今日の一枚「ジャックオランタンと愛猫ひら」

 

愛猫ひら、生後1カ月半。

「Happy Halloween♪HAHAHAHA」って喋るジャックオランタン。

目がピカピカ光る、お気に入り。

 

大きな病気もせず、大きくなってくれたね、ひら。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ペットロスを体験した事はある?



ペットロスを体験した事がある?

私は、ある。

初めての自分だけのペット。
28歳の時、黒猫を飼い始めた。

頭が良くて、良くしゃべる子だった。

名前はナイト。女の子。

ナイトが8ヶ月の時。
私は実家に帰省していて、
ナイトは、留守番をしていた。

そして、実家から戻った日。
いつもなら、私の帰りを待ちわびて、「お帰り!」って玄関で迎えてくれるのに、どこにもいない。

私は、家の周辺を探し回った。
そして、いつも昼寝をしていた場所を覗き込むと、ナイトが横になっていた。

「ナイト!ただいま」
そう言って、ナイトを触ると
目を見開いたままで、固まっていた。

私は、そこからの世界が灰色になった。
色を感じられない、モノクロの世界に堕ちた。
泣きじゃくりながら、ナイトをタオルで包み、車を走らせ、叔父の畑に埋めに走った。

夜、懐中電灯を灯しながら、土を掘り、ナイトを埋めた。ナイトが大好きだったオモチャも一緒に。

それからの私はペットロスになった。
書店で本を見つけて、自分と同じ状況の人達が、いるのだと分かった。

家族が亡くなるのは、もちろん辛いが、愛犬や愛猫の死は、それよりも辛い。

なぜなら、家族はイチ人間対人間の関係で、個々を生きているが
ペットは、自分の一部になる。

ゆえに、自分の一部が破壊する。

悲しい時、嬉しい時、どんな状況の自分でも、ペット達は受け止めてくれ、癒しを与えてくれる。

今朝、友人の愛猫が亡くなった。
腕の中で息を引き取ったそうだ。

彼女の気持ちを思うと、胸が張り裂ける。

ペットロスは、周りの人達の理解が必要だ。


私がナイトを亡くしたとき、私の身の回りは、理解がある人達ばかりだった。

母も父も、祖母も、友人も。
私の話を聞いてくれ、一緒に悲しんでくれた。

職場も理解してくれていた。

無理して悲しみを乗り越えなくて良い。
その子の為に沢山沢山泣こう。
あれも、これもしてあげたら良かった。
あの時、こうしていれば、、、

そうやって、沢山反省して、泣こう。

ペット達は、そんな貴女のすぐ側にいる。
その子達を思い、涙するときは、
側にいる時だそうだ。

ペットを飼う人は、最後まで看取る覚悟を持って欲しい。
その子の一生を見届ける。
そういう覚悟があれば、ペットロスも自然に乗り越えられる。

友人の愛猫ぱんちゃんに捧ぐ。
ありがとう、ぱんちゃん。
また、会おうね。


【ペットの防災】家族の一員、ペットの防災は準備万端?

 

今日、私の生まれ故郷・鹿児島市で、震度5強の地震があった。

安否確認のメッセージ、みんなありがとう。

 

日本列島では、毎日のようにどこかで地震が起きて、そして災害が発生している。

いつどこで、自分の身に降りかかってくるかわからない。

自分の身は、自分で守るしかない。

 

でも、ペットを飼っている人はどうか?

ペットは言葉を話すことができないし、飼い主が守ってあげるしかない。

 

 

ペットの防災


私は、地震がおきた時に自分の安全よりも気遣う存在がいる。

恋人でも家族でもなく…ズバリ、愛猫です。ペットを飼っている方は、きっと同じ気持ちだと思う。

ペットも現代社会においては、かけがえのない家族。

一緒に、安全に避難できるように、ペット用防災グッズを準備しておこう。 

★洗濯用ネット
犬も猫も、地震が起きて避難する際は、まず洗濯ネットにイン!猫を飼っている方なら常識なことですよね。

猫は、洗濯ネットに入れると"ピタッ…"っとおとなしくなる。

記憶に新しいのが、今年2015年9月10日の茨城県常総市の鬼怒川堤防が決壊し、

近くの住民が取り残されて2時間以上孤立した時に、自衛隊員が袋に柴犬を入れて無事に救出されたニュース。

とにかく、洗濯ネットに入れて、落ち着いたらキャリーやケージに移してあげよう! 

★食器
折りたたみ式の食器が販売されているので用意するとグッド。 

★普段から食べているフード
最低5日分。私の場合は、缶詰を3缶、パウチを3袋、カリカリ小袋1箱用意して、

賞味期限が近づいたら新しいのと取り替える。(ローリングストックってやつ?)

救援物資は、人間用が先に届き、遅れてペット用品が届くそう。

なので、ペットの食料は、多めに持って行ってあげよう。 

★ペット用飲用水
人間用とは別にペットボトル1本からでも!

人間用のミネラルウォーターは、犬・猫には不向き。

ペット用の水が売られているので用意しておこう。 

★トイレグッズ
砂やペットシート・消臭剤も一緒に。

砂は、小袋に分けておくと良い。普段から使い慣れているものにしよう。

トイレは、折りたたみのものが販売されている。

引っ越しの時や、実家帰省に使用してみたが、大変重宝した。 

★ビニール袋
嘔吐物処理用や、糞尿の後始末に。 

★使い捨てカイロ
寒さに弱い猫の冷え対策に。 

★ハーネス類及び首輪など
迷子札つきが良い。

余裕のあるかたは、前もってマイクロチップを注入しておくと安心。

小さいカプセルの首輪もある。 

★タオル・ペット用ウェットティッシュ
いつも使い慣れているものを用意しておこう。 

★キャリー・ケージ
犬・猫の居場所確保

私はキャリーの他に、折りたたみの簡易ケージを用意している。

★ヘアブラシ
清潔に保ってあげるのも大切。 

★常用している薬
持病があるペットには必須。 

★ペットの写真
迷子になってしまったときに、顔の模様や特徴がわかるものを用意。 

環境省が「ペット動物の災害対策ガイドブック」を作成している。

ペットがいる方は、ぜひ一度といわず何度も目を通して、安全に避難でき、

一緒に暮らせるように心がけておこう。 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


私が黒猫を飼い始めた理由

ヒラ。1才。

 

 

私が黒猫を飼い始めた理由。

それは「魔女」になりたかったから。

 

2005年。29歳の時。

魔女になりたくて、黒猫の子猫を探していた。

 

なぜ魔女か?

 

当時の私は、魔女の世界観が大好きで

魔女には「使い魔」という動物が必ずいることを知り

黒猫を使い魔として飼いたい。と、強く思い始めていた。

 

当時勤めていた書店で、子猫の里親募集の貼り紙を目にする。

私はすぐに名乗りを上げた。

 

その時、私の元にやってきたのは今現在飼っているヒラではない。

名前はナイト。夜のNightではなく、騎士のKnightだ。

 

とても賢い猫で、よく話す猫だった。

私は、ナイトからいろいろなことを学んだ。

 

そして、ナイトは生後8カ月にして

交通事故で亡くなってしまった。

 

母がこう言った。

「ナイト。だなんて、名前がよくなかったかもね…」

私も同じことを思った。

 

私の「使い魔」としての目的も後悔したし、

女の子なのに、もっとかわいい名前をつけてあげたら良かったと、

何日も泣き続けた。

 

亡くなる1週間前に撮影したナイト

 

 


そんなペットロスの最中、朗報が入る。

ナイトの生みの親、シマコさんが黒猫を生んで生後1カ月になる。という。

 

ナイトの妹。

これが、今現在飼っているヒラだ。

 

ナイトが亡くなって、ヒラと出会う。

それが運命というものなんだろうか…。

 

ヒラは、ツキノワグマのように

胸に白い毛が生えていた。

 

三日月…。

以前ロンドンで知り合ったトルコ人のかわいい女の子の名前がヒラだった。

「三日月といういう意味なの」と聞いていた。

 

そうだ。ヒラにしよう。

 

こうして名前が決まった。

 

今思えば、トルコ語のhilalヒラという意味もあるが

英語ではhealer、ヒーラーの意味もある。

 

とてもいい名前。本当にヒラは、healerだから。

 

魔女になりたい想いは今でも変わらない。

 

私の魔女の定義。

魔女とは、大鍋をかき混ぜる老婆ではなく、

自然と共存する知恵ある女性のこと。

 

ナイトもヒラも「使い魔」ではなく

私の「分霊」。

素敵な魔女を目指して、日々を送る。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

フェスタまで、あと10日!!!

2017年4月16日(日)好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタin東京浅草橋

マガジンブースに置かせていただきます!

興味をお持ちの方は、お気軽にお持ち帰りください(^^)/

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。 

お申込み⇒info@damalish.com 

〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数 
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、 
マンション名まで記入してください。 
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し) 
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com 
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【猫の便秘】ダマリの愛猫便秘対処法

 

春。

愛猫の抜け毛の季節。

 

気がつけば、毛玉を吐く回数が増えていて

「ハッ!抜け毛の季節か!」と気づく。

 

この時期に気をつけたいのは、便秘。

 

毛玉が吐けなくなって「毛球症」になる危険性が。

飼い主が愛猫のブラッシングを怠ると、愛猫が飲み込んでしまう抜け毛が多くなり、

これが消化管の中にたまることがある。

 

あいにく、毛球症になったことはないが

抜け毛が多いこの時期は、便秘になりやすい時期とも言える。

ヘアボールが便に混じって硬くなるのだ。

 

最近ふと愛猫ヒラのお尻が、いつもよりも更に大きくなっていると感じた。

 

「やば、便秘になっちゃったかな。」

猫の便秘は怖い病気をはらむ。

 

体の機能は正常だけれども、腸の中の便が硬すぎるために通過できない状態になる。

便が出なくなると、お腹が便でいっぱいになり、次第に嘔吐が始まる。

 

そんな怖い状態にならないように、

「便秘かもな…」と思った時に

私は以下の手順を試す。

 

このおかげで、3日目にはだいたい便が出てくれている。

トイレに便を見た時の喜びようったら!!

こんなに便が愛おしいことはない(=^ω^=)www

 

 

●お腹、背中マッサージ

お腹を「の」の字を描くように、軽く優しくマッサージ。(人間と同じ)

これで、ガス抜きをしてあげる。

便秘になると、下腹部左側がゴロゴロ硬くなるのがわかる。

 

合わせて、背中を上から下腹部にかけて、便を絞り出すようなイメージで撫でて

やさしくマッサージ。

 

 

●オリーブオイルを小さじ1

私は、ウエットフードを愛猫に与える時、普段から少量の水を加えて

人間でいう「おじや」状態にする。

便秘の時は、そこに小さじ1のオリーブオイルを垂らし混ぜて与える。

与えすぎは良くないので、ほどほどに。

 

 

●オリーブオイルで浣腸

綿棒にオリーブオイルを付けて、愛猫の肛門に塗る。

あまりにも頑固な便の時は、綿棒の先っちょを軽く突っ込む。

便がスルリと出る役割を担ってくれる。

やりすぎると、愛猫に嫌われるので、手早く!ほどほどに!

 

 

●ぶらぶら体操

愛猫の脇を持ち上げて、下半身をぶらぶら揺らす。

「便よ出ろ、便よ出ろ」と唱えながら

ぶらぶら揺する。

あまりやりすぎない程度に。

 

 

●基本的なこと

水は毎日新鮮なものを!

トイレは綺麗に!

ブラッシングをこまめに!

 

猫は少しの変化でもストレスを感じるので、バタバタ模様替えをしたり、家具移動をすると

トイレをしなくなったりする。(猫砂を変えたりするとダメな場合も)

 

季節の変わり目は、気温・湿度もかわるので

室内飼いの愛猫が知らず知らずのうちに、ストレスを感じていることが多い。

 

とにかく、愛猫の言葉に耳を傾けて

よぉーーーーーーく話を聞いてあげることが

飼い主の義務!だと私は思う。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

2017年4月16日(日)好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタin東京浅草橋

マガジンブースに置かせていただきます!

興味をお持ちの方は、お気軽にお持ち帰りください(^^)/

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com

〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/4PAGES | >>

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬。海外渡航21ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴19年。2015年にデザイン屋Damalish.com独立起業。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

ホームページ

コメント

search this site.

管理者ページ