【ダマリと街歩き】ベトナム・ハノイの旧市街

Xin chào!(シンチャオ)!

 

ホーチミンが東京なら、ハノイは京都。
そんな印象を受けたベトナムの首都ハノイ。

ハノイ市街地の中心に、ホアンキエム湖という大きい湖があるため
地理的に分かりやすく、観光しやすい。
ホアンキエム湖の北部に広がるエリアが今回ご紹介する「旧市街」。

さ、一緒に散歩しよ!

 

 

どの国へ行ってもそうだが、
「旧市街」という言葉にワクワクしてくる。
そこに本来の文化が残っているのが分かるから。

 

ハノイが首都になる前は、タンロンという名前で
その時代、旧市街は一大商業エリアだった。
ベトナム管轄の指定遺産に登録され
古き良き街並みがそのまま残されている。

 

街歩きの前に、腹ごしらえ。

日本でも良く知られるようになった「フォー」。

フォーは、ハノイが発祥の地。

 

 

フォーだけでも、これだけの種類がある。具材の違い。

 

Phở bò … 牛肉のフォー 

Phở gà … 鶏肉のフォー
Phở tái(フォータイ) … 生肉入り

Phở đúi gà(フォードゥイガー) … 鶏もも肉のフォー
Phở chín(フォーチン) … 火の通った肉のフォー
Phở tái chín(フォータイチン) … 生肉と火の通った肉の両方が載ったフォー
Phở nạm(フォーナム) … 肩バラ肉のフォー
Phở gân(フォーガン) … 牛筋肉のフォー
Phở bò viên(フォーボービエン) … 牛肉団子のフォー
Phở đặc biệt(フォーダックビエット) … 特製フォー(ミックス)

 

 

沢山の食材が道路沿いに並ぶ。

 

 

鶏さん、命をありがとう。いただきます。

 

 

実は、フォーだけではなくて

様々な麺の種類がある。

 

バインカン(Banh Chan) … ブリブリとした歯ごたえのタピオカ麺
ヌイ(Nui) … お米が原料ライスマカロニ。見た目はマカロニそのもの
ブン(Bun) … 丸いうどんのような形状
フーティウ(Hu Tieu) … フォーよりも細く、コシのある米粉麺
ミー(Mi) … 中華麺。インスタント乾麺の場合もあり
ミェン(Mien) … つるつるとした食感の春雨麺

 

 

ベトナムの人たちは、家で食事をとらず

屋台で食べるのが主流なんだそう。

出勤前に朝ごはんを食べにきているおじさん達。

 

いとうあさこ似のお姉さんが開いている屋台で

フォー・ガー(鶏肉)を食べることに。

 

 

やさしい鶏のダシ。そこへ、自分好みに調味料で味付け。

あ〜うまい。

 

さ、腹ごしらえしたところで旧市街を歩こう!

 

旧市街は、ツーリストの呼称で「ハノイ36通り」と呼ばれている。
36の組合のよって作られた街。
組合は、金物屋・ブリキ屋・お菓子屋・墓石屋などなど。
旧市街の通り名は、「銀製品通り」「おもちゃ通り」と
品物の名前が付いているので分かりやすい。

 

台所用品通り

 

墓石通り

 

仏像・ハンコ屋通り

 

 

お正月飾りも沢山!

 

 

 

お菓子屋通り

 

 

お寺!?のようなところ。

ザボンが鈴なり!

 

 

金柑も鈴なり!!!

 

 

お供え物としてザボンが。

ベトナムではよく見る光景。黄色と赤が幸運の色。

 

 

飲食店の前を通ると、歩道に食材を置いて

下ごしらえをしている風景をよく見る。

 

 

18世紀のタンロン城には16の門があった。

唯一残っているのは、この東河門。

沢山の歴史を見てきたんだね。

 

 

旧市街では、よくガジュマルをみかけた。

 

 

ガジュマルって、みているだけでホッとする。

 

 

こうして、フルーツを売っている姿を良く見た。

ベトナムはフルーツが豊富!

沢山食べることができた。

ベトナムでは塩を付けて食べる(^^)

 

 

カフェも沢山あるから、コーヒーを飲みたいときは

いつでも休憩できる。

 

 

ベトナムコーヒーcà phê sữa(カフェ・スア)。

カップにはあらかじめ、コンデンスミルクが入っていて

上のフィルターに挽いたコーヒー豆とお湯が入っている。

 

 

ハノイ滞在中に、朝通っていたカフェ。

店内に座った風景。開放的でいい。

 

 

ベトナム滞在中にお世話になったVinMart!

日用品から食材までなんでも売っている。

 

 

夕食時。OLさん達が鍋を囲んで楽しそうに食事していた。

こうして、外で普通に食べるのが日常!

歩道が歩道の機能を果たしてないのだけど

そこがいい。

 

旧市街だけでも1日楽しめる。

バイクには十分お気をつけて!

 

<ベトナム旅行記>

サイゴン中央郵便局から父へハガキを送る


サイゴン中央郵便局から父へハガキを送る

 

ベトナム、ホーチミン。

フランス領土だった名残があちらこちらに建物で見ることができる。

この「サイゴン中央郵便局」も、その一つ。観光名所として有名な場所。

 

 

コロニアルスタイルの鉄骨設計は、エッフェル塔で有名な建築士ギュスターヴ・エッフェル。

パリの当時駅舎だった、現・オルセー美術館がモデル。

入ってすぐに目に飛び込むのは、奥に飾られているホーチミン様の肖像画。


 

ここの郵便局の良いところは、郵便局としての機能だけでなく、お土産屋としても楽しむことができる。

多くの観光客は、お土産や切り絵のメッセージカードやハガキなどを選び

手紙コーナーで手紙を書き、そのまま郵送できる。

 

 

 

ダマリは、「ここの郵便局から父へハガキを送る!」と来る前から決めていた。

夫にも自分のお母さんへハガキを送ることを勧め、しばし親へ想いを馳せ、心静かに手紙をしたためることに時間をかけた。

ちょうど12monthsの息子も涼しく心地よかったのか、ベビーカーで寝てくれた。(日中気温32℃)

 

 

ハガキを出したのは、2019年12月27日。

 

「ハガキが届きました!消印がサイゴンでした。ハガキからベトナムの匂いがしています」

と嬉しそうなメッセージが父から届いたのは、2020年1月8日。

 

 

異国からハガキを書くことは、本当にロマンがあると思う。

 


サバイバル細胞が目覚めるベトナム旅

 

2020年一発目のブログ。

みなさん、あけましておめでとうございます!

今年もデザイン屋Damalish.comをよろしくお願いいたします。

 

2019年12/26-2020年1/4まで

ベトナムのホーチミンとハノイへ行ってきた。

 

今までは、ひとり旅か夫との2人旅で自由気ままにやっていたが

今回は12monthsの息子を連れての旅となったので

かなり神経をすり減らしながらの旅で楽しかったけどヘトヘトだった。

 

しかしながら、やはりアジアの旅というのは

空港に降り立った瞬間から、サバイバル細胞が目覚めて

「生きろ!」と神経細胞全てに指令が行き渡る。

 

この感じが堪らない。

 

ベトナムはバイクが凄いとは聞いていたが、ものすごい量だった。

しかしスピードは40km強までしか出してはいけないらしいので

不思議と事故はないし、ひょいひょい避けて走っている。

 

とにかくクラクションはなりっぱなしなので

街はバイク音とクラクション音で騒々しい。

 

よーーーくバイクをみていると

子どもはもちろんのこと、赤ちゃんも乗っているし

大人3人は交通違反らしいが、それ以外は大抵大丈夫らしい。

 

ベトナムの人は、バイクで色々なものを運ぶ。

生きている牛や豚、鶏。お米を何俵も積み上げていたり

でっかい壺を運んだり。

 

朝早くからブオンブオン街が動き始めるわけだが

みんなが懸命に生きていて、未来に希望を持っているように見える。

ベトナムは発展途上国、経済の転換期。現在進行形の国だ。

 

ぼ〜〜〜〜っといきてんじゃねぇよ!

という言葉が当てはまる人は見受けられない。

みんなギラギラしていて、かっこよくみえる。

 

たくましく生きていて、アバウトで、

細かいことは気にしない、気にしない!

そうだよね、それでいいよね。

 

そんなことを感じながら10日間ベトナムで過ごし

日本へ帰国すると、なんて静かな国だろうか。。。

クラクションなんて聞こえない、インフラが整った日本。

 

ちょっと寂しい。もっと元気があってもいいのでは?

でも、これが日本。しょうがないね。

さ、今年もバリバリ働いて海外旅行いくぞぉ〜〜〜〜!!!!


| 1/1PAGES |

ホームページ

プロフィール

ダマリ
ブランディングデザイン
ダマリデザイン室
代表 クリエイティブディレクター
趣味:乗馬 旅歴:22ヵ国
夫・息子1歳・黒猫と
鹿児島県霧島市在住
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ