キリストが見守る街

誰もが一度は映像や写真でみたことがあるであろう

リオ・デ・ジャネイロのキリスト像。

ここは「コルコバードの丘」と呼ばれている。

 

ポルトガル植民地からブラジル独立100周年を記念して創られた。

コルコバードの丘の標高は710m。

なぜそんな高い場所にわざわざ建てたのだろうか?

 

 

標高710mだが、ミニバスが丘の中腹まで出ていて

ヒーヒー息を切らして登る場所ではない。

エスカレーターもあり、さすが世界の観光地。

お!キリスト像の背中が近くなってきた!!!

 

 

「よくきたね〜、ダマリ!待ってたよ!」

キリスト像は、両手を広げ世界中の人々を出迎えてくれているかのようだった。

 

 

「ほら、ごらんなさい、ここから観るリオの眺めを。」

 

 

おぉ!リオの街が一望。でも、もやってんなぁ〜。残念。

見えている海岸は、ボタフォゴ海岸。

ダマリが泊まっているゲストハウスはこの辺り。

 

ニョキッと盛り上がった山は「ポン・ヂ・アスーカル(Pão de Açucar)」

ポン(パン)ヂ(の)アスーカル(砂糖)、砂糖パンという観光地でロープウェイがある。

ポン・ヂ・アスーカルの向こう側に、有名なコパカバーナとイパネマ海岸がある。

 

 

キリスト像は、高さ39.6m(内台座の高さが9.5m)。

写真では小さく見えるが、結構な迫力だった。

 

リオ・デ・ジャネイロ (Rio de Janeiro)という地名は

直訳ではRio(川)de(の)Janeiro(1月)で1月の川だが

「キリストの神様が見守る街」という意味もあるようで

キリスト教徒の多いブラジル人の信仰の深さを象徴する像となっている。

 

ダマリが行った時間帯は、午後16:00前だったため

キリスト像の正面が影になってしまっていた。

なので、いくなら午前中がオススメ!

 

 

キリスト像の裏手には、お土産やさんやカフェがあり、賑わっていた。

 

 

Tシャツくらい、買っておけば良かったな。

 

 

コルコバードの丘へのアクセスは「登山電車」が人気だったが

ダマリは、迷わずストレートに行けて効率よくアクセスしたかったため

それを利用せずコレクティーボ(乗合ミニバス)を利用した。

 

徒歩で行こうと思う方もいるかもしれないが、

ファベーラ(スラム街)を通らねばならないため、大変危険。

 

 

ちなみに、ゲストハウスからのコルコバードの丘。

どこからでもキリスト像を観られるのは、やはり安心感がある。

ブラジルの信者達が、高い場所に像を建てた気持ちがよく分かる。

 

 

ダマリブラジルの旅は

リオ・デ・ジャネイロ→サンパウロ→ブラジリアと

ここから続く。


ブラジルでW杯を観戦するの巻

 

FIFA W杯ロシア開幕!

普段は、サッカーに興味ないけど

ワールドカップだけは、やっぱり観てしまう。

 

 

8年前のW杯。

私は、サッカー大国である南米を移動中で

日本VSブラジル戦の時に、ちょうどリオ・デ・ジャネイロにいた。

 

 

アルゼンチンからブラジルへ入国する際

「HONDA!HONDA!」と声をかけられ

私は本田選手をその時知らなかったため、なんのことだか分からなかった。

 

ブラジルは、母国のサッカー試合が始まる日、街中が静かになる。

みんな試合を観るために、室内に閉じこもるからだ。

こういう時は、外に出ると犯罪に会う確率が上がる。

 

閑散とした街。お店はシャッターまで閉めている!

 

 

 

日本VSブラジル戦の時、リオのゲストハウスにいたが

共有スペースであるカフェに皆んな集まり

熱気にあふれていた。

 

ブラジル人と観るサッカー観戦。

それも、戦いの相手同士。

なんだかとても鳥肌が立つ時間となった。

 

ゲストハウスのカフェでビールを飲みながら観戦!

 

その試合は、もちろん(!?)ブラジルが勝利したが

とっても良い試合で、「もしかしたら勝つかも!」という

ブラジル人も冷や汗の試合だった。

 

試合を終えた後、ブラジル人たちが

私に、「日本人はよくやったよ、すごかった」「本田はすごい」と言ってくれ

なんだか嬉しくなったことを覚えている。

 

今年のW杯は、どんな熱い試合を観せてくれるか

楽しみだ。


【ブラジル.サンパウロ編】旅の危険を感じた出来事

 

バックパッカーの旅をしていると、

やはり危険な目にいくつか遭遇するものだ。

今回は、サンパウロでの出来事を書いてみる。

 

サンパウロは、ブラジルはおろか、南米大陸においてのメガシティ。

「人種のるつぼ」と習ったように、色々な人種が混在している。

そして、格差も激しい。

 

サンパウロは、私の両親が出会った街でもあり、

そして今でも、イトコや親戚が住んでいる。

私は、そこを訪ねて1カ月ほど滞在させてもらった。

 

 

イトコのお嫁さん、えみさんと、その子供2人と車に乗り

親戚の家へ向かう時の話。

えみさんは、左ハンドル運転席。私は右。後部座席に、子供たち2人。

 

楽しくドライブをしながら、ペチャクチャおしゃべりをして、

私もえみさんも気が抜けていた。

あんなに、「車の窓は、開けるな」と聞いていたのに…………。

 

 

サンパウロの高層ビルの合間を抜けて、

ある時、閑散とした街で、信号機が赤になり、

車を停めた時だった。

 

私たちの車を見計らったのように

小学高学年くらいの浅黒い男の子が3人ほど、車に駆け寄ってきて

10cmくらい開けていた窓から、長い手を入れてきて

「MANEDA(マネダ)! MANEDA!」と言ってくる。

 

MANEDAとは、Money。お金のこと。お金をくれと請求して来た。

わたしは、「NON(ノン)! NON!」と拒否。

えみさんも、何かポルトガル語で言ってる。

 

すると、少年の目が一瞬私の胸元にある

十字架のペンダントに目が向いたと思った瞬間、

ペンダントをガシッと握り、ブチッ!と引きちぎり、走り去ってしまった。

 

私は、追いかけようとしたが、

えみさんが「ダメだよ!美和ちゃん、あきらめて」と言う。

その子たちが向かった先には、もっと恐ろしい背景があるからだ。

 

十字架のペンダントは、プラチナで、母からプレゼントされたものだった。

あの子たちは、一瞬で、プラチナだと分かったのだろうか?

この一連の流れが、早すぎて、ポカーーーーンとしてしまった。

 

後々聞くと、その場所は、サンパウロでも危ない場所(ファベーラ)で

強盗・恐喝・スリなどが、頻繁に起こっている区域だったようで、

えみさんが、仕切りにあやまっていた。えみさんが悪いのではない。

私が、平和ボケして、窓を開けてせいだ。

 

その夜、母に電話して、プラチナのペンダントを取られたことをあやまった。

すると、母はこう言った。「その子たちが、少しでも潤うと思えば、それで良いよ」

「それだけで済んで良かった。お守りの役目も果たしてくれたね」

 

母が、サンパウロに住んでいた頃は、

流れ弾にあったことがあるという。

幸い、母にはファベーラに友人がいたため、助かったようだ。

 

旅は、楽しい。が、その反面、危険が潜んでいることがある。

自分の身は、自分で守る。

「恐れずに。 しかし、気をつけて」これから旅立つすべての人に。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ハチドリ。神秘的で好き。

 

私が初めてハチドリを見たのは、大英博物館での剥製だった。

小さいハチドリが沢山、額の中に納まっていて

「なんて小さいのだろう!」と感動したことを覚えている。

 

それから、自然のハチドリにお目にかかれたのは

ブラジルの首都ブラジリアの親戚を訪ねた時だった。

 

軍医として働いている親戚のおじさんはお金持ちで

ブラジリアの一等地に広い一軒家を構えている。

アマゾン河で有名なマナウス出身のエキゾチック美人の奥さんがいて、子供はなし。

かわいいワンコ3頭、オウム1羽、カメ2匹が家族。

 

 

広い庭があって、アボカド、マンゴー、ライムなどの木が植わっていた。

なんとズズメのようにインコが来るではないか!!!

 

奥さんがものすごくナチュラルビューティーで

自然と動物をものすごく愛しているのが分かった。

(近くの池に住む鳥達のために、エサ用の幼虫まで育てている!)

 

ガラス張りのテラスが、ゴージャスで

朝日を浴びながら、フレッシュフルーツの朝ごはんを食べた日々が

あぁ、、、、幻のよう。

 

 

朝食を食べ終えると、奥さんが何やら赤い液体をぶらさげ始めた。

何か?とたずねると「蜜」だという。

しばらく待っていると、なんとハチドリが!!!!!

 

 

ハチドリのご飯だったのか!素敵!本物のハチドリだぁ!!!!

庭にハチドリが来るなんて!!アゲハチョウくらいかな?小さいなぁ〜〜〜

 

私はカメラにハチドリの姿を収めたくて、静かに蜜の下で待った。

すぐ目の前に、美しいハチドリが来た感動は今でも忘れない。

とても貴重な体験だった。

 

ブラジルを訪れる数ヶ月前には、ペルーのナスカで有名な地上絵を見た。

その時のハチドリが美しかったこと。

どうして、ナスカ人達は、ハチドリを地上絵に残したのだろう?

 

なんとロマンあふれる神秘的な鳥だろうか。

私はナスカで記念に、ハチドリのピアスを購入した。

今でも大切な宝物。

 

Humming Birdという英名も素敵だわ。

 

魔女パート先に置いてあるハミングバードのエクステリア。

素敵ぃ〜〜〜

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【BRASIL】地球めしvol.4〜カイピリーニャ Caipirinha

 

今回は、ブラジルのメジャーカクテル「カイピリーニャ」をご紹介(^^)

 

Brasil

カイピリーニャ  Caipirinha

 

私は、ブラジルに1カ月滞在していた時期があり

そこでカイピリーニャの虜になりました。

どこにでもあるし、爽やかで美味しいし、

黄色と緑色で、ブラジル国旗のようで、まさに国民カクテル!

 

滞在中に、原因不明の熱が出たとき、おばあちゃんがホットカイピリーニャを作ってくれて

それを飲んだ翌朝には、熱が引いてめっちゃ元気になったエピソードもあります。

 

沢山作って、パーティにももってこいですよ!

 

 

■材料(作りやすい分量)

  • ライム…1個
  • カシャーサ…100ml(カシャーサはブラジルのピンガ、ラム酒ならOK)
  • 砂糖…大さじ2杯(はちみつでもOK)
  • クラッシュドアイス…適宜

 

※カシャーサとはピンガとも呼ばれ、さとうきびのしぼり汁を発酵、蒸溜してつくられます。 「51」でつくるカイピリーニャはとても評判がMuito Bom!!

 

 

■作り方

step 1

ライムの皮をよく洗って、2cm角くらいにぶつ切りにする。

(代用は、レモンよりカボスが良いです!味が近い!)

 

step 2

グラスに(1)のライムと砂糖を入れて、すりこ木でつぶして果汁と砂糖を混ぜ合わす。

(砂糖をきび砂糖にすると、よりカシャーサと相性がいい)

 

step 3

クラッシュドアイスをグラス一杯にいれて、カシャーサを注いで混ぜたら出来上がり♪ (ホットにしたいときは、お湯を注いでね!カシャーサでなくても炭酸水でも美味しいよ*)

 

ちなみにこれは、大分産カボスと奄美大島産黒糖焼酎で作った カイピリーニャ

これは、リオ・デ・ジャネイロのコパカバーナビーチで飲んだ カイピリーニャ

これは、サンパウロのいとこ宅で作ってもらったカイピリーニャ

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)
★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/1PAGES |

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ