茄子の離乳食を作りながら思い出した【マラケシュの屋台で食べた茄子】

実家の弟が作った米ナスをもらってきたので

息子(生後7ヶ月)の離乳食仕込み。

アクを抜き、茹で、ブレンダーでペースト状にする。

 

あれ?この茄子のペーストに見覚えが。。。

ああ!そうか!

マラケシュの屋台で食べた茄子だ!

 

 

モロッコへ行くならはずせない「マラケシュ」。

ここのマラケシュ旧市街地に、ジャマ・エル・フナ広場という

屋台が立ち並ぶ観光スポットがある。

 

 

昼間の広場には、オレンジジュースなどのフルーツジュース屋台、

ヘビ使い、ヘナの屋台、大道芸人などが

ポツリポツリとあるくらいだが、夕方になると一転!!!!

 

 

100件以上の食べ物の屋台が、ひしめき合って軒を連ね

ボルテージマックスになること請け合い!!!

 

 

屋台には、番号がふられていて

旅人の間で「4番が美味しいよ!」「14番のフライがうまい」

「ソーセージを食べたいなら31番!」と会話が交わされる。

 

 

今回ダマリが紹介する茄子は、確か4番の屋台。

一緒にいたドミ友が揚げ物メニューの中から「茄子」を注文。

茄子!?と思ったが、これが大正解!

 

 

茄子を揚げて、それをぐちゃぐちゃに潰す。

そう、離乳食を作りながら思い出していたのは

このぐちゃぐちゃになった、茄子のペーストだ。

 

このペーストをホブスというモロッコパンに挟んで食べるのだが

これがめちゃくちゃ旨い!!!いい体験だった。

 

 

余談だが、マラケシュの揚げ物は全部おいしかった。油が新鮮だからかな?

ダマリが好んでよく食べたのは魚のフライ。

なんの魚かはわからないけど、キスの天ぷらみたいでハマった。

 

 

世界各国から来た旅人たちが、屋台に集結するあの熱気は

なんともい心地が良い。アルコールは一切ないため酔っ払いもいないし。

あの数の屋台が、毎晩出没するなんて本当にすごい。

 

 

あの時のドミ友達は元気かな?

また、行こう。次は大きくなったチビも一緒に。


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ