今日の一枚「マラケシュナイト」

 

モロッコ中央部に位置する都市マラケシュ。

ベルベル語で「神の国」という意味。

 

マラケシュ滞在中は、毎日が夢心地で

何もかもが新鮮でエキサイティングだった。

 

マラケシュの昼と夜は、違った楽しみ方ができる。

昼間のスーク(商店街みたいな市場)も楽しいが

夜は、あちらこちらにモロッコランプが灯り、観光客を楽しませてくれる。

 

マラケシュから日本へ帰国するなら購入も考えるが

旅人は、お土産なんて買えない。

見て楽しむのが精一杯だ。

 

ダマリは、欲しいけど買えないものは写真に収めることにした。

旅先で買うものは「マグネット」だけと決め、

行った先々のマグネットを購入しては、日本へ送っていた。

 

マラケシュナイト。

かなり楽しめるので、羽目をはずしすぎないように。


奄美大島のハートロック

鹿児島県奄美大島。

ダマリは、島に11年住んでいた。

 

昔の奄美にはなかった観光スポットが次々とできて

今回紹介する「ハートロック」もいつの間にか

存在するようになり、パワースポットと呼ばれている。

 

奄美空港から車で15分。

龍郷町に「ハートロック」と呼ばれる

自然にできたハート型の青い潮だまりがある。

 

ダマリが行ったときは、看板もなにもなかったが

今では看板があるので

誰でも簡単に迷わずいけるはず。

 

現在は、ハートロックを見る際には

「うふた」という宿に駐車することを案内されているそう。

路駐などはせず、こちらを利用しよう。

 

 

駐車場に車を停めて、立て看板沿に歩く。

生い茂ったジャングルのような入り口に着く。

 

 

ダマリが行ったときは、あいにくの雨模様。

大きく育ったクワズイモの葉っぱを雨よけに。

 

 

海岸が近くなってくると、アダンの木がお出迎え。

潮騒の音も大きく聞こえてくる。

 

入口から海岸までは3〜4分。

ハブ注意には要注意。暗くなってからの通行は避けるべし。

 

 

砂浜が見えたら右手に進む。2つめの岩場にジャジャ〜〜〜〜ン!

ハートロック到着!

しかしながら曇り空で残念な色合い。

 

 

ハートロックは、干潮時に訪れる必要がある。

干潮時には見つけられるが、満潮時には海の中。

 

訪れる季節はなるべく春がいい。

岩場に、海苔が生えてハート型がよりくっきりみえる。

 

ハートロック周辺には、カフェやジェラート店など

色々あるので観光ルートにはもってこい!

奄美大島を訪れた際は是非(^^)

 


糸島にある自然治癒力サロンのショップカードデザイン制作

本当のあなたに還る場所

福岡県糸島にある自然治癒力サロンなちゅらっくすさんの

ショップカードデザインです。

 

福岡県糸島の自然治癒力サロン「なちゅらっくす」代表・堀脇さんより

ショップカードデザイン制作のご依頼をいただきました。

誠にありがとうございます(^^)

 

堀脇さんとは、面識はなく

facebookでお友達になったことがきっかけで

ご縁をいただきました。

 

「ハガキサイズのショップカードを作りたい」

堀脇さんに限らず、最近ハガキサイズのショップカードの

ご依頼が多いです。

 

サロンのイメージを掴むために、実際足を運んで見るのが一番なのですが

それができないときは、とにかくクライアントからイメージを引き出すのが

デザイナーの仕事です。

 

他愛もないことや、その方の趣味・思考

そしてお店への思い。などなど。

裏の心理に隠れている背景をどれだけ聞き出せるか。

 

これが、デザイン制作で大半を占めます。

 

●ハガキサイズショップカード表面

サロンの想いを最初に綴り、どんなお客様向けのサロンなのかを表面で伝えます。

そして、堀脇さんの写真をいれることで、親近感を持たせるようにしました。

 

 

●ハガキサイズショップカード裏面

何度か修正を繰り返し、メニューをまとめました。

あまり沢山の文字を載せると、読む気が失せます。

色は、アースカラーと差し色で堀脇さんの制服の色をチョイスしました。

 

 

自分のコアを見つめ直して、自然治癒力を高めたい方は

ぜひ、なちゅらっくすさんへ(^^)

 

●なちゅらっくす HP https://naturax.jp/

●ブログ 福岡 家族も私も元気にしたい欲張りママの不調と不満を改善!自然治癒力アップでピカピカハッピー!

 


ヒーラー&パステルアーティストの名刺デザイン制作

 

ストレスを抱える人の

心の「元氣力」を高める

ヒーラー&パステルアーティストの名刺デザインです。

 

鹿児島市で活動されている

ヒーラー&パステルアーティストの春風みゆきさんより

名刺デザインのご依頼をいただきました。

誠にありがとうございます(^^)

 

春風さんとは、面識がなかったのですが

同じ「かさこ塾生」ということでお話をいただきました。

ありがたいです。

 

かさこ塾生から、名刺制作のお話を頂いた時には

必ず、「塾で制作した名刺」と「塾生からのダメ出し」を見せていただくことにしています。

そこに、プラスアルファ(マイナス)して練っていきます。

 

春風さんの活動内容を理解する必要があったので

ブログの記事を読むことからはじめました。

 

春風さんだけではなく、他の方の名刺制作をするときは

ブログの記事で、どういう人なのか、どういう活動をしている人なのかを

分析します。

 

 

名前が「春風」なので

春の風のイメージで色をまとめました。

あたたかい光を感じるような。

 

 

メニューの文章は、何度もやりとりをして修正しまとめました。

多くのメニューを載せたい気持ちも分かりますが

一番の柱となるメニューを載せ、あとはネットツールに引っ張るようにします。

 

レイキ・パステル和アート・曼荼羅アートで

自分自身を整えたい方は、ぜひ春風さんのブログをのぞいてみてください(^^)

 

 

こころに温かなエネルギー【レイキ】【パステルアート】 心の元氣力を高める ”春風みゆき” のブログ

春風みゆき ホームページ


ダマリの着せ替え人形エピソード

拭き掃除をするときに

洗面台に水を張るわけだが

その時に、ふっと思い出すエピソードがある。

 

小学生のダマリは、3体の着せ替え人形を持っていた。

その人形たちの洋服を洗面台で手洗いをして

「洗濯」という行為を楽しんでいた。

 

洗濯して、絞って、干す。

これが一丁前になったような感じで、満足していた。

 

ここで、持っていた3体をご紹介。

 

一人目は、リカちゃん。

調べたところによると、ダマリが持っていたのは2代目らしい。

髪はストレートではなく、クリクリしていて、バラの飾りを付けていた。

 

3体のうち、一番身長が低かった。

そこで、ダマリは人形の首をカポッ!とぬいて

3体の顔と体を入れ替えていた。

 

思い返せば、子供って残酷だなぁ………と思うのが

リカちゃんの腕をハサミで切り落とし

ティッシュを巻いて、ケガ人として扱っていた。(怖っ!)

 

 

二人目は、クリーミィマミ。

1980年代、当時大人気だったアニメ。

 

この人形の髪の毛を洗って、ストーブの上で乾かそうとし

人形の髪の毛がドレッドヘアのようにチリチリになった。

そこから、あまりこの人形を好まなくなったw

 

リカちゃんに続き、膝小僧にカッターで切り込みを入れ

またしても、負傷者としていた。(怖っ怖っ怖っ!)

 

 

3人目は、ジェニー。

タカラバービーとして発売された。

 

ジェニーは、リカちゃんよりも大人でおしゃれで

身長も高く、おしゃれな洋服が沢山売っていた。

基本的に買ってもらうのは、ジェニーの服ばかりだった。

 

お気に入りの服は紫の着物。

他にも、母が色々手作りドレスなどを作ってくれた。

 

長い髪が魅力のジェニーなのに

ジョキジョキと髪の毛を切ったりもした。

 

 

ダマリは、この3体の人形と

弟の戦隊モノの人形でダマリワールドを作り

もくもくと一人で遊んでいた。

 

今思えば、ストーリーを作って永遠と遊んでいられる力って

本当にうらやましい。

人間にとって一番大切なのは「想像力」だと思っている。

 

赤毛のアンのように、イマジネーションの世界を自分でつくる力。

自分の子どもも、想像力溢れる子に育ってほしい。

人形たち、本当にお世話になりました。ありがとう。


<< | 2/133PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ