手作り小豆アイスバー

 

農業を営んでいる祖父母。
暑い夏の畑仕事には、かき氷がかかせない。
苺味、白熊味、そして小豆味。

子供の頃、祖父母と一緒になって、かき氷を食べていたが、
小豆味のかき氷となるとあまり嬉しくなかった。

大人になると、小豆の味がわかるようになる。
以前の職場では夏になると小豆アイスバーを差し入れでいただくことが多かった。
仕事の合間に食べる小豆アイスバーがどんなに美味しいことか!

程よいシャリシャリ感とあずきの粒々が絶妙。この味は、日本特有のものなのかな?
善哉を作ると決まって余ってしまうため、これを使って小豆アイスバーを作れないかなぁ〜?と
好奇心で作ってみたレシピです。

■材料
善哉…250g
※煮小豆缶詰を使用する際は、砂糖を加えて煮立て、あら熱をとって使用して下さい。
練乳…80g
※濃い味が好きな方は、牛乳でもGood!
水…1カップ
製氷機
※100円均一ショップなどに売っているアイスバー容器か、アイスキューブ製氷器を用意。

■作り方
Step1
善哉の半分の量をブレンダーにかけてペースト状にする。

Step2
(1)に練乳を加え、よく混ぜる。

Step3
(2)に、残りの善哉と水1カップを入れてよく混ぜる。

Step4
製氷器に(3)を流し込む。
※液体がはみ出るくらいがうまくいきます。

Step5
カチカチに凍ったらできあがり!
※アイスバー容器で作った物は、周りをお湯で少し温め、
棒を引っ張ると"スポッ!"っと綺麗にとれます。ちょっと感動ですにっこり。  


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ