今日の一枚「お父さん大好き」

 

もうすぐ父の日。

今回の手紙には、「お父さん大好き」と書こうかと思っている。

恥ずかしくても、お互いが元気なうちに、伝えるべき言葉だ。

 

私が小学5年の時に両親は離婚。

私は迷わず、「お父さんの方に残る」と母に告げた。

 

父は優しい。

怒られたことあるかな?

 

ただ、3度だけ、父が強く反対してきたことがあった。

・高校3年/デザイン学校へ行く!と言った時

・26才/青年海外協力隊へ行く!と言った時

・26才/母の住む奄美大島に移住する!と言った時

 

これ以外のことは、何を言っても

「気をつけろよ」この一言だけ。

 

父は、あまのじゃくだから、

酔った時に、本音が出たりする。

これは、弟もソックリ。

 

でも、父は、私と弟を大事に育ててくれた。

休みには、遊びにも連れて行ってくれたし、

いつも美味しいご飯を食べさせてくれた。

 

夏休みは、母のところへ行く許可もくれたし

母がいなくても、いつも寂しくなかった。

 

一番ありがたく思っているのは

父が昔からカメラ小僧だったってこと。

写真がたくさんある。これは、宝物だ。

 

父を好きな国へ連れて行けるように。

大好きな父と海外旅行ができるように。

少しづつ、恩返しをしていく。

コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ