海外でのシャワーの浴び方

↑サルヴァドール・ダリのシャワールーム

 

 

海外旅行。

リッチな旅をしている方には関係のない話なので

スルーしてちょんまげ。

 

海外を旅するときは、大抵安宿に泊まる。

ゆえに、バスタブがあることなんてサラサラない。

USAのホステルにはついていたけど、お湯をためて怒られた経験ありw(ガムテープで排水溝をふさいだ)

 

あたたかい国なら、そんなに懸念しなくてもよいシャワーだが

寒い国でのシャワーは、慣れないとなかなかキツイ。

 

そこで、安宿のシャワーの浴び方を書いてみる。

まず、シャワーからお湯が出ることを確かめたら

シャワーを手に持たずに、両手をあけ、高い位置に設置してシャワーを浴びよう。

 

海外の場合、天井からそのまま出ているタイプが多い。

まずは、背中全体を温めよう。背中と、首の後ろを温める。

すると、寒さをあまり感じなくなる。

 

温まってきたら、まずは頭を洗い、次に体へ。

なぜ、先に頭を洗うかって?

 

海外のシャワーは、時々温水から水に変わることが多い。何度も経験している。

多分、日本人はお湯を浴びる時間が長すぎて

保温しているお湯を使い果たしてしまうのではないだろうか………。

 

先に頭を洗っておかないと、お湯から水に変わってしまったら

頭も洗えない、悲惨な状態となる。

風邪をひかないように注意しよう。

 

そして余談だが、

海外のシャワールームは、ビーサンを履いて入るのが良い。

綺麗な場所もあるけど、大概共同なので、汚い場合がある。

 

そして、シャワールームに貴重品・パスポートを持ち込むこと。

ジップロックに入れておけば、水にも濡れずにOKだ。

 

お風呂に入りながら、旅を思い出して書いてみた。

参考までに。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


41歳でもドミトリー泊

 

私は、地方へ行くときに泊まるホテルは

大概ゲストハウスかカプセルホテルだ。

 

41歳にもなったのだから、そこは余裕をかまして

ちゃんとしたホテルかビジネスホテルに泊まろうよ。

と、自分自身でも思うが、「寝るだけ」だから、ドミトリーで良い。

 

ドミトリーというのは、相部屋のこと。

一つの部屋に、二段ベッドが数台置いてあり、

赤の他人と共同で利用する。

 

快適さを求めればきりがない。車にしてもそう。

私の車に対する概念も、「乗れれば良い」だ。

税金対策するぐらいの稼ぎがあれば別だが、普通車には無縁。

 

ホテルも、ふかふかのベッドで、アメニティがついて、景色も良く、

温泉、食事までついていたら最高なのは分かるし、泊まったこともあるけど

いつまでもドミトリーに泊まれる自分でいたい。

 

この5月に、札幌へ「かさこフェスタ」に出店するために向かう。

宿を手配する際に、ビジネスホテルにしようかと考えたが

やはり、ドミトリーにした。それもMIXドミ。いわゆる男女共同だ。

 

バックパッカーで旅をしていたころ、女性専用のドミトリーの割合は少なく

ほとんどがMIXドミ。案外これが、心地よく面白い。

 

世界各国から集った人間同士が、一つの部屋に眠る。

イビキや寝息が聞こえると、うるさい時もあるけど、平和を感じるのが大半で、

この感覚が、私にはくすぐったくて、たまらない。

 

ドミトリー内で騒ぐ人は、ほとんどいない。部屋に入ったら、みんな静かに自分のベッドで横になる。

早朝に旅立つ人、夜中に到着する人。それは様々だけど、

「旅人」という仲間意識が自然と出てくるため、気にならない。

 

旅に出ないで、日本で平和に過ごしていると、

贅沢な生活が普通になってしまう。

だから私は、ドミトリーに泊まって、自分自身を見直す良い機会にしている。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン

独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。

印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?

この写真をうまく切り抜きたいの………。

チラシや名刺を自分で作りたい! などなど

●レッスン…(1時間)5000円

※オンラインも可能です。※プロの方はご遠慮ください。

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


「海外を見る前に、まずは日本を見てからでしょ」なんて言っている方へ

 

 

海外旅行の話になると「私は一度も海外へ行ったことがない。」という人に出会う。

私は「行ってみたい国はどこ?」とその人に尋ねると、

「海外を見る前に、まずは日本を見てからでしょ」なんて言う人がいる。

 

そんなことを言っている人は、海外も日本もない。

そう言っている人に限って、井の中の蛙大海を知らずで

行動範囲が狭い。

 

日本も、ましてや自分の地域もろくに見ていない、つまらない人だ。

そういうデリカシーのない言葉を発する人は、

日本を見ても海外へ行っても、感動しないだろう。

 

海外へ行ったことのない人をバカにするつもりは毛頭ない。

人それぞれの価値観があるし

行ったことのない人でも素晴らしい人は沢山いる。

 

ただ、海外旅行が好きな人は好奇心の塊なのだから

日本のこともよく知っている人が多い。

「日本」というくくりで考えない、日本は、世界のアジアの国の一部。

 

私は海外というより「地球」が好き。

だから、地球にある沢山の国、そこの文化、人種に触れたい。

アジアの一部、我が国日本も47都道府県制覇したい。

あと21都道府県。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


新生銀行最強!国内も国外もこれ1枚で。

 

 

ダマリは、新生銀行のキャッシュカードが最強だと思っている。

なぜなら、国内も国外も同じカードでATMから引き出せ、

手数料無料!!!である。

 

開業届を出したあと、自分の事業所名で楽天銀行に口座を作った。

が、使い勝手が悪いし、手数料も高い。

結局、フリーランスになった今でも、新生銀行が事業所の主要口座になっている。

 

新生銀行は、コンビニ(ほとんどのコンビニok)、ゆうちょ銀行でのATM引き出しは、

24時間365日、ずっと無料である。

 

そして、「PLAS」マークがある海外ATMなら

同じカードで、同じ口座から、現地通貨で引き出せる。

新生銀行の手数料は無料。(ただし、その国のATMが手数料をとる場合がある)

注意※海外ATMは4%の為替手数料

 

7年前、世界放浪の旅へ出た時は

新生銀行のキャッシュカードに本当にお世話になった。

引き出せないATMは、ほとんどなかった。

 

一昔前の海外旅行と言えば、トラベラーズチェックという小切手だったが

これは、持ち歩かねばならないし、手数料も高いし、換金せねばならなかったので面倒だったが

日本での生活と同じように、海外ATMで現地通貨を必要なときに、必要なだけ出金できるのは有難い。

 

他にも外貨預金もできたり、月1回は振替無料だし、Tポイントも貯まるし積立・投資など色々なサービスがある。

あと、何気に嬉しいのは、32色から好きなカードを選べること!

持ってて損はない銀行口座だとダマリはオススメします。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


便利な旅グッズご紹介【注意】普通のホテルに泊まる人はいらないものです

海外旅行へ持って行く必須グッズは沢山ある。

が、その中でも私がお世話になっているグッズを紹介しよう。

それは、コレ。

 

 

初めてみる人もいるかもしれない。これは、「調理電気コイル」。

水を入れたボウル(飯ごう等)にコレを入れて、お湯を沸騰させる。

侮るなかれ、すぐに沸騰してくれる。

 

私は、コーヒーがとても好きだ。

外泊した朝に、コーヒーを飲めないと調子が狂う。

コーヒーが文化の国は買いに行けば良いけど、美味しいコーヒーが飲めない国もあった。

 

ネスカフェの粉コーヒーは、海外のどこでも入手できる。

私は、お湯を沸かし、毎朝ネスカフェのコーヒーを飲み、自分軸を大切にしていた。

旅に出れば、郷に従うのが一番だが、自分の元気を保つには、自分を守る嗜好も必要だと思う。

 

 

キッチンが使える宿なら、別にこの電気コイルを使わなくても良いのだが

使えない宿もあるし、キッチンがない宿もある。

 

ロンドンの宿では、ドミトリー20人という大部屋でキッチンがなかった。

おまけに、部屋では飲食禁止………。

私は、スーパーからチョリソーを購入してきていて、どうにか調理しないと腐ってしまうと思い

コンセントがあるトイレでお湯を沸かし、チョリソーを茹でたこともあった。

 

お湯があれば、調理の幅が広がる。

長期の旅では、自炊をして節約するのが基本。

ゆで卵は、移動中にも食べることができるから、よく作った。

 

 

あとは、インスタント蕎麦も作ったし、お湯を注ぐだけのドライフーズも食べた。

体が弱っている時は、外出もしたくないので

緊急用に持っていたドライフーズのお粥や雑炊、味噌汁には、何度救われたことか。

 

ぜひオススメしたい、旅グッズである。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ