こんなデザイナーは、すぐに断るべし!

先日、お客様から

耳を疑うようなことを聞いた。

デザインへの意見を一切言わせないデザイナー。

 

いやいや、これはデザイナーではない。アーティストだね。

高圧的で意見を言わせない、スケジュールが空いていない、

などとお客様を言いくるめて、強引に納品する。

 

そんなデザイナーいるんだね。。。

それも、全然良くないデザイン。。。

そりゃそうだよね、お客様からの悩みも聞かず、相談にものらず

自己満足で制作したデザインなんて、良いわけがない。

 

デザイナーというのは、目に見える部分だけ、

見栄えいいデザインをするだけが仕事ではない。

お客様の問題を解決するのがデザイナーの役割だ。

 

特に、看板やパッケージなどのデザインとなると

現場に行かなければ分からないことが沢山ある。

 

まわりの空間、環境までをまるごとひっくるめて見ないと

どういうデザインをすれば良いか、答えは出ない。

 

デザインをする時に、デザイナーが好きな色にするわけではなく

ここを赤にする意味がある。ここを緑にする意味がちゃんとあるのだ。

 

なのに、このデザイナーは、ありえないことばかり。

現場ももちろん見ていないし、LINEでもやりとりが乏しく、連絡があまりとれない。

お客様から送ったイメージロゴをプロ仕様にせず、そのまま利用。。。

 

外壁が白いのに、背景が白い看板。。。。

ありえないだろ?

有りにしたとしても、文字が小さくて細い。

ありえないだろ?

大通り沿いで店が軒を連ねる。他店と色が被り目立たない。

どこからどこまでが、その店なのか。

ありえないだろ?

ナチュラルな感じを押し出したいからと言って、茶色と緑だけじゃ暗いだろ。

何か暖色系の差し色は入れなくていいのかい?

 

つっこみどころが満載で、びっくりした。

 

チラシやパンフレット、名刺や看板、のぼり。

あらゆる印刷物をデザイナーに依頼するときは、

あなたの話に、悩みに、親身に耳を傾けてくれる人にしよう。

意見を気軽に遠慮なく言える人にしよう。

 

そして、レスポンスが早くて、連絡が途絶えない人にしよう。

少しでも、ちょっとでも違和感・不信感をおぼえたなら

そこでキャンセルしてしまった方がいい。

 

打ち合わせの段階なら、まだ請求はないだろうから。

 

大切な広告宣伝費を無駄にしてはいけない。

あなたの想いを汲み取って、

一緒に作り上げてくれるデザイナーに依頼しよう。


からだこころ健幸協会の会長名刺デザイン

 

大分県杵築市から健幸発信!!

“健幸”はご自身の、家族の、地域の財産です。

からだこころ健幸協会・会長の名刺デザインです。

 

ダマリは、2016年9月に大分県杵築市に鹿児島から移住。

そして、杵築市で初めてお仕事をさせていただいたのが

からだこころ健幸協会・会長の小田さんです。

いつもありがとうございます(^^)

 

「からだこころ健幸協会」が発足する前に小田さんと出会い、

協会パンフレットを以前、制作させていただきました。

協会パンフレットデザイン

 

小田さんと打ち合わせをすると、エネルギーが伝わってきて

沢山の未来への想いを語ってくださるので、いつも圧倒され

わくわくして、とても体が熱くなります。

 

スタジオ魔法つかいの代表でもある小田さん。

いつも魔法をかけられっぱなしです(^^)

 

今回、この名刺制作のご依頼をいただいたときも

「ご縁が広がる名刺に」と想いを伝えてくださり、

名刺の背景に「七宝」という和柄を使用することになりました。

 

杵築市が城下町なので、和のテイストを活かすという意味もありますが

七宝柄は縁起の良い柄とされていて

円形が永遠に連鎖し繋がるこの柄に、円満、調和、ご縁などの願いが込められているそうです。

 

この柄。ダマリは以前から知っていたのですが

なぜ知っていたかというと

「8時だよ!全員集合!」の舞台背景に使用されていたんですwww

 

 

そういうこともあり、小田さんは

いつも地域・人々とのご縁を大切にして

お仕事をなさっていて、本当に素晴らしい方です。

 

からだこころ健幸協会さんで取得できる資格です。

 

 

テレビ出演や、イベント主催などなど

マルチにご活躍されている小田さん。

これからも、よろしくお願いいたします(^^)/

 

小田さんのブログに名刺紹介していただきました。

>「ご縁が広がる名刺にと想いを込めて

 

 

こころからだ健幸協会

スタジオ魔法つかい

●​きつきから笑顔を発信!!魔法つかいしげブログ


茄子の離乳食を作りながら思い出した【マラケシュの屋台で食べた茄子】

実家の弟が作った米ナスをもらってきたので

息子(生後7ヶ月)の離乳食仕込み。

アクを抜き、茹で、ブレンダーでペースト状にする。

 

あれ?この茄子のペーストに見覚えが。。。

ああ!そうか!

マラケシュの屋台で食べた茄子だ!

 

 

モロッコへ行くならはずせない「マラケシュ」。

ここのマラケシュ旧市街地に、ジャマ・エル・フナ広場という

屋台が立ち並ぶ観光スポットがある。

 

 

昼間の広場には、オレンジジュースなどのフルーツジュース屋台、

ヘビ使い、ヘナの屋台、大道芸人などが

ポツリポツリとあるくらいだが、夕方になると一転!!!!

 

 

100件以上の食べ物の屋台が、ひしめき合って軒を連ね

ボルテージマックスになること請け合い!!!

 

 

屋台には、番号がふられていて

旅人の間で「4番が美味しいよ!」「14番のフライがうまい」

「ソーセージを食べたいなら31番!」と会話が交わされる。

 

 

今回ダマリが紹介する茄子は、確か4番の屋台。

一緒にいたドミ友が揚げ物メニューの中から「茄子」を注文。

茄子!?と思ったが、これが大正解!

 

 

茄子を揚げて、それをぐちゃぐちゃに潰す。

そう、離乳食を作りながら思い出していたのは

このぐちゃぐちゃになった、茄子のペーストだ。

 

このペーストをホブスというモロッコパンに挟んで食べるのだが

これがめちゃくちゃ旨い!!!いい体験だった。

 

 

余談だが、マラケシュの揚げ物は全部おいしかった。油が新鮮だからかな?

ダマリが好んでよく食べたのは魚のフライ。

なんの魚かはわからないけど、キスの天ぷらみたいでハマった。

 

 

世界各国から来た旅人たちが、屋台に集結するあの熱気は

なんともい心地が良い。アルコールは一切ないため酔っ払いもいないし。

あの数の屋台が、毎晩出没するなんて本当にすごい。

 

 

あの時のドミ友達は元気かな?

また、行こう。次は大きくなったチビも一緒に。


大切な書類などの撮影写真をスマホで簡単に整理し見返す方法

セミナーや講座で、スクリーンやホワイトボードなどの情報を

画像で残すために、スマホ撮影しますよね?

 

例えば、重要な書類やパスワード画面など

カメラアプリで撮影して画像で残すことが多いかと思うのだけど

みんな、その画像を見返してる?その場限りになってない?

 

もし見返すことになっても、カメラアプリで撮影すると

沢山の画像に埋もれて、探すのに時間をとられてない?

 

これは、ダマリ自身の反省を含め

スマホで簡単に整理して、簡単に見返す方法をご紹介。

 

使うのは、スマホに入っているメモ。

 

 

例えば、セミナー当日、前にあるスクリーン画像を撮影するときや

大切な書類をその場で撮影するとき

カメラアプリを開くのではなく、メモアプリを開いて撮影する。

 

 

メモアプリを開いて、一番下にある、このクロスマークをタップ。

 

 

すると、こういう画面が出てくるので「写真またはビデオを撮る」をタップ。

そのまま撮影すれば、このメモ帳に、画像をまとめて貼ることができる

 

 

 

↑こういう感じにメモにまとめて画像を貼れる。

 

 

 

↑画像を見返したい時は、メモアプリのリストからタップすれば

いつでも簡単に見返すことができる。

 

メモアプリは、便利な機能が沢山!

自分なりの使い方で、快適ライフを(^^)b


ビジネス論学ぶ前に水商売の「おもてなし」力を養うべし

 

わかっているはずなのに、全くわかっていない「おもてなし」

先日、株式会社アドコンセプトの飯田社長のセミナーに参加して

改めて「おもてなし」について思い知らされた。

 

数多くの同業他社が在る中で

「選ばれる会社」になるには、当たり前のサービスだけでは選ばれない。

それ以上にある、見えないもの「おもてなし」ができてこそ選ばれる。

 

この「おもてなし」。

お客様へ思いを馳せなければ、できない。

相手側に立って物事を考える力を、日頃から養わなければなかなかできないことだ。

 

ダマリは、マーケティングだの企画力だのと

そういうものばかり追い続けていたが

結局、行き着く先は人間力。「おもてなし」ができる人。

 

「おもてなし」の一流は、水商売だとダマリは思っている。

飯田社長も銀座のママ・白坂亜紀さんをメンターとしている。

 

ダマリの母は、宝塚音楽学校を経て大阪・新地で歌手をしていた。

そういう経緯もあり、長い間「ママ」だった。

日中は美容師、夜はママ。

 

夜になると、ビシッと着物を来て出勤する。

学生の頃、水商売が大嫌いだったダマリは

ママとして働いている母が嫌いだった。

 

男の人に媚をうって、ヘラヘラして、嫌な商売。気持ち悪い。

こんな風に思っていた。

 

母は「一度、スナックで働いてみるのも良い経験になる」とダマリに良く言っていたが

今になって、母がそう言っていた意味がよく分かる。

水商売は、相手を喜ばせ、楽しませ、話を聞き、気持ち良い空間・時間を提供する。

 

タバコに火をつけ、空いているグラスにそそぎ、

おしぼりをタイミングよく渡し、美味しい料理でもてなし、笑顔で話を聞く。

自分自身も髪の毛も綺麗にセットして、化粧をし、身ぎれいに整える。

 

相手を思いやるだけではダメで、思いを馳せなければ

思いやり以上のことはできない。

この「思いやり以上」こそに現代のビジネスは成り立っていると思う。

 

こんな文章を打ちながら

今までの自分の猛反省。。。。。

飯田社長がいつも言っている for me か for you か。

 

さて、選ばれる会社になれるのか

デザイン屋Damalish.com。


<< | 2/139PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県に夫、長男、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ