防災グッズにだけフォーカスせず、まずは敵を知る!

 

2019年10月22日に、

「防災ママカフェ®︎」に参加してきた。

 

今までは自分の身と愛猫の事しか考えずに、

防災グッズをなんとなく用意していたが。

今は、昨年産んだばかりの大事な大事な息子がいる。

 

子どものいのちを守れるママにならなくてはいけないのだ。

そのためには?防災グッズを揃えることからはじめる?

 

ママダマリは、防災グッズにばかりフォーカスしていたが

「防災ママカフェ®️」に参加して意識が変わった。

一番大切なのは、まずは「敵を知ること」。

 

講演を全国各地でおこなっている、防災ママカフェ®️主宰かもんまゆさん。

防災について、ロールプレイングゲームに例えてお話を進めてくださり

とても分かりやすかった。

 

敵を知らなければ、武器や道具を揃えることはできない。

「敵」というのは、津波や大地震など災害のこと。


 

 

自分の地域に災害がおきたらどうなるのか?

リサーチしてハザードマップを確認して

その時どうなるかを頭でシミュレーションしてみる。

 

敵を知った後は、ゲームの主人公や仲間にあたる自分や家族を知ること。

夫、息子0歳、愛猫の弱点はなにか?

 

その弱点を埋めるものを防災グッズで準備しなければならない。

要するに、各家庭によって防災グッズの内容は変わってくる。

 

 

自分たちの家族は、どのくらい戦う能力があるのか、ないのか?

 

 

大分県別府市に、震度7の大地震がきた時のシミュレーション。

最大の津波は5.4mが40分で到達。

津波、建物の倒壊、火災で8万3027棟が全焼、3万6399人が死亡。

 

ちなみに、このリンクに行くと

自分が住んでいる街の被害想定を確認できる。

朝日新聞デジタル「南海トラフ地震の被害想定

 

 

ちなみにママダマリが住んでいる大分県杵築市の想定。

最大震度6弱。最大津波6m、津波到達時間68分。

もし津波速報があれば、津波到達時刻まで60分の時間があるということがわかる。

60分あれば、高いところに避難できる。

 

2019年も残すところあと1カ月。

この1カ月で災害が起こるかもしれない。

2020年もきっとどこかで起こる。自分のところかもしれない。

 

年末までに色々やることがあるが

防災グッズや備え・シミュレーションの準備を優先的にする。

みなさんも、早め早めに備えを。

 


Twitterのママアカに励まされる日々。ママ用語が面白すぎる!

自分に息子が生まれ、

「この世に息子と2人っきり」という

牢獄に入れられたような産後。

 

息子が保育園に通い始めてから

そういう思いはなくなったが

生後3か月までの日々は、本当に本当に辛かった。。。

 

そんな狭い世界の中で

ダマリの救いになっていたのは

Twitterのママアカ(ママアカウント)だ。

 

ママアカの中でも心身ともに救われたのは

「#2018dec_baby」のママアカ。

 

 

いわゆる2018年12月に赤ちゃんを産んだママ達のアカウントだ。

ここにくれば、同じ月齢の子を持つママ達のリアルタイムつぶやきを見ることができるし

コメントしあうこともできる。

 

ここで、ママ達が使うママ用語一部をご紹介。

 

 

●夜勤

新生児時期の頻回授乳や、深夜に赤ちゃんの世話をすること。

例文→「夜勤お疲れ様です!」「今から夜勤がんばります!」など

 

 

●π

パイ。いわゆるお乳のこと。おっぱいのことをπで表現。

例文→「左πは吸ってくれるけど、右πは吸ってくれない💦」など。

 

 

●背中スイッチ

赤ちゃんを寝かしつけるとき、布団に置いた途端目覚めること。

例文→「背中スイッチ発動〜〜〜。夜勤確定」

 

 

●覚醒

赤ちゃんが目がランランとしてしまっている状態。(寝そうもない状態…)

例文→「深夜2:00💩→オムツ替え→覚醒。まだ3:00なんですけどぉ…」

 

 

●セナモーレ

赤ちゃんの💩がオムツからもれて、背中までつたっている状態。

例文→「バウンサーでご機嫌❣️かと思いきや、セナモーレ事件勃発」

 

 

●開国

旦那さんとの夜の戯れが、再開したこと。

例文→「昨夜、開国した〜❣️けど、めっちゃ痛かった」

 

 

●😇

赤ちゃんや旦那さんとのことで、怒ったり泣きたかったりする場合、

😭を使わずに。😇をわざと使う。

例文→「旦那さん今夜も飲みにいった。3日連続なんですけど。ワンオペと変わらんやん😇😇😇」

 

 

●完ミ、完母

赤ちゃんを完全にミルクで育てる、赤ちゃんを完全に母乳で育てること。

例文→「完ミでも完母でも、子どもは立派に育つ❣️」

 

●5m

生後五カ月

例文→「5mのママ」

 

以上

本日もママアカで救われているダマリでした。


息子の名前・李衣のエピソード

 

ダマリの息子の名前は「李衣(りい)」

よく女の子に間違えられる。

たぶん「衣」が付いているからだろう。

 

妊娠中に、名前を決めるわけだが

はじめは「りい」ではなかった。

妊娠後期ギリギリまで、実は「おさむ」だったww

 

なので、ダマリは、「おさむ〜〜〜〜」と

お腹に話しかけながら、過ごしていたのだが

最後の最後で、お義母さんの反対で「おさむ」は却下。

 

で、つぎの候補は、ダマリが思っていた「李(りー)」。

李は、李小龍(リー・シャウロン)からいただいた。

夫がブルース・リーの大ファンだったし

国際的な名前がいいと思っていたし。

 

一文字で良いと思っていたが、夫が「中国人に間違われる」と反対。

じゃあ、二文字で「りい」にしよう!

李は決まっていたが、「い」が決まらず。

 

そこから、漢字の意味をネットで調べまくった。

 

 

「李」の意味は、すもも。

 

桜梅桃李(おうばいとうり)ということわざがあり、
「桜」「梅」「桃」「李」はどれも独自の美しい花を咲かせるので、

それぞれの特徴を改めるのではなく、ありのまま活かすという意味がある。

 

多様性を認め、どこの国の人とでも仲良くなれる子に。

自分らしさを大切にして、李小龍のように強く優しい子に。

と願いを込めて。

 

 

「衣」の意味は、ころも。

 

ダマリの母が「キルトに綴る愛」という映画のビデオと詩を

成人式にプレゼントしてくれた。

その詩が、この「衣」を連想させた。

 

糸1本1本が縦横に合わさり、模様になる。

人生も同じ。人に出会い、人生の織物が出来上がる。

 

沢山の人に出会い、人を優しく包み込む、おおらかな子に。

と願いを込めて。


ダマリおすすめ0歳児からの絵本

今現在、ダマリの息子チビは生後5ヶ月。

目もはっきり見え始め、あらゆるものを触ろうとする。

テレビを、じっ。。。。。と観るようになった。

 

そんな中、そろそろ絵本の読み聞かせでも

はじめようと思っている。

(遅いかもしんないけど。。。)

 

絵本のおすすめ100選!

みたいなサイトや本があり

ダマリも、どんな絵本があるのか調べてみた。

 

でも、沢山ありすぎて

とりあえず、ご縁のある絵本から

手をつけていこうかと。

 

最初のご縁があった絵本はコレ↓

 

 

友人の元保育士さんより出産祝いにいただいた絵本4冊。

・いないいないばあ

・だるまさんが

・やさいさん

・ふうせんねこ

 

全部素敵、かわいい〜(^^)

絵本を読むのが苦手なダマリでも

簡単に読み聞かせることができる。

 

次にご縁のあった絵本はコレ↓

 

 

4ヶ月検診の時に、12種類の絵本の中から2冊プレゼント!という、太っ腹な検診!!!

ありがとうございます!大分県杵築市さん(^^)

 

ダマリは、「もこもこもこ」と「ぴょーん」の2冊をいただいた。

 

「もこもこもこ」は、谷川俊太郎さん作で、他の絵本と違い抽象的。

でも、「赤ちゃんには分かる」不思議な絵本だと聞き、これを選んだ。

 

「ぴょーん」は、チビが生後3ヶ月の時に参加した

ベビーマッサージ教室で講師の先生が読んでくれた絵本。

その時、ダマリ自身とても楽しめた絵本だったので、これを選んだ。

 

 

 

このリアルな絵に衝撃を受けたw

子ども達にも大ウケ(^^)

 

 

さて、絵本の読み聞かせ、はじめなくっちゃ。


産後うつ一歩手前。星野源のアイデアが頭をぐるぐる。

 

2018年12月18日に息子を出産。

そのあとダマリは、産後うつ一歩手前になっていた。

そんな状況の中、頭にぐるぐる流れていた星野源のアイデアという曲。

 

42年間も自由気ままに生きてきたダマリ。

それが180度生活が変わり、目の前にいる小さな命に

24時間体制で向き合うことになり、まるで刑務所にいれられた気持ちだった。

 

頻回授乳。

生後は2〜3時間おきに授乳せねばならない。

3時間置き。なんていっているけど実際そんなうまくはいかない。

 

産後1ヶ月くらいは、授乳・寝かし付けがうまくできなくて1〜2時間かかることがザラだった。

授乳して腕の中で寝ても、ベッドに置くと目を覚ます。

そんなことの繰り返しで毎日が過ぎていく。

 

夫のお義母さんが三食作ってくれていたし洗濯も色々してくれた。

それなのに、ダマリ自身は神経ずっと高ぶっていて

「産まなきゃよかった…」と後悔した日もあった。

 

この世に生を受けたばかりの小さい命。

人間というより、もっと別の生き物に見えていた。

 

夜な夜な睡眠不足で朦朧としながら授乳。

いつのまにか夜が明けている。

「おはよう 世の中〜♫」と星野源の声が頭に流れ出す。

 

そして、真夜中にも

「おはよう 真夜中〜♫」と違うフレーズが流れ出す。

 

産後1ヶ月は、本当に本当に辛かった。

産後うつにならなかったのは、友人や夫の理解のおかげだ。

2ヶ月目からは、ファミリーサポートさんや助産院さんの力をかりた。

 

♫つづく道の先を
塞ぐ影にアイデアを
雨の音で歌を歌おう
すべて越えて響け

 

つづく日々を奏でる人へ
すべて越えて届け〜♫

 


| 1/6PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ