伊勢海老汁とマダ汁が無性に食べたい!

鹿児島県奄美大島には独特の食文化がある。

約11年暮らしていたダマリにとって

無性に島のモノが食べたくなる時がある。

 

奄美でお気に入りのお店が数件あるが、

伊勢海老汁と、マダ汁(イカ墨汁)を食べたくなったら

迷わず行く店、漁師料理「番屋」。

 

お刺身定食はもちろんのこと、

伊勢海老のお刺身も食べることができるし

島でとれる焼き魚や、サザエの壷焼きもある。

 

奄美の魚汁(ユンシル)も美味しいけど

この店では、伊勢海老汁とマダ汁を食べて欲しいな。

 

 

この伊勢海老汁定食は、なんと1400円!!!

伊勢海老の出汁が身に沁み渡る。

 

ダマリが世界放浪の旅へ出る前日の夜は、母が伊勢海老汁を作ってくれた。

最後の晩餐になるかもしれないと、じっくり味わったことを覚えている。

 

伊勢海老は時期になると、奄美の普通のスーパーに出回る。

主婦でも普通に伊勢海老汁を作る。

 

 

 

番屋には、色々な種類の海鮮丼があり、時期によってはウニ丼もある。

その定食に必ずついてくるのは、マダ汁(イカ墨汁)だ。

 

食べたことがない人にとって、マダ汁がどういう味かは想像できないだろう。

新鮮なイカからスミ袋を取り出して作る。全く臭みがない。

 

鰹出汁、味噌、イカ墨を混ぜ合わせ

そこに、別でゆがいたイカを投入する。

 

ダマリの母は、豚肉も一緒に入れていた。これがまた格別にうまい!

マダ汁を母が作るたびに、「産後には、とっても良いんだよ」と言っていたなぁ。

血を綺麗にしてくれ、滋養強壮があるようだ。

 

奄美大島にいったら、絶対いく店。

西郷どんと愛加那が暮らした家も近くにあるので、

ぜひ、セットで楽しんでみては(^^)

 

 

●漁師料理 番屋


手作り小豆アイスバー

 

農業を営んでいる祖父母。
暑い夏の畑仕事には、かき氷がかかせない。
苺味、白熊味、そして小豆味。

子供の頃、祖父母と一緒になって、かき氷を食べていたが、
小豆味のかき氷となるとあまり嬉しくなかった。

大人になると、小豆の味がわかるようになる。
以前の職場では夏になると小豆アイスバーを差し入れでいただくことが多かった。
仕事の合間に食べる小豆アイスバーがどんなに美味しいことか!

程よいシャリシャリ感とあずきの粒々が絶妙。この味は、日本特有のものなのかな?
善哉を作ると決まって余ってしまうため、これを使って小豆アイスバーを作れないかなぁ〜?と
好奇心で作ってみたレシピです。

■材料
善哉…250g
※煮小豆缶詰を使用する際は、砂糖を加えて煮立て、あら熱をとって使用して下さい。
練乳…80g
※濃い味が好きな方は、牛乳でもGood!
水…1カップ
製氷機
※100円均一ショップなどに売っているアイスバー容器か、アイスキューブ製氷器を用意。

■作り方
Step1
善哉の半分の量をブレンダーにかけてペースト状にする。

Step2
(1)に練乳を加え、よく混ぜる。

Step3
(2)に、残りの善哉と水1カップを入れてよく混ぜる。

Step4
製氷器に(3)を流し込む。
※液体がはみ出るくらいがうまくいきます。

Step5
カチカチに凍ったらできあがり!
※アイスバー容器で作った物は、周りをお湯で少し温め、
棒を引っ張ると"スポッ!"っと綺麗にとれます。ちょっと感動ですにっこり。  


ズボラ女子しか読んではなりませぬ。ダマリ流ズボラ味噌汁

 

ズボラ女子の皆さん!今日もズボラっていきましょう(^^)

ダマリのズボラ味噌汁。

まな板は一切使いません。

 

材料

・豆腐

・乾燥わかめ

・エノキダケ

・冷凍ねぎ(セブンイレブン)

・粉末だし(無添加あご出汁)

・味噌

 

step1

手持ち小鍋に水を張る。

 

step2

豆腐をオープン。スプーンで適当にすくって(ヨーグルトのように)

水に入れる。

※韓国のチゲを作るときに、豆腐をスプーンですくって入れていたのを見て

「そうか、別に四角に切る必要ないじゃん!」と目から鱗で、そうしている。

ただし、コンソメスープなどの透明なスープの場合は、綺麗に四角に切った方が美しい。

 

味噌汁の豆腐は最後でしょ!固くなるじゃない!という声が聞こえるが

気にしない気にしない。

 

step3

乾燥わかめを、乾燥したまま、適当に入れる。

※皆さんは水に戻して使用しているかもしれないが、ダマリは、そのまま入れる。

「汚いじゃん」という声が聞こえるが、多少の汚れくらい食べた方が良いww

地面に落としたお菓子を拾って食べるくらいがちょうど良いww

 

step4

エノキダケを袋から出し、必要な分だけ房を引き裂き、

キッチンバサミでチョキチョキして、そのまま鍋に入れていく。

※ペルーのホームステイ先で、ママと料理をしていると、まな板を使用せずに

料理を手早くしていく様を見て、ダマリもなるべく使わないようになったw

 

step5

だしを入れて、鍋を火にかける。

沸騰したら火を止め、味噌を入れる。

※味噌は、こし器でこさない。味噌ッカスも美味しくいただく。

 

step6

仕上げに、冷凍庫からネギを取り出し、パラパラトッピングして、

はい出来上がり♪

 

もっとズボラな味噌汁もある。

お椀に、味噌・粉末だし・乾燥わかめ・冷凍ネギを適当に入れて、お湯を注ぐだけ!

 

毎日のお料理、みなさまお疲れ様でございます!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【JAPAN】緋寒桜茶 Japanese cherry blossom tea

↑なかなか綺麗に出来上がった♪自家製緋寒桜茶

 

 

鹿児島県奄美大島では、緋寒桜が1月下旬から2月上旬にかけて満開になる。

満開になる前の八分咲きを狙って桜の花を摘む。

どうしても自分の手で「桜茶」を作って見たかった。

 

 

通常、桜茶は「八重桜」で作られるが

緋寒桜でも作れるのではないか?と実験することに。

 

私が初めて桜茶を飲んだのは、20歳になった時。

母が、知り合いのバーに私を連れて行き、

「マスター、うちの娘、二十歳になったのよ」というと

桜茶が出てきた。

 

その美しさは、今でも忘れられない。

これは、日本人ならではの祝いのお茶だ。

 

 

■材料

・緋寒桜…適量

・塩…桜の重さ2〜3割
・白梅酢…適量

 

■作り方

 

step1

桜を洗って、水気をきる。

 

step2

塩を桜全体にまぶし、重石をして冷蔵庫で3日おく。
水があがってきたら軽くしぼる。


step3

水気をしぼった桜の花を白梅酢につける。(約1週間)

 

step4

白梅酢をしぼってザルにのせて2日ほど陰干し。
カラカラではなくしっとりぐらいの状態になったら出来上がり♪

 

 

 

空き瓶に、塩、桜、塩、桜………と

交互に入れて保存!

 

お湯を注いで桜茶にしたり、

チラシ寿司に飾って、お花見に持って行ったり(^^)

保存しているうちに、塩もピンクに染まってきて

桜の香りも自然につくので、おにぎりのお塩にも良いかも!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

仕事につながる名刺づくりアドバイス

あなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?

ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!

●アドバイス…(1時間)1人3000円

※オンラインも可能です。1名様〜

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


あなたの人には言えない恥ずかしメシ教えてちょ

 

 

人それぞれ、人には言えない恥ずかしメシがあるのではないか?

ダマリも、小学5年で両親が離婚し、父が夜遅くまで働いていたので

弟と2人して家にあるもので、腹を満たしていた。

 

 

その1)マヨネーズとケチャップ(+醤油)のご飯 or 食パン

ダマリの祖父母が農業を営んでいたので、お米だけはいつもあった。

お米さえ炊けば、なんとかなる。

結構、日本人ならやっているのではないだろうか?

 

 

その2)梅干し砂糖醤油

これは、よく弟が食べていたもの。

祖母が漬けた田舎のしょっぱい梅干しとシソに砂糖をかけ

その上から醤油をかけたもの。

これをお菓子がわりに食べていた。

 

 

その3)梅干しの種の中身(天神様)

弟と私は、梅干しをしゃぶり尽くした後に

種を割り、種の中に入っている白い部分(仁)を食べるのが好きだった。

後に調べると、このことを「天神様」と呼ぶらしい。

 

 

その4)鯛の目ん玉

鯛の塩焼きなどを食べた時に、弟と目ん玉を食べていた。

親が勧めた訳でもないのに、ダマリ兄弟は目玉を狙っていた。

目玉を食べると最後に白い骨のようなモノが残っていたっけな。

 

 

その5)畑のキュウリをもいで、箸で穴を開け、そこへ醤油を垂らしたもの

祖父母が家の周りに畑を耕していたため、キュウリやトマトをよく食べていた。

今となっては、贅沢なことだけど、子供の頃は野菜しかないことに

ウンザリしていたものだ。

 

 

その6)フルーチェを半分食べて、そこに牛乳を足すと翌日増えているフルーチェ

食いしん坊のダマリは、フルーチェをもっと食べたいなぁ……と思い

半分残したフルーチェに牛乳を入れて一晩おくという実験を試みた。

すると、見事にフルーチェになっているではないか!二度美味しいフルーチェ。

 

 

その7)鯖缶マヨネーズ

安売りの時に祖母が買ってきてくれていた鯖缶にマヨネーズをかけて缶詰まま食べる。

当時の缶詰は、缶切りがないと開けられなかったが

食いしん坊なので、そういうことは簡単に出来た。

 

 

その8)味噌汁のだしをとった後の煮干しカス

祖母が味噌汁のだしをとった後に、煮干しを取り出す。

これに醤油をかけて食べるのが大好きだったなぁ。

今は、ほとんど顆粒タイプの出汁だから、食べなくなったなぁ。

 

 

その9)猫まんま

鰹節を削って、ご飯に乗せて醤油をたらせば出来上がり。

これは日本人は皆んな好きかな(^3^)

簡単なのに、めっちゃ美味しいよねぇ〜〜〜〜

 

 

その10)ベビースターラーメンにお湯 or チキンラーメンをそのまま食べる

これは試した人も多いだろう。

ベビースターラーメンでもっとお腹を満たそうとお湯を注ぐと味が薄くてマズイ。

チキンラーメンは、そのまま食べることが多かったなぁ。(今でも時々やっちゃうのは内緒)

 

みなさんの恥ずかしメシ、邪道メシはなぁに?

教えてちょんまげ(^^)/

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/3PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ