【ペルー】アレキパから行くYURA温泉

ペルー第二の都市アレキパ。別名「白い町」。

ダマリは、ペルーの首都リマの日本人宿にあった宿帳に

「アレキパは良い!」という旅人の感想をたくさん目にして、行くことに決めた。

 

リマ→ナスカと旅を経て、ようやくアレキパへ。

噂通り、過ごしやすく、宿も快適すぎて、予定より長く滞在してしまった。

 

ある日、「YURA」という温泉があるということを耳にする。

ペルーでの温泉は、これで2度目となる。

 

公共のバスターミナル。バスに「YURA」と書いてあるからわかりやすい。

 

ギアのドクロがかわいいw

 

YURA(ユーラ)は、アレキパからバスで約1時間。

 

 

到着!!なんだかリゾートっぽい!

とスパのような感覚でいたら大間違いw

温泉は、この建物の一角にあった。

 

 

じゃじゃ〜〜〜〜ん!

なんだ、この芋洗のような温泉は。

なぜこんなに小さく区切られているの?

 

想像を絶する狭さと、芋洗状態に愕然としたが

これは、楽しむしかない!と頭のスイッチを入れ替える。

水着に着替えて、いざ入浴!!!

 

ダマリも体が大きい方だが、ペルーの方達もそれはそれはデカイ!

湯船に使っても、隣の人の肌が触れるほどに芋洗。

本当に自分が芋になったようだった。

 

とにかく、目を閉じて、温泉が体に染み渡るのを感じるのみ。

でも、ぬるいのよねぇ〜〜〜〜〜〜。

 

ここは、地元の人が集う湯治場なんだろう。

観光客がくる場所ではないw

でも、地元の人たちの生活を身近に感じられるのは、とても良い。

 

あとで調べてわかったが、温泉はここだけではなく、

他の建物の中にもあるらしい。

 

泉質は、硫黄みたいな匂いがして、ちょっとラムネ湯っぽかったかな。

 

みなさん、世界を旅するときは、水着を持っていきましょう〜!

どこでどんな温泉に巡り会えるかわからないよ(^^)v

 

 


ブラジルでW杯を観戦するの巻

 

FIFA W杯ロシア開幕!

普段は、サッカーに興味ないけど

ワールドカップだけは、やっぱり観てしまう。

 

 

8年前のW杯。

私は、サッカー大国である南米を移動中で

日本VSブラジル戦の時に、ちょうどリオ・デ・ジャネイロにいた。

 

 

アルゼンチンからブラジルへ入国する際

「HONDA!HONDA!」と声をかけられ

私は本田選手をその時知らなかったため、なんのことだか分からなかった。

 

ブラジルは、母国のサッカー試合が始まる日、街中が静かになる。

みんな試合を観るために、室内に閉じこもるからだ。

こういう時は、外に出ると犯罪に会う確率が上がる。

 

閑散とした街。お店はシャッターまで閉めている!

 

 

 

日本VSブラジル戦の時、リオのゲストハウスにいたが

共有スペースであるカフェに皆んな集まり

熱気にあふれていた。

 

ブラジル人と観るサッカー観戦。

それも、戦いの相手同士。

なんだかとても鳥肌が立つ時間となった。

 

ゲストハウスのカフェでビールを飲みながら観戦!

 

その試合は、もちろん(!?)ブラジルが勝利したが

とっても良い試合で、「もしかしたら勝つかも!」という

ブラジル人も冷や汗の試合だった。

 

試合を終えた後、ブラジル人たちが

私に、「日本人はよくやったよ、すごかった」「本田はすごい」と言ってくれ

なんだか嬉しくなったことを覚えている。

 

今年のW杯は、どんな熱い試合を観せてくれるか

楽しみだ。


富士山よりも高い位置にあるチチカカ湖【葦(アシ)の島ウロス島】

 

鹿児島のマンションに住んでいた頃。

ペルーとボリビアの国境付近に位置するチチカカ湖の「ウロス島」で購入した刺繍の布に木枠を付けて

玄関を開けた正面に掲げていた。

 

チチカカ湖の標高は、3810m。富士山よりも高い位置にある湖。

ツーリストの中には、高山病に悩まされる人もいる。

酸素濃度が薄いため、ちょっとした坂道も足取りが重くて息切れしやすい。

 

湖面の60%はペルー、40%はボリビア領。

琵琶湖の12.5倍の大きさで、島が41存在する大きい淡水の湖。

ダマリは、ウロス島、タキーレ島、アマンタニ島を巡る1泊2日のツアーに参加した。

 

 

この女の子から、刺繍の布を購入。

ウロス島の営みが全て刺繍で表現されていて

一目惚れして即購入。色使いも鮮やかで美しい。

 

 

観光客への土産物は、ウロス島の土台になっている葦(アシ)

"トト ラ"というイネ科の植物でできた工芸品が多い。

島も、家も、船も。何から何までトトラでできている。

 

 

ウロス島は、チチカカ湖に浮かんでいるのではなく、チチカカ湖に生えているトトラを刈り取り、

その根の塊を浮島の土台とし、ブロックのようにして束ねたトトラを3mほど重ね、

さらにその上に敷き藁のようにしてトトラを敷き詰めてできている。

 

 

湖の上に存在する島のため、魚料理や芋、キヌアが主食。

ワカサギ釣りのように、穴を開けて、そこに糸を垂らして魚を釣っていた。

島には、電気も通っていて、TVもあった。

 

 

「日本人は、フラミンゴを食べるんだろ?」という、

変な誤情報をアメリカ人から聞いたww

 

 

日本人との出会い!!!!うれしぃ〜!

チチカカ湖1泊2日ツアーで一緒になったレイチェルさん(^^)

今でも時々、メッセージのやりとりをしている。

 

 

Hasta la vista!
さようなら、また!

 

 

チチカカ湖には、インカ帝国発祥の島がある。

ペルー・ボリビアを旅する際は、外せない。


スパイシーモスを食べながらメキシコの味を思い出す

今日のランチは、モス。スパイシーモスチーズを注文した。

ハラペーニョが青臭くてピリッとしてうまい。

この味は、中南米・南米にかけてよく食べた味に似ている。

 

メキシカンフードで有名なのは「タコス」だが

意外や意外、メキシコであまりお目にかからず

ふと歩いていた露天でやっと出会えたため、すかさず食べることに。

 

具材が色々あるので、指をさしてオーダー。

 

 

タコスは、トウモロコシの粉で作ったトルティーヤに、

様々な具材を挟んで食べる軽食。そこに、緑のサルサや、赤のサルサをお好みでかけて食べる。

 

 

牛肉と、コリアンダーと玉ねぎの刻んだもの。備え付けに、ミニ玉ねぎの丸ごと素揚げが(^^)

トルティーヤでクルクル巻いたブリトーは、メキシコに入国して初めて食べた。

ブリトーって結構ボリュームもあるし、大きいけど、タコスは小さいからちょうどいい。

 

 

これは、タコス・ドラードス。普通のタコスだと思って注文したら、これがでてきてビックリ。

タコスをロール状にして揚げたもの。サワークリームソースとアボカドがのっかって綺麗!

これは、おしゃれなタコスだったなぁ。後ろにうつっているのが緑のサルサ。ハラペーニョ味で美味い。

 

 

この写真は、メキシコシティの地下鉄にあるパン屋さん。

ご覧の通りたくさんのパンが並び、好きなものを選ぶとトーストしてくれる。

そして備え付けの、サルサや刻みコリアンダー、トマト、玉ねぎを好きなだけ乗せることができる。

味的には、スパイシーモスww

 

意外だったのは、メキシコにはパン屋さんが多くて

それも、とっても美味しい!メキシコを離れるときに、自分用に買った程。

カフェ・コン・レーチェ(カフェオレ)とメキシカンパンで、毎日美味しい思いをしていた。

 

スパイシーモスチーズで、メキシコに思いを馳せることができたいい日だった。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


南米備忘録「ボリビアからチリへ」

 

ペルーからボリビアに入国して、首都ラパスから下り、ウユニへ。

ウユニから二泊三日のツアーに参加し、

チリに抜けたい人は、ここで降ろされる。

 

ここから、小さなバンに乗りかえ

チリ側の国境の町「サンペドロ・デ・アタカマ」へ移動することになる。

 

 

地理がわかりづらいと思うので、地図を貼ってみる。

 

 

この国境で、キツネと遭遇。

野生のキツネをみたのは、これが初めてだった。

 

キツネに別れを告げ、チリへ入国することとなる。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/5PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ