ラクダ使いの嫁になろうか。と本気で思った旅

モロッコを1カ月かけて周ったことがある。

タンジェ→マラケシュ→メルズーガ→メクネス→フェズ→シャウエン→タンジェ

どこの町も刺激的で面白かったが、人生観を変えたのは砂漠の町メルズーガだ。

 

 

マラケシュから長距離バスに乗り、アトラス山脈を越え、約12時間後メルズーガに到着。

2泊3日の砂漠ツアーに申し込んでいた私は、

「ハサンという人がいるから、その人をちゃんと確認してついて行け」と言われていた。

 

到着したのは、夜の22:00。到着した町は真っ暗で、町の様子がさっぱり見えなかった。

「ハサン」と名乗る人が、私の名前を紙に書いて迎えに来ていた。

そして、ハサンの自宅へ向かう。

 

 

土でできた家に案内され、土の上に敷かれた絨毯にテーブルがあり

そこへ、ホブス(パン)、タジンとミントティが運ばれて来た。

大好きなオリーブは必ずついてくる(^^)

 

ナス、じゃがいも、鶏肉のタジン。

 

これを食べて、すぐに就寝。翌朝3:00には、ラクダで出発だという。

ちなみに、アラビア語で「いただきます」は「ビスミッラー」。

 

そして翌朝am3:00。外に出ると、まだ真っ暗で、ラクダが座っていた。

そして青い服を来た、ラクダ使いが1人。

ラクダの名前はジミー。ラクダ使いの名前はバラ。

 

ラクダに乗り、いざ2泊3日の砂漠の旅へ。

町には光が一切なく、満天の星空が空いっぱいに広がっていた。

保育園の頃、宮崎にラクダに乗りに行ったことがあったが、その時は、怖くて怖くて乗ることができなかった。

 

そんな私が、ラクダに乗り、それもサハラ砂漠を歩こうとしているなんて。

幼少時代のビビリな私を思い出し、成長した自分に笑えて来て

そして感動で涙が溢れた。

 

 

だんだんと朝日が登り始めると、ようやく周りの風景をみることができた。

オレンジ色に染まる砂漠が目の前に広がる。

なんという世界だろうか。

 

 

ラクダのジミーに乗っているのも楽しいけど、砂漠の上を歩いてみたい。

ラクダ使いのバラさんにお願いして、砂漠を歩かせてもらった。

リアルなフンコロガシや、ガラガラヘビの痕跡を見つけたりして何もかもが新鮮。

 

 

そして、到着したのは、ノマド民族の家。

土でできた4畳ほどの部屋に絨毯が敷かれた部屋に1泊する。

 

 

 

こんな場所で、バラさんとミントティを飲んでいると

「私がもし、この土地に嫁いだらどうなるのだろう」と自然に思っていた。

 

 

モロッコには不思議な魅力、そして魔力がある。

活気に溢れるスーク、シンプルな営み、フランス領土だった名残り、イスラムの尊い美しさ。

今思えば、私は全てのものに魅了されていて、

「なにもない」というシンプルな営みについて深く考えさせられていた。

 

 

そんな中で、私はバラさんと砂漠を歩きながら、勝手に「バラさんと夫婦だったら。」

という妄想に狩られ、砂漠の新婚旅行のようなフワフワした感情の中

砂漠の魔法に酔いしれていた。

 

 

ノマドの家にお世話になった翌朝、歩くこと4時間で到着したのは

砂漠のくぼみに用意されている絨毯でできたテント。

なんだこのドラクエ風な感じは!!!砂漠の真ん中で寝られるなんて最高!

 

 

バラさんが美味しい卵料理を作ってくれて、砂漠に二人きりで

なんだか変な気分になってきた。きっとバラさんもそうだったと思う。

今思えば、ちょっと危険だった。だけど、そこは成り行きに任せず、正気を取り戻した。

 

 

その日は、夕方に2人のツーリストが合流したのだが

もし、その夜、バラさんと私だけだったら、どうなっていたか分からない。

本当に、ラクダ使いの嫁になってしまっていたかもしれない。とそう思う。

 

 

翌朝、サハラ砂漠の夜明けを堪能し、メルズーガへ帰ることに。

「はぁ。終わってしまうのか。砂漠の旅が………」

私は、寂しく、なんとも言えない、「ひと夏の恋」が終わってしまうような感覚になっていた。

 

 

 

土壁の家だらけの、メルズーガの町。

 

 

そして、砂漠の旅を終え、シャワーを浴びたあと

突然気分が悪くなって、寒気がし、脂汗が出て、熱が出て来た。

バスが出る時間まで、ハサンの家で横になっていた。

 

 

熱のせいか、朦朧として、2泊3日の砂漠の旅が夢だっとのではないかと思うほどだった。

ここはどこだろう?と寝ぼけて目を覚ますと、外にはサハラ砂漠が見える。

あぁ、そうだ。私はモロッコにいるんだ。そしてメルズーガにいる。

 

なんとかバスに乗り込んで、メクネスを目指す。

バスの中でも熱にうなされ、「まずいな。変な病気になったかな…」と思ったほどだった。

お守りに常備していた「抗生物質」が効いたのか、メクネスに到着する頃には、治っていた。

 

この出来事を、母にメールで伝えた。もしかしたら、ラクダ使いの嫁になっていたかもしれないと。

母は「恐ろしい娘やなぁ〜」と、嫁にならずに済んだことに心から安堵した様子だった。

モロッカン・マジック。良い思い出だ。

 

ハサンと。

 

バラさんと。

 

 

 


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ