ダマリ細胞17%は米米CLUB

 

私は、生粋の米米CLUBのファンである。

今でも、Youtubeで米米の映像を漁り

エンターテイメントの原点を見出す。

 

米米CLUBとの出会い。

それは、私が高校1年の時、席替えで米米ファン"K"の隣になった時。

"K"は、下敷きに米米CLUBの切り抜きを入れていた。

 

光GENJIをずっと追いかけていた私にとって

米米CLUBというのは、大人の世界のような気がしていたし

「バンド」というくくりが、とても「不良」のような気もしていたwww

 

しかしながら、"K"との出会いで私は変わる。

光GENJIがその頃、ちょうど解散したのもあるが

米米CLUBへどっぷりハマってしまった。

 

 

「なぜ、ダマリは米米CLUBにハマったのか?」

 

その1)衣装・舞台・メイクなど、全てカールスモーキー石井が手がけていたため

 

一番興味を持ったのは、米米CLUBの発足メンバー4人が

「文化学院」の同窓で、石井さんは美術科、ほかの3人は建築科だったということ。

私も、その頃、美大などに憧れていたため、なんだか親近感を覚えた。

 

 

その2)カールスモーキー石井の素顔を見た

 

米米CLUBを表面だけ知っているほとんどの人は

石井さんの素顔、ノーメイクを見たことがないだろう。

私は、コンサートのメイキング映像を見るのが好きで、

石井さんが衣装や舞台、コンサートロゴなどをスケッチする姿に興味津々だった。

 

 

その3)エンターテイメントの世界

 

米米CLUBのコンサートは、サーカスのようなミュージカルのような

普通のバンドとは違うエンタータインメント世界観がある。

コンサートは、毎回コンセプトが違い、それぞれに合わせた舞台・衣装など石井さんがデザインする。

 

カールスモーキー石井だけが目立つのではなく、メンバー総勢役23名が

一人一人役割を持っていて、みんなが演じ、奏で、盛り上げる。

立体的な見せ方をするバンド。大迫力!私はこの世界に引き込まれた。

 

 

 

 

ダマリは偽・米米CLUBというバンド(!?)を組んだ

 

米米CLUBが好きすぎて、どうしても真似をしたかった。

高校1年の時に出会った、"K"をはじめ、メンバーを募り

「偽・米米CLUB」という総勢10名のバンドを結成。

夏休み練習に励み、高校3年の文化祭に45分間もコンサートライブを開いた。

 

同じ年に、鹿児島県最大のお祭り「おはら祭り」で開催される

ローカルテレビ主催も「ものまね大賞」というものに応募。

見事オーディションに合格し、トップバッターで出場したww

 

この時は、家族・親戚・友人・知人など、テレビの前に釘付けだったらしい。

このとき、入賞ならず。こりずに翌年も出場w

 

 

米米CLUBがダマリ東京上京に拍車をかけた

 

私は高校を卒業して、米米と同じ東京・御茶ノ水にある「文化学院」に入学したい!

という胸を父に伝えるも、断固反対され。

泣く泣く地元のデザイン専門学校へ入学する。

 

米米CLUBの本や映像は、私のアート生活にものすごく刺激を与えてくれた。

そして「就職は、絶対的に、東京だ!」という強い思いを

後押ししてくれたのは、米米CLUBの存在があったからだ。

 

私が、東京へ就職を目指す頃。米米CLUBは解散。

解散コンサートに、高校時代の米米ファン"K"と行くことに。

東京ドーム2日間のみの公演。私たちは、初日に行った。この時が初・東京!

 

米米コンサートや、文化学院など、東京のエネルギーに私は圧倒され

「ここでなくちゃデザインの仕事はできない!」と

本当に強くそう思った。そこから、東京への就職活動が始まる。

 

 

 

 

その後のダマリと米米CLUB

 

東京に上京する頃、米米を解散した石井さんはソロでライブ活動をしていた。

私は、ライブやトークショーへ行ったり、石井さんの実家に遊びに行ったりした。

石井さんの実家は、茨城県にある和菓子屋さんで、愛想の良い石井パパと一緒に記念撮影した。

 

東京のデザイン会社の先輩が、仙台のテレビ局の人と結婚し

ある時、石井さんのサインをいただいてもらい、送ってもらったことがある。

懐かしいなぁ(^^)

 

そのうち、私は、DA PAMPファンへ浮気をするww

 

去年、テレビで放映されてびっくりしたのは、

米米のダンサーをしていたコータローが、奄美大島に移住していたということ。

私と仲が良い友達のお姉さん夫妻と仲良くしているようで、

あまりにも世間が狭すぎて、びっくりサプライズだった。

 

米米CLUBが好きだった方、ファンだった方、コンサートへ行ったことがある方

ぜひ、コメントくださいね(^^)

 

We are KomeKome Club,end You You You 💕

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ