今日の一枚「オペラ座のダマリ」

 

私の初ヨーロッパは、20歳。

デザイン学校での研修旅行で、姉妹校があるフランス・パリへ行った。

 

オペラ座の前で撮影。なぜか、への字口。

着ている服は、パリの古着屋で見つけた。

 

周辺には、ファントムマスクがたくさん売られていたっけなぁ〜。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


赤い屋根の古都ポルト

 

7年前。バックパッカーの旅に出る前に、

勤めていた会社の後輩が

「ポルトガルにも行きますか?ぜひ、その時はポルトへ」

この言葉が忘れられず、私はポルトガルへ向かった。

 

首都リスボンで過ごしたのちポルトへ。

 

一言で言うと、魔女の宅急便に出てきそうな街。

坂ばかりで歩くのは大変だけれど、家が密集して、どこか安心感がある。

 

ドウロ川の北側の丘陸に気づかれた街は、世界遺産にも登録されている。

 

バカリャウという干タラの香りが街に漂い、猫も多い。

石畳を思う存分歩いて、宿ではポートワインで乾杯。

 

夕日に照らされたポルトの街は、屋根の色をさらに赤く染め

多くの人を魅了する。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【奇才ダリ・スペイン三大聖地の旅/その1 】プボル城

サルヴァドール・ダリ。スペインの画家。

美術の教科書に必ず載っている、グニャリと曲がった時計。

誰でも一度は見たことがあると思う。

そして身近なもので言えば、チュッパチャプスのロゴをデザインしたのもダリ。

彼は、商業デザイナーでもあった。

 

私はダリに魅了されたうちの一人。

 

ダリ好きなら、誰もが憧れるダリ三大聖地がある。

その聖地を駆け足で紹介することにするが

長くなるので、シリーズ第三弾でご紹介。

 

 

 

ダリ三大聖地その1

 

ガラ ダリ城美術館(プボル城) Casa-Museu Castell Gala Dali

 

 

スペインのジローナから、バスで40分。

ラ・ぺラという超ど田舎にプボル城はある。

 

プボル城とは、ダリが愛妻ガラに贈ったお城のこと。

 

田舎すぎて、おまけに地図もなく(←無謀)、

フレサ駅の駅員さんに聞いても知らなくて、結局タクシーを捕まえてレッツゴ〜!

(田舎すぎて、タクシーもいなくて、キオスクみたいな店のお姉さんが電話で呼んでくれたww)

 

 

 

ジャジャ〜〜〜ン!プボル城に無事到着。

お城というより、素敵なヨーロッパの自宅。という感じ。

 

 

あ!!!!ダリが出迎えてくれてるぞ!

Hola DALI! Como esta?

 

ガラが生涯「隠れ家」として使い、ダリはガラの「招待状」がなければ入れなかったお城。

ガラはこの城で、若い芸術家たちと暮らしていたそうで、

長年の芸術のミューズであるガラからの疎遠はダリを不安にさせ、うつ病となる。

 

 

私は、ガラの気配を感じていた。

ダリの作品に登場するガラの服やリボン、風景そのものがあり、

私は絵画の中に入り込んだ気持ちになっていた。

 

 

 

ダリより10歳年上のガラが亡くなった後、

ダリは創作意欲をなくし、このお城に引きこもることに。

 

 

ダリ最後の作品「スワロー・テイル」もここで描いた。

作品は、フィゲラスのダリ美術館に展示されている。

 

 

ガラが来ていた服も展示されている。ダリがデザインした服もある。

 

 

 

ダリが愛用していたキャデラック。

 

 

 

このお城の地下にはガラとダリのお墓がある。2つの棺が並んでいるが

ダリは、ここには眠らなかった。

 

 

 

私がこの場所で気に入ったのは、庭。

植物が生い茂り、ダリのオブジェもあって、とても気持ちが良かった。

 

 

行きの道は、分からずタクシーを利用したが

帰りは来た方向へひたすら引き返すのみ。

本当に何にもない田舎道を、ひたすら(多分3kmくらい)駅に向かって歩いた。

 

でも、この何もないのが贅沢な時間。

じっくり、ゆっくり、プボル城の余韻を歩きながら楽しむことができた。

ありがとう、ダリ。

 

次回は、ダリ三大聖地その2/ダリ美術館  Teatre-Museu Daliをご紹介。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「エンリケ航海王子」

 

ポルトガル、リスボン。

夕日の写真を撮りたくて、何時間も待って撮影したテージョ川河岸にある「発見のモニュメント」。

大航海時代を記念した記念碑。

 

ポルトガル王国のエンリケ王子を先頭に、

その他の同時代の探検家、芸術家・科学者・地図制作者・宣教師らの像が並ぶ。

 

今でこそ、誰もが気軽に簡単に世界中を旅できる世の中だが

大航海時代における大陸の発見は、どれだけの衝撃があったことだろう。

 

ロマンあふれるこのモニュメントを見たいがために

私はポルトガルへ旅に出た。

 

月に向かって、今から出航するようで

「私も乗せて!」と身を乗り出して

何枚もシャッターを切った。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「エリナー・リグビー」

 

ビートルズの曲「エリナー・リグビー」。

教会を背景としたストーリーと曲があっていて

私の中の、ビートルズBest10に入るお気に入りの曲。

 

エリナー・リグビーという身寄りのない老女と、誰からも相手にされないマッケンジー神父という

架空の人物を悲劇的に書いた物語的な曲。

 

しかし、架空の人物と同じ名前のエリナー・リグビーとマッケンジー神父のお墓が後に発見される。

それも、ポールとジョンが初めて出会ったセント・ピーターズ教会の墓地でだ。

なんとも不思議なエピソードで、ますます「エリナー・リグビー」を好きになった。

 

写真は、ビートルズ誕生の聖地リヴァプールのスタンリー通りにあるベンチに座っているエリナー・リグビー像。

 

ファンにとっては、憧れのエリナー・リグビー像だが、

地元の人にとっては、生活に根付いている至って普通の像。

 

時を経ても、地元に自然に馴染んでいるビートルズ文化を垣間見た瞬間だった。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/3PAGES | >>

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬。海外渡航21ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴19年。2015年にデザイン屋Damalish.com独立起業。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

ホームページ

コメント

search this site.

管理者ページ