ベガスでの苦い想い

ダマリは、2010年に世界放浪の旅へ出た。

サンフランシスコから旅を始めたが、

はじめは、ワクワクどころか恐怖心だらけだった。

 

サンフランシスコを堪能したら、帰国しよう。

やっぱり、私には世界放浪なんて怖くてできない。

自分でルートを決めて移動して行くなんて無謀すぎる………

 

こんな思いを抱きつつ、サンフランシスコ5日間を過ごし

「とりあえず、次まで移動してみよう」と勇気を振り絞り

長距離バスで「ラスベガス」を目指した。

 

パチンコもスロットも、カジノ関連は何も分からないのに

なぜ、ダマリはラスベガスへ向かったのか?

 

旅に出る前に、ネットでラスベガスからレンタカーを借りる手配をしていて、

グランドサークルを回る予定にしていた。

 

予定通り、ベガスにてレンタカーの受付を済ませ、車の鍵を受け取り

駐車場へ向かったが、向かう途中で、かなりの恐怖心がダマリを襲ってきた。

日本でも運転がままならないのに、アメリカの左ハンドル、右側通行で運転できるのか?

たった一人で荒野を走り、モーテルを転々としながら、本当に回れるのか?

 

やめとけ、ダマリ。事故でも起こしたらどうする?

グランドキャニオンやアンテロープ、モニュメントバレーに行きたいのなら

ツアーで行った方が断然良い!ここで、鍵を返すんだダマリ!

 

結局、鍵を返し、アメリカレンタカーの旅の計画は簡単に崩れ去った。

が、恐怖や不安の重圧から解放されたダマリは、急にワクワクして楽しくなってきた!

自分で自分の首を締めていたのがアホらしい!

 

そこからのダマリは、ハイテンション!カジノはできないものの

至る場所で飲み食いし、色々なホテルを散策して回った。

 

そして、そんな中で偶然見つけたのが

ホテル・ミラージュにデカデカと掲げられたビートルズの看板!

 

 

どうやら、ビートルズとコラボしたシルクドソレイユの舞台があるようで、

ダマリのボルテージは最高潮に!!!

きっと、これを観るためにダマリは、ベガスに呼ばれたんだ!

 

 

さっそくミラージュへ潜入!劇場がある階へ急ぐ。

劇場がある階には、ビートルズ仕様のカジノ。

ビートルズグッズが売っているショップもあった。

 

 

訳も分からない状態で、チケット売り場へ。

とりあえず、一番安いチケットを購入。

 

 

サンフランシスコ、ラスベガスを楽しんだら帰国しよう。

そう思っていたダマリだったが、ビートルズのショーを観終わると

それまでの怖気付いていたダマリはいなくなっていた。

 

旅は計画通りにはいかない。

こうして、旅の序盤にビートルズのショーを観られるというサプライズが起きた。

きっと、ここから繋がって行く旅は、きっとその繰り返しなのだろう。

 

よし、次へ移動だ!

 

ベガスから長距離バスで、メキシコ国境がある街「エル・パソ」へ。

そこから約1年の旅が続いた。


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ