ダマリの車に載せている唯一の音楽CDはビートルズ

ダマリは、ビートルズが好きだ。でも、熱狂的なファンではない。

4人のことを詳しく話せるわけでもないが、ビートルズの世界観が好きだ。

ダマリの車にはビートルズのCDしか載せていない。

 

他の音楽は、iTunesに全て入れてあるため、CD自体が存在していないし、処分した。

だけど、ビートルズのCDだけは、なぜか捨てられない。

 

ダマリが初めてロンドンへ行った時、ビートルズのアルバム「アビイ・ロード」だけは知っていて

とにかく、このジャケットの横断歩道を歩かねば!と意気込んでいた。

そこで、今回はロンドンの「アビイ・ロード」について書いてみる。

 

 

アビイ・ロードは、地名だ。

その場所に、ビートルズがレコーディングを行なっていたEMIスタジオがあり、

そのスタジオの前に、この横断歩道がある。今ではイギリスの文化財に指定されている。

 

 

ダマリは、痛恨のミスで反対側から撮影してしまった!

しかも、この通りは交通量が多くて、なかなか渡れない し、

うまく撮影できない始末。

 

 

ロンドンの番地名表示はかっこいい!

 

 

ここでビートルズがレコーディングを行なっていたのかぁ………と思うと

感慨深くなった。

 

神妙な面持ちのダマリ。

 

スタジオの塀は、ファンのメッセージがたくさん書かれている。

 

ダマリも書きたかったが、ペンをもっていなくて断念。

 

書くものがなくて、口紅で書いているメッセージもあった。

 

 

この場所に行くには、「セント・ジョンズ・ウッド St.Jhon's wood」駅が一番近い。

そしてこの駅には、アビイ・ロードカフェというお土産屋さんがある。

 

 

ダマリは、ここで購入したマグカップを今でも愛用している。

2003年に購入したから、15年も使用しているのか!!!

 

 

何年経っても色褪せないビートルズ。聞き飽きないビートルズ。

胎教にいいな(^^)


サルヴァドール・ダリのお墓は、どこにある?

今日は、スペインの奇才画家サルヴァドール・ダリの誕生日。

私は、中学の頃から彼のファン。

エンターティナーであるダリを、いつもカッコイイと思ってきた。

 

デザイン学校の時に、ダリ生誕100周年という美術雑誌特集を買い、

その時に「ダリ三大聖地」というものを知る。

絶対行くぞ。と心に決め、33歳にようやく願いを果たした。

 

そんなサルヴァドール・ダリは、生きていれば今年で114歳。

いつまでたっても永遠に輝き続ける画家である。

色褪せない彼の作品は、時代を経るごとに輝きを増す。

 

ダリは、私は中学の時に亡くなった。

ダリのお墓はどこにあるのか?

 

ダリは、愛する妻ガラが亡くなった時に

ガラの隣に自分の墓を作った。

 

 

ダリがガラのために購入したプボル城にお墓はある。

右側の花がある場所に、妻のガラは眠っている。

そして左がダリ用の墓だが、彼はここには眠っていない。

 

 

ここは、スペイン・フィゲラスにあるダリ劇場美術館。

ダリが生前から全てを取り仕切って建設した美術館だ。

彼は、ここに自分の眠る場所を用意した。

 

多くの人は、美術館内にあるダリが眠る場所を知らない。

ダリが好きな人は、知っている。

もちろん、私も知っていた。

 

 

美術館の大ホール。

360度ダリの世界観に、みんな釘付けである。

 

 

お客さんたちは、足元にダリが眠っているなんて気づかない。

ダリらしい発想だと思う。

 

 

そう。この何も掘られていない石板の下に

ダリは眠っている。

 

 

私にとって、ダリ劇場美術館は告別式。石板の前にたち、石に触れ、ダリに挨拶をする。

「やっと来ることができました。ここまで守っていただき、ありがとうございます」

石板は、温かく感じた。

 

 

ダリ生涯最後の作品「ツバメの尾」

ほとんど、筆が握れない状態で描いた作品。

この作品の前に佇み、いつまた来られるかわからない思いを胸に

ダリ劇場美術館をあとにした。

 

もし、行く機会があれば、ダリのお墓の場所を知っておいて損はないと思う。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


アントニ・ガウディが手掛けた邸宅

福岡県北九州市の小倉の街を歩いていると、壁全体が手作り感満載のビルに遭遇し

バルセロナのガウディ作品を彷彿させた。

ガウディの手掛けた建築物は、今日もバルセロナで観光客の目を楽しませていることだろう。

 

今日は、サグラダファミリアや、グエル公園の設計・建築家で有名な

アントニ・ガウディが手掛けた邸宅を簡単にご紹介。

(サグラダファミリア、グエル公園は写真の量が多すぎてここでは割愛)

 

 

#01. カサ・ミラ(Casa Milà)

 

 

バルセロナのグラシア通りに突如現れるカサ・ミラ。ガウディが54歳の時に設計。
直線部分を全く持たない建造物となっていて、波を彷彿させる曲線は地中海をイメージして設計された。
建設当時のバルセロナ市民からは不評で「石切場(ラ・ペドレラ)」と呼ばれていたらしい。

 

 

 

海藻の鉄でできたベランダの柵。こんな鉄の柵がベランダにあったら、実際は痛そうねww
実業家ペレ・ミラの邸宅として建設された。

住んでみたいわ(^^)

 

 

 

#02. カサ・バトリョ(Casa Casa Batlló)

 

 

大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、ガウディはこの邸宅の改築を行った。
この改築で5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、
各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施したそうだ。

 

 

 

外観の大きな窓があくびをしているように見えることから「あくびの家」、
バルコニーの柱が骨のように見えると「骨の家」と別名で呼ばれている。

それにしても、タイルがかわいい(^^)

 

 

 

#03. グエル邸(Pavellons Güell)

 

 

エウセビ・グエル氏から依頼を受けてガウディが設計を手掛けた豪華な邸宅。
庶民が集う露店が並ぶランブラス通りにある。

グエル邸の向かいにあったコリアンショップでインスタントラーメンを購入したっけなww

 

 


狭い通りにあったため、引いて写真を撮影できず。正面ファザードは二つの大きな放物線アーチ。
当時バルセロナでは例のなかった鍛鉄製の格子扉。
扉上方の家主グエルのイニシャル、そして中央の鷹の装飾が圧巻。

 

 

 

また、気が向いたら、サグラダファミリアの写真を一気に掲載するっぺよ。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「Liverpool」

 

ビートルズを生んだ街、イギリスの「リヴァプール」。

Liverは、川(River)という意味ではなく、

ノルウェー語で、淀んだ水・半個体状の水(Lifra)と

水溜り(Pool)が名前の由来となっている。

 

私の本名・西溜は、英語で West pool となるわけだなw

 

世界放浪の旅で、スペイン・バルセロナからリヴァプールへ。

リヴァプールの空港は、「Liverpool Jhon Lennon Airport」という名前。

出だしからファンには堪らない。

 

私は、どういうわけかイギリスの世界観が昔から好きで

ビートルズにもハマってしまい、リヴァプールを訪れることとなった。

 

この街は、ロンドンに比べると静かで、かつて製造業、貿易が盛んだった港が

観光スポットとなっていて、とても過ごしやすかった。

横浜の「赤レンガ倉庫」のようなイメージ。

 

最近、ハマって観ていた「ふしぎな島のフローネ」では、

このリヴァプールからオーストラリアへ向かう船に乗り込む。

 

あまり知られていないが「海商都市リヴァプール」として世界遺産に登録されている。

またいける日がくるかなぁ〜。

 

〜お得情報〜

イギリスを安く旅したい方は、移動にmegabusという格安バスがおすすめ!

(カナダやアメリカにもある)ネットで予約できるので楽チン。

私の場合、リヴァプールからロンドンまでmegabusを利用したが、なんと560円だった。

バスで5時間、列車だと2時間かかる距離。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「黄色のコメルシオ広場」

 

スペインの首都マドリードから長距離バスに乗って

隣国ポルトガルの首都リスボンに到着したのは、朝6:00頃だった。

 

到着してすぐに、早くから空いているカフェで朝食をとり

ホステルへ荷物を預け、その後は

歩いて、テージョ川(海のように大きい)の方へ向かうことにした。

 

ズンズン歩いて行くと、遠くに開けた場所が見えてきた。

それが「コルメシオ広場」だった。

 

コルメシオとは、日本語で「貿易」。

かつてここは、海外植民地とヨーロッパ他国を結ぶ貿易拠点だったらしい。

 

路面電車もリベイラ宮殿も朝日に照らされ、

黄色がより黄色に輝いていた。

 

とても幸先が良い

リスボン旅の幕開けとなる。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタサッポロ

「好きを仕事にしたい」「人生をもっと楽しみたい」

「自分を見つめ直したい」「楽しい仲間に出会いたい」

一つでも当てはまる方必見!札幌に遊びに来ませんか?

 

2018年5月19日(土)

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

ダマリも出展します!ダマリブースへ是非いらしてください(^^)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/4PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ