ダマリは書店勤務を4年していた

 

書店にいくと毎回、懐かしさを覚える。

あの独特な本の匂い。印刷の匂い。

 

グラフィックデザイナー歴20年のダマリだが

4年間だけ書店で事務をしていたことがある。

 

東京から、鹿児島県奄美大島へ移住した時に

グラフィックデザインの仕事は見つからず

ハローワークで「面白そうだな」と思ったところに就職した。

 

それが、書店だった。

書店と言っても、ここの書店は普通の書店ではない。

奄美諸島全域の保育園・幼稚園・小中学校・高校の教科書や備品、あらゆるものを取り扱っている。

 

私は事務をしていた。

学校に出す、見積書・請求書・納品書を作成したり、

本の配達もしているので、本が入荷する日は、本に納品書を挟み、配達地区ごとに本を分けた。

 

書店から近いお客様には、

私が自転車で本を配達していた。

これは、なかなか楽しい時間だった。

 

4月の新学期になると、学校へ備品販売へ出張も行った。

算数セットや、ピアニカ、笛、習字道具。

とにかく学校の備品はなんでも取り扱っていたため書店は大忙し!

 

チャイムの修理もするし、図書館の備品も揃えるし。

保育園の体操服、帽子、運動会の備品もある。

 

中でもワクワクしたのは、理科の備品や美術の工作道具。

酸素、窒素、アルコールランプ、ビーカー、標本。

版画セット、銀細工、彫刻刀、粘土………

 

とにかく扱う商品が多いので、伝票を打ち込むリストが多くて

はじめは戸惑った。

注文の電話も多いし、離島のお客様には配送もしていた。

 

週2ほど、当番制で17:00〜19:00までの書店レジもやっていた。

こおれがまた楽しい時間で、お客様とお話できるのが楽しかったし、

コミックも新書も読み放題だった。

 

コミックの注文はよくやっていた。そして、返品の作業も手伝ったことがある。

雑誌などについている付録は、全部処分になるので

商店街のお祭りなどで、クジの景品にしたり、もらったりしていた。

(もらった付録をヤフオクで売ったりしていたのは秘密w)

 

新学期がはじまる前になると、

全学校の教科書の数を入力して、文部省に提出するという大仕事があった。

これを毎年任されていた。

 

1年の間で一番忙しいのが3月、4月。

新学期に向けての入荷と出荷をさばくために、バイト生もいれる。

この時期が終わると、「お年玉」が支給されていたので、やる気が出た。

 

私はこの書店で、たくさんのことを学んだし

社長も奥さんも会長も、そして社員も皆良い人ばかりだった。

 

奄美に移住したてで、何もわからない私だったが

書店に入ることで、奄美諸島全域の地区をすぐに覚えることができたし

方言も覚えた。たくさん、本も読んだ。

 

かけがえのない四年間。

私はこの間にお金を貯めて、世界一周の計画をたてた。

そして、愛猫ナイトとヒラをもらった場所でもある。

人生に無駄なことは一つもない。全部繋がっている。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


グラフィックデザイナー・ダマリの強み

 

企業様とお仕事をさせていただくときに

よく聞かれることがある。

「あなたが得意なデザインはなんですか?」

 

私は、これを毎回悩む。

ズバ抜けて得意なデザインってなんだろう?

自分自身ではよくわからない。

 

東京時代のデザイナーの先輩にこう言われた。

「ダマリのデザインの強みは"安定感"だよね」と。

安定感………。

 

今日、作業をしている最中にふと考えた。

得意なデザインというのはないけど、

多種多様なクライアントのデザインをしてきた数は

他のグラフィックデザイナーよりは多いはず。

 

制作実績6000件をキャッチコピーにしているが

私がこんな数をこなしたわけは

新聞社の制作部で7年勤務して培ったもの。

 

デザイン会社に勤務している頃は、

担当のクライアントがだいたい決まっているため

1日に何件も広告制作をしたりはしないが、

新聞社の場合は、小さい広告もあるので、1日に3〜5件作ることもある。

 

ダマリの得意分野は未だ不明だけど

強みは、どんなクライアントでも「感覚を掴む」ということにおいては

強みかもしれない。

 

作ったことのない業種は、ない!と言っても過言ではない。

冠婚葬祭、不動産、自動車販売、エステ、鍼灸、病院、飲食店、美容室、金融業………

スナック、工場、機械、行政、学校、イベント。一通り制作してきた。

 

先輩に言われた「安定感」というのは、こういうことが

背景にあるからかもしれない。

 

これからも、精進しつつ

デカイ仕事していきたい。プロジェクトのデカイ仕事をとっていきたい。

 

あ!そういやぁ最近、なんとなく得意分野わかってきたかも。

紙媒体は、2Dなんだけど、それを画像処理や紙質で3Dに見せるのが得意かな。

昔からPhotoshopでの合成が得意だったし、パチンコ屋の広告を膨大に制作してきたから

画像で制作するデザインは得意かもしんない。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ダマリの東京時代

四谷駅

 

ダマリは、鹿児島のデザイン学校を卒業し

東京のデザイン会社へ新卒で入社した。

21歳の春。憧れの東京LIFEである。

 

デザイン会社があった場所は、新宿区四谷。

ここを拠点として、東京中のあらゆる場所へ

打ち合わせや、ロケハン、パシリなどに走り回ったものだ。

 

21歳から26歳まで、東京で過ごした。

今思えば、あんな大都会でよく暮らしていたなぁ………と感心する。

若気の至り。怖いもの知らず。って所だろうか。

 

ダマリが住んでいたのは、北区十条にあるアパート。

十条商店街は、なんでもあり暮らしやすい町だった。

が、ほとんど毎日、深夜帰りだった私には、あまりそういうことは関係なかったように思う。

 

終電am1:00は、当たり前。

徹夜の最高記録は、三徹。デスクの下には、寝袋完備。

四谷には、飲食店が数多くあり、飽きることはなかったし、

近くに銭湯も2箇所あったので、徹夜とわかった日は、ひとっ風呂あびて仕事をした。

 

徹夜をして、am4:00の始発で家に帰り、

ちょっと寝て、am10:00までに出社する。

そんなことを、こなしていたなんて。

 

デザイナーの仕事は、自分自身で管理しなければならない。

出社してから、与えられた仕事の時間配分は、自分自身の采配。

とにかく、締め切りさえ守ればよいから、その間はわりと自由だ。

 

本屋にいったり、図書館へいったり。

打ち合わせに行った帰りに、カフェによってアイデア出しをしたり。

今思えば、色々な場所へ足を運んだものだ。

そのおかげで、神奈川・埼玉・東京の地理は、頭に入っている。

 

商品撮影にも立ち会ったりして、

撮影で1日終えたあと、徹夜でデザイン制作………ということも多くあった。

ブラック企業もいいところだなww

 

電通、博報堂をはじめとする広告代理店とお仕事をすることも多々あった。

担当者の中に、腹黒いヤツが一人いて、嫌味を何度も言われた。

あいつ、今なにやってんだろうw

 

再来月の6月に、また東京へ行ける。

ダマリがデザイン会社にいた時の上司、尊敬し続けているADと会える。

ものすごく嬉しい。

 

たったの5年間すごした東京LIFEだが、

ダマリの今を作っている土台固めだったことは確かだ。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ダマリ細胞17%は米米CLUB

 

私は、生粋の米米CLUBのファンである。

今でも、Youtubeで米米の映像を漁り

エンターテイメントの原点を見出す。

 

米米CLUBとの出会い。

それは、私が高校1年の時、席替えで米米ファン"K"の隣になった時。

"K"は、下敷きに米米CLUBの切り抜きを入れていた。

 

光GENJIをずっと追いかけていた私にとって

米米CLUBというのは、大人の世界のような気がしていたし

「バンド」というくくりが、とても「不良」のような気もしていたwww

 

しかしながら、"K"との出会いで私は変わる。

光GENJIがその頃、ちょうど解散したのもあるが

米米CLUBへどっぷりハマってしまった。

 

 

「なぜ、ダマリは米米CLUBにハマったのか?」

 

その1)衣装・舞台・メイクなど、全てカールスモーキー石井が手がけていたため

 

一番興味を持ったのは、米米CLUBの発足メンバー4人が

「文化学院」の同窓で、石井さんは美術科、ほかの3人は建築科だったということ。

私も、その頃、美大などに憧れていたため、なんだか親近感を覚えた。

 

 

その2)カールスモーキー石井の素顔を見た

 

米米CLUBを表面だけ知っているほとんどの人は

石井さんの素顔、ノーメイクを見たことがないだろう。

私は、コンサートのメイキング映像を見るのが好きで、

石井さんが衣装や舞台、コンサートロゴなどをスケッチする姿に興味津々だった。

 

 

その3)エンターテイメントの世界

 

米米CLUBのコンサートは、サーカスのようなミュージカルのような

普通のバンドとは違うエンタータインメント世界観がある。

コンサートは、毎回コンセプトが違い、それぞれに合わせた舞台・衣装など石井さんがデザインする。

 

カールスモーキー石井だけが目立つのではなく、メンバー総勢役23名が

一人一人役割を持っていて、みんなが演じ、奏で、盛り上げる。

立体的な見せ方をするバンド。大迫力!私はこの世界に引き込まれた。

 

 

 

 

ダマリは偽・米米CLUBというバンド(!?)を組んだ

 

米米CLUBが好きすぎて、どうしても真似をしたかった。

高校1年の時に出会った、"K"をはじめ、メンバーを募り

「偽・米米CLUB」という総勢10名のバンドを結成。

夏休み練習に励み、高校3年の文化祭に45分間もコンサートライブを開いた。

 

同じ年に、鹿児島県最大のお祭り「おはら祭り」で開催される

ローカルテレビ主催も「ものまね大賞」というものに応募。

見事オーディションに合格し、トップバッターで出場したww

 

この時は、家族・親戚・友人・知人など、テレビの前に釘付けだったらしい。

このとき、入賞ならず。こりずに翌年も出場w

 

 

米米CLUBがダマリ東京上京に拍車をかけた

 

私は高校を卒業して、米米と同じ東京・御茶ノ水にある「文化学院」に入学したい!

という胸を父に伝えるも、断固反対され。

泣く泣く地元のデザイン専門学校へ入学する。

 

米米CLUBの本や映像は、私のアート生活にものすごく刺激を与えてくれた。

そして「就職は、絶対的に、東京だ!」という強い思いを

後押ししてくれたのは、米米CLUBの存在があったからだ。

 

私が、東京へ就職を目指す頃。米米CLUBは解散。

解散コンサートに、高校時代の米米ファン"K"と行くことに。

東京ドーム2日間のみの公演。私たちは、初日に行った。この時が初・東京!

 

米米コンサートや、文化学院など、東京のエネルギーに私は圧倒され

「ここでなくちゃデザインの仕事はできない!」と

本当に強くそう思った。そこから、東京への就職活動が始まる。

 

 

 

 

その後のダマリと米米CLUB

 

東京に上京する頃、米米を解散した石井さんはソロでライブ活動をしていた。

私は、ライブやトークショーへ行ったり、石井さんの実家に遊びに行ったりした。

石井さんの実家は、茨城県にある和菓子屋さんで、愛想の良い石井パパと一緒に記念撮影した。

 

東京のデザイン会社の先輩が、仙台のテレビ局の人と結婚し

ある時、石井さんのサインをいただいてもらい、送ってもらったことがある。

懐かしいなぁ(^^)

 

そのうち、私は、DA PAMPファンへ浮気をするww

 

去年、テレビで放映されてびっくりしたのは、

米米のダンサーをしていたコータローが、奄美大島に移住していたということ。

私と仲が良い友達のお姉さん夫妻と仲良くしているようで、

あまりにも世間が狭すぎて、びっくりサプライズだった。

 

米米CLUBが好きだった方、ファンだった方、コンサートへ行ったことがある方

ぜひ、コメントくださいね(^^)

 

We are KomeKome Club,end You You You 💕

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ダマリは太陽信仰

 

年に一度、新年の夜明けを見ようと

「初日の出」を参拝しに

多くの日本人が太陽を拝む。

 

「◯◯できますように…」

一年の抱負を胸に抱き、

朝日に向かって祈る。

 

この姿って、まさに太陽信仰。

山稜や水平線から昇る朝日を見ると

とても感動するし、生かされていることを実感する。

 

私は、ある人に出会い「願い事は毎朝、太陽にする」というお話を聞いて

毎朝早起きして、太陽を拝むことにした。

まだ、これを始めて一週間にもならない。

 

神社仏閣へ出向き、お願い事をしている人は、

それは間違いであることに気付こう。

「◯◯できますように…」そういう事をお願いする場所ではない。

 

日頃の感謝を伝えに行く場所が神社仏閣。

私は、自然にこのことを、身につけていた。

なので、「願い事は毎朝、太陽にする」この話を聞いたとき、すぐに腑に落ちた。

 

願い事というのは、自分自身に「◯◯したい」という目標がなければできない。

どういう風に生きたいのか、どういう風になりたいのか、

クリアなビジョンがないと願い事はできない。

 

太陽に向かって、願うということは、

自分の目標がクリアになり、毎朝願うことで、自分の脳に焼き付ける。

そして、脳に焼き付けば、行動し、願いが叶う。

 

今日は新月。

新月に願い事を書くのもいいけど

朝日に手をあわせ、毎朝願い事をしてみてはいかがだろう。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/3PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ