バックパッカーの持ち歩き食材

2010年。ダマリが32歳の時。

約1年かけて世界放浪の旅へ出た。

 

出発は3月。

初めの頃は、自炊などもせず

旅を続けていたが

9月あたり後半から

食事の出費をおさえるようになっていた。

バックパッカーの旅に慣れ始めて

楽しさが倍増になってきた時期でもある。

 

そこで

バックパッカーダマリの

よく持ち歩いていた

食材を少しご紹介。

 

 

ピーナッツバター。

パンを買ったり、朝ごはん付きの安宿で

パンを何個かゲットしておいて

お昼ご飯によく食べていた。

 

 

サラミ。

ピーナッツバターは甘いから

塩気が欲しい時は、サラミとパンをかじっていた。

写真に写っている十得ナイフは

本当に役だった。

 

缶切りや栓抜きも付いているし

以外に役だったのは、メガネのネジまわし!!!

 

 

ハム。

スペインに入国してからハム率が高くなった。ww

スーパーでハムとチーズを買って

パンに挟んで食べていた。

 

 

朝の路地。

こういう場所で朝ごはんを食べるのが

好きだったりする。

現地に住んでいるような

庶民じみた感じを味わえる。

 

 

ハモンセラーノ。生ハム!

生ハム専門店があちこちにあり

覚えたスペイン語でオーダーするのが

心地よかった。

" Me das 100 gramos de Jamón Serrano , por favor ! "

 

ワインやビールと共に。

本場の生ハムは本当にうまい。

 

生ハムは腐りにくいから

スペインのテネリフェで42度の熱波をくらった時も

モロッコで持ち歩いても大丈夫だった。

 

その他は

 

●オリーブ

梅干し代わりによく持ち歩いていた。

旅には小さ目のタッパーやZIPLOCは

かなり役立つ。

 

●オレオ、スニッカーズ

長距離移動の時に購入していた。

海外の交通事情は、遅れるのが当たり前!?なので

ご飯を食べられない状況が続くこともある。

甘くて濃い味のスナックが手持ちにあれば

少しは空腹をしのげるもんね。

オレオはどこにでもあった!

 

●梅干し

塩をふんだんに効かせた

カラッカラの手作り梅干しも

薬代わりに常備。

大切に少しづつ、食べていた。

 

●マルチビタミン剤

ちょっと体調が。。。という時に

お守りがわりに持っていた。

 

●インスタントコーヒー粉

コーヒー大好きなダマリは

ZIPLOCに入れて常備。

ネスカフェは世界各国にある!

 

現場からは以上です!


海外旅行あるある「お土産」

 

いつも同じことを繰り返してしまう。

自分はバカだと思う。

 

タイトルは「海外旅行あるある」と書いているが

国内旅行でも同じことが発生する、

「お土産」について。

 

観光地に行くと、ありとあらゆるものが売られていて

より良いものを安く手に入れるか。

みんな、それを考えるだろう。

 

結論を言えば、

行った観光地で入手する。良いと思ったものは、そこで購入する。

それが一番失敗がない。

 

「今、ここで買わなくても、もっと良い店があるのでは?」

「もっと、安い店があるかもしれない」

こういうことを思っているうちに、チャンスを逃し

結局、空港でめちゃくちゃ高いお土産を購入することとなる。

 

ぼったくりが一番ひどいのは、空港だ。

何もかもが高い!too expensive!!

これは、どこの国でも言える。

 

インドに行った時は、相当後悔した。

ジプシーや売り子さん、足がないおじさん、顔をひどく火傷したお母さん。

その人たちから、たくさん購入すれば良かった。

 

なんで、空港で高価なお土産を買わねばならない。

そりゃ、品は保証されていて良いものかもしれないけど、

ガネーシャの像や、色々な神様グッズ、紅茶、パシュミナ、サリー。

金額が二倍、三倍、それ以上のものばかり!!!

 

おまけに、空港でお土産を購入すると

その場でパッキングをしなおすという手間がかかる。

帰国するときの、あの疲労感の中で、パッキングをしなおすのは、面倒だ。

 

やはり、テンション高めの旅行の最中でお土産を購入して

綺麗にパッキングして、帰りの空港では全部荷物を預けて身軽が良い。

そして、優雅に旅の余韻にひたり、ビールかワインでくつろぎたい。

 

次に行く国では、そうしたいものだ。


海外でのシャワーの浴び方

↑サルヴァドール・ダリのシャワールーム

 

 

海外旅行。

リッチな旅をしている方には関係のない話なので

スルーしてちょんまげ。

 

海外を旅するときは、大抵安宿に泊まる。

ゆえに、バスタブがあることなんてサラサラない。

USAのホステルにはついていたけど、お湯をためて怒られた経験ありw(ガムテープで排水溝をふさいだ)

 

あたたかい国なら、そんなに懸念しなくてもよいシャワーだが

寒い国でのシャワーは、慣れないとなかなかキツイ。

 

そこで、安宿のシャワーの浴び方を書いてみる。

まず、シャワーからお湯が出ることを確かめたら

シャワーを手に持たずに、両手をあけ、高い位置に設置してシャワーを浴びよう。

 

海外の場合、天井からそのまま出ているタイプが多い。

まずは、背中全体を温めよう。背中と、首の後ろを温める。

すると、寒さをあまり感じなくなる。

 

温まってきたら、まずは頭を洗い、次に体へ。

なぜ、先に頭を洗うかって?

 

海外のシャワーは、時々温水から水に変わることが多い。何度も経験している。

多分、日本人はお湯を浴びる時間が長すぎて

保温しているお湯を使い果たしてしまうのではないだろうか………。

 

先に頭を洗っておかないと、お湯から水に変わってしまったら

頭も洗えない、悲惨な状態となる。

風邪をひかないように注意しよう。

 

そして余談だが、

海外のシャワールームは、ビーサンを履いて入るのが良い。

綺麗な場所もあるけど、大概共同なので、汚い場合がある。

 

そして、シャワールームに貴重品・パスポートを持ち込むこと。

ジップロックに入れておけば、水にも濡れずにOKだ。

 

お風呂に入りながら、旅を思い出して書いてみた。

参考までに。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


41歳でもドミトリー泊

 

私は、地方へ行くときに泊まるホテルは

大概ゲストハウスかカプセルホテルだ。

 

41歳にもなったのだから、そこは余裕をかまして

ちゃんとしたホテルかビジネスホテルに泊まろうよ。

と、自分自身でも思うが、「寝るだけ」だから、ドミトリーで良い。

 

ドミトリーというのは、相部屋のこと。

一つの部屋に、二段ベッドが数台置いてあり、

赤の他人と共同で利用する。

 

快適さを求めればきりがない。車にしてもそう。

私の車に対する概念も、「乗れれば良い」だ。

税金対策するぐらいの稼ぎがあれば別だが、普通車には無縁。

 

ホテルも、ふかふかのベッドで、アメニティがついて、景色も良く、

温泉、食事までついていたら最高なのは分かるし、泊まったこともあるけど

いつまでもドミトリーに泊まれる自分でいたい。

 

この5月に、札幌へ「かさこフェスタ」に出店するために向かう。

宿を手配する際に、ビジネスホテルにしようかと考えたが

やはり、ドミトリーにした。それもMIXドミ。いわゆる男女共同だ。

 

バックパッカーで旅をしていたころ、女性専用のドミトリーの割合は少なく

ほとんどがMIXドミ。案外これが、心地よく面白い。

 

世界各国から集った人間同士が、一つの部屋に眠る。

イビキや寝息が聞こえると、うるさい時もあるけど、平和を感じるのが大半で、

この感覚が、私にはくすぐったくて、たまらない。

 

ドミトリー内で騒ぐ人は、ほとんどいない。部屋に入ったら、みんな静かに自分のベッドで横になる。

早朝に旅立つ人、夜中に到着する人。それは様々だけど、

「旅人」という仲間意識が自然と出てくるため、気にならない。

 

旅に出ないで、日本で平和に過ごしていると、

贅沢な生活が普通になってしまう。

だから私は、ドミトリーに泊まって、自分自身を見直す良い機会にしている。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン

独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。

印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?

この写真をうまく切り抜きたいの………。

チラシや名刺を自分で作りたい! などなど

●レッスン…(1時間)5000円

※オンラインも可能です。※プロの方はご遠慮ください。

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「海外を見る前に、まずは日本を見てからでしょ」なんて言っている方へ

 

 

海外旅行の話になると「私は一度も海外へ行ったことがない。」という人に出会う。

私は「行ってみたい国はどこ?」とその人に尋ねると、

「海外を見る前に、まずは日本を見てからでしょ」なんて言う人がいる。

 

そんなことを言っている人は、海外も日本もない。

そう言っている人に限って、井の中の蛙大海を知らずで

行動範囲が狭い。

 

日本も、ましてや自分の地域もろくに見ていない、つまらない人だ。

そういうデリカシーのない言葉を発する人は、

日本を見ても海外へ行っても、感動しないだろう。

 

海外へ行ったことのない人をバカにするつもりは毛頭ない。

人それぞれの価値観があるし

行ったことのない人でも素晴らしい人は沢山いる。

 

ただ、海外旅行が好きな人は好奇心の塊なのだから

日本のこともよく知っている人が多い。

「日本」というくくりで考えない、日本は、世界のアジアの国の一部。

 

私は海外というより「地球」が好き。

だから、地球にある沢山の国、そこの文化、人種に触れたい。

アジアの一部、我が国日本も47都道府県制覇したい。

あと21都道府県。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/4PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

ダマリ
ブランディングデザイン
ダマリデザイン室
代表 クリエイティブディレクター
趣味:乗馬 旅歴:22ヵ国
夫・息子1歳・黒猫と
鹿児島県霧島市在住
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ