今日の一枚「ある日の日本人宿」

 

メキシコの首都メキシコシティ。

ダマリは、2箇所の日本人宿を利用した。

 

1箇所目は、交通の便が良いところにあったが

共同スペースに旅人が集まると、夜中までうるさかったため、

2箇所目にうつった。

 

はじめから、この2箇所目にくれば良かった。

ネットの情報だと、「汚い・古い」などと書かれていたが

実際そんなことはなくて、とても落ち着く宿だった。

 

窓を開けると、中庭の壁に描かれた絵が美しくて

この部屋が好きだった。

 

今日も、旅人を癒していることだろう。


今日の一枚「死者の日」

 

メキシコには「死者の日」という、日本でいうなればお盆のような日がある。

メキシコのお土産店に入ると、必ずと言って良いほど

カラフルな骸骨があったので、これはなんだ?と思った。

 

「死者の日」は、毎年10/31〜11/2の間に様々なセレモニーが行われている。

この期間に死者の魂が帰ってくるため、

家族や友人が集まり、亡くなった友人や家族に祈りをささげる。

 

意味合い的には、日本のお盆と似ているが全く雰囲気が違う!!

とにかく色がカラフルで、骸骨モチーフのものを飾り立て

とても陽気で、お茶目な骸骨が愛らしく思える。

 

メキシコに行った際は、愛らしい骸骨をお土産にどうぞ(^^)


独立して初の展示会 OITA DESIGN POWER 2018「Design Cafe 4」@ 大分県立美術館OPAM

デザイン屋 Damalish.comとして独立3年目。

大分県デザイン協会実行委員の森さんに

「よかったら出展してみませんか?」とお話をいただいた。

 

大分県デザイン協会が開催する、2年に1度のデザインの展覧会「Design Cafe」

デザイン協会と聞くだけで、敷居がグッと上がる感じがするため、ためらった。

開催日はちょうど妊娠後期に入る時期だし、大丈夫だろうか……

 

はじめは、「できない理由」をあれこれ探していたが

大分・国民文化祭の時期に重なるDesign Cafeに展示しないなんて

「じゃあ、テメエは何のためにデザインやってんの?」と自分に問いただした。

 

おう、おう、おう、おう!やってやるぜ!

デザイン屋 Damalish.com 3年目の集大成を見せちゃる!

 

 

というわけで、急ピッチで準備を進め展示会に至った。
県内をはじめとする日本国内のクリエーター55組が一同に介し、
【デザインとの出逢い】をテーマとした展覧会を開催。

 

 

展示ブースは、w3500×h2950mm。展示台がw1800×h900×d900mm。

はじめに、イラレで実寸の縮図でレイアウトを作り、

全体を分割して、大判印刷(A0サイズ…4枚、長尺サイズ…2枚)した。

 

 

今回、展示するにおいて重視したのは「シンプルで目立つこと」

制作実績においては、デザイン協会員の皆さんとは比べ物にならないので

とにかく、遠目からみて「ん?」と思わせるものに。

 

 

 

印刷物は手にとって自由にみていただけるようにした。

展示会にあわせて、デザイン屋 Damalish.comマガジンを急ピッチで仕上げた。

大分の方に、少しでもダマリの存在を知っていただけたかな〜。

 

 

展示相談、搬入から撤収までお世話になった

リトルアトリエスイッチ代表の安部さん(^^)

展示に関して必要な道具などを、あれこれ用意してくれて助かりました〜〜〜!!

 

 

最後は、皆さんと記念撮影!

 

2018年10月10日(水)〜14日(日)の5日間で

予想を上回る2500人ものお客様が来場!

 

大分在住のデザイナーの皆さんが、どういうデザインをして

どういう活動をしているのか、こうして見る機会ができて本当に良かった。

とても刺激になったし、展示方法など勉強になった。

 

開催にあたりご尽力頂きました大分県デザイン協会実行委員の皆様、

足をお運び頂いたお客様に心より感謝申し上げます。

 

_____________________________________________________________

 

全ての印刷物にパワーを!

デザイン屋 Damalish.com

http://damalish.com

 

_____________________________________________________________


大分県別府市にある助産院の名刺デザイン制作

 

あなたのココロとカラダに

休んでもらう場所

レストハウスやの助産院さんの名刺デザインです。

 

大分県別府市にあるやの助産院さんより

名刺デザイン制作のご依頼をいただきました。

誠にありがとうございます(^^)

 

代表の矢野さんとの出会いは

ダマリの「仕事につながる名刺づくり講座」でした。

 

その後、ダマリ自身が妊婦になり

矢野さんにお世話になるとは

この時は全く思っていなかったので、とてもありがたい出会いとなりました。

 

矢野さんは、普通の助産師さんと違い

ファンキーかつ優しく、面白い方で

とても相談しやすい方です。

 

ダマリが初めて、やの助産院さんへ伺ったのは

名刺制作の打ち合わせでした。

その時にしてもらった初イトオテルミーの心地よさは堪らなかったです。

 

この打ち合わせの時に、

「実は妊娠しまして…」とカミングアウトし

矢野さんがとても喜んでくれたことを思い出します。

 

 

●表面

facebookページのアイコンに使用されていたイラストがとてもかわいかったので

「ぜひ名刺に載せましょう!」という話になりました。

このイラストは、娘さんが描いたと聞いてビックリ!とても癒されるイラストで効いています。

 

 

 

●裏面

色合いは、ホームページと合わせてこの色合いになりました。

普段、名刺制作をする時は、あまり資格を載せないのですが

矢野さんの場合は、効力が強いものをチョイスして掲載しました。

詳細は、ホームページに誘導する方法をとりました。

 

一人で悩んでいる産前産後のママさん。

まずは、お気軽にお問い合わせしてみてはいかがでしょうか?(^^)

 

 

●レストハウスやの助産院HP http://resthouse-yano.com/

●やの助産院facebookページ 

 

 

_____________________________________________________________

 

全ての印刷物にパワーを!

デザイン屋 Damalish.com

http://damalish.com

 

_____________________________________________________________


妊娠37週・正期産に入ってからの選択

 

妊婦健診37週0日の妊婦検診だった。

37週から41週までを「正期産」といい

いつ産まれてもおかしくない時期となる。

 

正期産に入って、自然に陣痛が来るのを待つ。

これが、普通だと思っていたけど

ダマリに問題が浮上。

 

ダマリの場合、お腹のチビが

通常の赤ちゃんより2週間程大きく

今日でチビの頭の大きさは10cm、体重3200gと推定された。

 

このまま行くと予定日の40週まで、どんどん成長して

4000g近くか、それ以上の大きさとなり

難産になってしまう。

 

ダマリの骨盤の大きさをレントゲンで撮影したところ

骨盤10cmちょいだから、これ以上チビの頭が大きくなると

骨盤に入らず帝王切開になるという。

 

すでに骨盤にチビの頭が入っている状態なら良かったのだが

今の段階では、少ししか入っていない。

 

で、ダマリに求められている選択は

 

1. 入院をして計画分娩。バルーンを入れて陣痛を誘発し出産

2. このまま様子を見て待つ(大きいため帝王切開の確率が高くなる)

 

もう、自然分娩は難しい状況にあるようだ。

ダマリの中で、人間は動物だから自然分娩が良いに決まってる!

と思っていたけど

 

高齢出産=ハイリスク出産ということもあり

20・30代の女性よりも骨盤の開きも悪く

難産になる傾向があるようだ。

 

陣痛促進剤とか帝王切開の麻酔は、チビを苦しめる………

産まれた後も、自然分娩の子より不安が強く夜泣きがひどいと

聞いたこともある………

 

どうすればいいのだろう。

考えても答えは出ないし、誰も答えはくれない。

ダマリ自身が考えて答えを出すしかない。

 

病院の先生は「赤ちゃんが決めること」とは言ってくれているけど

チビは答えを出してくれるだろうか。


| 1/133PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ