【ペルー】首都リマからナスカへの風景

ペルーの首都リマからナスカへバスで7時間。

 

私は、長距離バスに乗る際、できるだけ前の席を予約する。

そうすると、先頭からの車窓は、まるで映画のスクリーンのように

迫力ある景色が次々と現れ、その都度ライブで楽しめる。

 

国から国へ移動する際の、文化のグラデーションが

私にとってはたまらない。

 

 

朝、ペルー首都リマを出発。

ひたすら砂漠をゆく。

 

 

時折、海が見えると、閉塞感から抜け出せた気分になるのはなぜだろう。

 

 

 

ペルーでお世話になる乳製品の会社。

 

 

 

 

ひたすら砂漠。

 

 

途中で停まった、ピスコ、パラカス。

砂漠を抜けて、一気にリゾート地。

 

 

フジモリ大統領の娘KEIKO。

選挙の看板があちこちに。

 

 

砂漠にいると、フルーツがめちゃくちゃ美味い。

 

 

 

アメリカのアリゾナもこんな感じだったけど、色が違う。

この付近は、白い。

 

 

 

 

お。この辺りから、ナスカの地上絵付近。砂漠から黒い大地へ。

 

 

丘に見える線も、地上絵の一部。

 

 

ナスカの町に滞在し、最終日にみたミラドール(展望台)からの道路。

ここをまっすぐ行くとナスカの繁華街へ。

この道路両端に、ナスカの地上絵が広がる。

 

南米の魅力に取り憑かれた顔。この後、2カ月南米の旅を続けた。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


インカ帝国の旅のお供は、高山病予防のコカの葉

日本から、急にペルーやボリビアに入国すると「高山病」に悩まされる人が多い。

 

南米ペルー、ボリビアのお決まりコースと言えば

リマから入国して、ナスカの地上絵を見て、マチュピチュに登り、

隣のボリビアに入国して、チチカカ湖からウユニ塩湖へ向かう。というもの。

かくいう私も、このお決まりコースを堪能した。

 

もし、ペルーやボリビアを旅しようという人がいたら

リマ(1548 m)→ナスカ(520m)→アレキパ(2335m)→コルカキャニオン(3600m)→

クスコ(3399m)→マチュピチュ(2430m)プーノ(3827m)→ラパス(3640m)→ウユニ(3700m)

という風に徐々に高度をあげると高山病になりにくい。

ちなみに富士山は標高3776m。

 

私は高山病対策を全くしないで旅していたが

徐々に高度を上げていくルートを知らず知らずに取っていたため

倒れることも、薬を飲むこともなかった。

 

さすがに、コルカキャニオン(コンドルの渓谷)へ行った時、

標高4800m付近を移動していた時は、頭がグワングワンして、二日酔いの最悪バージョンのようだったが。

多くのツアー参加者は、この高山病に悩まされる。

なんのために、南米に来たの?というほど、何日も寝込んで旅を終える人もいる。

 

高山病にならないようにする救世主。

それがコカの葉。

言わずと知れたコカインの原料。

 

↑コカの葉。旅のおまじないにも使用する。

 

ペルーとボリビアでは、コカの葉が普通に流通している。

コカの葉をガムのように噛んだり、コカ茶を飲む。

私も何枚か持っていて、移動中に噛んでいた。噛んでいると、少し痺れる。

 

↑コカ茶。砂糖をたっぷり入れる。

 

コカ茶は、緑茶を薄くしたような味。

コカの葉をコップに入れてお湯を注ぐシンプルなもの。

私のお気に入りは、コカの葉と、ムニャという植物のブレンドティ。

私は、このムニャの匂いが好きだったし、匂いを嗅ぐと頭がクリアになって頭痛も軽減された。

 

↑アンデスの植物ムニャ。いい香りがする。

 

↑ムニャ茶。山椒みたいな匂い。というのが近いかなぁ?

 

現地には他にも、コカの葉が混じっているチューイングキャンディなどもあり

コカの葉がとても身近なものとなる。

 

ただ、気をつけなければならないこと。

それは、出国する時。

 

私は陸路でボリビアからチリへ入国したが

徹底的に荷物を調べられる。

コカの葉を持ち出さないように、警察犬がクンクン嗅ぎ回る。

お土産用に、葉っぱを持ち出すことはできない。

 

空路で日本に帰国するならなおさら、

加工されたお菓子やティバッグも違法となる。

「持ち込めたぞ!」という人も沢山いるけど

没収されるかされないかの、ヒヤヒヤ感は味わいたくない。

 

南米へいざ!

 

お決まりのマチュピチュにて。

 

関連記事:【PERU】タビオンナvol.1〜コンドルは飛んでゆく♪コルカキャニオン

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

電子版制作代行いたします!

「自分で電子版カタログ作るの面倒だなぁ。やってくんない?」

という方は、デザイン屋Damalish.comにご相談ください(^^)/

 

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【PERU】地球めしvol.14〜タジャリン・サルタド Tallarin saltado

 

私がペルーに入国して初めて口にしたのが

このタジャリン・サルタド。"ペルー風焼きうどん"とでも申しましょうか。

タジャリン=麺、サルタド=炒めたもの、という意味。

 

お腹が減ったので、雰囲気の良さげなレストランに入る。

どんな食べ物かもわからず、メニューのおいしそうな写真で決定。

 

ドリンクメニューには"インカ・コーラ"と書かれていて、

これも一緒にオーダーした。

 

 

じゃん!これが、本場のタジャリン・サルタド。

また、この料理にはインカコーラが合う!

 

 

Peru

 タジャリン・サルタド  Tallarin saltado​

 

ペルーには約1ヶ月滞在したが、この麺料理は何度も食べたお気に入り。

ペルーには中国移民が沢山流れてきたせいもあり(ペルー人の15%が中華系)、

中華店も多く存在する。

 

料理名に"Chifaチーファ(中華)"と書かれていたら間違いなく美味しい。

タジャリン・サルタドは、世界中どこにでもある材料で作ることができるため、

バックパッカー料理としても何度も作った。

日本人の舌に馴染みやすい味。

 

 

■材料(4人分)

・パスタ…400g
(パスタはなんでもOK。おすすめは、平麺のフィットチーネ)
・トマト…2個
・玉葱…1個
・ニンニク…1カケ
・牛肉…300g ※南米は牛肉が安い!!
・酢…大1
・醤油…大2
・塩・胡椒…少々
・油…大2
・パセリorコリアンダー…少々

 

■作り方

step 1

パスタをアルデンテに茹でる。

 

step 2

肉、トマト、玉葱をクシ切りにする。
ニンニクはみじん切りか、おろしニンニクを使う。

 

 

step3

フライパンか中華鍋を熱し油をひく。

ニンニクを入れ香りが立ったら、肉を入れ表面に焼き色が付いたら、
トマト、玉葱の順で野菜を入れ、炒める。(玉ねぎはしんなりなりすぎないように注意!)

 

step4

(3)の鍋にパスタとゆで汁少々を入れ、酢、醤油を絡ませ、塩・胡椒で味を整え器に盛る。
刻んだパセリかコリアンダーをトッピングして出来上がり♪
(固形ブイヨン等のダシをこの時点で加えるとより深い味わいに)

 

ちょっと洒落たタジャリン・サルタド

ペルーのクスコビール「クスケーニャCUSQUENA」と共に。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

2017年4月16日(日)好きを仕事にする見本市かさこ塾フェスタin東京浅草橋

マガジンブースに置かせていただきます!

興味をお持ちの方は、お気軽にお持ち帰りください(^^)/

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com

〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 


【PERU】タビオンナvol.1〜コンドルは飛んでゆく♪コルカキャニオン

グランドキャニオンよりも2倍深い渓谷 コルカキャニオン

 

 

私が親に、心から感謝した場所、ペルーのコルカキャニオン。

コルカとは、スペイン語でコンドルのこと。

有名な「コンドルは飛んでいく」を連想させる旅行者には人気のある渓谷。


なぜ私が親に、心から感謝したのか。

それは、心配だった高山病も軽く済み、元気にツアーを楽しる体をもらったから。

こんなに丈夫な体をありがとう、お父さん、お母さん。

 

コルカキャニオンは、アレキパから170km離れた場所にあり

途中標高5000m近い場所を通過しなければならない。

 

私が参加したツアー会社のワゴン車には、7名のツーリストが乗車。

そのうち2名は、高山病でずっと寝たきり、、、楽しむ間もない。

 

高山病になったのは、ベルギー人とフランス人だったが、白人の人が真っ青になると

本当に死ぬのではないか!?と思うくらいに青白くなる。

ずっと、酸素ボンベしていたっけな、、、

 

私も、だんだん標高が高くなるにつれ、なんだか頭が重く二日酔いみたいな感覚になった。

一番高い場所にいることを知らされると、より体が鉛のように重く感じた。

たぶん、旅の疲れもある。

 

私は、地上絵で有名なナスカの町で、1泊2日の"コルカキャニオンツアー"を申込んだ。

ナスカからアレキパまで長距離バスで9時間。

アレキパという町に到着するやいなや
休む間もなく、ツアーのワゴンに乗り込んだ、強行スケジュール…。

またそこから4時間半のワゴン車移動なわけで。

 

アンデス  パンパに生息するリャマ

 

アレキパから出発して、標高3000~5000m級の山をゆく。
富士山より高い場所をドライブ…というのが不思議な感覚。

 

コカの葉 おまじないにも使用する

 

 

コカとムニャのハーブティ 緑茶の味に似ている 高山病予防になる

 

私は、高山病にはなりたくない!っと、とにかくコカの葉が練り込まれている
チューイングキャンディーを噛んだり、コカの葉自体を噛んだり、
ムニャというアンデスに自生しているハーブのお茶を飲んで
自分なりに緩和していた。

 

 

アンデス山脈 下に棚田が見える。色とりどりの工芸品が美しい。

 

コンドル見学がメインのツアーだが、霧が出たために1羽しか見ることができなかった、、、。

でも、移動中の車窓は見たことのない風景ばかりで、最高。空が近い。

 

 

リャマやアルパカ、ビクーニャがのびのびと生活している。
ツアーで泊まるチバイ村の近くには温泉もあった。温泉につかると高山病が緩和されるらしい。
少しぬるめだったけど、とても気持ちが良かった。

 

リアルドーラおばさんことチョリータが、ペルーには沢山いる。

 

あまりの標高の高さに、私のiPodが動かない!というハプニングが。

iPodが高山病になったのだ、、、
2500mの標高にあるアレキパに戻ると、無事に動きだしたけどね。

 

 

コルカキャニオンツアーを終えた私は、アレキパに到着。

アレキパは陽も沈みかけていて、ツアー参加者はホテルに戻っていく。

 

私には、帰るホテルなどなかった。宿も決めていなかった。

あるのは、日本人宿の住所と電話番号を走り書きした紙。

 

でも、どうにかなるさ。って思える自分がそこにいた。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
チラシ・名刺などの印刷物デザインのご依頼はDamalish.com(ダマリッシュドットコム)
★Damalishフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalishツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalishインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/2PAGES |

ホームページ

プロフィール

ダマリ
ブランディングデザイン
ダマリデザイン室
代表 クリエイティブディレクター
趣味:乗馬 旅歴:22ヵ国
夫・息子1歳・黒猫と
鹿児島県霧島市在住
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ