NPO法人のセルフマガジンデザイン制作

©produced by "POWER for Restart" sakuragiyoshiko.com × damalish.com

 

 

わかりあえると心強い

HAE(遺伝性血管性浮腫)の

セルフマガジンデザインです。

 

編集者・櫻木よしこさんとの

プロジェクト

セルフマガジンプロデュース

“POWER for Restart”。

 

遺伝性血管性浮腫患者会

NPO法人HAEJ さまより

セルルマガジン制作の

ご依頼をいただきました!

誠にありがとうございます(^^)

 

このNPO法人の
事務局長を務めていた

今村幸恵(さあら)さん。

さあらさんご自身も

この難病を持つ

理学療法士です。

 

このマガジン制作に

携わるまで全く

知識がなかった

HAE(遺伝性血管性浮腫)。

さあらさんとの

出会いをきっかけに

NPO法人HAEJ

(HAE遺伝性血管性浮腫患者会)

があることを知りました。


どのデザインをするにも

同じなんですが

まずは、お客様から

ご依頼をいただいた

サービス・商品の

知識を得るところから

始まります。

 

HAE(遺伝性血管性浮腫)とは

遺伝子変異が原因で

血液中のC1-インヒビター(※1)の

機能低下により

体のいたるところに

腫れやむくみを繰り返す

国の指定難病です。 

※1 … 肝臓で作られるたんぱく質のひとつ。

免疫反応など、体を守るために備わっているいくつかの

メカニズムが過剰に働くことを抑える働きがある。

 

HAEは5万に1人の発症率

と言われる希少・難病のため

診断されるまでに

何年もかかったり

違う病気と診断される人も

少なくないそうです。

 

そこで、この

セルフマガジンを通して

まずは世間にHAEを

認知してもらう。

というのが狙いです。

 

内容が難しいだけに

なるべく分かりやすく

そして手に取りやすい

デザインを心がけました。

 

色合いもなるべく

優しくやわらかい感じに。

かといって、大人しめではなく

楽しいPOPな感じも

取り入れました。

 

このマガジンが広まることで

少しでも多くの方が

HAEだと診断されるよう

願っています。

 

 

NPO法人HAEジャパン
腫れ・痛みチェックシート

(セルフチェックができます)

 


整形外科クリニックのセルフマガジンデザイン制作

 

「自分の身体は自分で治す!」

北九州・小倉にある

ひらの整形外科クリニック×九州統合医療ヘルスセンターの

セルフマガジンデザインです。

 

既存のセルフマガジンをリニューアルしたい!と

九州統合医療ヘルスセンター・代表取締役・平野明子さんこと

のんちゃんからデザイン制作のお依頼をいただきました。

誠にありがとうございます(^^)

 

北九州・小倉にある、ひらの整形外科クリニックでは

普通の整形外科とは異なり、天城流湯治法などを用いて

統合医療に力をいれており、

 

同じ建物内3階には、九州統合医療ヘルスセンターがあり

そこでは、アロマセラピストのんちゃんが

心と体を癒す施術や、多目的ホールでは様々なイベントを開催しています。

 

のんちゃんは、元・美術教員で

自社のパンフレットやチラシなどを

積極的に自分自身で制作・発行されています。

 

もともとあった28ページのパンフレットを

20ページにまとめ、リニューアルデザインさせていただきました。

 

原稿や写真は揃っていたので

ページ数が多くても、制作にそれほど時間がかからず。

 

リニューアルするにあたり、大切にしたことは

「ひらの整形外科クリニック」と「九州統合医療ヘルスセンター」の

区分けです。

 

区分けをするために、ブルーとピンクを基調にして

「ひらの整形外科クリニック」1・2階のページはブルー。

「九州統合医療ヘルスセンター」3階のページはピンク。

 

患者さんにシニア層が多いと聞いたので

文字の大きく、太めで制作。

なるべくシンプルに分かりやすくを心がけました。

 

平野先生は、気さくで爽やかな、楽しいDrです(^^)

 

 

名前を手書きしていただきました。

手書きのものを、取り入れることで固い雰囲気が緩和されます。

ちょっと、「情熱大陸」のオープニングを意識(笑)

 

ひらの整形外科クリニックでは、

自分自身でケアをし、健康を維持する方法を教えてくれ

薬は、なるべく与えないそうです。

 

お困りの方はぜひ、

ひらの整形外科クリニック・九州統合医療ヘルスセンターへ!

 

 

●ひらの整形外科クリニック http://www.hirano-ortho-clinic.com/

●九州統合医療ヘルスセンター http://kyusyutogo.com/free/togo

●イベント情報 https://www.reservestock.jp/page/event_calendar/15214/dummycode

 


あなたの街の保健の先生のセルフマガジンデザイン制作

©produced by "POWER for Restart" sakuragiyoshiko.com × damalish.com

 

生きるチカラを育む、あなたの街の保健の先生

 

宮永直美さんのセルフマガジンです。

 

 

編集者・櫻木よしこさんとのプロジェクト、

セルフマガジンプロデュース“POWER for Restart”

 

フリーランス保健師&看護師として活動されている宮永直美さんの

セルフマガジンのデザイン制作をさせていただきました。

 

A5サイズ、8ページ。

義務教育ではなかなか教えてくれない、体のしくみを

わかりやすく、紐といているマガジンです。

 

マガジン制作のお話をいただいたときに、私は、宮永さんと面識がなく、

どういう人なんだろう?という初歩的なことから分析をはじめました。

今は、いい時代です。お客様と面識がなくても、Facebookである程度人柄がわかります。

 

面識のないお客様からお仕事を頂いたときは、まず、その方がどういう人なのか?

どういうライフスタイルで、どういう仕事をしていて

何が趣味なのか?などなど、分析します。

 

まあ、分析という大げさなものではなくて、

今まで培ってきた自分自身の「感覚」が頼りです。

 

編集者の櫻木さんと、宮永さんと3人でオンラインミーティングをしたり、

実際、制作前に、ランチをする機会をいただいたので、ランチをさせていただいたのですが、

今思えば、そのときは、まだまだ、宮永さんの「キャラクター」を掴めていませんでした。

 

私が、宮永さんの「キャラクター」を掴みだしたのは、メッセージのやりとりからです。

使うワードが独特で面白く、使う絵文字もシュールな感じ。

体は小さくて細いけど、やることはスケールが大きくてダイナミック。

なるほど、こういう人なんだ!とわかり始めました。

 

「セルフマガジン」は、その名の通り、自分自身のマガジン。

その人の人柄が出ていないと、意味がないと思っていつも制作しています。

宮永さんのキャラクターがわかり始めるとどんどんデザインの方向性が掴めてきました。

 

真面目だけど、おちゃめで、ひょうきんな方なので、そこを表現。

ホワイトボードにラフに書いた字を表現したり、

学生が手にとるような、固くないデザイン、色合いを心がけました。

 

宮永さんは、学校をまわり「カラダのしくみ」を教えたり

女性のためのためになる講座やイベントを勢力的に活動されている方です。

今後の活動にも注目大です!

 

 

●宮永直美さんのブログ

〜あなたの街の保健の先生〜生きるチカラを育むブログ


編集者のRestartセルフマガジンデザイン制作

©produced by "POWER for Restart" sakuragiyoshiko.com × damalish.com

 

 

あなたの人生、満足度は何%?

 

編集者・櫻木よしこさんのRestart

 

セルフマガジンデザインです。

 

 

 

編集者・櫻木よしこさんとのプロジェクト、

セルフマガジンプロデュース“POWER for Restart”は、

2016年2月に発足。第一号は、川崎加代子さんでした。

 

あれから、よしこさんと作ってきたセルフマガジンは2017年6月時点で、12冊!

振り返ると、様々な職種の型のセルフマガジンを制作させていただき

本当に、感謝しています。

 

そんな、よしこさん自身のセルフマガジン「Restart」vol.2のデザインさせていただきました。

ありがとうございます(^^)

 

セルフマガジン制作で一番大切なことは、

デザインよりも「構成・編集」。

自分自身でセルフマガジンを作ろうとしている方達は、ここでつまづく。

 

ページ物を作る際は、何を軸として作るのか?

どういう始まりがあって、メインがあって、どう締めるのか。

これが、分からないまま制作すると、ハチャメチャな内容の物になってしまいます。

 

よしこさんは、これまで、様々な雑誌などを手がけているので

その辺はプロ中のプロ。

お客様から、色々なものを引き出し、流れを作ってくれます。

 

なので、よしこさんのセルフマガジン制作にあたり

一番大切にしていたことは、「大人スタイリッシュ」

に、仕上げよう。という事でした。

 

ピリっとした中に、女性らしい甘み・酸味がある。というところかな?

ニューヨークでバリバリ働いていそうなイメージを抱きつつ

制作してみました。

 

マガジンの内容は、「Restart」された方の紹介記事、

そして、そこから見る人生のグラフなどを書き込めるワークのページもあり盛りだくさん!

まだ、お手元にない方は、ぜひお取り寄せしてみてください*

 

自分がやりたいことに本気で取り組みたい方は

ぜひ、よしこさんへご相談ください!

セルフマガジンがあなたの人生を変える!と言っても過言ではないです。

 

だって、ダマリ自身変わったのですから(^^)

 

photography 江藤智徳

 

 

櫻木よしこオフィシャルサイト http://sakuragiyoshiko.com/


DJの女性の味方セルフマガジンデザイン制作

©produced by "POWER for Restart" sakuragiyoshiko.com × damalish.com

 

 

ラジオパーソナリティ・本田和加奈さんの

 

セルフマガジンデザインです。

 

 

編集者・櫻木よしこさんとのプロジェクト、

セルフマガジンプロデュース“POWER for Restart”

 

ラジオパーソナリティ・本田和加奈様の

セルフマガジンのデザイン制作をさせていただきました。

 

A5サイズ、8ページ。「少しの工夫でちょっぴり美しく、健康に、そして楽しく!」

女性を輝かせる知恵が紹介されています。

 

和加奈さんは、ラジオパーソナリティの他に、

美魔女育成&食育コーディネーター、

DV被害者保護サポーターなど、女性をサポートするプロです。

 

とてもエネルギッシュで、元気なビビッドな色がとってもお似合いの女性。

特に「和加奈さんのイメージカラー」として印象に強かったのが、ビビッドピンクです。

 

編集者の櫻木さんと、本制作に入る前に、お互いのイメージを合致させる作業がありますが

そこで、「フレンチ」というワードが出て来ました。

 

「フレンチ」と言っても、とても幅が広いですが

和加奈さんのビビッドピンクを活かすデザインは、

私の中で、映画の「アメリ」のようなイメージでした。

 

表紙もかなり悩みましたが、ビビッドピンクを浮き立たせる茶色を使用。

「なぜ、茶色なんですか?」と問われれば

フランス・パリにある、ショコラ店のイメージ。です。

 

なぜ、フランス・パリなのか。

和加奈さんの拠点は、福岡の中心部です。都会的なイメージがあると同時に

ビビッドピンクをオシャレに、そして、知的に表現したかったから。

 

ニューヨーク、ミラノ、ロンドン………ちょっと和加奈さんのイメージとは違う気が。

やはり、オシャレに都会の街を元気に歩く、フランス・パリが良い。

 

チョコレート色に染まった表紙を手にとって、是非一枚一枚めくって欲しい。

綺麗になる情報が満載です。

 

 

よしこさん、和加奈さん、ダマリ(^^)

 

 

●美魔女育成&食育コーディネーター&DV被害者保護サポーター和加奈のブログ

https://ameblo.jp/veggy-369/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

仕事につながる名刺づくりアドバイス

あなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?

ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!

●アドバイス…(1時間)1人3000円

※オンラインも可能です。1名様〜

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


| 1/2PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2020年8月でデザイン屋Damalish.com5周年。夫32歳、息子1歳、黒猫14歳と暮らす。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ