ぷー太郎の時にハマっていた「ぼくのなつやすみ」

 

蝉が鳴きだし、草いきれが立ち込めると

ダマリが必ずと言って思い出すのは

プレステのゲーム「ぼくのなつやすみ」だ。

 

東京で5年務めたデザイン会社を辞めたあと、

しばらく、ぷ〜太郎をエンジョイしていた。

その時に、朝から晩まで夢中になっていたのが「ぼくのなつやすみ」。

 

「ぼくのなつやすみ」は、10歳の少年が親戚の家で夏休みを過ごす。という

とってもシンプルなゲーム。

 

朝起きてラジオ体操、あさがおの水やり。

昆虫採集や、虫相撲、魚釣りを楽しんで、1カ月を過ごす。

1日の終わりには、絵日記を書いて終了となる。

 

画面から溢れる田舎の風景が、とても美しくて

蝉や蜩、様々な虫の音、川のせせらぎ、花火などなど

サウンドもとても癒される。

 

時々、田舎の道をずっと一人で歩いたり走ったりしていると、

遠くまで一人で冒険しに来てしまった好奇心と恐怖が入り混じって

ゲームをしている自分自身が、本当に、ゲームの「ぼく」になってしまって

ゲームだかリアルだか、分からなくなったりしていた。

 

都会の中の小さなアパートで、ゲームだけをひたすら楽しむ毎日。

クソ忙しいデザイン会社を辞めた後の反動は、グータラなゲーム三昧の日々だった。

でも、このゲームのおかげで、一つの夏の思い出のように、懐かしく思える。大切な思い出の一部だ。

 


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ