ひょっこり出てきたサイババの写真。伝えたい想い。

 

サイババ。

一時期、日本でも話題となった。

 

日本に置けるサイババに対する位置付けは

「霊能者」「宗教指導者」「マジシャン」「ペテン師」など、オカルト要素満載!

 

しかし、それは間違っているという事を今日は書く。

 

私がサイババに興味を持っていたのは、デザイン学校時代。19か20歳の頃。

「超常現象」というモノに興味津々で「THE X-FILES」にもドハマりしていた。

 

当時、そんな私にドンピシャな怪しい店があり

店主さんは、いかにもハシシなどを吸っていそうな風貌で、

売られているのは、X-FILESやスターウォーズをはじめとする海外製品、インドへの格安航空券、

そして、サイババグッズも売られていた。

 

上記に載せているサイババの写真は、そこで買ったものだ。

 

なぜだか分からないが、私はこの1枚に惹かれ

お守りのようにずっと持ち歩いていた。

 

そして時は流れ、20年経過した現在2017年。

この間、実家に帰省し、アルバムをめくっていると

不織布の袋が出てきて、

「なんじゃ?」と中を見ると、このサイババが出てきた。

 

それまでの私は、サイババの記憶なんて吹っ飛んでいたし

この写真も、どこかに行ってしまっていると思い込んでいたため、ちょっと驚いた。

 

そして、ついに「インドから呼ばれている。」と強く思った。

インドは、呼ばれるものだからだ。選ばれた者しかインドへ行くことはできない。

 

私は昔からインドに行きたかったが、呼ばれる時をずっと待っていた。

そんな事、誰に言っても笑われるだろうが、これは本当だ。

 

サイババは、決してオカルト要素を持つ人ではない。

 

2011年に95歳で亡くなったサイババは、

マハトマ・ガンディーや、マザーテレサと並ぶ扱いで国葬された尊い人。


存命中サイババは、教育者、社会奉仕家、人道的活動家として、

インド政府が成しえなかったことを、率先して行い

宗教に関係なく、人々に無償の愛を届けていた。

 

サイババを崇めに人々が集まるのはカルト宗教信者が集まるのではなく、

無償の愛に溢れた人だから集まるのだ。

 

 

・唯一の宗教が存在します、それは愛という宗教です
・唯一のカーストが存在します、それは人類というカーストです
・唯一の言語が存在します、それはハートという言語です
・唯一の神が存在します、神はすべてに遍在しています

サイババの言葉より。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ちなみに、インドには、「サイババ」が2人いる。

サティア・サイ・ババシルディ・サイ・ババ

 

前者はアフロサイババ。

インド人が「サイババ」呼んでいる人は、後者。

↓シルディ・サイババ

 

ここでは、この2人の違いの詳細は割愛。

(wikiのリンクを貼っておく)

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


やはりインドはデカかった

 

北インドの旅行計画を立てているが、

やはりインドはデカかった。

 

今回の旅行は、

上海に1泊(乗り換え)、インドに4泊5日、機内1泊。

彼が、1/8から仕事始めなので仕方がない。

 

インドは4泊5日では、到底周りきらん。当たり前だけどさ。

 

バラナシの次に行きたかったブッダガヤ(ブッダガ悟りを開いた場所、そして西遊記で一行が目指した最終地)。

今回の旅では、どうしても無理が出てしまい、諦めなければならない状況に。

 

仏教徒の私としては、どうしても行きたかったんだけど………。

 

おまけに、ニューデリーからバラナシまで、寝台列車で行こうと考えていたが

短い旅行では、寝台での15時間往復移動は、勿体無い。ということで

今回は、止むを得ず、ニューデリーからバラナシ往復は飛行機で移動することにした。

しょうがない………

 

今回のインド旅行で、インドとはどんなものか?の感触をつかめば

一人でふらっと行けるようになるだろう。

 

コルカタ、ブッダガヤ、ガジュラホ。………etc

ネパールよりのラダック地方にも行きたいし、もちろん国境越えのネパールも行きたい。

 

あぁ、、、インド。やはりデカイよ。

さ、行くまでに再度「ガンジー」の映画見直さなくちゃ。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


インド鉄道予約に四苦八苦

 

 

年明け、北インドを巡ろうとしているダマリ。

ざっくりルートを考えて、

全ての町をつなぐアクセス方法を調べている段階。

 

で、インドのデリーから入国し

その日のうちに、バラナシへ向かうために

寝台列車に乗ろうと決めた。

 

寝台列車にのるためには、

ニューデリーのメインバザールにある、ツーリストインフォメーションまで足を運ぶという

インド人の罠が沢山仕掛けられているエリアに向かわねばならない。

 

この時点で、

「ぐわぁ〜〜〜〜〜ん」となったが

ネット検索しているうちに、どうやらインド鉄道のチケットを

オンラインで購入できるようになったとの情報が。

 

これは、オンラインが絶対いいわ。

と、さっそくトライ!

 

インドにおける長距離急行列車は、

インド鉄道会社「Indian Railway Catering and Tourism Corporation 」(通称 IRCTC )が担っている。

 

チケットがとれるサイトは2つ。

IRCTCCleartrip

 

この2つのサイト両方とも

予約する前に、IRCTCで登録をして、クレジット決済の入力や、SMSとE-mailで認証作業がある。

 

これがなかなか一筋縄ではいかない。

 

昨日は同じように入力していたのにも関わらず、クレジットの認証ができずアウト。

今日になったら、すんなり認証ができて、今度はE-mailが送られてこない始末…………

 

進めないやんけぇ〜〜〜〜〜!

 

また、明日きっとすんなり行くんだろうな。

それが、インドなわけだ。

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【KOREA】タビオンナvol.7〜母と娘のふたり旅/充実ソウル散策

 

前回記事>【KOREA】タビオンナvol.6〜母と娘のふたり旅/チャングムテーマパーク

 

チャングムテーマパークで女官になりきった気持ちのまま

宮廷料理をいただく事に。

 

日本から国際電話で予約を入れたお店。

梨泰院(イテウォン)裏通りにある「カヤラン」。

宮廷料理全部で21種類。

 

 

全然食べきれなかった…。お持ち帰りすればよかったな…。

この日は、宮廷料理を食べて、夜は、あかすりへ。

朝5時からアクティブすぎて、2人とも早く寝た。

 

 

翌朝、「弘済」という町のイム・ミョナムさんの自宅にてキムチ作り体験!

白菜キムチと大根キムチ(カクテキ)と韓国の家庭料理を作った。

 

イムさんは、自宅でツーリストをこうして招いて教室を開いている。

韓国の漢方も飲ませていただき、鹿の角とかもあって面白かった。

 

韓国料理によく使用されるゴマ油だが、韓国では自家製ゴマ油を使用するんだそう。

とっても香りたかい。

 

キムチ冷蔵庫もあった!

韓国の食事て、野菜をたっぷり食べるから健康的だよなぁ。

 

 

自分たちで作った韓国家庭料理を食べたあとは、

チマチョゴリを着て撮影会。

イムさんの自宅に、屏風もありチマチョゴリも何種類もあった!!!

いやぁ〜〜、ツーリストの喜ばせ方知ってるなぁ。

 

 

キムチ体験の後は、ソウルの原宿・表参道と言われる明洞へ!

ん〜〜〜〜確かに表参道に似ているな。

おしゃれなカフェも沢山、コスメやファッションのお店も沢山!

 

 

途中、韓国茶屋によって、イ・ヨンエおすすめの「五味茶(おみじゃちゃ)」を飲んでみた*

酸っぱくて甘くて美味しい*沢山歩いたねぇ、お母さん。

 

 

最終日は、ドラゴンスパという健康ランドみたいな温泉へ行って

ゆっくり楽しんだ。岩盤浴で二人して爆睡!!!

色々な種類のお風呂やサウナがあったり、プール並みに広い温泉があったり楽しかった。

 

本当に、2人で旅して良かった。

だって、その話を永遠にできるのだから。

 

母と二人旅の後は、父と二人旅しなくちゃ。

 

 

前回記事>【KOREA】タビオンナvol.6〜母と娘のふたり旅/チャングムテーマパーク

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
チラシ・名刺など印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)へ。
デザインと執筆をこなすグラフィックデザイナー、ライター。
印刷物デザインはもちろん、旅・温泉コラム、世界の料理レシピも執筆。
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。毎日ブログ更新中!


★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【KOREA】タビオンナvol.6〜母と娘のふたり旅/チャングムテーマパーク

母と娘。

それぞれ、海外旅行は体験済みだったが

二人で海外旅行というのははじめて。

 

いざ、どんな旅が待ち受けているのかな?

 

期待に胸を膨らませ

旅立つふたり。

 

2008年10月12日出発。2泊3日の旅。

 

 

ソウルは朝から活気に満ちていた…。

初日の旅は朝5時起き。

念願のチャングムテーマパークへいざ!

 

 

京畿道楊州市にある「大長今テーマパーク」仁藤着。
ソウル市内からバスで1時間。チャングムファンには憧れの地。

 

 

退膳間(テソンガンー配膳をおこなう台所)。

何もかも自由に触れるから、ファンには嬉しい!記念撮影しまくり!

 

 

こういう場所で、勉学に勤しみたい。医女を目指して猛勉強!!

 

 

大殿(デジョンー王の住む宮殿)。玉座に座って王様気分であります。

 

 

義禁府(ウィグンブー王の命令を受け罪人を取り調べる官庁)監獄。

いろんな刑の道具があったぞ…。

 

 

あずまや。

ここには、お酢や手紙を隠したり、

松の実を松葉に通すシーンがあったりと、ファンには思い入れが強い場所。

 

 

お待ちかねのコスプレタイム! 念願の女官の格好をして撮影しまくり!

おかあさん、最高尚宮(チェゴサングン)のコスプレ似合い過ぎ!

 

 

トックおじさんの家をみたり、

トックおじさんが作ったドブロク(黒豆で作ったマッコリ)が

香ばしい風味で美味しかったぁ***

 

<後記>

2015年にチャングムテーマパークは閉園となりました。

現在は、「韓国民俗村」という場所ができているそうです。

ここでは、韓国ドラマの様々なロケ地になっているので

楽しめそうですねぇ。

 

つづき記事>【KOREA】タビオンナvol.7〜母と娘のふたり旅/充実ソウル散策

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
チラシ・名刺など印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)へ。
デザインと執筆をこなすグラフィックデザイナー、ライター。
印刷物デザインはもちろん、旅・温泉コラム、世界の料理レシピも執筆。
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。毎日ブログ更新中!


★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬。海外渡航21ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴19年。2015年にデザイン屋Damalish.com独立起業。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

ホームページ

コメント

search this site.

管理者ページ