ローストチキン、過去に一度だけ挑戦したことがある

 

過去に一度だけ丸鶏のローストチキンに挑戦したことがある。

海外のスーパーでは、丸鶏をよく見かけるが

日本は、鶏屋に行かねば入手できない。

 

私も地元で美味しいと言われる地鶏屋さんへ前日注文の電話を入れ

調理する日に取りに行った。

結構立派な丸鶏だった。

 

しかしながら、自分で丸鶏を調理するなんて「初」だったため

ちょっとびびった。気持ち悪い。というのが本音かな。

 

日頃は、スーパーで綺麗に切り分けられたパック詰の部位を購入するから

こうして羽が抜かれた状態の生の丸鶏なんていうのは、ちょっと慣れないと勇気がいる。

私は、意を決して、ローストチキン作りに挑戦した。

 

お尻から、ピラフを詰めていく作業がある。

この作業もなかなかグロッキーww。

 

最初の一日目は、丸鶏にハーブ類や塩、オイルを擦りこみ、一晩寝かせる。

そして翌日、スタッフィングするものを用意し、

お尻から詰めて、竹串でとめる。(この時は確か、手抜きして冷凍ピラフを入れたはずw)

 

で、ちょっと失敗した!と思ったのが、オーブンの大きさ。なかなかギリギリだった。

海外のように、七面鳥を丸々焼けるぐらいのオーブンがあればいいのだが

日本製は、大きさに注意したほうがいい。

 

鉄板に、丸鶏と、ジャガイモを乗せて一緒にローストしていく。

途中で出てきた肉汁を、時々肉にかけるのがポイントだ。

 

 

もうちょっと焦げ目がついてもいいかな。

 

ファミリーで切り分けて食べると、本当に幸せをひしひし感じる料理だよなぁ。

また、挑戦する日が来るだろうか?

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


夏だ!海だ!フローズンマルガリータだ!ベースに使用されているテキーラは何からできている?

どんな酒も、塩をなめながら飲むガールフレンドのために、

1936年にメキシコのホテルのバーテンダーが、ガールフレンドの名前をとって名付けたカクテル「マルガリータ」

 

中でも、夏にぴったりのフローズンマルガリータは

テキーラ、ホワイト・キュラソー(オレンジ風味のリキュール)、
ライム・ジュースで割った爽やかでいて辛口なカクテル。

書いてる矢先から飲みたくなるわ…。

 

私は、あまりカクテルは飲まないが

BARにいく機会があると、マルガリータ、もしくはフローズンマルガリータを注文する。

(あとは、チンザノかな)

 

バックパッカーをしていた頃、

メキシコのリゾート地「カンクン」を訪れた際、

貧乏旅行者の私が唯一目標にしていたことは

「フローズンマルガリータを高級ホテルで飲む!」という単純なことだった。

 

今思えば、おもいっきってキューバに渡って他のことを楽しめば良かったが

その頃の私には、キューバ知識はほとんどなく

とにかくフローズンマルガリータを飲んで、この地を去る!という

意味不明な衝動に刈られていた。

 

マルガリータのベースである「テキーラ」

みなさんは、このテキーラは何から作られているかご存知だろうか?

 

テキーラは、竜舌蘭(アガペ)という植物からできた蒸留酒である。

ん?ところでアガペってどんなの?

 

↑これ。カンクンのホテル内にあったテキーラ博物館の写真。

なんだか、パイナップルの巨大版みたいだねwww

 

ホテル周辺に、アガペを植えている場所が結構あった。

 

アガベは苗の状態から植えられ6〜8年後に収穫されるのだという。

 

↑収穫は生育したものから順に通年にわたって行われ、

コア (Coa) と呼ぶシャベルに似た専用の鎌が用いられる。

 

↑葉を切り落とされ収穫されたアガベは、パイナップルに似た形をしているので、

ピニャ( piña、パイナップルという意味)と呼ばれている。

ピニャは大きいものでおよそ50kgほどあり、傾斜を伴う畑からはラバを使って搬出する伝統が守られているそうだ。

 

↑伝統的な方法では収穫後、石を敷き詰めた穴にピニャを積み重ね、

下から燻製に近い形で30時間程度蒸し焼きあげる。
蒸しあげたアガベを1週間放置し、その後これを石臼ですり潰し汁を絞り出し発酵させる。

 

↑全てのテキーラメーカーはCRTの認可が必要であり、

テキーラのラベルにはメキシコ公式規格である「NOM」のイニシャル、

テキーラ規制委員会の認証である「CRT」のイニシャルと、4桁の番号が印刷されている。

皆さん、購入する際は要確認。

 

こうして、テキーラの作り方を、勉強したのちに

いざ、ヒルトンホテルへ。

 

 

こ汚い格好で、ホテル内のバーに潜入。

メニューを見るも、私はただただ

フローズンマルガリータを飲むためにここへ来たのだ!

 

と、すぐにオーダー。

 

Una Frozen Margarita por favor. ウナ フローズンマルガリータ ポルファボール

フローズンマルガリータをひとつお願いします。
Para llevar.パラジェバール

持ち帰りで。

 

片手にフローズンマルガリータ、

そしてビーチに繰り出す。

 

この一杯のために、目的を達成した贅沢な時間。

 

ヒルトンのビーチで夕日が傾くまで、佇む。

そして、また安宿へ戻り次の国へと思いを馳せる。

メヒコ、最高〜〜〜!ムチャスグラシャス!

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【U.S.A】地球めしvol.2〜スカロップド・コーン Scalloped Corn

 

今日は、アメリカの家庭料理をご紹介します(^^)

 

 

United States America

 スカロップド・コーン  Scalloped Corn

 

アメリカのサンクスギビング(感謝祭)に食べる料理です。

 

スカロップScallopとは名詞でホタテですが、

動詞になると"ホタテの貝殻に入れてグラタン風に焼く"、扇形(ホタテガイ状)にする、

という意味になります。

 

もともとは、スカロップド・ポテトという料理があり、

このポテトがコーンに変わったため、こういう名前になったんでしょうね。

 

私の大好きな「大草原の小さな家」のレシピ本に書かれていた家庭料理です*

ぜひ、お試しあれ(^^)

 

 

■材料(キャセロール1台分、グラタン皿2枚分)

 

●卵…1個
●牛乳…1カップ
●コーンクリーム缶…1缶(418g)
●粒コーン缶…約1/4缶(418g)
●プレーン・クラッカー…5枚くらい
(適量の日本のパン粉等で代用してもOkです)
●バター…10g

 

【下準備】
オーブンは約180度のオーブンに余熱し、キャセロールには油をひいておく。
クラッカーは手で細かく割っておく。

 


■作り方


Step1

ボールに卵、牛乳、コーンクリーム、粒コーン、プレーンクラッカーを上から順に入れ、

泡だて器などで、その都度かき混ぜる。


Step2
耐熱容器に(1)を流しいれ、余熱した180度のオーブンで約40分〜1時間こんがり焼いて出来上がり!
仕上げにバターをのせて熱々を召し上がれ!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
チラシ・名刺など印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)へ。
デザインと執筆をこなすグラフィックデザイナー、ライター。
印刷物デザインはもちろん、旅・温泉コラム、世界の料理レシピも執筆。
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。


★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/1PAGES |

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ