企業ブランディング会社の代表取締役名刺デザイン vol.02

 

Branding & Marketing

ブランドをつくることは、企業の誇りをつなぐこと。

株式会社アドコンセプト代表取締役の名刺デザインです。

 

以前も名刺制作のご依頼をいただきました。

株式会社アドコンセプト 代表取締役 飯田裕美さんの名刺

再度ご依頼をいただきまして、ありがとうございます!

 

>前回の飯田さん名刺 企業ブランディング会社の代表取締役名刺デザイン

 

飯田さんは、企業のマーケティングやブランディングをする会社の社長さんで

大分と東京に会社を持つ飯田さんは、

いつもパワフルにあちこちでご活躍されています。

 

そんな飯田さんが、来月7月に大分市でセミナーを開催。

2019.7/3(水)、7/10(水)の2日間。どちらも45名の受講募集があり

6/25現時点で満席!!!!すごすぎる。

 

働く女性たちに、ビジネスマナーやブランディングなど

とても興味深い内容になっていて、もちろんダマリも参加。

 

以前の名刺から今回の名刺にリニューアルする際、

やはり写真が重要であることを再認識させられました。

 

つい最近、いただいた名刺の整理をしていたら

写真なしの名刺は、「誰だっけ、この人????」となりゴミ箱行き。

他者目線で作っていない自分よがりの名刺は、やはり勿体無い。

 

何者であるか?お客様に何を提供しているのか?

連絡先は?ホームページは?SNSは?

 

飯田さんのように、清潔感・信頼感あふれるプロフィール写真。

ハッキリしたキャッチとコンセプト。

そして、紙質へのこだわりも流石です。

 

みなさんも、自分の名刺みなおしませんか?

もう、その名刺、時代遅れかもしれないですよ。
名刺交換して1年後。その名刺は、相手があなたを思い出してくれる名刺だろうか?

20年間ありがとう。ずっと一緒にいてくれた黄色い冷蔵庫。

 

20年間一緒に暮らしてきた黄色い冷蔵庫。

とうとう壊れてしまって、いなくなってしまった。

 

この冷蔵庫を買ったのは、

デザイン学校を卒業して、新社会人となり東京へ上った時。

東京都北区にある十条銀座の電気屋で購入した。

 

黄色で少し丸いフォルムに一目惚れ。

一人暮らしのスタートに

明るい黄色にとてもひかれた。

 

それから、東京から奄美大島への移住にともない

この冷蔵庫も持っていくことに。

 

 

奄美大島で、この冷蔵庫は

特別老人ホームにいる祖母の部屋に置かれることとなった。

祖母の生活にも寄り添い、役にたった黄色い冷蔵庫。

 

その後も、4回の引っ越しを共にし

今日まで、ダマリの食生活を支えてくれた。

 

 

毎日ありがとう。

そして20年間本当にお疲れ様でした。

 

それにしても、洗濯機、炊飯器、冷蔵庫っと立て続けに壊れた2019年。。。

平成から令和。世代交代の年だね。

今日の一枚「PEACE」

 

インド・バラナシでの一枚。

人々が見下ろす先には「マニカルガート」という火葬場がある。

この時のバラナシは1月初旬で結構寒かった。

 

火葬場では3体程の人が焼かれていた。

日本ではありえない風景だけど

ここにくると、それが美しいとさえ感じる。

 

そして、周りはとても穏やかな空気が流れている。

もくもくと立ち込める煙、じっと火をみつめる人々。

焼かれた後に、そっとガンジス川に流される。

 

その横で、犬と牛が一緒になって

暖をとっていた。なんて、あたたかな光景だろう。

ダマリも、この輪の中に入りたくなって、一緒に暖をとった。

 

「平和」ってこういうことなんだよね。


ドライカレーを食べると思い出すモロッコの味

 

ドライカレー。おいしいよね。

でも、これって、モロッコで食べるライスに似ている。

モロッコは、ご飯が安くて美味しかった。

(ちなみに↑は、グリーンコープの冷凍ドライカレー)

 

モロッコといえば「タジン」を連想する人もいるだろうけど

米料理もある。たいがいが、ドライカレーの味と言って良いw

 

 

↑これ。モロッコでよく食べたご飯。名前は分からないw

飲食店にいくと、必ずと言って良いほど、

ドライカレーのような料理の写真が載っているので、これを指差して注文。

 

ドライカレーに鶏肉、フライドポテトが付いている。

この鶏肉が骨付きの時もある。

グリルされている様子が外から見えると、たまらず買ってしまっていた。

 

 

↑これはスープ付き豪華バージョン。メクネスにて。

 

まぁ、クミンが使われている料理は全部カレー味になってしまうのだけどw

ダマリは、ドライカレーを食べるたびに、モロッコでハマった米料理を思い出す。
おすすめです。

思考を柔軟に。あらゆる角度から物事を見る訓練。



「何か良いアイデアがあれば教えてください!」

デザイナーをしていると、良く言われるが、
アイデアは、そう簡単に出るものではない。

今日は、「アイデア発想法」という講座を受けて来た。
頭を使ってアイデア出しをしたため、帰宅後、疲労困憊。

講座の中でも、話に出ていたが
アイデアを出すためには、日頃の訓練が必要となる。
思い込みや自分の凝り固まった思考を、拭い去り、
物事をあらゆる角度から見る目を養わねばならない。

講座の最後に出た質問。
そこのあなたは、解けるかな?

【問題】
バットとボールは合わせて1,100円。バットの値段はボールより1,000円高い。ではボールはいくら?


脳の柔軟さが問われる。

答えはググッてみてね。

<< | 2/138PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ