ばあちゃんと最後の田植え

 

 

2016年。母が5月に亡くなったあと、

ダマリは3カ月、実家で過ごした。

この3カ月のお陰で、心の修復が早かったように思う。

 

特に、祖母と毎日過ごせたし

田植え、梅干しなどなど

祖母の暮らしに寄り添うことで、色々なことを学べた。

 

そして、その3カ月は、今思えば、神様が与えてくれた

ばあちゃんとの濃密な宝物の時間だったと言える。

祖母は2017年に脳梗塞となり、思うように動けなくなった。

 

 

ふりかえると、祖母にとって「最後の田植え」となってしまった、この写真を撮影した日、

私は、なんとなくだが「もしかして、ばあちゃんとの田植えはこれが最後になるかもしれない」と

そんなことを、思ってしまっていた。

 

 

田植えは基本的に、機械でするのだが

この時は、「あともう少しで終わる!」って時に、機械が途中で故障してしまい、

残りの苗を、手植えをすることになってしまった。

 

 

ばあちゃんと二人で、残りの苗を手植えしたあの日。

360度深い森に囲まれ、空は高く、聞こえるのは鳥のさえずりと、川のせせらぎ、

そして、普段があまり感じることができない、風の音を常に感じていた。

 

目に入る色は、眩しい黄緑。

風に揺られ、水田が光り、苗が揺らぐ。

祖母も私も、無言で作業をもくもくと進めた。

 

 

 

すくすく育ってね。

 

 

川の水で、農作業技を洗う。

小・中学生の夏休みは、ここの川で友達と水遊びをした。

この日は、工事の土砂が混じって濁っていた。

 

 

田の神たのかんさぁへ、苗をお供え。

今年もお米が無事に収穫できますように。

 

 

祖母は、もう、農作業をすることはできない。

実質、この時が祖母にとっての、最後の田植えになってしまった。

 

父と弟が、田植えを引き継いでいる。

自家米をいただける環境に感謝。恵みに感謝。祖父母に感謝。

 

ばあちゃん、もうすぐ帰省するからね。待っててね。

田植えの話をしようね。


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ