今日の一枚「マラケシュナイト」

 

モロッコ中央部に位置する都市マラケシュ。

ベルベル語で「神の国」という意味。

 

マラケシュ滞在中は、毎日が夢心地で

何もかもが新鮮でエキサイティングだった。

 

マラケシュの昼と夜は、違った楽しみ方ができる。

昼間のスーク(商店街みたいな市場)も楽しいが

夜は、あちらこちらにモロッコランプが灯り、観光客を楽しませてくれる。

 

マラケシュから日本へ帰国するなら購入も考えるが

旅人は、お土産なんて買えない。

見て楽しむのが精一杯だ。

 

ダマリは、欲しいけど買えないものは写真に収めることにした。

旅先で買うものは「マグネット」だけと決め、

行った先々のマグネットを購入しては、日本へ送っていた。

 

マラケシュナイト。

かなり楽しめるので、羽目をはずしすぎないように。


今日の一枚「遠いけど近しい島」

 

イースター島。モアイで知られる有名な島。

チリ・サンティアゴにある空港から飛行機に乗り5時間弱。

 

ダマリがサンティアゴにいた時は、寒くてアルパカのポンチョを着ていたのに

イースター島に到着するやいなや、南の島独特の湿度と温度に驚いた。

 

そして何より、その頃ダマリが住んでいた奄美大島と、匂い・空気感が同じで

まるで、奄美に帰ってきたような気持ちになった。

 

ガイドブックも何も持たず、情報もなしで来てしまい

とにかく町を散策することに。

 

色鮮やかな南国の植物、空、海。

懐かしい気持ちでいっぱいになった。

 

インターネットカフェ屋を発見し、

そこで安宿の情報を入手した。

 

イースター島の至る所に、モアイ像は点在している。

宿で出会った日本人夫婦とレンタカーをシェアして周った。

 

その日本人夫婦。

奄美大島の加計呂麻島に住んでいたことがあるというではないか。

 

おまけに、2009年に皆既日食が観測できる場所だった奄美大島。

そして、ダマリがイースター島を訪れた2010年にはイースター島が観測場所だった。

 

遠いけど近しい島。

海外にいる気が全くしなかったな。


今日の一枚「黄色い壁のメクネス」

 

古都メクネス。

モロッコにある城壁に囲まれた都市で

世界遺産に登録されている。

 

ダマリにとってメクネスは、

怖い思いをした都市となった。

ひと気のない道で、地元の男性がダマリの後をついてきたのだ。

 

隠れるような店もなく、

閑散とした黄色い壁の町を用心しながら足早に歩いた。

やっと店が並ぶエリアにたどり着き、さっと店に入り男の様子を伺う。

 

男は、キョロキョロしながらも

店を通り過ぎていった。

旅慣れた頃が一番危ない。再認識した体験だった。

 

メクネスは魅力的な町だったが

他のモロッコの都市に比べて、ダマリと相性が悪かった。

 

黄色い壁のせいか分からないが

ノスタルジックで、タイムスリップしたかのような

もう、ここから抜け出せないような気持ちになり焦った。

 

メクネスには少しだけ宿泊し

すぐに青い町シャウエンを目指すこととなる。

 

 

関連記事>「ダマリさん絶対好きよ!」と言われて行ってみたモロッコの青い町シャウエン


今日の一枚「LONDON」

 

なんだか分からないけども

ダマリは、U.K.が好きだ。

世界観?文化?ん〜〜〜そういうことはどうでもいい。

 

一つ一つのシーンにドキドキワクワクする。

灰色の空は特に好き。

 

田舎も都会も、ずっと歩いていられる。

 

この写真は、ロンドンの地下鉄入り口。

地下鉄はわかりやすいから、どこでも行ける。

 

大英博物館やテムズ川沿いは大好き。

ガード下にある市場を巡るのも楽しいし、

ハイドパークやリージェントパークなど

公園をぶらつくだけでも楽しい。

 

ロンドンに行ってから、ダマリは「冷たい空気」が好きになった。

露店でカプチーノを買って、飲みながら、ただただ歩く。

歩くだけで、次々とシーンが変わるロンドン。

次は、いつ行こうかな。


今日の一枚「Vivid India」

 

インド・バラナシの朝。

昼間は、様々な商店が並ぶ通りだが

朝はシャッターが閉まっていて、このような野菜売りが沢山並んでいた。

 

見るからに新鮮な野菜。

インドのお母さん達は、この野菜でどんな料理を作るのだろう。

想像するだけで、ワクワクした。

 

台所が使えるゲストハウスに、1カ月程滞在するなら

絶対買っているのにな。

 

人も野菜もエネルギー溢れるビビッド色。

見とれてしまう。

Vivid India


| 1/8PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ