ダマリが体験したインド独特の2つの風習

今回、インドを初めて訪れてみて

他の国とは違う文化、というか風習を

2つ知ることができた。

 

 

ダマリが体験したインド独特の2つの風習・その1

 

インドへ向かう国際線の飛行機の中で機内食が出るが

ここから普通の機内食とは違っていた。

 

他の国は、「Beef or Chicken?」などと聞かれるが

インドに限っては「Veg or Non Veg?」と聞かれる。

これは、ベジタリアンか否か。という意味。

 

今回は、飛行機の機内食と

デリーからアーグラーへ向かう列車の車内食サービスで聞かれた。

もちろん答えは「Non Veg」

 

しかしながら、ベジタリアンの内容を見ると

肉・卵を使用していないのは分かるが

がっつり油で揚げたドーナツなどがあるし、なかなかズッシリしている。

 

レストランのメニューも、ベジタリアンのメニューがズラリ。

色々な味のカレーがあり、サラリとしてどれも美味しかった。

特に、ジャガイモのカレーは美味しかったな。

 

ちなみに、左側のマークがついている食品はノン・ベジタリアン

右側は、ベジタリアン。

 

 

 

 

ダマリが体験したインド独特の2つの風習・その2

 

インドのガンジー国際空港に到着した時からそれは始まっていた。

セキュリティ検査の時に、他の国は男女同じ列にならぶが

インドでは、Female女性とmale男性の列に分かれる。

 

これは、空港だけだと思っていたが、

各遺跡やお城に入場する際、セキュリティチェックが行われ

必ず男性、女性の列がある。

 

始めは知らずに、男性の列に並んでいたが

列に並んでいる人が、「女性はあっちだよ」と教えてくれ

その時初めて、インドはこういう風習なんだ。と知った。

 

タージマハルへ行った時、女性と男性の列があったのだが

女性はスイスイ進むのに、男性は5倍ぐらい時間がかかっていて

私が先に入場して、彼は1時間近く後にやっと入場できた。

 

他の観光客をみていると、家族のお父さん待ち。という家族が結構いた。

団体客も男性達がなかなか合流できないため、待ちぼうけ。

やっと家族や仲間の男性が入場できると、拍手喝采!という妙な風景だった。

 

こういう国って他にもあるんだろうか。

なかなか面白い習慣である。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


不自由な場所に身を置くこと。



海外の旅は、何が魅力か。
それは、異国文化を味わえるという事もあるが、
自分の身における不自由を改めて感じることも旅の醍醐味だと私は思う。

不自由を感じながら、自分の愚かさを知り
その不自由を乗り越えて自分のものにした時に感じる自由こそ
「私は、生きている」と心から感じる。

日本で生活していると、本当は当たり前ではないことが、当たり前になっていて、
毎日何も考える事なく、オートマティックで日々が過ぎていく。
そして、それが幸福であり、普通だと思う。

でも、それは私において、ぬるま湯チャッポンに浸かり続けているのと同じ。
今回、久しぶりに海外に出て改めて自分のハングリー精神のなさに気付かされた。
もっと自分軸をしっかり持って生きなければ。

言葉が通じること。
水道から飲料できる水が出ること。
シャワーのお湯がずっと出ること。

文字が読めること。
地図が分かること。
道路が整備されていること。

学校に行けること。
勉強ができること。
インターネットができること。

スマホを持っていること。
猫を飼えること。
自由なファッションができること。

旅ができること。
目がみえること。
自分の足で歩けること。

書けば書くほどキリがない。
キリがないほど、日常は普通ではない。
国が整えたレールの上を歩いているだけだ。

もっと強く自分の意志を持つ。
生きることに向き合う。
今の自分にうぬぼれることなく、本物を見る目を養いつづけ、流されない。

2018年。もっともっと精神に磨きをかけていく。
バラナシで出会ったムンさんにカルマの素晴らしさを教えてもらった事に感謝。
今年もみなさんにとって笑顔ある一年になりますように。

05.01.2018 10:39am Old Delhi

2018年上海にて幕開け



いよいよ新年2018年の始まり。
元旦の目覚めは、上海のユースホステルのベッドの上。
新年明けましておめでとうございます!

私が2018年に入った瞬間は、ユースホステルのチェックイン中だった。
22:00過ぎにはホステルに到着予定だったが、
イミグレーションはクソ遅いし、トラブル続き。

ホステル近くの地下鉄駅EAST NANGJING RARDは21:00でクローズ。
空港からここまで1時間半かかる。
結局、次の駅PEOPLE’S SQUAREで降りて歩くハメになってしまった。

上海のSIMカードは購入しなかったため、
グーグルマップも、ガイドもなく、ホステルの住所だけを頼りに 警察や店員さんに道をたずねながら、
1時間かけてようやくホステルにたどり着いた。

おまけに繁華街だったし、カウントダウンの賑わいで、街は人の大河!!!
一時は予約していたホステルをあきらめ、近くのホテルを探すも満室。
タクシーは、交通渋滞で高い値段を吹っかけてくる。

私も彼もピリピリで、精神状態疲労マックス。
こんな時ほど、なんとしても辿り着かねば。と、妙なハングリー精神が湧いてくる。
これが、予定通りに行かない旅の醍醐味でもある。

部屋に荷物を降ろし、二人とも無言のまま近くのコンビニへ。
彼はカップラーメンとチマキ。私は青島缶ビールを買うことに。
レジでコンビニ店員のお姉さんが、「HAPPY NEW YEAR 」と言ってくれた。

お姉さんのこの一言に救われて、
最悪の思い出になりそうだった上海の夜が、
ほっこり温かい夜になった。

上海でのカオスで免疫をつけ、
いざ本命の目的地インドへ。
待ってろ!インド!



ひょっこり出てきたサイババの写真。伝えたい想い。

 

サイババ。

一時期、日本でも話題となった。

 

日本に置けるサイババに対する位置付けは

「霊能者」「宗教指導者」「マジシャン」「ペテン師」など、オカルト要素満載!

 

しかし、それは間違っているという事を今日は書く。

 

私がサイババに興味を持っていたのは、デザイン学校時代。19か20歳の頃。

「超常現象」というモノに興味津々で「THE X-FILES」にもドハマりしていた。

 

当時、そんな私にドンピシャな怪しい店があり

店主さんは、いかにもハシシなどを吸っていそうな風貌で、

売られているのは、X-FILESやスターウォーズをはじめとする海外製品、インドへの格安航空券、

そして、サイババグッズも売られていた。

 

上記に載せているサイババの写真は、そこで買ったものだ。

 

なぜだか分からないが、私はこの1枚に惹かれ

お守りのようにずっと持ち歩いていた。

 

そして時は流れ、20年経過した現在2017年。

この間、実家に帰省し、アルバムをめくっていると

不織布の袋が出てきて、

「なんじゃ?」と中を見ると、このサイババが出てきた。

 

それまでの私は、サイババの記憶なんて吹っ飛んでいたし

この写真も、どこかに行ってしまっていると思い込んでいたため、ちょっと驚いた。

 

そして、ついに「インドから呼ばれている。」と強く思った。

インドは、呼ばれるものだからだ。選ばれた者しかインドへ行くことはできない。

 

私は昔からインドに行きたかったが、呼ばれる時をずっと待っていた。

そんな事、誰に言っても笑われるだろうが、これは本当だ。

 

サイババは、決してオカルト要素を持つ人ではない。

 

2011年に95歳で亡くなったサイババは、

マハトマ・ガンディーや、マザーテレサと並ぶ扱いで国葬された尊い人。


存命中サイババは、教育者、社会奉仕家、人道的活動家として、

インド政府が成しえなかったことを、率先して行い

宗教に関係なく、人々に無償の愛を届けていた。

 

サイババを崇めに人々が集まるのはカルト宗教信者が集まるのではなく、

無償の愛に溢れた人だから集まるのだ。

 

 

・唯一の宗教が存在します、それは愛という宗教です
・唯一のカーストが存在します、それは人類というカーストです
・唯一の言語が存在します、それはハートという言語です
・唯一の神が存在します、神はすべてに遍在しています

サイババの言葉より。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

ちなみに、インドには、「サイババ」が2人いる。

サティア・サイ・ババシルディ・サイ・ババ

 

前者はアフロサイババ。

インド人が「サイババ」呼んでいる人は、後者。

↓シルディ・サイババ

 

ここでは、この2人の違いの詳細は割愛。

(wikiのリンクを貼っておく)

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


やはりインドはデカかった

 

北インドの旅行計画を立てているが、

やはりインドはデカかった。

 

今回の旅行は、

上海に1泊(乗り換え)、インドに4泊5日、機内1泊。

彼が、1/8から仕事始めなので仕方がない。

 

インドは4泊5日では、到底周りきらん。当たり前だけどさ。

 

バラナシの次に行きたかったブッダガヤ(ブッダガ悟りを開いた場所、そして西遊記で一行が目指した最終地)。

今回の旅では、どうしても無理が出てしまい、諦めなければならない状況に。

 

仏教徒の私としては、どうしても行きたかったんだけど………。

 

おまけに、ニューデリーからバラナシまで、寝台列車で行こうと考えていたが

短い旅行では、寝台での15時間往復移動は、勿体無い。ということで

今回は、止むを得ず、ニューデリーからバラナシ往復は飛行機で移動することにした。

しょうがない………

 

今回のインド旅行で、インドとはどんなものか?の感触をつかめば

一人でふらっと行けるようになるだろう。

 

コルカタ、ブッダガヤ、ガジュラホ。………etc

ネパールよりのラダック地方にも行きたいし、もちろん国境越えのネパールも行きたい。

 

あぁ、、、インド。やはりデカイよ。

さ、行くまでに再度「ガンジー」の映画見直さなくちゃ。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県霧島市出身。趣味・乗馬、弓道弐段。海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

ホームページ

コメント

search this site.

管理者ページ