霧島みぞべ茶【茶楽園SARAEN】販促ツールデザイン制作

 

坂本龍馬夫妻・新婚旅行の地「霧島」の

冷涼な深い霧で育まれたお茶を表現した

パッケージ、販促ツールデザインです。


鹿児島県霧島市溝辺町にある

茶楽園SARAENさまより

パッケージ、便箋、封筒、年賀状、名刺

デザイン制作のご依頼をいただきました!

誠にありがとうございます。

 

鹿児島県の玄関口、

鹿児島空港のある

霧島市溝辺町は

お茶の産地として有名です。

鹿児島空港周辺は、お茶畑だらけ。

ちなみに、ダマリの実家もココです(^^)

 

霧島みぞべ茶は

霊峰霧島山麓の冷涼な気象条件と

天降川、宇曽木川、網掛川から

立ち上る霧深き霧島市溝辺町の

標高270mの十三塚原台地に広がる

茶園で栽培されています。


茶楽園SARAENさんのお茶は

浅蒸しのお茶で

霧島山麓の高冷地特有の

さわやかな香りと

甘みと渋みがあり

透明感のある美しい

黄金色の水色が特徴です。

 

浅蒸し茶とは?
お茶の最初の製造過程では、

生の茶葉を蒸気で蒸しますが

この蒸す時間でお茶の味香りが変わります。

 

蒸し時間が短いと浅蒸し茶に

時間が長いと深蒸し茶になります。

浅蒸し茶の見た目は

粉が少なく茶葉が針のような形で

お茶本来の旨味をじっくり味わえるのが

一番の特徴です。

 

お茶のパッケージといえば

スーパーでもお土産屋さんでも

緑色が主流。

どうしても

その概念を拭いたかった。

 

「霧島みぞべ茶」という

ブランド力をあげるには差別化が必要。

霧島山麓が一望できる鹿児島空港。

目の前に広がるお茶畑。

広いお茶畑の空には

飛行機が必ず飛んでいる。

冷涼な風と、霧。

 

このイメージから受ける色が

紺色と水色でした。

お茶の花と実が、風にあおられ

舞っているような動きを出し

年配の方はもちろんのこと

若い年齢層の方にも手にとりやすい

パッケージに仕上げました。

 

お茶を入れる湯呑みの

陶器感を出したくて

白地基調の高級感が出る

マットコートの紙に印刷。

手触りも良いです。

 

便箋、封筒デザイン

 

名刺デザイン

 

 

鹿児島空港から車で5分!

茶楽園さんにはお茶畑を一望できる

喫茶コーナーもあります(^^)

お時間がある方にはおすすめです!

 

 

茶楽園の奥様は、

なんとダマリが保育園の時の先生!

 

 

息子が生後7ヶ月の時に遊びに行きました(^^)

 

 

 

霧島みぞべ茶 茶楽園 SARAEN

 


Holistic Lab. アベイルガーデン 販促ツールデザイン制作

東洋医学・温熱療法 黄土よもぎ蒸し・テルミー

心身の悩み・不安を解消する癒しの庭

ホリスティックラボ アベイルガーデン さんの

販促ツールデザインです。

 

 

2018年5月。鹿児島市上谷口町ににオープンした

ホリスティックラボ アベイルガーデン。

 

オープンにあわせ、ロゴ・看板・DM用チラシ・名刺・HPの

デザイン制作のご依頼をいただきました。

誠にありがとうございます!

 

4月上旬にお話をいただき、オーナーの波平さんと

大分ー鹿児島間で、最初はZOOMで打ち合わせをし

その後、サロンとなる場所を確認するため鹿児島へ行きました。

 

とにかく限られた時間内に、波平さんの「想い」を沢山聞かせていだだき

方向性を固めるのが先決でした。

 

今回は、クライアント対デザイナーだけの仕事ではなく

経営コンサルタントの福元さんフォトスタジオの田中さんとの連携を取りながら

一丸となってプロジェクトを進めていきました。

 

 

●ロゴ

オーナーの波平さんは、太陽のように明るくエネルギーに満ちた方です。

波平さん自身も、お客様の心身を癒せる場所を提供し、太陽のように光を照らしたい!

とお話してくださいました。

 

 

 

●電飾看板 900×2700

工事の兼ね合いもあり、ロゴ制作と看板制作は同時進行でした。

葉っぱの形なども、何度も波平さんとやり取りを重ねました。

 

 

 

●DM用A4チラシ 三つ折り

プレオープンにお客様を招待するためのチラシです。

「招待」するからには、招待状のようなチラシにした方が良いと思いつき

すぐに、波平さんに打診しました。

 

 

 

●ホームページ

フォトスタジオの田中さんと撮影日や、撮影のシチュエーションなどやり取りをし

雰囲気のある写真が沢山撮影されたので、制作しやすかったです。

写真が良いと、デザインで飾り立てる必要性はなくなります。

availgarden.com

 

 

●名刺

最初は、オーナーの顔写真を載せて制作しましたが

サロンの方向性・客層とあわないので、シンプルに制作しなおし

植物の香りがしてきそうなデザインを心がけました。

 

 

 

アベイルガーデン さんにて。経営コンサルタントの福元さん、オーナー波平さんと(^^)

ダマリは、黄土よもぎ蒸しを体験しました!

芯から温まって、女性にはたまらない癒しの場所です。

 

 

●ホリスティックラボ アベイルガーデン 


ORGANIC SEED CLUB 販促ツールデザイン制作

ORGANIC SEED CLUB

〜日本の種を守り、子ども達の未来へと繋げる会〜さんの

販促ツールデザインです。

 

東京・大分を拠点に活動されている

ORGANIC SEED CLUBさん。

以前、代表・小野さんの名刺制作をさせていただきました。

 

その小野さんが、2018年10月30日@福岡国際会議場にて開催された

「九州農業ドリームプラン・プレゼンテーション」に出場され

 

そこで使用する、ロゴ・パンフ広告・のぼり(大小)・シールの

デザイン制作のご依頼をいただきました。

誠にありがとうございます!

 

●ロゴ

小野さんから「農ドリに出場するので、協力してほしい」とお話を伺った時に

コンセプトが明らかだったので、

タネと赤ちゃんのロゴをすぐに思いつきました。

 

日本の固定種・在来種のタネを守る = 子ども達の未来を守る

 

この活動に力をいれているのが、ORGANIC SEED CLUBさんです。

 

 

●農ドリパンフレット用広告 A4

固定種・在来種の種から育った野菜を全面に押し出して制作

 

●30mm×30mmシール

 

●70mm×70mmシール

 

●のぼり600mm×1800mm

●ミニのぼり70mm×210mm

 

シールとのぼりの色・書体は、

「日本の伝統色がいい」とのご要望をいただきました。

 

 

なので、このあたりの色をチョイスして

小野さんと何度もやりとりを重ね、完成しました。

 

 

以前、制作させていただいた小野さんの名刺です。

 

日本の固定種・在来種のタネに興味がある方は

ぜひ、お問い合わせください。

 


姫島村商工会女性部【ふつ餅】販促ツールデザイン制作

 

大分県東国東郡姫島の

姫島村商工会女性部さんが作る

年に二回しか食べられない「ふつ餅」販促ツールデザインです。

 

姫島村商工会さんからお仕事をいただいたのは、これで2度目。

姫島に行くときは、フェリーを乗り継ぐ。

なので、ダマリにとってワクワクなお仕事だ。ありがとうございます!

 

姫島村では年に二回大イベントが開催される。

「姫島村かれい祭り(5月)」と「姫島村車えび祭り(10月)」だ。

このイベントで商工会女性部さんが作る「ふつ餅(ヨモギ餅)」が販売される。

 

この「ふつ餅」は、至る和菓子屋さんで作られている餅だが

商工会女性部さんが作る「ふつ餅」は、どういうわけか他の「ふつ餅」と違い

とっても美味しくて、毎回販売開始10〜15分で売り切れる大人気商品!

 

デザイン制作の打ち合わせを女性部さんとした時に人気の秘密はなんだろう?と伺ってみた。

商工会女性部だけが知っている秘伝の、もち粉・小麦粉の配合や

なめらかに磨り潰したヨモギ、餡子の塩梅などが秘訣だと言う。

 

今回のデザインは、女性部さん達が「ふつ餅」を作る写真を大きく扱い

「ふつ餅」ができあがる過程の臨場感を大切にした。

 

下記は、姫島村商工会さんからいただいた「姫島村車えび祭り」の

「ふつ餅」販売の様子写真。ダマリもいただきに行ってきたぞ(^^)

 

販売1時間前から「ふつ餅」のブースに並ぶお客さんたち

 

姫島村商工会女性部さんの「ふつ餅」だけ大行列!

 

大盛況!

 

お一人様3つまで。販売開始15分で終了〜〜〜〜〜!!

 

今回は、のぼり・A1ポスター・A4チラシを制作させていただきました!

 

この日は、「車えび弁当」や「きつね踊り」に興奮しすぎて

肝心な「ふつ餅」のブースの前で写真を撮り忘れると言う痛恨のミス…………

また来よ(^^)

 


| 1/1PAGES |

ホームページ

プロフィール

ダマリ
ブランディングデザイン
ダマリデザイン室
代表 クリエイティブディレクター
趣味:乗馬 旅歴:22ヵ国
夫・息子1歳・黒猫と
鹿児島県霧島市在住
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ