ダマリの初バイト「ぶどう売り」

↑大分県日出町「大神ファーム」のヨーロッパ山ぶどう

 

 

先日放送された、「マツコの知らない世界」で

「ぶどうの世界」というのがあり、

ダマリの人生初バイトは、「ぶどう売り」だったことを思い出した。

 

ダマリの初バイトは、高校生の時。

保育園から高校まで、ずっと同じ学校に通っていたYちゃんの実家がフルーツ農家で、

夏休みになると、Yちゃん家の販売所でブドウを売っていた。

 

1日の流れはこんな感じ。

 

朝摘みされたブドウが、ブドウ畑にケースいっぱい並んでいて、

それをYちゃんのお母さんとトラックに詰め込んで

販売所に運ぶ。

 

販売所で、ケースからブドウを手に取り出し一つ一つ綺麗にしていく。

腐っている実を取り除いたり、枝を切ったり、見栄え良くする。

綺麗にしたブドウを、セロハン袋に包む。

 

ブドウの種類は、巨峰・デラウエア・ペリーA・キャンベル。

5kgの箱を作るため、包んだブドウを秤にかけ、5kg測る。

そして丁寧に箱詰め。

 

もちろん、この作業は販売の合間にしていく。

鹿児島空港が近い場所にあるYちゃん家の販売所はお客さんが多い。

箱買いしていく人はラクだったけど、量り売りで買っていく人は面倒だった。ww

 

そして、販売所から遠くへ送る人もいたので、

「デラウエアとペリーAを5kgの箱で詰め合わせをしたものを10箱送って」

という人も沢山いた。送るブドウは、しっかり目の房を選んで詰めた。

 

送る分も16:00頃に来る配送業者さんに合わせて作らねばならない。

結構忙しいバイトだった。

でも、Yちゃんと一緒だったから楽しかったなぁ。

 

そういえば、この販売所のめっちゃ近くにラブホテルがあって、

Yちゃんと昼休み時間を利用して、入り口まで冒険したことがあった。ww

面白かったなぁ(^^)

 

バイト代は、いくらいただいていたのか思い出せないけど、

自分で稼いだお金というのは、やはり重みがある。

好きに自由に使えるし、いくら残すか考える。とても貴重な体験だった。


海外旅行あるある「お土産」

 

いつも同じことを繰り返してしまう。

自分はバカだと思う。

 

タイトルは「海外旅行あるある」と書いているが

国内旅行でも同じことが発生する、

「お土産」について。

 

観光地に行くと、ありとあらゆるものが売られていて

より良いものを安く手に入れるか。

みんな、それを考えるだろう。

 

結論を言えば、

行った観光地で入手する。良いと思ったものは、そこで購入する。

それが一番失敗がない。

 

「今、ここで買わなくても、もっと良い店があるのでは?」

「もっと、安い店があるかもしれない」

こういうことを思っているうちに、チャンスを逃し

結局、空港でめちゃくちゃ高いお土産を購入することとなる。

 

ぼったくりが一番ひどいのは、空港だ。

何もかもが高い!too expensive!!

これは、どこの国でも言える。

 

インドに行った時は、相当後悔した。

ジプシーや売り子さん、足がないおじさん、顔をひどく火傷したお母さん。

その人たちから、たくさん購入すれば良かった。

 

なんで、空港で高価なお土産を買わねばならない。

そりゃ、品は保証されていて良いものかもしれないけど、

ガネーシャの像や、色々な神様グッズ、紅茶、パシュミナ、サリー。

金額が二倍、三倍、それ以上のものばかり!!!

 

おまけに、空港でお土産を購入すると

その場でパッキングをしなおすという手間がかかる。

帰国するときの、あの疲労感の中で、パッキングをしなおすのは、面倒だ。

 

やはり、テンション高めの旅行の最中でお土産を購入して

綺麗にパッキングして、帰りの空港では全部荷物を預けて身軽が良い。

そして、優雅に旅の余韻にひたり、ビールかワインでくつろぎたい。

 

次に行く国では、そうしたいものだ。


奄美大島【カトリック西阿室教会のマリア観音像】

ダマリは、鹿児島県奄美大島に約11年間住んでいた。

島に移住した当初、車で島中をあちこち回って探索した。

中でも、カトリック教会巡りは、なかなか楽しいものだった。

 

教会巡りにハマっていたある日、「珍しいマリア観音像がある」と、

カトリック古仁屋教会の神父さんから聞いた時は、

もう冒険魂がうずきまくった。

 

あまり知られてはいないが、奄美大島は、カトリック教会が多い。

現在、奄美大島にあるカトリック教会は31カ所。

なぜ、ここまでカトリックが浸透したのか?

 

西南戦争で鹿児島県側が政府に負けると、ようやく島の黒糖も自由に売買できるようになったが、

その後も県や警察によるさまざまな圧力を島民らは受けてしまう。

万民は平等という「西洋思想」に、島出身の有力者らはキリスト教に期待を寄せた。

 

プロテスタント、ロシア正教など

キリスト教各派が鹿児島県本土を既に布教していたが、

奄美からの要請にいち早く応じたのがカトリックだったようだ。

 

母が幼い頃の話を聞くと、教会にいけば必ず食べ物を食べることができたそうで

学校が終わると、教会へ遊びに通っていたそう。

母の兄弟も皆、洗礼を受けている。

 

ダマリが奄美に住んでいた頃、奄美で一番大きい「カトリック名瀬聖心教会」が近くにあり

朝、教会の鐘が鳴り響くのがとても好きだった。

そして、苦しくなった時はいつも、教会にかけこんで、精神を落ち着かせたものだ。

 

「マリア観音像」は、奄美大島本土から、さらにフェリーで渡った

加計呂麻島の西阿室集落の教会にある。

さっそく、行ってみることに。

 

 

奄美の教会、特に集落の教会は閉まっていることが多い。

この日も開いてないかもな。と思ったが、扉は開いていた。

 

 

小さい教会だけど、とても素敵。

カトリック古仁屋教会を訪れた際に、神父さんから、こう教えてもらっていた。

「入って右側に、赤い布を被ったものがある。そこに、マリア観音像はいるよ。」

 

ダマリ「布をとって、見てもいいのですか?」

神父「出して、かまわないですよ。ちゃんと元に戻しておいてくださいね」

 

その会話を思い出し、入って右側の赤い布を確認した。

 

 

赤い布をとると、マリア観音像が眠る真鍮の入れ物が。

ダマリの心臓はバクバクである。

 

 

パカッ!

 

 

すごい。なんて美しいのだろう。

 

このマリア観音は、日中戦争に従軍した池田之応氏が

昭和18年に中国より帰国する際に持ち帰った、陶器製の子持ち観音像。
池田氏はその観音像を持ち帰り、部屋に飾っていた。


すると、西阿室集落の占者・禱直清氏が「この像を譲ってくれ」と望み、

占いの折に霊力を受ける神として拝んでいたようだ。


そんなある日、禱氏の養女の夢の中にこの像が現れ、

「マリアでござる、マリアでござる」と言ったそうで。

 

禱氏は奄美大島の名瀬に赴き、カトリック教会を訪ね、ジェローム神父に西阿室への布教を願い、
昭和30年、ジェローム神父は西阿室で宣教を始め、今に至るそうだ。

 

 

この、マリア観音像を拝みにいった際の裏話がある。

ここへは、同じ会社の仲間2名と、アルバイト生の男の子1名、ダマリの4名でドライブがてら来た。

ダマリは、バイト生に片思い。ダマリ31歳、バイト生20歳の夏。

 

マリア観音像を拝んだ後、教会を後にしながら、こう思った。

「○○くんと付き合って、ここで結婚式できたら、なんてロマンティックだろうか」

11歳年下のバイト生と、付き合うなんて想像もできなかったけど。

 

このマリア像を拝んだ時から2年後、彼と私は付き合いはじめ

そして、今現在に至る。

 

もしかしたら、このマリア観音像がキューピットかもしれない。


妊娠6ヵ月21週2日目の記録

戌の日 妊娠5ヶ月

 

 

妊娠すると、体調が変わる。

おまけに、高齢出産かつ軽肥満のダマリは

これから先も、色々なことが起きる可能性がある。

 

妊娠6ヵ月を無事に迎え、

とりあえず、これまでに起こった体調の変化について

記録してみる。

 

 

●妊娠8週目(妊娠3カ月)

ツワリらしいツワリは、なかったものの、1度だけ大きな腹痛が来て、トイレにこもった。

冷や汗と脂汗が出て来て、最終的に嘔吐………。

脳裏に「流産したかもしれない」という思いがよぎった。結局、大丈夫だった。

 

食べ物は、揚げ物をみると気持ちが悪い。特に鶏肉は無理。あと、チョコレートも無理。

果物が人生41年間の中で一番美味しく感じる。

 

○○が異常に食べたい!ということは特にない。

 

 

●妊娠12週目(妊娠4カ月)

お風呂に入った時に、蚊に刺されたような跡があり

「げ!お風呂場に蚊がいるとは!」と思っていたが

お風呂から上がって、しばらくすると、お腹に蕁麻疹!

 

母が入院していた時にも、お腹に蕁麻疹ができたことがあったため、

「またか〜〜〜。ま、消えるだろ」と安心していたが

それから、体全体に蕁麻疹が広がり、48時間蕁麻疹と戦い続けた(T_T)

気持ち悪いくらいに、身体中、蚊に刺されたようになりイボイボ。

 

ググってみると、「妊娠性痒疹」というものがあり、それにかかると

出産まで蕁麻疹が続く!と書いてあったため

え〜〜〜!この地獄のような痒みが、出産まで続くの!?と落ち込んでいたが

それ以来、発症していない。

 

対策としては、「よもぎローション」「ウナコーワクール」を塗って痒みを乗り越えた。

それからというもの、クナイプの「カモミール」を入浴剤で使用し

お肌の保湿をしている。

 

 

●妊娠16週(妊娠5カ月)

安定期にも入り、食欲も戻る。それでも、妊娠前よりは、食欲がない。

血液検査で、「妊娠糖尿病」にひっかかる。ショック…………。

異常に眠いのは、そのためか………。

 

妊娠糖尿病とは、妊娠中にホルモンバランスが崩れて起こる糖尿病。

高齢・肥満の人はかかりやすい。

妊娠糖尿病がひどくなると、赤ちゃんへの影響がでてくるため入院するケースも起こる。

 

数値的には、今の所問題ないが、今後のことを考えると

数値があがってくる可能性があるため、食事の指導などがあった。

糖尿病などの料理本を買い、血糖値が上がらないような食べ物を勉強。

 

ヨーグルトや野菜を先に食べて、そのあと炭水化物を摂ると

血糖値が上がりにくいそう。

 

 

●妊娠20週(妊娠6カ月)

安定期に入り出した頃から、朝起きた時に違和感。

手がこわばって、曲がらない。

小指なんて、カックンカックンしている。

 

グーパーをすると痛い。

徐々に動かしていくと、動くようになる。

ググってみると、妊娠中にリウマチや膠原病になる妊婦もいるようだ。

 

多くは、むくみによって、至る関節に症状が出て

曲げにくくなったりするのだとか。

出産後、治るケースが一般的みたい。

 

足は、就寝時に限って、火照りがすごい。

妊娠前の私は、冷え性で足が冷たい方だったが、

最近は、やけに足の裏が熱い。

 

これまたググってみると、足が火照るのは、

冷え性がかなり重症化したものらしい。

 

熱いからと言って、シャワーで冷やしていたが、実はこれは逆効果だった。

熱いシャワーか、足湯かが良い。

靴下を履いて過ごしたいけど、暑くてできないよぉ〜〜〜〜。

 

夏が過ぎれば、秋・冬と寒くなるから

その方が体をあたためやすい。

腹巻き、靴下、部分カイロ、テルミー、温泉〜〜〜〜〜

 

 

●まとめ

あっという間に、妊娠7ヵ月を迎えようとしている。

妊娠後期になると、様々なことが起こりやすい。

切迫流産や、妊娠高血圧症などで、入院しないように

とにかく、今できることはやっていこうと思う。

 

ウォーキング、ラジオ体操、食事療法、ソフロロジー、体重管理。

がんばるぞ〜〜〜〜。(ほどほどに)


北九州のセレモニーホールリーフレットデザイン制作

 

みなさまの大切なお別れをお手伝いします。

セレモニーホール上津役会館の

リーフレットデザインです。

 

北九州のセレモニーホール上津役会館様より

三つ折りリーフレットデザインのご依頼をいただきました。

誠にありがとうございます。

 

このお話をいただいた時に

「今までのチラシが古臭いから、どうにかしてください」

と、A4チラシ両面を渡されました。

 

そのチラシには、大きく「葬儀費用セット40万円」とかかれていて

こりゃあ、いかんなぁ………とすぐに思いました。

 

新聞社時代、お墓の広告を制作したことがあり、

その時も、自分が制作する以前の広告は、爆弾吹き出しに○○万円!

と大きく書かれていて……残念な気持ちでいっぱいになったことがあります。

 

「安さ」を売りにしているのは、わかるけど

お墓って、もっと厳かなもので、大切なもの。

そんなに、値段を大きく表示したところで、お客様の心に響くのだろうか?

 

今回、リニューアルデザインをするにあたり、

とにかく、「お葬式」というものは、家族において大切なセレモニーであることを念頭に置き

気持ちに働きかけるようなデザインを心がけました。

 

セレモニー関係の広告は、だいたいが、薄い紫、薄い赤紫を使用しています。

確かに、綺麗にまとまるけど、いかにも「お葬式」という感じがして、そこは避けたかったです。

 

大切な人を送り出すセレモニーは、もっと爽やかであってほしい。

家族全員が、故人への感謝の気持ちを込めて送り出してほしい。

そういうイメージで、グリーンベースで制作しました。

 

リニューアル前のチラシでは、セットに含まれるモノを全て写真で入れ込んでありましたが、

そこは、アイコンにしてシンプルに見せられるように作成。

その代わりに、お葬式のイメージ写真を多く入れて、臨場感をプラスしました。

 

北九州・上津役にお住いの方、

ぜひ、ホール見学などなさってみてはいかがでしょうか(^^)

 


<< | 2/122PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ