【奄美大島】龍郷町秋名の文化遺産「平瀬マンカイ」

 

奄美大島・龍郷町にある秋名集落。

毎年旧暦の8月初丙の日にアラセツ(新節)の行事として「ショチョガマ」と「平瀬マンカイ」が行われる。

今回は、「平瀬マンカイ」について書いてみる。

 

夕方、秋名湾に集落の人々はもちろん

全国から「平瀬マンカイ」をカメラに収めようと

カメラ小僧が場所取りでひしめきあう。

 

ダマリもこの頃は、一眼レフにはまっていて(それもフィルムw)

カメラ小僧に負けじと場所取りをして、撮影にこぎつけた。

望遠レンズでないと、なかなか難しい。

 

「平瀬マンカイ」は、分かりやすく言うと豊年祭。

ネリヤカナヤ(海のかなたの楽園)から神を招き、五穀豊穣を祈る祭事だ。

 

上写真に写っている奥の岩が「神平瀬(カミヒラセ)」、手前の岩が「女童平瀬(メラベヒラセ)」。

神平瀬には、ノロ役の5人がチヂンを持って登り、神事を唱える。

ノロとは、琉球時代に国家行事を司った神人である女性のことだ。

 

その間、女童平瀬にはクジ・シドワキ(ノロの補佐役)が登り、

マンカイ(招き)の手振りをし、歌に合わせて踊りがはじまる。

 

 

ノロ役5人。

 

 

とても神秘的な風景。

ダマリの祖母は、ユタ(琉球列島のシャーマン)とまではいかないが

毎朝白装束に身をまとい、神棚に向かって祈りを捧げチヂンを叩いていた。

 

 

奄美の八月踊り(豊年祭の踊り)は、集落によって唄も違えば、踊りも異なる。

大島紬の模様や、浴衣の模様も各集落様々だ。

八月踊りから六調(唄・踊り・蛇味線・チヂン・指笛・かけ声)へと踊り続けるあの空気感は、毎回鳥肌が立つ。

 

 

奄美の踊りには、女踊りと男踊りがあり、踊り方がちょっと異なる。

普段は大人しそうにしている、じいさん・ばあさんも

八月踊りとなると、キレッキレの踊りをするので驚かされる。皆んな上手でかっこいい。

 

 

奄美には、豊作を祈願するお祭りが沢山あるが

「平瀬マンカイ」はその中でもかなり独特で、琉球王朝の統治時代から行われていて
400年も受け継がれており奄美で最も古いといわれている。
 

 

秋名集落は、奄美では少ない米作りに力を入れている。

豊年祭が近くなると、わざわざ秋名まで出向き、稲穂を購入してくる人がいた。

陶芸家の友人は、秋名の田んぼから泥をいただき、それで茶碗作りに挑戦していた。

 

奄美に住んでいる頃は、なにもかもが普通の日常だったけど

こうしてシマを離れると、やはり神々に近いシマだとつくづく思うし

こういう伝統が永遠に残っていってほしいと強く思う。


奄美大島の運動会は、親戚一同が集まる大イベント

 

最近、運動会の様子がFacebookタイムラインで上がってくる。

お母さんたちの美味しそうな手作り弁当がとても良い。

早起きして作るお母さんたちの姿を想像すると愛おしい。

 

そんな運動会。

ダマリが小中学生だった時の運動会は、親と祖父母が来てくれるのが普通だった。

他の地域はどうなのだろう?

 

ただ、奄美大島に限っては

親・祖父母だけにとどまらず、親戚・親の友人たちまでもが集まり

小学校の運動会は大イベントとなる。(ただ、飲んで騒ぎたいだけなんだと思うけどw)

 

奄美諸島は、大きく分けて

奄美大島・喜界島・徳之島・沖永良部島・与論島と5つあるわけだが

運動会にわざわざ船に乗って、離島から本土へ渡ってくる親戚もいるくらいなのだ。

 

お祭りが好きな気質なのだろう。

チヂンを叩いて孫を応援する祖父母たちの姿も見る。

 

ダマリも奄美に住んでいた頃、いとこの運動会がある日は楽しみだった。

ピクニック気分でビールを買い込み、お昼前にグラウンドに着くようにする。

大人たちは、子どもそっちのけ(!?)で宴会状態w

 

青空の下で広げられたお弁当を、みんなでつつくのは、とっても美味しい。

 

 

ダマリは、両親が小学5年で離婚していたため

運動会のお昼の時間がとっても寂しかった。

家族でわいわい盛り上がっている中、ダマリは弟と父・祖母の4人でお昼を食べていた。

 

寂しかったけど、ばあちゃんが作る弁当は美味しかったし

仕事の休みをとって、カメラをぶら下げ来てくれる父にとても感謝していた。

 

寂しかった運動会のお昼時間も味わっているし、

奄美では大勢で楽しむお昼時間も味わった。

 

いとこの子ども達が、毎年走って踊ってグラウンドで活躍する姿をみると

親心のように涙が出た。

子どもの成長って、本当に輝きに満ちて素晴らしい。

 

みなさんにとって、良い運動会となりますように。

 

 


ガンジス川で毎日行われる礼拝儀式プジャー

インド・バラナシ。

ヒンドゥー教の聖地として有名な場所。

聖なる川マザーガンガーは、インドの旅では外せないものだ。

 

そんなバラナシ・ガンジス川のガート(沐浴場)にて

毎日日没あたりから行われる儀式がある。

それが『プジャー』だ。

 

何時から始まる。という決まりはなく「日没頃」というのがインドらしくて良い。

陽が沈みかけた頃、数ある84ガートの中でも有名な「ダーシャシュワメート・ガート」に

バラナシ中から人が集まり始める。

 

 

左側の傘のような電飾が点いた場所が祭壇。暗闇の先はガンジス川。

プジャーは、ヒンドゥー教で行われている礼拝。

バラナシでは、朝も違うガートで行うらしいが

陽が沈むこの時間のプジャーが一番人が多く集まる。ツーリストも多い。

 

 

なにやら、キリストみたいなお兄さんがマイクを持って、お教のようなものを唱え出した。

この人は、インドカースト制度で最高位に価するバラモン。

バラモン教、ヒンドゥー教での司祭クラスの総称で、とっても偉い人。

 

 

SMAPか!と思わず突っ込んだほど、お祈り方法がショーさながら。

 

 

火のついたロウソクを片手に、音楽にあわせて動きまくる。

信者達もその音楽にあわせて、踊ったり手をたたいたり、とても賑やかな礼拝だ。

 

 

ガンジス川から、プジャーを見ようとする信者やツーリストで

ボートの数もものすごいw

 

 

ガートの周りには、礼拝用のロウソク、お香、お花が売られている。

 

 

私もひとつ購入して、この日を迎えられたことにマザーガンガーへ祈りを捧げた。

これを、みんな、ガンジス川へ流す。

全てのロウソクが対岸に渡り付き、幻想的な風景をみることができた。

ガンジス川でいう対岸は、「あの世」なのだ。

 

 

ガートの階段に座っていると、なんかサドゥみたいな人がきて

人のおでこに印をつけていたため、私もお願いした。

なんだか、ありがたい。

 

 

しかしながら、こんな盛大な礼拝を毎晩しているのだから驚き。

市民の憩いの場になっているんだろうなぁ。

1時間くらいで終わるかと思いきや、たぶん3時間くらいしていたと思う。

 

私が行ったのは1月で乾季だったが、

雨季になると、階段のところまでガンジス川の水位があがるため

祭壇はビルの屋上とかに移されるらしい。

 

外国の祭りって、ちょっと怖いけど

この礼拝は、祭り感を味わえて、住民達と一緒にローカル時間を過ごせて

とても和む。みんなで、ほっこり花火を見ている感じ。

 

カルマを清めたい人はぜひ、インド・バラナシへ。

バラナシのプジャーを見るだけでも、清められるはず。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「憧れの素焼きチャイ」

 

20代の頃にハマって読んだ沢木耕太郎の「深夜特急」。

そして、写真家・小林紀晴の「ASIAN JAPANESE」。

 

この2つにかかせない共通点は、やはり「インド」だ。

 

インドについて語ると、途方もないため割愛。

今日は、「チャイ」について書くことにする。

 

冒頭に挙げた2つの本でにも買いてあった「チャイ」

今では、日本にもチャイが浸透し、どこでも飲めるようになった。

 

だけど、私は飲みたかったチャイは、写真に載っている

「素焼きのチャイ」

インドでチャイを飲むときは、素焼きのチャイで飲む!と決めていた。

 

素焼きのチャイは、飲んだ後に地面に叩きつけて割ってしまう。

焼き物なのに、使い捨てだ。Rs20ルピー=40円

 

私も、割ってみようかと思っていたが

もったいなくてできずに、丁寧に包んで日本まで持ち帰った。

 

インドでも素焼きの文化が廃れてしまっているのか、

ここのお店以外のチャイ屋は、すべて紙コップかプラスティック製だった。

素焼きではないためか、価格もおさえられ、Rs10ルピー=20円。

 

チャイは、美味しいし手軽だし、ミルクが濃くて甘いため

ちょっと休憩しよう。という時に飲みたくなる。

 

色々な場所でチャイを楽しませてもらった。

各お店によって、味が異なるのが面白い。

 

最終日は、チャイ屋に集うおじさんたちと楽しく話までできた。

慣れてくると、こういう風に自由が効き始め、体が軽くなり

さらに旅が楽しくなる。

 

素焼きのチャイ。ずっと生き残って欲しい。

 

おまけ(^^)

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「Simple Mind」

 

インド・バラナシの少年。

 

私が最近、寝る前に大切にしていることは

「シンプルな心」

 

色々な問題、悩み、悲しみ、怒り………

そういうものは、結局自分自身で作り出しているモノ。

 

案外、自分が慌てず、騒がず、シンプルな考えでいれば

どうってことない。

 

Aal izz Well. 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/3PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ