本場奄美大島紬のリーフレットデザイン制作

 

本場奄美大島紬の品格を残し、

 

ご祝儀袋風に遊び心を出した手に取りやすい

 

クロス折のリーフレットデザインです。

 

 

今回、ポケットに入る程のパンフレットというお客様の要望で、クロス折りのハガキサイズ(A5)を提案させていただきました。

ハガキサイズで、ホテルや観光地のパンフレットブースで目立つようにするために、表紙を、おめでたいご祝儀袋のデザインにしました。裏面は、シンプルに会社の住所やロゴ、そして所在地地図を掲載。

 

ご祝儀袋の表紙を開くと、奄美の青い海が広がる見開きが登場します。白いご祝儀袋から一転して、青い海です。そのページに、大島紬の定義などを掲載。

 

そして、全面を開き、A4一面に大島紬の商品を、メリハリをつけてレイアウトしました。女性雑誌のように、写真と明朝の文字だけで構成。何度でも見ていただけるような綺麗で品のある、ファッション誌のようなデザインを試みました。

特産品は、下に羅列し、オンラインショップのアドレスに誘導します。

 

奄美市の観光案内所(AiAiひろば)に置かれていますので、皆さんみかけたら是非お手にとってみてください(^^)



本場奄美大島 紬のとくやま

http://tsumugi-tokuyama.com

 

【お客様からのコメント】

レスポンスも早くて対応もよかったです。
デザインに関しては、今までに見たことが無いユニークで斬新なもので一目で気に入りました。
この度はありがとうございました。

 

 


コメント
コメントする








   

search this site.

ホームページ

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

プロフィール

グラフィックデザイナー・DAMALI
本名・西溜美和(ニシダマリミワ)。鹿児島県霧島市出身。趣味・乗馬。 専門学校卒業後、東京四谷の広告制作会社にグラフィックデザイナーとして5年間勤務。 大手企業の通販カタログ、商品パッケージ、アパレル広告、折り込みチラシや販促ツール、ブースデザイン等、幅広いデザインに携わる。 その後ローカル新聞社で組版、広告制作に7年間携わり、新聞社の社名変更に伴いCIデザインを手がける。途中、一時退社し、270日間20ヵ国を巡る世界放浪の旅へ出発。 新聞社を退社後、2015年にフリーランスグラフィックデザイナーとして独立起業。地元ブログサイトの取材・撮影・執筆・編集や、新聞社の新聞広告制作等を手がけ、現在に至る。大分県杵築市にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールはコチラ

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

selected entries

categories

archives

recent comment

clients

search this site.

others

mobile

qrcode