RSウイルス感染症の記録 DAY1

38.2度の熱があるのに、体温計で遊び、いたずらな顔をする息子

 

ダマリの息子1歳2カ月が

本日、RSウイルス感染症と診断された。

これから約1週間

自分を鼓舞するために

ブログに記録することにする。

 

発熱したのは

2020年3月1日(日)

抱っこしていると

いつもより熱を感じたため

検温するとam10:00時点で

38.2度。

 

前日から鼻水と咳が出始めていたし

寝付きも悪く夜中に何度も起き

ご飯の食いつきも良くなかったのは

この熱の前兆だったのだろう。

その夜も熱は下がらず

呼吸がヒューヒュー鳴っているのが

少し気になってはいた。

 

そして本日2020年3月2日(月)

朝、検温すると37.1度だったので

登園させることに。

7:00にフォローアップミルクを100mlと

ミルクパンを1こ食べたので

大丈夫だろう。と思っていた。

 

その後、am10:00。

保育園から電話。

「お熱が上がり始めていて37.5度になりました。

いつもより元気がない感じです。

このまま様子を見て、38度になるようでしたら

またご連絡いたします」

とのこと。

 

そしてpm1:30

再び保育園から電話。

38.5度になりお迎え要請。

できる仕事を片付け

pm2:30にお迎えに。

そこから、小児科へ走る。

 

pm3:30 小児科到着

検温 39.6度!

鼻の粘膜検査と、血液検査をしてもらう。

インフルかな?と思っていたが

RSウイルスという結果。

そして、胸がヒューヒューゼーゼー

鳴っているため

細気管支炎と診断された。

 

RSウイルス感染症とは。

RSウイルスの感染による

呼吸器の感染症。

生後1歳までに半数以上が

2歳までにほぼ100%の乳幼児が

感染するとされている。

 

気管支を広げる吸入を機械を借りて

自宅ですることになった。

これで入院しなくて済むようだ。

参考までに、今回処方された薬を

載せておく。

 

1.プランルカストDS10%「EK」

ムコサールドライシロップ

効能:アレルギーを抑える薬 気管支の収縮を抑える薬

 

 

2.リンデロシロップ0.01%

効能:アレルギーを抑える薬 炎症を抑える薬

※ステロイドで免疫力を下げてしまい、自然治癒力を邪魔するので

これは服用しない。様子見。

 

 

3.ベネトリン吸入液0.5% と 生理食塩水20ml

効能:気管支を拡げる吸入薬 呼吸を楽にする吸入薬

 

4.コカールドライシロップ40%

効能:痛みや熱を抑える薬

※熱がでると解熱剤を処方されるが、

基本的に解熱剤は使用しない。


コメント
コメントする








   

ホームページ

プロフィール

ダマリ
ブランディングデザイン
ダマリデザイン室
代表 クリエイティブディレクター
趣味:乗馬 旅歴:22ヵ国
夫・息子1歳・黒猫と
鹿児島県霧島市在住
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ