのだが

最近、気分を変えてみようかと「LISTERIN」を買ってみた。

購入する際に「味」をチェック。

 

リステリン紫は、「クリーンミント」と書いてあり

ま、リステリンは初めてだし、ミントなら大概、あの味だろう。

と王道のミント味を想像していた。

 

そして、リステリンの初体験日。

口に含むな否や「ルートビア味やん!!!」

と突っ込まずにはいられない状況に。

 

 

ルートビア。

知る人ぞ知る炭酸飲料。

「ビア」という名はついているがアルコールは一切入っていない。

 

私のルートビア初体験は、アメリカだった。

オプショナルツアーの途中でドリンクサービスがあり

「コークがいい?それともルートビア?」と聞かれ

「Beer」という単語に反応し、ルートビアをお願いした。

 

私はビールだと思い込んで、勢いよく缶を開けて飲むと

「!!!!!!!!!!な、なんじゃこのサロンパス味は!!!」と吹き出しそうになった。

激マズ…甘い…癖が強すぎる!!!!

 

私は、この後、食わず嫌いなだけかもしれない。と

アメリカのバーガーキングやレストランで2度ルートビアを試したが

やはり、どうしても慣れない味…………。

 

この味を思い出してしまったリステリン紫。

これは、使い切るまでに毎日この味と戦わねばならぬのだな。

使い終わる頃には、慣れるのだろうか………

 

浮気をしてしまったバチだ。

デンタルGUM液体よ。

また、君に戻るから待っていてね。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ローストチキン、過去に一度だけ挑戦したことがある

 

過去に一度だけ丸鶏のローストチキンに挑戦したことがある。

海外のスーパーでは、丸鶏をよく見かけるが

日本は、鶏屋に行かねば入手できない。

 

私も地元で美味しいと言われる地鶏屋さんへ前日注文の電話を入れ

調理する日に取りに行った。

結構立派な丸鶏だった。

 

しかしながら、自分で丸鶏を調理するなんて「初」だったため

ちょっとびびった。気持ち悪い。というのが本音かな。

 

日頃は、スーパーで綺麗に切り分けられたパック詰の部位を購入するから

こうして羽が抜かれた状態の生の丸鶏なんていうのは、ちょっと慣れないと勇気がいる。

私は、意を決して、ローストチキン作りに挑戦した。

 

お尻から、ピラフを詰めていく作業がある。

この作業もなかなかグロッキーww。

 

最初の一日目は、丸鶏にハーブ類や塩、オイルを擦りこみ、一晩寝かせる。

そして翌日、スタッフィングするものを用意し、

お尻から詰めて、竹串でとめる。(この時は確か、手抜きして冷凍ピラフを入れたはずw)

 

で、ちょっと失敗した!と思ったのが、オーブンの大きさ。なかなかギリギリだった。

海外のように、七面鳥を丸々焼けるぐらいのオーブンがあればいいのだが

日本製は、大きさに注意したほうがいい。

 

鉄板に、丸鶏と、ジャガイモを乗せて一緒にローストしていく。

途中で出てきた肉汁を、時々肉にかけるのがポイントだ。

 

 

もうちょっと焦げ目がついてもいいかな。

 

ファミリーで切り分けて食べると、本当に幸せをひしひし感じる料理だよなぁ。

また、挑戦する日が来るだろうか?

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


夏だ!海だ!フローズンマルガリータだ!ベースに使用されているテキーラは何からできている?

どんな酒も、塩をなめながら飲むガールフレンドのために、

1936年にメキシコのホテルのバーテンダーが、ガールフレンドの名前をとって名付けたカクテル「マルガリータ」

 

中でも、夏にぴったりのフローズンマルガリータは

テキーラ、ホワイト・キュラソー(オレンジ風味のリキュール)、
ライム・ジュースで割った爽やかでいて辛口なカクテル。

書いてる矢先から飲みたくなるわ…。

 

私は、あまりカクテルは飲まないが

BARにいく機会があると、マルガリータ、もしくはフローズンマルガリータを注文する。

(あとは、チンザノかな)

 

バックパッカーをしていた頃、

メキシコのリゾート地「カンクン」を訪れた際、

貧乏旅行者の私が唯一目標にしていたことは

「フローズンマルガリータを高級ホテルで飲む!」という単純なことだった。

 

今思えば、おもいっきってキューバに渡って他のことを楽しめば良かったが

その頃の私には、キューバ知識はほとんどなく

とにかくフローズンマルガリータを飲んで、この地を去る!という

意味不明な衝動に刈られていた。

 

マルガリータのベースである「テキーラ」

みなさんは、このテキーラは何から作られているかご存知だろうか?

 

テキーラは、竜舌蘭(アガペ)という植物からできた蒸留酒である。

ん?ところでアガペってどんなの?

 

↑これ。カンクンのホテル内にあったテキーラ博物館の写真。

なんだか、パイナップルの巨大版みたいだねwww

 

ホテル周辺に、アガペを植えている場所が結構あった。

 

アガベは苗の状態から植えられ6〜8年後に収穫されるのだという。

 

↑収穫は生育したものから順に通年にわたって行われ、

コア (Coa) と呼ぶシャベルに似た専用の鎌が用いられる。

 

↑葉を切り落とされ収穫されたアガベは、パイナップルに似た形をしているので、

ピニャ( piña、パイナップルという意味)と呼ばれている。

ピニャは大きいものでおよそ50kgほどあり、傾斜を伴う畑からはラバを使って搬出する伝統が守られているそうだ。

 

↑伝統的な方法では収穫後、石を敷き詰めた穴にピニャを積み重ね、

下から燻製に近い形で30時間程度蒸し焼きあげる。
蒸しあげたアガベを1週間放置し、その後これを石臼ですり潰し汁を絞り出し発酵させる。

 

↑全てのテキーラメーカーはCRTの認可が必要であり、

テキーラのラベルにはメキシコ公式規格である「NOM」のイニシャル、

テキーラ規制委員会の認証である「CRT」のイニシャルと、4桁の番号が印刷されている。

皆さん、購入する際は要確認。

 

こうして、テキーラの作り方を、勉強したのちに

いざ、ヒルトンホテルへ。

 

 

こ汚い格好で、ホテル内のバーに潜入。

メニューを見るも、私はただただ

フローズンマルガリータを飲むためにここへ来たのだ!

 

と、すぐにオーダー。

 

Una Frozen Margarita por favor. ウナ フローズンマルガリータ ポルファボール

フローズンマルガリータをひとつお願いします。
Para llevar.パラジェバール

持ち帰りで。

 

片手にフローズンマルガリータ、

そしてビーチに繰り出す。

 

この一杯のために、目的を達成した贅沢な時間。

 

ヒルトンのビーチで夕日が傾くまで、佇む。

そして、また安宿へ戻り次の国へと思いを馳せる。

メヒコ、最高〜〜〜!ムチャスグラシャス!

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【U.S.A】タビオンナvol.2〜大好き!フルハウスロケ地巡り

私の大好きな海外ドラマ「フルハウス」。

妻を亡くしたダニーが、娘3人を、義弟ジェシー、親友ジョーイと男手3人で育てるハートフルコメディ。

 

三人姉妹の長女DJは、私と同じ歳。

なので、同じ時代をリアルタイムに育ってきた。

ダニーも私の父と同じ歳。そしてどことなく父はダニーに似ている。

私の父も男で一つで私と弟を育ててきた。

だから、重なる部分が沢山あるこのドラマは私にとってかけがえのないもの。

 

そんな思い入れの強いフルハウスの舞台は

アメリカのサンフランシスコ。

どうしても訪れて観たかった私は、33歳の時にフルハウスの世界に降り立ったのだ。

 

フルハウスのオープニング、ゴールデンゲートブリッジ。

なんと全長約2700mもある。

 

私はレンタルサイクルで、ゴールデンゲートブリッジを渡ることに!

これが、想像以上に怖かった!!!

 

海面からの高さ約67m。強風だし、風は冷たいし、

車はビュンビュン、レンタサイクル、自転車も

尋常じゃないスピードでこの橋を駆け抜ける。

怖さと感動で、涙がマジで出た(>_<)))))

 

オープニングのピクニックシーン。ここはアラモ・スクエア。

後ろに並ぶ家は、ビクトリアンハウスと呼ばれる年代物の有名な家々。

 

私が行った時期は3月下旬で桜が満開。お花見日和だった。

 

近くの露店でキングサイズのバーガーを買って、この場所でランチ。

いつまでもいつまでも佇んでいられる素敵な公園だったなぁ。

 

コアなファンしか興味がないであろうこのシーン。

ロンバートストリートというクネクネした有名な坂。

ここを、ダニーとミシェルが自転車で駆け下りるシーンがある。

 

有名な観光スポットでもある。イェイ

 

サンフランシスコのフィッシャーマンズワーフ。

ウォーターフロントに面する観光地。とっても賑やかで飽きない。

フルハウスのオープニングにも沢山登場する。

 

 

 

ダニー、DJ、ステフが釣りをするシーン。

釣りをする先には、アルカトラズ島が見えている。

 

遠くに浮かぶアルカトラズ島。釣り堀が沢山ある。カモメもたくさん、、、

 

まぁとにかく、フィッシャーマンズワーフ付近は、すべてオープニングロケ地ですwww

もうサンフランシスコ、どこに行ってもフルハウスにしか見えないwww

 

ケーブルカーに乗るだけで、サンフランシスコの町並みを楽しめる。

サンフランシスコは、碁盤の目のように真っ直ぐな道で成り立っているから迷うことはない。

 

トランスアメリカ・ピラミッド。

ドラマの中では、ダニーとベッキーが司会を務める

「おはようサンフランシスコ」を放送しているTV局がある設定。

 

おはようサンフランシスコのダニーとベッキー(^^)

 

赤いドアのお家が、タナー家の目印。

 

やった〜〜〜〜!!!タナー家に来たぞ。

ファンが何人か来ていて、「Full House?」と聞くだけで

「Yah!」と分かってしまう。すごいなフルハウス。

 

他にも、コイトタワー、チャイナタウン、フィルバートステップなどなど

コアなロケ地も周った。

 

今現在、「フラーハウス」が放送されている。

DJが夫を亡くし、息子三人を親友キミーと妹ステフと女三人で育てるお話。

とっても賑やかで面白い。

 

自分の家族もなぜこんな風にフランクな家族になれないのだろう、、、

っていつも思う。

 

だけど、このドラマがこんなに人気があるのは、

できるようでできない大家族のあり方、理想の家族だから人気があるんだろうな。

 

永遠の憧れの家族だから、ずっと人気なのだろう。

 

また行きたい、サンフランシスコ。

 

 


| 1/2PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ