息子0歳初パスポートのローマ字表記

 

息子の名前は、李衣(りい)。

ローマ字表記だと「RII」となる。

ん〜〜〜〜〜、これ、納得いかない。

 

 

 

パスポート申請をするときに、

申請書にヘボン式ローマ字表記を記入する欄がある。

だいたい毎回思うけど、「ヘボン式」ってなんなんだよGoogle先生!

 

ヘボン式ローマ字とは、1867年アメリカの宣教師ヘボンさんが出版した

「和英語林集成」という和英語辞典で使われた綴りを元に

羅馬字会、ローマ字ひろめ会が修正を加え、ローマ字ひろめ会が1908年に発表したもの。だそう。

 

よくわからないけど、日本政府がそれを用いるようにしているのね。

ローマ字表記って、みんなバラバラだから、統一できるように

きちんと決まりがつくられているヘボン式をずっと使っているわけだ。

 

 

ヘボン式ローマ字でいうと、息子の名前・李衣(りい)はRII。なんだけど

この申請書の裏面には、こういう欄がある。

「ヘボン式と異なる場合のみ」の表記ができる。

 

ダマリは、どうしても李衣をLEEで表記したい。という思いがあった。

パスポートは一生使うものだし、

結局RIIよりLEEの方が国際的で読みやすいし。

 

申請する際に、「LEE」でも問題はないか?尋ねてみると

・クレジットカードのローマ字も同じ表記でなければならない

・これまで飛行機のチケットなどのローマ字表記が同じでなければならない

など言われた。

 

息子の場合は、まだ0歳だから

クレジットカードは作っていないし、

飛行機には乗ったけど息子用のチケットはとったことがない。

 

というわけで、「LEE」で申請できることになった。

が、この先、息子がクレジットカードを作る際や飛行機チケットなどでローマ字表記をする際は

必ず「LEE」を使用せねばならないようだ。

 

これが一生のローマ字表記となるわけだ。

とにもかくにも、はじめから国際的な子になるようにと願いをこめた名前だから。

LEEで国際デビューできるね。


母から最後のバースデーカード

 

先日、Facebook上で

「おすすめの映画・ドラマを教えてください!」と書き込みをしたら

たくさんのおすすめ映画・ドラマ情報をいただいた。

 

その中で、まず選んだのは「バースデーカード」という作品。

自分の誕生日が近い。という単純な理由で選んだのだが、

これが号泣ものの作品だった。

 

主人公の女の子が10歳のある日、母が病気でこの世を去ってしまう。

自分の死期を悟った母は、子どもたちが20歳になるまで毎年バースデーカードを贈る約束をしていた。

その約束どおり、子どもたちのもとには毎年、母からの手紙が届くように。

 

自分の子どもが11〜20歳になるまでの成長を想像して

バースデーカードを書く気持ちって、どんなだろう?と、

母になった今、胸が熱くなった。

 

そして、ダマリの母からもらった

最後のバースデーカードを思い出した。

まさか、このカードが最後になるなんて、思ってもいなかったな………

 

誕生日プレゼントを贈るとき、カードを付けるのと付けないのとでは

受け取る側の気持ちが大きく異なる。

プレゼントも嬉しいけど、手書きの手紙の方が、最高のプレゼントだから。

 

今日も誰かが生まれた日。

Happy Birthday to you.

 

 


ばあちゃんちで覚えた食べ物たち

 

ダマリの両親が離婚してから(ダマリ小学5年)

ばあちゃんちに泊まる事が多くなった。

当時のダマリの感覚から言えば、ばあちゃんちは気分転換の場所だった。

 

そんな、ばあちゃんちで覚えた食べ物を

ふと思い出し、懐かしく思うことがある。

今日は、一部をご紹介。

 

●茶節

鹿児島では、削った鰹節・味噌にお茶を注いで飲む風習がある。

ばあちゃんちの朝ごはんは、わざわざ味噌汁を作らずに茶節だった。

じいちゃんが鰹節を削る係。お椀に鰹節・自家製味噌に、自家栽培の緑茶を注ぐ。

 

●ごっくん卵

遠足や運動会の朝。学校のイベント行事がある時に、朝のんでいた「ごっくん卵」。

コップに生卵を割り、少し醤油を垂らす。それをかき混ぜずに、まるごと「ごっくん!」と飲み込む。

これが、ばあちゃんちの栄養ドリンク。

 

●がね

サツマイモをはじめとした自家製野菜を細切りのかき揚げ。

一般に知られているかき揚げよりも、衣が分厚くて甘い。

ばあちゃんが揚げたてを味見させてくれたっけ。

 

●ケーキ

ばあちゃんが言うケーキとは、手作りのホットケーキみたいなもの。

小麦粉・砂糖・卵・ソーダのみで生地を作り、焼いたもの。

これが甘くて美味しいのだ。

 

●ずし

ずし=寿司ではない。細かく切った椎茸・人参・ごぼう等

鶏ガラで煮詰めて味付けした具を炊いたご飯に混ぜる。

誕生日や人が集まる時に出てきたなぁ。

 

●きっこん汁

鶏ガラで、大根をメインとした人参・ごぼう・さつま揚げ・椎茸などを

汁ダクで煮たもの。

この汁をご飯にかけて食べるのが大好きだった。

 

●かしわ飯

鶏と鶏ガラ、椎茸・人参・ごぼう等の具材で炊いたご飯。

ガス釜で炊いていたため、そのおコゲがとっても美味しかった。

 

●梅酒・すもも酒

誕生日・クリスマス・お正月に特別に味見させてもらっていた。

ビールもコップ2cmくらいは、小学生から飲ませてもらっていたなぁ〜。

 

あげればきりがないけど、懐かしい。

今度帰省したら、ばあちゃんに料理の事聞いておかなくちゃ。


彼と出会って11年後に結婚

 

>2018年10月3日水曜日

二人で、市役所へ婚姻届提出。

なんとも複雑な気持ち。私たちは、夫婦になった。

 

 

>2007年10月

彼とダマリが出会ったのは、11年前。

転職した新聞社の制作部に、彼はバイト生として働いていた。

ダマリ30歳。彼19歳。

 

彼は、日中は専門学校、夜は新聞社でバイトをして、

自分で学費を納めていた。

11歳も年下なのに、しっかりしていて、かっこいいな。と思っていた。

 

 

>2008年10月

あまり仲良くなれないまま、彼はニュージーランドへワーホリへ行く。とバイトを辞めた。

ダマリは彼に恋をしていたものの、ワーホリへ行く彼の心境を思い、

応援の手紙と「深夜特急」「青年は荒野をめざす」のドラマを焼いたCD-Rをプレゼントをするのが精一杯だった。

 

その頃のダマリは、世界放浪の旅に出る目標を計画していて

彼のニュージーランドは人ごとではなかった。

 

 

>2010年3月

ダマリの世界放浪の旅への出発が迫る中、ふと思い立ち、

旅へ出ることを、以前教えてもらっていた彼の携帯メールに送信してみた。

 

すると応援の返信メールがきて、なおかつ数日後に

旅の写真集と彼のワーホリ写真のCD-Rが送られてきた。

 

旅へ出た後も、幾度か彼とメッセージのやりとりをした。

彼は、専門学校を卒業し会社員になっていた。

 

 

>2011年2月

帰国後「旅の話を聞かせてください」と彼と再会を果たす。

新聞社で出会ってから3年が経っていた。

そこからデートを重ね、付き合うこととなる。

 

 

彼と付き合って8年の間に、別れ話も何度もした。

年齢がひとまわり違うのだから、結婚願望も、ましてや子どもを持って家庭を築くことも

あの頃の自分達には、想像もできなかった。

 

彼と付き合い始めの頃は、母にも祖母にも反対され

ダマリ自信も悩みすぎて、過呼吸になることもあった。

 

それでも、自分自身と彼を信じて

奄美大島、鹿児島、大分とずっと一緒にいて

困難を乗り越え、お互いを支え合ってきた。

 

41歳のダマリにとって、結婚は特別なことではなく

一つの通過点でしかない。

これからも、今まで通り彼と一緒に人生の旅を楽しもうと思う。


ダマリ父はMr.クリーン

 

父は、ダマリが小3ぐらいの時に独学で調理師免許を取得し

家の敷地内に「カフェテリアBON」という店を作った。

が、両親が離婚するとともに、店じまい。

 

それからの父は、空港の飲食店やスーパーの惣菜・鮮魚などで働き

ダマリと弟を育ててくれた。

今は、病院の病院食を作っている。

 

病院の食事を作り出して、かれこれ15年くらい経つだろうか。

病院食を通じて、父はMr.クリーンへ変貌を遂げた。

実家に帰ると、男ヤマメとは思えないほどピッカピカ。特に水回りは、徹底されている。

 

なぜ、こうなったか?

病院食は、決して食中毒をおこしてはならない

管理が徹底されている。

 

そして、患者によって作り分けがなされていて

食事療法をしている患者さんの病院食は、

とてもシビアなもの。

 

病院に務めるようになってから、

父は、ナマモノをあまり食べなくなった。

特に食中毒の危険があるため、貝類は絶対食べない。

 

病院食を作る人たちは、自分達の健康管理がとても重要で

「殺菌消毒」とは、常に友達であるww

 

この間、実家に帰って「なるほど!」ということがあった。

大抵の家では、食事をする前にテーブルを洗って絞ったフキンで拭く。

しかし、Mr.クリーンは違う。

 

片手に除菌スプレー、もう片手にキッチンペーパー。

テーブルにスプレーをシュシュシュとふきかけ、ペーパーで拭き取る。

なんだか、当たり前のようでダマリにとって、今までにない発想だった。

 

「コンビニのおしぼりで拭く」というのが、ダマリにとって良いアイデアだと思っていたが

おしぼりやフキンでテーブルをふくと、どうしても乾きが鈍くてジタジタになるが

除菌スプレーだと、綺麗になるし、拭いた後も乾いて気持ちがいい。

 

フキンだと、洗って干さねばならないし、まめに除菌しないとバイ菌だらけになるし。

よし、ダマリも除菌スプレーにしよう!

と、キッチン用の除菌スプレーを使用。水回りや、スポンジ、まな板にもなんでも使えるし、

日々の掃除や、愛猫がゲロリンパした後も、ささっと拭き取れて大重宝!

 

Mr.クリーンから学ぶことは、本当に多い。

ありがとう、お父さん。


| 1/8PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ