彼と出会って11年後に結婚

 

>2018年10月3日水曜日

二人で、市役所へ婚姻届提出。

なんとも複雑な気持ち。私たちは、夫婦になった。

 

 

>2007年10月

彼とダマリが出会ったのは、11年前。

転職した新聞社の制作部に、彼はバイト生として働いていた。

ダマリ30歳。彼19歳。

 

彼は、日中は専門学校、夜は新聞社でバイトをして、

自分で学費を納めていた。

11歳も年下なのに、しっかりしていて、かっこいいな。と思っていた。

 

 

>2008年10月

あまり仲良くなれないまま、彼はニュージーランドへワーホリへ行く。とバイトを辞めた。

ダマリは彼に恋をしていたものの、ワーホリへ行く彼の心境を思い、

応援の手紙と「深夜特急」「青年は荒野をめざす」のドラマを焼いたCD-Rをプレゼントをするのが精一杯だった。

 

その頃のダマリは、世界放浪の旅に出る目標を計画していて

彼のニュージーランドは人ごとではなかった。

 

 

>2010年3月

ダマリの世界放浪の旅への出発が迫る中、ふと思い立ち、

旅へ出ることを、以前教えてもらっていた彼の携帯メールに送信してみた。

 

すると応援の返信メールがきて、なおかつ数日後に

旅の写真集と彼のワーホリ写真のCD-Rが送られてきた。

 

旅へ出た後も、幾度か彼とメッセージのやりとりをした。

彼は、専門学校を卒業し会社員になっていた。

 

 

>2011年2月

帰国後「旅の話を聞かせてください」と彼と再会を果たす。

新聞社で出会ってから3年が経っていた。

そこからデートを重ね、付き合うこととなる。

 

 

彼と付き合って8年の間に、別れ話も何度もした。

年齢がひとまわり違うのだから、結婚願望も、ましてや子どもを持って家庭を築くことも

あの頃の自分達には、想像もできなかった。

 

彼と付き合い始めの頃は、母にも祖母にも反対され

ダマリ自信も悩みすぎて、過呼吸になることもあった。

 

それでも、自分自身と彼を信じて

奄美大島、鹿児島、大分とずっと一緒にいて

困難を乗り越え、お互いを支え合ってきた。

 

41歳のダマリにとって、結婚は特別なことではなく

一つの通過点でしかない。

これからも、今まで通り彼と一緒に人生の旅を楽しもうと思う。


コメント
まみーさん、ありがとうございます!
そうなんですよぉ〜。出会った時は、彼が19なので
かなり犯罪に近いですがwww
  • まみーさんへ
  • 2018/10/05 1:53 PM
ダマリさん、ご結婚おめでとう!!!
ご主人が年下だったなんて、初耳(笑)
ますます充実した人生になりますね。
  • まみー
  • 2018/10/05 11:59 AM
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ