サルヴァドール・ダリのお墓は、どこにある?

今日は、スペインの奇才画家サルヴァドール・ダリの誕生日。

私は、中学の頃から彼のファン。

エンターティナーであるダリを、いつもカッコイイと思ってきた。

 

デザイン学校の時に、ダリ生誕100周年という美術雑誌特集を買い、

その時に「ダリ三大聖地」というものを知る。

絶対行くぞ。と心に決め、33歳にようやく願いを果たした。

 

そんなサルヴァドール・ダリは、生きていれば今年で114歳。

いつまでたっても永遠に輝き続ける画家である。

色褪せない彼の作品は、時代を経るごとに輝きを増す。

 

ダリは、私は中学の時に亡くなった。

ダリのお墓はどこにあるのか?

 

ダリは、愛する妻ガラが亡くなった時に

ガラの隣に自分の墓を作った。

 

 

ダリがガラのために購入したプボル城にお墓はある。

右側の花がある場所に、妻のガラは眠っている。

そして左がダリ用の墓だが、彼はここには眠っていない。

 

 

ここは、スペイン・フィゲラスにあるダリ劇場美術館。

ダリが生前から全てを取り仕切って建設した美術館だ。

彼は、ここに自分の眠る場所を用意した。

 

多くの人は、美術館内にあるダリが眠る場所を知らない。

ダリが好きな人は、知っている。

もちろん、私も知っていた。

 

 

美術館の大ホール。

360度ダリの世界観に、みんな釘付けである。

 

 

お客さんたちは、足元にダリが眠っているなんて気づかない。

ダリらしい発想だと思う。

 

 

そう。この何も掘られていない石板の下に

ダリは眠っている。

 

 

私にとって、ダリ劇場美術館は告別式。石板の前にたち、石に触れ、ダリに挨拶をする。

「やっと来ることができました。ここまで守っていただき、ありがとうございます」

石板は、温かく感じた。

 

 

ダリ生涯最後の作品「ツバメの尾」

ほとんど、筆が握れない状態で描いた作品。

この作品の前に佇み、いつまた来られるかわからない思いを胸に

ダリ劇場美術館をあとにした。

 

もし、行く機会があれば、ダリのお墓の場所を知っておいて損はないと思う。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


アントニ・ガウディが手掛けた邸宅

福岡県北九州市の小倉の街を歩いていると、壁全体が手作り感満載のビルに遭遇し

バルセロナのガウディ作品を彷彿させた。

ガウディの手掛けた建築物は、今日もバルセロナで観光客の目を楽しませていることだろう。

 

今日は、サグラダファミリアや、グエル公園の設計・建築家で有名な

アントニ・ガウディが手掛けた邸宅を簡単にご紹介。

(サグラダファミリア、グエル公園は写真の量が多すぎてここでは割愛)

 

 

#01. カサ・ミラ(Casa Milà)

 

 

バルセロナのグラシア通りに突如現れるカサ・ミラ。ガウディが54歳の時に設計。
直線部分を全く持たない建造物となっていて、波を彷彿させる曲線は地中海をイメージして設計された。
建設当時のバルセロナ市民からは不評で「石切場(ラ・ペドレラ)」と呼ばれていたらしい。

 

 

 

海藻の鉄でできたベランダの柵。こんな鉄の柵がベランダにあったら、実際は痛そうねww
実業家ペレ・ミラの邸宅として建設された。

住んでみたいわ(^^)

 

 

 

#02. カサ・バトリョ(Casa Casa Batlló)

 

 

大繊維業者ジュゼップ・バッリョ・イ・カザノバスの依頼を受け、ガウディはこの邸宅の改築を行った。
この改築で5階と地下室を加え、玄関広間を広げ、階段や内壁を作り直し、
各部屋に曲線的なデザインを持ち込んで、タイルやステンドグラスの装飾を施したそうだ。

 

 

 

外観の大きな窓があくびをしているように見えることから「あくびの家」、
バルコニーの柱が骨のように見えると「骨の家」と別名で呼ばれている。

それにしても、タイルがかわいい(^^)

 

 

 

#03. グエル邸(Pavellons Güell)

 

 

エウセビ・グエル氏から依頼を受けてガウディが設計を手掛けた豪華な邸宅。
庶民が集う露店が並ぶランブラス通りにある。

グエル邸の向かいにあったコリアンショップでインスタントラーメンを購入したっけなww

 

 


狭い通りにあったため、引いて写真を撮影できず。正面ファザードは二つの大きな放物線アーチ。
当時バルセロナでは例のなかった鍛鉄製の格子扉。
扉上方の家主グエルのイニシャル、そして中央の鷹の装飾が圧巻。

 

 

 

また、気が向いたら、サグラダファミリアの写真を一気に掲載するっぺよ。

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【SPAIN】地球めし/パン・コン・トマテ Pan con Tomate

私の大好きなスペイン料理。(料理というほどでもないけど)

めっちゃ簡単で美味しい!すぐに実践できる

ズボラ女子に優しいレシピ、パン・コン・トマテ!

 

スペインでは、このパン・コン・トマテをスナックにしたものも

販売されている、メジャーな食べ物!

 

スペイン語でconは、英語で言うwithみたいな。

『トマト付きパン』という意味になる。

 

ちなみに、余談だが、炭酸水を買うときは、Agua『con gas』を。

炭酸が入っていない水はAgua『sin gas』を(^^)

conは、よくメニューなどに出てくる単語だから、これだけ覚えておいても

『なにが付く』というのが分かって面白い。

 

 

超シンプルすぎて、地味な写真で申し訳ない………。

 

■材料

・バゲット
・塩
・オリーブオイル
・熟したトマト…半分にきっておく
・にんにく1かけ…半分にきっておく

 

■作り方

step1

バゲットを食べやすい大きさに切って、こんがりトースト♪

 

step2

トーストしたバゲットに、

半分に切ったにんにくをまんべんんなく擦り込む。

 

 

step3

にんにくを擦り込んだら、

半分に切ったトマトをまんべんんなく擦り込む。

(トマトが潰れてぐちゃぐちゃになっても良い!それがうまい!)

 

step4

その上に、オリーブオイルをお好みで流しかけ

塩をおこのみでパラリンコ!

 

step5

完成!簡単なのに、美味しい朝ごはんのできあがり!

 

余力がある方は、前もってトマトをブレンダーでディップ状にして

器にもっておくこともアリ。

 

生ハムや、アンチョビを加えたら

立派なオードブルに!ワインが進んじゃうよこりゃ。

 

 

スペイン・テネリフェ島でホームステイさせていただいたジョエル夫妻(^^)/

たくさんのスペイン料理を教えてもらいました!Gracias!

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【SPAIN】地球めし/チョコラテ・コン・チュロスChocolate con churros

 

スペインのマドリッドを散策すると、チュロスの看板をよく見かける。

揚げたてのチュロスとチョコラテの甘い香りが通り中に漂っていて、

スペインでは、休日の朝にこれを食べることが多いようだ。

 

私も友人に、チュロス専門店に連れて行ってもらった。

カリカリのチュロスを、とろっとろのチョコラテに浸して食べる。

う〜〜〜ん、muy rico!これを日曜の朝に食べれたら幸せ〜!

 

人生初のチュロスは、ディズニーランドで食べた砂糖がかかったものだったけど、

スペインのチュロスは甘くなく、中国の油条に近い感じ。

甘くないから、チョコラテにたっぷり浸して食べるとちょうどいい甘さになる。

 

Spain

 チョコラテ・コン・チュロス Chocolate con churros

 

■材料(チュロス)

・薄力粉…120g
・塩…小さじ1/3
・バター…15g
※バターを入れたほうが風味がよくカリッと出来上がります。
・水…200ml
・揚げ油(オリーブオイル)…適量
・絞り袋(星型口金)

 

■作り方(チュロス)

step 1

薄力粉はふるいにかけておく。鍋に水と塩、バターを入れ、沸騰させる。


step 2

鍋を火からおろし、薄力粉を一気にいれて、手早くまぜる。


step 3
柔らかなお餅のようになるので、人肌程度に冷めたら

星形口金(必ず星形)のしぼり袋に入れて好みの長さに絞り出し、指でつまんで切って、揚げ油に入れる。
丸形口金だと破裂する場合があり危険!揚げるときは生地同士をくっつけないよう要注意!


step 4
中火できつね色に揚げ、できあがり♪
そのままで食べる場合は、グラニュー糖をかけてね!

 

 

■材料(チョコラテ)

・シーハーチョコ…だいたい40gで1人分(板チョコなら細かく刻んでおく)
・牛乳…適量
・水…適量

 

■作り方(チョコラテ)

step 1

鍋に牛乳とチョコレートを入れて加熱。沸騰させないように気をつける。
このとき牛乳を入れすぎてチョコラテがサラサラにならないように、

あくまでドロドロになるようにする。


step 2

チョコが完全に溶けて、液がトロトロとドロドロの中間になったらできあがり♪

コーヒーカップに出来上がったチョコラテを入れ、チュロスをチョコラテに浸しながら食べれば、
もうこれで完璧なスペインの休日の朝ごはんを満喫できちゃう♪
 

注)チュロスは時間が経つと油っぽくなってしまうので、食べるときには
オーブントースターにアルミホイルとキッチンペーパーを敷いて、またカリカリに焼くとok!
キッチンペーパーを焦がさないように注意してね。

 

 

 

これが、台湾の朝になると、チュロスが油条で、

チョコラテが、ピーナツミルクになる。

世界って面白い。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン

独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。

印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?

この写真をうまく切り抜きたいの………。

チラシや名刺を自分で作りたい! などなど

●レッスン…(1時間)5000円

※オンラインも可能です。※プロの方はご遠慮ください。

 

セルフマガジンプロデュース"POWER for Restart"

個人版会社案内セルフマガジンをプロの編集者とデザイナーでプロデュースします。

自分をブランド化し、正々堂々と自分を売り込むマガジンを作りませんか?

●A5版p8 …135,000円〜

※お申込み、お問い合わせはコチラから。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【奇才ダリ・スペイン三大聖地の旅/その1 】プボル城

サルヴァドール・ダリ。スペインの画家。

美術の教科書に必ず載っている、グニャリと曲がった時計。

誰でも一度は見たことがあると思う。

そして身近なもので言えば、チュッパチャプスのロゴをデザインしたのもダリ。

彼は、商業デザイナーでもあった。

 

私はダリに魅了されたうちの一人。

 

ダリ好きなら、誰もが憧れるダリ三大聖地がある。

その聖地を駆け足で紹介することにするが

長くなるので、シリーズ第三弾でご紹介。

 

 

 

ダリ三大聖地その1

 

ガラ ダリ城美術館(プボル城) Casa-Museu Castell Gala Dali

 

 

スペインのジローナから、バスで40分。

ラ・ぺラという超ど田舎にプボル城はある。

 

プボル城とは、ダリが愛妻ガラに贈ったお城のこと。

 

田舎すぎて、おまけに地図もなく(←無謀)、

フレサ駅の駅員さんに聞いても知らなくて、結局タクシーを捕まえてレッツゴ〜!

(田舎すぎて、タクシーもいなくて、キオスクみたいな店のお姉さんが電話で呼んでくれたww)

 

 

 

ジャジャ〜〜〜ン!プボル城に無事到着。

お城というより、素敵なヨーロッパの自宅。という感じ。

 

 

あ!!!!ダリが出迎えてくれてるぞ!

Hola DALI! Como esta?

 

ガラが生涯「隠れ家」として使い、ダリはガラの「招待状」がなければ入れなかったお城。

ガラはこの城で、若い芸術家たちと暮らしていたそうで、

長年の芸術のミューズであるガラからの疎遠はダリを不安にさせ、うつ病となる。

 

 

私は、ガラの気配を感じていた。

ダリの作品に登場するガラの服やリボン、風景そのものがあり、

私は絵画の中に入り込んだ気持ちになっていた。

 

 

 

ダリより10歳年上のガラが亡くなった後、

ダリは創作意欲をなくし、このお城に引きこもることに。

 

 

ダリ最後の作品「スワロー・テイル」もここで描いた。

作品は、フィゲラスのダリ美術館に展示されている。

 

 

ガラが来ていた服も展示されている。ダリがデザインした服もある。

 

 

 

ダリが愛用していたキャデラック。

 

 

 

このお城の地下にはガラとダリのお墓がある。2つの棺が並んでいるが

ダリは、ここには眠らなかった。

 

 

 

私がこの場所で気に入ったのは、庭。

植物が生い茂り、ダリのオブジェもあって、とても気持ちが良かった。

 

 

行きの道は、分からずタクシーを利用したが

帰りは来た方向へひたすら引き返すのみ。

本当に何にもない田舎道を、ひたすら(多分3kmくらい)駅に向かって歩いた。

 

でも、この何もないのが贅沢な時間。

じっくり、ゆっくり、プボル城の余韻を歩きながら楽しむことができた。

ありがとう、ダリ。

 

次回は、ダリ三大聖地その2/ダリ美術館  Teatre-Museu Daliをご紹介。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ