今日の一枚「ある日の日本人宿」

 

メキシコの首都メキシコシティ。

ダマリは、2箇所の日本人宿を利用した。

 

1箇所目は、交通の便が良いところにあったが

共同スペースに旅人が集まると、夜中までうるさかったため、

2箇所目にうつった。

 

はじめから、この2箇所目にくれば良かった。

ネットの情報だと、「汚い・古い」などと書かれていたが

実際そんなことはなくて、とても落ち着く宿だった。

 

窓を開けると、中庭の壁に描かれた絵が美しくて

この部屋が好きだった。

 

今日も、旅人を癒していることだろう。


今日の一枚「死者の日」

 

メキシコには「死者の日」という、日本でいうなればお盆のような日がある。

メキシコのお土産店に入ると、必ずと言って良いほど

カラフルな骸骨があったので、これはなんだ?と思った。

 

「死者の日」は、毎年10/31〜11/2の間に様々なセレモニーが行われている。

この期間に死者の魂が帰ってくるため、

家族や友人が集まり、亡くなった友人や家族に祈りをささげる。

 

意味合い的には、日本のお盆と似ているが全く雰囲気が違う!!

とにかく色がカラフルで、骸骨モチーフのものを飾り立て

とても陽気で、お茶目な骸骨が愛らしく思える。

 

メキシコに行った際は、愛らしい骸骨をお土産にどうぞ(^^)


考え方を変えるだけでハッピーになれる

7/30に、スウェーデンの都市ウプサラ中央駅が大雨で浸水。

しかし、市民は水着を着て楽しんでいる様子が画像でupされていた!

 

 

なんだこのポジティブ精神は!この記事を読んで

ある旅のエピソードを思い出したので書くことにする。

 

メキシコ南東部に位置する都市カンクン。

カリブ海に面していて、かなりのリゾート地。

ここを拠点にして、周辺にある遺跡を巡る旅人が多い。

 

海があるせいか、カンクンでは毎日のように

スコールのような雨が振り、道路がすぐに浸水するため

外に出るときは、ビーサンが必須だった。

 

そんな土地柄を知らないまま

私は、カンクンからバスで約2時間半の場所にある

マヤ文明遺跡チチェン・イッツァへ行った時のこと。

 

ククルカンの神殿…ククルカンとは、羽のある蛇マヤ最高神。

 

「今日は曇り空で、遺跡巡りには最高だぞ〜!」と

テンション高めで隅から隅まで広い園内を散策。

気分は、もうミステリーハンター!

 

セノーテ…ユカタン半島にはセノーテがいくつも存在する。儀式に使われ女性を放り込んでいたとか。

 

 

チチェン・イッツアは、私の中で「大きな公園」のような感覚で

のんびり散歩してまわれる感じだった。

 

 

のんびりした光景に癒されながらも、

そろそろ帰らなくちゃなぁ。とバスを待っている間に

すさまじいスコールがチチェンイッツアを襲った!!!!

 

あまりにも激しすぎて、カメラのシャッターも押せず記録が残せていないのが残念だが、

世界中から集まった旅行者で、ごったがえすエントランスが

水浸し!!!避難できる場所もあまりない!!!!

 

私は「もう!最悪〜〜〜〜〜!!!」と嘆きまくって泣きそうになっていたら。

目の前の欧米人たちが、急に「ひゃっほ〜〜〜〜〜う!!」とはしゃぎ出した。

水着なのか下着なのか、わからないがTシャツやタンクトップを脱ぎ捨てて、大雨を楽しみ始めたのだ。

 

それを目の当たりにした私は

なんて、開放的な魂で、人間らしいのだろう。と

とっても羨ましく思った。

 

こういう感覚は、考えてできるものではなく、

とっさに体が反応してしまうもの。

真面目で控えめな日本人には、到底真似できない表現力だ。

 

考え方を変えるだけでハッピーになれる。

つくづくそう思う。

 


スパイシーモスを食べながらメキシコの味を思い出す

今日のランチは、モス。スパイシーモスチーズを注文した。

ハラペーニョが青臭くてピリッとしてうまい。

この味は、中南米・南米にかけてよく食べた味に似ている。

 

メキシカンフードで有名なのは「タコス」だが

意外や意外、メキシコであまりお目にかからず

ふと歩いていた露天でやっと出会えたため、すかさず食べることに。

 

具材が色々あるので、指をさしてオーダー。

 

 

タコスは、トウモロコシの粉で作ったトルティーヤに、

様々な具材を挟んで食べる軽食。そこに、緑のサルサや、赤のサルサをお好みでかけて食べる。

 

 

牛肉と、コリアンダーと玉ねぎの刻んだもの。備え付けに、ミニ玉ねぎの丸ごと素揚げが(^^)

トルティーヤでクルクル巻いたブリトーは、メキシコに入国して初めて食べた。

ブリトーって結構ボリュームもあるし、大きいけど、タコスは小さいからちょうどいい。

 

 

これは、タコス・ドラードス。普通のタコスだと思って注文したら、これがでてきてビックリ。

タコスをロール状にして揚げたもの。サワークリームソースとアボカドがのっかって綺麗!

これは、おしゃれなタコスだったなぁ。後ろにうつっているのが緑のサルサ。ハラペーニョ味で美味い。

 

 

この写真は、メキシコシティの地下鉄にあるパン屋さん。

ご覧の通りたくさんのパンが並び、好きなものを選ぶとトーストしてくれる。

そして備え付けの、サルサや刻みコリアンダー、トマト、玉ねぎを好きなだけ乗せることができる。

味的には、スパイシーモスww

 

意外だったのは、メキシコにはパン屋さんが多くて

それも、とっても美味しい!メキシコを離れるときに、自分用に買った程。

カフェ・コン・レーチェ(カフェオレ)とメキシカンパンで、毎日美味しい思いをしていた。

 

スパイシーモスチーズで、メキシコに思いを馳せることができたいい日だった。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【MEXICO】孔雀に魅せられてinドローレス・オルメド美術館

 

メキシコの首都メキシコシティにある「ドローレス・オルメド美術館」

私は、メキシコの情報をほとんど持たずに入国したため、

とにかくメキシコシティでは「フリーダ・カーロ美術館」に行けばそれで良いと思っていた。

 

が、日本人のドミ友が「とってもよかった!是非行って欲しい!」と

メモに行き方を書いてくれ、さっそく私は向かうことにした。

 

メキシコシティの電車はとても安く、1区間30yenほど。

とっても分かりやすくて、どこでも行ける。

この日は、快晴で最適な気温。最高に気持ちが良い日だった。

 

「ドローレス・オルメド美術館」は、

ディエゴ・リベラとフリーダ・カーロの作品が集まる美術館として知られている。

美術館の名前になっているドローレス・オルメドは、メキシコで成功した女性実業家だ。

 

 

作品もさることながら、美術館を囲む広大な庭園があり、

この庭園に、大きな孔雀が何羽も放し飼いにされていた。

光に照らされた孔雀の美しいことったら……。ブーゲンビリアと孔雀。あなた、綺麗ね✨

 

 

メキシコ固有の犬、アステカ犬という珍しい犬も見ることができる。

毛がないから、ブロンズ像みたいで………。

動いてないワンコは、「ん?リアル?」と疑うほどだった。ww

 

 

↑これは、ブロンズ像ww

 

 

素敵なカフェもあって、1日中ゆっくりできる場所だった。

絵画も素晴らしかったけど、私の中に一番印象に残っているのは

やっぱり、放し飼いの孔雀!

 

メキシコで孔雀に魅せられ、孔雀の羽のピアスを買ったり。

私の知っている孔雀は、保育園でも小学校でも

網できた小屋の中にいて、狭そうで、なんだか怖いイメージしかなかったけど。

 

 

ジャカランダと孔雀。

 

 

なんでこんなに色鮮やかなのだろう。

この時ばかりは、楽園にいるようだった。

素敵な美術館。とってもおすすめ!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

仕事につながる名刺づくりアドバイス

あなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?

ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!

●アドバイス…(1時間)1人3000円

※オンラインも可能です。1名様〜

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

ダマリ
Consulting&Branding Design
Damalish.com
代表 Creative Director
趣味:乗馬 旅歴:22ヵ国
夫・息子1歳・黒猫と
鹿児島県霧島市在住
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ