防災グッズにだけフォーカスせず、まずは敵を知る!

 

2019年10月22日に、

「防災ママカフェ®︎」に参加してきた。

 

今までは自分の身と愛猫の事しか考えずに、

防災グッズをなんとなく用意していたが。

今は、昨年産んだばかりの大事な大事な息子がいる。

 

子どものいのちを守れるママにならなくてはいけないのだ。

そのためには?防災グッズを揃えることからはじめる?

 

ママダマリは、防災グッズにばかりフォーカスしていたが

「防災ママカフェ®️」に参加して意識が変わった。

一番大切なのは、まずは「敵を知ること」。

 

講演を全国各地でおこなっている、防災ママカフェ®️主宰かもんまゆさん。

防災について、ロールプレイングゲームに例えてお話を進めてくださり

とても分かりやすかった。

 

敵を知らなければ、武器や道具を揃えることはできない。

「敵」というのは、津波や大地震など災害のこと。


 

 

自分の地域に災害がおきたらどうなるのか?

リサーチしてハザードマップを確認して

その時どうなるかを頭でシミュレーションしてみる。

 

敵を知った後は、ゲームの主人公や仲間にあたる自分や家族を知ること。

夫、息子0歳、愛猫の弱点はなにか?

 

その弱点を埋めるものを防災グッズで準備しなければならない。

要するに、各家庭によって防災グッズの内容は変わってくる。

 

 

自分たちの家族は、どのくらい戦う能力があるのか、ないのか?

 

 

大分県別府市に、震度7の大地震がきた時のシミュレーション。

最大の津波は5.4mが40分で到達。

津波、建物の倒壊、火災で8万3027棟が全焼、3万6399人が死亡。

 

ちなみに、このリンクに行くと

自分が住んでいる街の被害想定を確認できる。

朝日新聞デジタル「南海トラフ地震の被害想定

 

 

ちなみにママダマリが住んでいる大分県杵築市の想定。

最大震度6弱。最大津波6m、津波到達時間68分。

もし津波速報があれば、津波到達時刻まで60分の時間があるということがわかる。

60分あれば、高いところに避難できる。

 

2019年も残すところあと1カ月。

この1カ月で災害が起こるかもしれない。

2020年もきっとどこかで起こる。自分のところかもしれない。

 

年末までに色々やることがあるが

防災グッズや備え・シミュレーションの準備を優先的にする。

みなさんも、早め早めに備えを。

 


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ