ラクダ使いの嫁になろうか。と本気で思った旅

モロッコを1カ月かけて周ったことがある。

タンジェ→マラケシュ→メルズーガ→メクネス→フェズ→シャウエン→タンジェ

どこの町も刺激的で面白かったが、人生観を変えたのは砂漠の町メルズーガだ。

 

 

マラケシュから長距離バスに乗り、アトラス山脈を越え、約12時間後メルズーガに到着。

2泊3日の砂漠ツアーに申し込んでいた私は、

「ハサンという人がいるから、その人をちゃんと確認してついて行け」と言われていた。

 

到着したのは、夜の22:00。到着した町は真っ暗で、町の様子がさっぱり見えなかった。

「ハサン」と名乗る人が、私の名前を紙に書いて迎えに来ていた。

そして、ハサンの自宅へ向かう。

 

 

土でできた家に案内され、土の上に敷かれた絨毯にテーブルがあり

そこへ、ホブス(パン)、タジンとミントティが運ばれて来た。

大好きなオリーブは必ずついてくる(^^)

 

ナス、じゃがいも、鶏肉のタジン。

 

これを食べて、すぐに就寝。翌朝3:00には、ラクダで出発だという。

ちなみに、アラビア語で「いただきます」は「ビスミッラー」。

 

そして翌朝am3:00。外に出ると、まだ真っ暗で、ラクダが座っていた。

そして青い服を来た、ラクダ使いが1人。

ラクダの名前はジミー。ラクダ使いの名前はバラ。

 

ラクダに乗り、いざ2泊3日の砂漠の旅へ。

町には光が一切なく、満天の星空が空いっぱいに広がっていた。

保育園の頃、宮崎にラクダに乗りに行ったことがあったが、その時は、怖くて怖くて乗ることができなかった。

 

そんな私が、ラクダに乗り、それもサハラ砂漠を歩こうとしているなんて。

幼少時代のビビリな私を思い出し、成長した自分に笑えて来て

そして感動で涙が溢れた。

 

 

だんだんと朝日が登り始めると、ようやく周りの風景をみることができた。

オレンジ色に染まる砂漠が目の前に広がる。

なんという世界だろうか。

 

 

ラクダのジミーに乗っているのも楽しいけど、砂漠の上を歩いてみたい。

ラクダ使いのバラさんにお願いして、砂漠を歩かせてもらった。

リアルなフンコロガシや、ガラガラヘビの痕跡を見つけたりして何もかもが新鮮。

 

 

そして、到着したのは、ノマド民族の家。

土でできた4畳ほどの部屋に絨毯が敷かれた部屋に1泊する。

 

 

 

こんな場所で、バラさんとミントティを飲んでいると

「私がもし、この土地に嫁いだらどうなるのだろう」と自然に思っていた。

 

 

モロッコには不思議な魅力、そして魔力がある。

活気に溢れるスーク、シンプルな営み、フランス領土だった名残り、イスラムの尊い美しさ。

今思えば、私は全てのものに魅了されていて、

「なにもない」というシンプルな営みについて深く考えさせられていた。

 

 

そんな中で、私はバラさんと砂漠を歩きながら、勝手に「バラさんと夫婦だったら。」

という妄想に狩られ、砂漠の新婚旅行のようなフワフワした感情の中

砂漠の魔法に酔いしれていた。

 

 

ノマドの家にお世話になった翌朝、歩くこと4時間で到着したのは

砂漠のくぼみに用意されている絨毯でできたテント。

なんだこのドラクエ風な感じは!!!砂漠の真ん中で寝られるなんて最高!

 

 

バラさんが美味しい卵料理を作ってくれて、砂漠に二人きりで

なんだか変な気分になってきた。きっとバラさんもそうだったと思う。

今思えば、ちょっと危険だった。だけど、そこは成り行きに任せず、正気を取り戻した。

 

 

その日は、夕方に2人のツーリストが合流したのだが

もし、その夜、バラさんと私だけだったら、どうなっていたか分からない。

本当に、ラクダ使いの嫁になってしまっていたかもしれない。とそう思う。

 

 

翌朝、サハラ砂漠の夜明けを堪能し、メルズーガへ帰ることに。

「はぁ。終わってしまうのか。砂漠の旅が………」

私は、寂しく、なんとも言えない、「ひと夏の恋」が終わってしまうような感覚になっていた。

 

 

 

土壁の家だらけの、メルズーガの町。

 

 

そして、砂漠の旅を終え、シャワーを浴びたあと

突然気分が悪くなって、寒気がし、脂汗が出て、熱が出て来た。

バスが出る時間まで、ハサンの家で横になっていた。

 

 

熱のせいか、朦朧として、2泊3日の砂漠の旅が夢だっとのではないかと思うほどだった。

ここはどこだろう?と寝ぼけて目を覚ますと、外にはサハラ砂漠が見える。

あぁ、そうだ。私はモロッコにいるんだ。そしてメルズーガにいる。

 

なんとかバスに乗り込んで、メクネスを目指す。

バスの中でも熱にうなされ、「まずいな。変な病気になったかな…」と思ったほどだった。

お守りに常備していた「抗生物質」が効いたのか、メクネスに到着する頃には、治っていた。

 

この出来事を、母にメールで伝えた。もしかしたら、ラクダ使いの嫁になっていたかもしれないと。

母は「恐ろしい娘やなぁ〜」と、嫁にならずに済んだことに心から安堵した様子だった。

モロッカン・マジック。良い思い出だ。

 

ハサンと。

 

バラさんと。

 

 

 


今日の一枚「スークのお菓子屋」

 

モロッコの中央に位置する都市マラケシュ。

私は、スペインから船でモロッコに入国した。

タンジールという町から寝台列車にのり、マラケシュへ到着。

 

マラケシュには、大きなスークがある。

スークとは、日本でいう商店街のような市場のこと。

 

迷路のようにつらなるスークは、

あらゆるお店が並び活気に満ち溢れ、飽きることがない。

 

中でも目を惹くのが、このお菓子屋さん。

てんこ盛りのお菓子を持って、売り歩いている人もいる。

どれもこれも、砂糖がたっぷりで甘いのが特徴的。

 

アーモンドやピスタチオがたっぷり。

たぶんハズレはないと思う。

デーツを初めて食べたのもモロッコだった。

 

一度、アラブのお菓子専門店のカフェで色々食べてみた。

どれもこれも凝っていて、1つ食べると満足できる感じ。

暑くてドライな砂漠の地域では、この甘さが喉と体を潤してくれる。

 

アラブ圏に行かれる人は、お試しあれ(^^)

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「ダマリさん絶対好きよ!」と言われて行ってみたモロッコの青い町シャウエン

私は、モロッコを1カ月かけて旅していた。(地球の歩き方を持たずwww)

 

スペインからフェリーで渡り、タンジェ→マラケシュ→メルズーガ→フェズ→メクネス→そして青い町シャウエンへ。

マラケシュの宿でシャウエンという町を教えてもらった。

「ダマリさんは絶対好きよ〜!ぜひ行ってみたら良い」青い町というだけで、心が弾む。

 

メクネスからフェズ経由でバスで5時間。遠くに青い町が見えると、それだけで大興奮!

 

バスを降りると、すでに青の世界。

 

広場の壁一面に描かれたシャウエンの町。

 

この町はなぜ青いのか?

ネット情報によると、「青がイスラムの神聖な色だから」、「虫除けのため」、

など色々書かれているが、結局の所、誰かがはじめて「いいねぇ!」となったらしいww。

 

さ、町の中はどうなっているか、散策開始!

 

小学生の頃、紙粘土の塊に、通路や穴を貫通させて小さな町を作った事があった。

なんだか、その町がリアルに存在しているかのようで

私自身、感慨深かった。

 

ゆったりとした時間が流れる。平和な町。

 

町は、迷路のよう。どこに出るかわからない。

その時偶然出くわす光景にハッ!とさせられる。

 

モロッコのお店には、アルコールは売っていない。

飲みたければ、ホテルかレストランか。

 

もっぱら私は、コーラ。(↓こんなん)

 

 

猫が沢山いて、猫好きにはたまらない!

モロッコ全般的に猫が多かった。嬉しかったなぁ(=^ω^=)

 

 

 

ここは、ディズニーシーか?って

つっこみながら歩く。ww

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こだわってタクシーも送迎用のバンも青!

 

魔法使いがいっぱいいる。ジェバラという服、欲しかったなぁ〜〜〜。

 

似たようなものを着て同化を目指してはいたけど。(↓これ)

 

ここの町は、とっても過ごしやすかった。ずっと滞在できちゃうよ、ここは。

 

安宿。モロッコの安宿は、どこでも1部屋に必ず洗面台があるから嬉しい。

ベランダから町の様子を眺めるのが好きだったな。

 

好奇心でいっぱいのダマリスマイル。

 

 

※画像ご利用の方は、ご一報ください。画像無断転載は禁止です。

ブログ記事のシェアは大歓迎です!

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「マラケシュの光」

 

マラケシュ。モロッコ中央部に位置する都市。ベルベル語で「神の国」。

 

私は、どうしてもイスラムに対する偏見を自分の中から拭い去りたかった。

ガイドブックも持たず、初めてのイスラム文化へ足を踏み入れた。

 

スペインから、船で2時間。モロッコのタンジェという街に降り立ち、すぐに駅へ。

寝台列車に乗って、マラケシュを目指した。

マラケシュには朝の8:00頃到着。

好奇心と恐怖が入り混じった私の五感、六感は、研ぎ澄まされる限り研ぎ澄まされ、

イスラム文化の美しさに魅了され続ける事となる。

 

この写真は、朝のマラケシュ駅。

光が美しい。

 

イスラムでは、偶像崇拝が禁止されていたため

幾何学模様と文字装飾が発展し、

アラベスクやカリグラフィーが美しいイスラム建築を彩っている。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/1PAGES |

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ