【SPAIN】地球めし/チョコラテ・コン・チュロスChocolate con churros

 

スペインのマドリッドを散策すると、チュロスの看板をよく見かける。

揚げたてのチュロスとチョコラテの甘い香りが通り中に漂っていて、

スペインでは、休日の朝にこれを食べることが多いようだ。

 

私も友人に、チュロス専門店に連れて行ってもらった。

カリカリのチュロスを、とろっとろのチョコラテに浸して食べる。

う〜〜〜ん、muy rico!これを日曜の朝に食べれたら幸せ〜!

 

人生初のチュロスは、ディズニーランドで食べた砂糖がかかったものだったけど、

スペインのチュロスは甘くなく、中国の油条に近い感じ。

甘くないから、チョコラテにたっぷり浸して食べるとちょうどいい甘さになる。

 

Spain

 チョコラテ・コン・チュロス Chocolate con churros

 

■材料(チュロス)

・薄力粉…120g
・塩…小さじ1/3
・バター…15g
※バターを入れたほうが風味がよくカリッと出来上がります。
・水…200ml
・揚げ油(オリーブオイル)…適量
・絞り袋(星型口金)

 

■作り方(チュロス)

step 1

薄力粉はふるいにかけておく。鍋に水と塩、バターを入れ、沸騰させる。


step 2

鍋を火からおろし、薄力粉を一気にいれて、手早くまぜる。


step 3
柔らかなお餅のようになるので、人肌程度に冷めたら

星形口金(必ず星形)のしぼり袋に入れて好みの長さに絞り出し、指でつまんで切って、揚げ油に入れる。
丸形口金だと破裂する場合があり危険!揚げるときは生地同士をくっつけないよう要注意!


step 4
中火できつね色に揚げ、できあがり♪
そのままで食べる場合は、グラニュー糖をかけてね!

 

 

■材料(チョコラテ)

・シーハーチョコ…だいたい40gで1人分(板チョコなら細かく刻んでおく)
・牛乳…適量
・水…適量

 

■作り方(チョコラテ)

step 1

鍋に牛乳とチョコレートを入れて加熱。沸騰させないように気をつける。
このとき牛乳を入れすぎてチョコラテがサラサラにならないように、

あくまでドロドロになるようにする。


step 2

チョコが完全に溶けて、液がトロトロとドロドロの中間になったらできあがり♪

コーヒーカップに出来上がったチョコラテを入れ、チュロスをチョコラテに浸しながら食べれば、
もうこれで完璧なスペインの休日の朝ごはんを満喫できちゃう♪
 

注)チュロスは時間が経つと油っぽくなってしまうので、食べるときには
オーブントースターにアルミホイルとキッチンペーパーを敷いて、またカリカリに焼くとok!
キッチンペーパーを焦がさないように注意してね。

 

 

 

これが、台湾の朝になると、チュロスが油条で、

チョコラテが、ピーナツミルクになる。

世界って面白い。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン

独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。

印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?

この写真をうまく切り抜きたいの………。

チラシや名刺を自分で作りたい! などなど

●レッスン…(1時間)5000円

※オンラインも可能です。※プロの方はご遠慮ください。

 

セルフマガジンプロデュース"POWER for Restart"

個人版会社案内セルフマガジンをプロの編集者とデザイナーでプロデュースします。

自分をブランド化し、正々堂々と自分を売り込むマガジンを作りませんか?

●A5版p8 …135,000円〜

※お申込み、お問い合わせはコチラから。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ハッピーハロウィン!めちゃくちゃ簡単で怖い一品料理!

 

ハッピーハロウィン!

私が本気で目指しているのは、魔女!

(私の魔女の定義=自然と共存し、知恵ある女性のこと)

 

10月31日は、魔女にとって特別な日。

 

ハロウィンパーティで、ウケる

簡単な一品料理をご紹介!

 

その名も

「指のソテー〜血のソースで召し上がれ」Bloody fingers

 

外国のハロウィン本を集めていた時に

書いてあったレシピです(^^)

 

 

材料

・ウィンナー(できたら荒挽き)

・プチトマト

・ケチャップ

 

作り方

 

step1

ウィンナーを指に見立てて、ウィンナーが湾曲している部分を関節に見立てて

その部分に切り込みを入れる(これが、指のシワになる)

 

step2

ウィンナーの端を一箇所、爪のように切り落とす。

 

step3

(2)をフライパンで焼く。

 

step4

爪の切り落とした部分に、ケチャップを少し乗せる。

 

step5

プチトマトを、8等分くらいにしたものを

(4)の爪の部分に乗せる。

 

step6

血に見立てたケチャップを添えて出来上がり♪

 

 

素敵なハロウィンの夜を!

 

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


赤い屋根の古都ポルト

 

7年前。バックパッカーの旅に出る前に、

勤めていた会社の後輩が

「ポルトガルにも行きますか?ぜひ、その時はポルトへ」

この言葉が忘れられず、私はポルトガルへ向かった。

 

首都リスボンで過ごしたのちポルトへ。

 

一言で言うと、魔女の宅急便に出てきそうな街。

坂ばかりで歩くのは大変だけれど、家が密集して、どこか安心感がある。

 

ドウロ川の北側の丘陸に気づかれた街は、世界遺産にも登録されている。

 

バカリャウという干タラの香りが街に漂い、猫も多い。

石畳を思う存分歩いて、宿ではポートワインで乾杯。

 

夕日に照らされたポルトの街は、屋根の色をさらに赤く染め

多くの人を魅了する。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【奇才ダリ・スペイン三大聖地の旅/その1 】プボル城

サルヴァドール・ダリ。スペインの画家。

美術の教科書に必ず載っている、グニャリと曲がった時計。

誰でも一度は見たことがあると思う。

そして身近なもので言えば、チュッパチャプスのロゴをデザインしたのもダリ。

彼は、商業デザイナーでもあった。

 

私はダリに魅了されたうちの一人。

 

ダリ好きなら、誰もが憧れるダリ三大聖地がある。

その聖地を駆け足で紹介することにするが

長くなるので、シリーズ第三弾でご紹介。

 

 

 

ダリ三大聖地その1

 

ガラ ダリ城美術館(プボル城) Casa-Museu Castell Gala Dali

 

 

スペインのジローナから、バスで40分。

ラ・ぺラという超ど田舎にプボル城はある。

 

プボル城とは、ダリが愛妻ガラに贈ったお城のこと。

 

田舎すぎて、おまけに地図もなく(←無謀)、

フレサ駅の駅員さんに聞いても知らなくて、結局タクシーを捕まえてレッツゴ〜!

(田舎すぎて、タクシーもいなくて、キオスクみたいな店のお姉さんが電話で呼んでくれたww)

 

 

 

ジャジャ〜〜〜ン!プボル城に無事到着。

お城というより、素敵なヨーロッパの自宅。という感じ。

 

 

あ!!!!ダリが出迎えてくれてるぞ!

Hola DALI! Como esta?

 

ガラが生涯「隠れ家」として使い、ダリはガラの「招待状」がなければ入れなかったお城。

ガラはこの城で、若い芸術家たちと暮らしていたそうで、

長年の芸術のミューズであるガラからの疎遠はダリを不安にさせ、うつ病となる。

 

 

私は、ガラの気配を感じていた。

ダリの作品に登場するガラの服やリボン、風景そのものがあり、

私は絵画の中に入り込んだ気持ちになっていた。

 

 

 

ダリより10歳年上のガラが亡くなった後、

ダリは創作意欲をなくし、このお城に引きこもることに。

 

 

ダリ最後の作品「スワロー・テイル」もここで描いた。

作品は、フィゲラスのダリ美術館に展示されている。

 

 

ガラが来ていた服も展示されている。ダリがデザインした服もある。

 

 

 

ダリが愛用していたキャデラック。

 

 

 

このお城の地下にはガラとダリのお墓がある。2つの棺が並んでいるが

ダリは、ここには眠らなかった。

 

 

 

私がこの場所で気に入ったのは、庭。

植物が生い茂り、ダリのオブジェもあって、とても気持ちが良かった。

 

 

行きの道は、分からずタクシーを利用したが

帰りは来た方向へひたすら引き返すのみ。

本当に何にもない田舎道を、ひたすら(多分3kmくらい)駅に向かって歩いた。

 

でも、この何もないのが贅沢な時間。

じっくり、ゆっくり、プボル城の余韻を歩きながら楽しむことができた。

ありがとう、ダリ。

 

次回は、ダリ三大聖地その2/ダリ美術館  Teatre-Museu Daliをご紹介。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【SPAIN】地球めしvol.16〜ティント・デ・ベラーノ Tinto de Verano

 

放浪の旅で、意心地の良いスペインに3カ月滞在していた。

その間、スペインに嫁いだ3名の日本人女性の家を転々とさせてもらっていた。

本当にお世話になりましたm(_ _)m

 

そんな中で、スペイン料理も色々教えてもらい

特に暑い日にオススメなのは、

「ティント・デ・ベラーノ」

 

これは、簡単に言うと赤ワインのソーダ割り。

Tinto=赤ワイン、Verano=夏

夏の赤ワイン!夏に飲まないでどうすんだ!

 

サングリアももちろん美味しいけど

手軽に飲めるのはティント・デ・ベラーノ。

自宅で軽めのスパークリングワインを楽しめちゃうわけだ。

 

ぜひお試しあれ*

 

 

Spain

ティント・デ・ベラーノ Tinto de Verano

 

■材料

・氷
・赤ワイン
・レモンライムソーダor炭酸水
・レモンのスライス

 

■作り方ってほどでもないが…

step 1

1Lのカラフェ的なものに、氷を1/3ほど入れる。
 

step 2
そこへレモンスライス数枚を投入。

(レモンを使わなくても、レモンフレーバーの炭酸水だったらいらないね)

step 3
次に赤ワインを1/2のところまでドボドボ入れる。
 

step 4
最後に炭酸水を1/2注いで、軽くマドラーでかき混ぜたらOK!!!!!

 

これ、ガブガブ飲めちゃうのでやばいっす。

お友達と集まる時にいいかもね*

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

電子版制作代行いたします!

「自分で電子版カタログ作るの面倒だなぁ。やってくんない?」

という方は、デザイン屋Damalish.comにご相談ください(^^)/

 

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/4PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ