富士山よりも高い位置にあるチチカカ湖【葦(アシ)の島ウロス島】

 

鹿児島のマンションに住んでいた頃。

ペルーとボリビアの国境付近に位置するチチカカ湖の「ウロス島」で購入した刺繍の布に木枠を付けて

玄関を開けた正面に掲げていた。

 

チチカカ湖の標高は、3810m。富士山よりも高い位置にある湖。

ツーリストの中には、高山病に悩まされる人もいる。

酸素濃度が薄いため、ちょっとした坂道も足取りが重くて息切れしやすい。

 

湖面の60%はペルー、40%はボリビア領。

琵琶湖の12.5倍の大きさで、島が41存在する大きい淡水の湖。

ダマリは、ウロス島、タキーレ島、アマンタニ島を巡る1泊2日のツアーに参加した。

 

 

この女の子から、刺繍の布を購入。

ウロス島の営みが全て刺繍で表現されていて

一目惚れして即購入。色使いも鮮やかで美しい。

 

 

観光客への土産物は、ウロス島の土台になっている葦(アシ)

"トト ラ"というイネ科の植物でできた工芸品が多い。

島も、家も、船も。何から何までトトラでできている。

 

 

ウロス島は、チチカカ湖に浮かんでいるのではなく、チチカカ湖に生えているトトラを刈り取り、

その根の塊を浮島の土台とし、ブロックのようにして束ねたトトラを3mほど重ね、

さらにその上に敷き藁のようにしてトトラを敷き詰めてできている。

 

 

湖の上に存在する島のため、魚料理や芋、キヌアが主食。

ワカサギ釣りのように、穴を開けて、そこに糸を垂らして魚を釣っていた。

島には、電気も通っていて、TVもあった。

 

 

「日本人は、フラミンゴを食べるんだろ?」という、

変な誤情報をアメリカ人から聞いたww

 

 

日本人との出会い!!!!うれしぃ〜!

チチカカ湖1泊2日ツアーで一緒になったレイチェルさん(^^)

今でも時々、メッセージのやりとりをしている。

 

 

Hasta la vista!
さようなら、また!

 

 

チチカカ湖には、インカ帝国発祥の島がある。

ペルー・ボリビアを旅する際は、外せない。


スパイシーモスを食べながらメキシコの味を思い出す

今日のランチは、モス。スパイシーモスチーズを注文した。

ハラペーニョが青臭くてピリッとしてうまい。

この味は、中南米・南米にかけてよく食べた味に似ている。

 

メキシカンフードで有名なのは「タコス」だが

意外や意外、メキシコであまりお目にかからず

ふと歩いていた露天でやっと出会えたため、すかさず食べることに。

 

具材が色々あるので、指をさしてオーダー。

 

 

タコスは、トウモロコシの粉で作ったトルティーヤに、

様々な具材を挟んで食べる軽食。そこに、緑のサルサや、赤のサルサをお好みでかけて食べる。

 

 

牛肉と、コリアンダーと玉ねぎの刻んだもの。備え付けに、ミニ玉ねぎの丸ごと素揚げが(^^)

トルティーヤでクルクル巻いたブリトーは、メキシコに入国して初めて食べた。

ブリトーって結構ボリュームもあるし、大きいけど、タコスは小さいからちょうどいい。

 

 

これは、タコス・ドラードス。普通のタコスだと思って注文したら、これがでてきてビックリ。

タコスをロール状にして揚げたもの。サワークリームソースとアボカドがのっかって綺麗!

これは、おしゃれなタコスだったなぁ。後ろにうつっているのが緑のサルサ。ハラペーニョ味で美味い。

 

 

この写真は、メキシコシティの地下鉄にあるパン屋さん。

ご覧の通りたくさんのパンが並び、好きなものを選ぶとトーストしてくれる。

そして備え付けの、サルサや刻みコリアンダー、トマト、玉ねぎを好きなだけ乗せることができる。

味的には、スパイシーモスww

 

意外だったのは、メキシコにはパン屋さんが多くて

それも、とっても美味しい!メキシコを離れるときに、自分用に買った程。

カフェ・コン・レーチェ(カフェオレ)とメキシカンパンで、毎日美味しい思いをしていた。

 

スパイシーモスチーズで、メキシコに思いを馳せることができたいい日だった。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


南米備忘録「ボリビアからチリへ」

 

ペルーからボリビアに入国して、首都ラパスから下り、ウユニへ。

ウユニから二泊三日のツアーに参加し、

チリに抜けたい人は、ここで降ろされる。

 

ここから、小さなバンに乗りかえ

チリ側の国境の町「サンペドロ・デ・アタカマ」へ移動することになる。

 

 

地理がわかりづらいと思うので、地図を貼ってみる。

 

 

この国境で、キツネと遭遇。

野生のキツネをみたのは、これが初めてだった。

 

キツネに別れを告げ、チリへ入国することとなる。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【ブラジル.サンパウロ編】旅の危険を感じた出来事

 

バックパッカーの旅をしていると、

やはり危険な目にいくつか遭遇するものだ。

今回は、サンパウロでの出来事を書いてみる。

 

サンパウロは、ブラジルはおろか、南米大陸においてのメガシティ。

「人種のるつぼ」と習ったように、色々な人種が混在している。

そして、格差も激しい。

 

サンパウロは、私の両親が出会った街でもあり、

そして今でも、イトコや親戚が住んでいる。

私は、そこを訪ねて1カ月ほど滞在させてもらった。

 

 

イトコのお嫁さん、えみさんと、その子供2人と車に乗り

親戚の家へ向かう時の話。

えみさんは、左ハンドル運転席。私は右。後部座席に、子供たち2人。

 

楽しくドライブをしながら、ペチャクチャおしゃべりをして、

私もえみさんも気が抜けていた。

あんなに、「車の窓は、開けるな」と聞いていたのに…………。

 

 

サンパウロの高層ビルの合間を抜けて、

ある時、閑散とした街で、信号機が赤になり、

車を停めた時だった。

 

私たちの車を見計らったのように

小学高学年くらいの浅黒い男の子が3人ほど、車に駆け寄ってきて

10cmくらい開けていた窓から、長い手を入れてきて

「MANEDA(マネダ)! MANEDA!」と言ってくる。

 

MANEDAとは、Money。お金のこと。お金をくれと請求して来た。

わたしは、「NON(ノン)! NON!」と拒否。

えみさんも、何かポルトガル語で言ってる。

 

すると、少年の目が一瞬私の胸元にある

十字架のペンダントに目が向いたと思った瞬間、

ペンダントをガシッと握り、ブチッ!と引きちぎり、走り去ってしまった。

 

私は、追いかけようとしたが、

えみさんが「ダメだよ!美和ちゃん、あきらめて」と言う。

その子たちが向かった先には、もっと恐ろしい背景があるからだ。

 

十字架のペンダントは、プラチナで、母からプレゼントされたものだった。

あの子たちは、一瞬で、プラチナだと分かったのだろうか?

この一連の流れが、早すぎて、ポカーーーーンとしてしまった。

 

後々聞くと、その場所は、サンパウロでも危ない場所(ファベーラ)で

強盗・恐喝・スリなどが、頻繁に起こっている区域だったようで、

えみさんが、仕切りにあやまっていた。えみさんが悪いのではない。

私が、平和ボケして、窓を開けてせいだ。

 

その夜、母に電話して、プラチナのペンダントを取られたことをあやまった。

すると、母はこう言った。「その子たちが、少しでも潤うと思えば、それで良いよ」

「それだけで済んで良かった。お守りの役目も果たしてくれたね」

 

母が、サンパウロに住んでいた頃は、

流れ弾にあったことがあるという。

幸い、母にはファベーラに友人がいたため、助かったようだ。

 

旅は、楽しい。が、その反面、危険が潜んでいることがある。

自分の身は、自分で守る。

「恐れずに。 しかし、気をつけて」これから旅立つすべての人に。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【MEXICO】孔雀に魅せられてinドローレス・オルメド美術館

 

メキシコの首都メキシコシティにある「ドローレス・オルメド美術館」

私は、メキシコの情報をほとんど持たずに入国したため、

とにかくメキシコシティでは「フリーダ・カーロ美術館」に行けばそれで良いと思っていた。

 

が、日本人のドミ友が「とってもよかった!是非行って欲しい!」と

メモに行き方を書いてくれ、さっそく私は向かうことにした。

 

メキシコシティの電車はとても安く、1区間30yenほど。

とっても分かりやすくて、どこでも行ける。

この日は、快晴で最適な気温。最高に気持ちが良い日だった。

 

「ドローレス・オルメド美術館」は、

ディエゴ・リベラとフリーダ・カーロの作品が集まる美術館として知られている。

美術館の名前になっているドローレス・オルメドは、メキシコで成功した女性実業家だ。

 

 

作品もさることながら、美術館を囲む広大な庭園があり、

この庭園に、大きな孔雀が何羽も放し飼いにされていた。

光に照らされた孔雀の美しいことったら……。ブーゲンビリアと孔雀。あなた、綺麗ね✨

 

 

メキシコ固有の犬、アステカ犬という珍しい犬も見ることができる。

毛がないから、ブロンズ像みたいで………。

動いてないワンコは、「ん?リアル?」と疑うほどだった。ww

 

 

↑これは、ブロンズ像ww

 

 

素敵なカフェもあって、1日中ゆっくりできる場所だった。

絵画も素晴らしかったけど、私の中に一番印象に残っているのは

やっぱり、放し飼いの孔雀!

 

メキシコで孔雀に魅せられ、孔雀の羽のピアスを買ったり。

私の知っている孔雀は、保育園でも小学校でも

網できた小屋の中にいて、狭そうで、なんだか怖いイメージしかなかったけど。

 

 

ジャカランダと孔雀。

 

 

なんでこんなに色鮮やかなのだろう。

この時ばかりは、楽園にいるようだった。

素敵な美術館。とってもおすすめ!

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

仕事につながる名刺づくりアドバイス

あなたの名刺は、ただのカードになっていませんか?

ダマリと一緒に、仕事につなげる名刺を目指しましょう!

●アドバイス…(1時間)1人3000円

※オンラインも可能です。1名様〜

 

仕事につながる名刺づくり講座

自分でどうにか名刺を制作したい!でも何を入れ込めば良いか、

どういうレイアウトにして良いか分からない!方へおすすめです。

●講座…(2時間)1人3000円

※全国どこへでも出張可能です。5名様以上〜(※交通費別途)

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/4PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ