カタログ見ながら1人評論

 

 

ダマリがコンビニに行って

ついつい家に持ち帰ってしまうもの。

それは、お中元やお歳暮カタログ。

 

ページ数が多いカタログをみては

広告制作会社に勤務していた頃を思い出し

過去ダマリに元気をもらう。

 

カタログで一番大切なのは、やはり写真だろう。

「おいしそう〜!」と消費者に感じさせること。

「共感」を得ること。これがいわゆる「シズル感」というものだ。

 

ダマリが勤めていた制作会社は写真部があった。

そのため、デザイン制作と平行で撮影立会いはもちろんのこと、

商品撮影に使用するお皿・器、クロス、装飾雑貨など

百貨店や雑貨屋を巡り、自ら調達せねばならなかった。

 

画像で貼り付けているのは

ダマリがコンペで勝ち取った

新宿中村屋さんの四季DMカタログA2サイズ。

 

今みると、うわダサイ。って思っちゃうけどw

当時は、これが良いと思ってデザイン制作したわけだ。

 

例えば、カレーに敷いているランチョンマットや

あんみつを入れている器、スプーン、クロスも

ダマリが新宿を駆けずり回って買ってきたものだ。

 

こんな背景があるため、カタログの写真をみながら

食品の盛り方、使用されている雑貨、器、

そしてテーブルウェア、セッティングなど

 

上手いなぁ〜〜〜〜。と関心したり

ここは、こうだよね。とか

1人評論している。

 

もちろん、写真の次はページ構成や

インデント、文字組、マークなどもチェックしている。

 

気づけばデスク周りはカタログだらけ!!!!

溜まったら躊躇せず、全部捨てるけどさ。

 

コンビニカタログは特に綺麗に制作されている。

制作の背景が見えるから

「お疲れ様です!素晴らしいです!」とお伝えしたい(^^)


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ