ダマリが体験したインド独特の2つの風習

今回、インドを初めて訪れてみて

他の国とは違う文化、というか風習を

2つ知ることができた。

 

 

ダマリが体験したインド独特の2つの風習・その1

 

インドへ向かう国際線の飛行機の中で機内食が出るが

ここから普通の機内食とは違っていた。

 

他の国は、「Beef or Chicken?」などと聞かれるが

インドに限っては「Veg or Non Veg?」と聞かれる。

これは、ベジタリアンか否か。という意味。

 

今回は、飛行機の機内食と

デリーからアーグラーへ向かう列車の車内食サービスで聞かれた。

もちろん答えは「Non Veg」

 

しかしながら、ベジタリアンの内容を見ると

肉・卵を使用していないのは分かるが

がっつり油で揚げたドーナツなどがあるし、なかなかズッシリしている。

 

レストランのメニューも、ベジタリアンのメニューがズラリ。

色々な味のカレーがあり、サラリとしてどれも美味しかった。

特に、ジャガイモのカレーは美味しかったな。

 

ちなみに、左側のマークがついている食品はノン・ベジタリアン

右側は、ベジタリアン。

 

 

 

 

ダマリが体験したインド独特の2つの風習・その2

 

インドのガンジー国際空港に到着した時からそれは始まっていた。

セキュリティ検査の時に、他の国は男女同じ列にならぶが

インドでは、Female女性とmale男性の列に分かれる。

 

これは、空港だけだと思っていたが、

各遺跡やお城に入場する際、セキュリティチェックが行われ

必ず男性、女性の列がある。

 

始めは知らずに、男性の列に並んでいたが

列に並んでいる人が、「女性はあっちだよ」と教えてくれ

その時初めて、インドはこういう風習なんだ。と知った。

 

タージマハルへ行った時、女性と男性の列があったのだが

女性はスイスイ進むのに、男性は5倍ぐらい時間がかかっていて

私が先に入場して、彼は1時間近く後にやっと入場できた。

 

他の観光客をみていると、家族のお父さん待ち。という家族が結構いた。

団体客も男性達がなかなか合流できないため、待ちぼうけ。

やっと家族や仲間の男性が入場できると、拍手喝采!という妙な風景だった。

 

こういう国って他にもあるんだろうか。

なかなか面白い習慣である。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ