ガンジス川で毎日行われる礼拝儀式プジャー

インド・バラナシ。

ヒンドゥー教の聖地として有名な場所。

聖なる川マザーガンガーは、インドの旅では外せないものだ。

 

そんなバラナシ・ガンジス川のガート(沐浴場)にて

毎日日没あたりから行われる儀式がある。

それが『プジャー』だ。

 

何時から始まる。という決まりはなく「日没頃」というのがインドらしくて良い。

陽が沈みかけた頃、数ある84ガートの中でも有名な「ダーシャシュワメート・ガート」に

バラナシ中から人が集まり始める。

 

 

左側の傘のような電飾が点いた場所が祭壇。暗闇の先はガンジス川。

プジャーは、ヒンドゥー教で行われている礼拝。

バラナシでは、朝も違うガートで行うらしいが

陽が沈むこの時間のプジャーが一番人が多く集まる。ツーリストも多い。

 

 

なにやら、キリストみたいなお兄さんがマイクを持って、お教のようなものを唱え出した。

この人は、インドカースト制度で最高位に価するバラモン。

バラモン教、ヒンドゥー教での司祭クラスの総称で、とっても偉い人。

 

 

SMAPか!と思わず突っ込んだほど、お祈り方法がショーさながら。

 

 

火のついたロウソクを片手に、音楽にあわせて動きまくる。

信者達もその音楽にあわせて、踊ったり手をたたいたり、とても賑やかな礼拝だ。

 

 

ガンジス川から、プジャーを見ようとする信者やツーリストで

ボートの数もものすごいw

 

 

ガートの周りには、礼拝用のロウソク、お香、お花が売られている。

 

 

私もひとつ購入して、この日を迎えられたことにマザーガンガーへ祈りを捧げた。

これを、みんな、ガンジス川へ流す。

全てのロウソクが対岸に渡り付き、幻想的な風景をみることができた。

ガンジス川でいう対岸は、「あの世」なのだ。

 

 

ガートの階段に座っていると、なんかサドゥみたいな人がきて

人のおでこに印をつけていたため、私もお願いした。

なんだか、ありがたい。

 

 

しかしながら、こんな盛大な礼拝を毎晩しているのだから驚き。

市民の憩いの場になっているんだろうなぁ。

1時間くらいで終わるかと思いきや、たぶん3時間くらいしていたと思う。

 

私が行ったのは1月で乾季だったが、

雨季になると、階段のところまでガンジス川の水位があがるため

祭壇はビルの屋上とかに移されるらしい。

 

外国の祭りって、ちょっと怖いけど

この礼拝は、祭り感を味わえて、住民達と一緒にローカル時間を過ごせて

とても和む。みんなで、ほっこり花火を見ている感じ。

 

カルマを清めたい人はぜひ、インド・バラナシへ。

バラナシのプジャーを見るだけでも、清められるはず。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ダマリの魂がインド・バラナシへ行ってきたらしい

 

とてもリアルな夢を見た。

年始に行ったインド・バラナシで泊まった宿の屋上が

夢の舞台。

 

バラナシは、インド・デリーから飛行機で1時間半。

インド国内外から多くの信者、巡礼者、観光客を集めるインド最大の宗教都市。

ガンジス川の風景を誰でも一度は見たことがあるだろう。

 

 

ダマリが泊まった宿はシヴァゲストハウスという

日本語が達者なインド人兄弟二人が経営している宿で、

インドに住んでボランティアをしている女性に日本語を習ったそうだ。

 

そのゲストハウスには屋上がある。

その屋上に、ダマリの魂は

行ってしまったらしい。

 

さぁ、夢はここから↓

 

↑クリックで拡大

 

ダマリは、屋上からガンジス川や

あたりの景色を見渡し

「さて、どんなルートで行こうか」と胸を踊らせている。

 

空には、青空が広がり、綿雲が浮いていて

風は少し暖かく、バラナシの匂いがする。

「やっぱり、バラナシは良い。また来れてヨカっタァ!」

 

 

「よし、この前は行けなかったサールナートへ行こう!」

と1日の始まりを、バラナシの朝の始まりを体中で感じ、武者震い。

相変わらず、猿もウロチョロしてかわいい。

 

 

 

そんな時、肩をポンポンとされ、振り向く。

そこには、11歳くらいの少年と、6歳くらいの女の子が立っていた。

 

少年は、私にヒンディー語で沢山話してきた。

 

「वाराणसी में आपका स्वागत है
क्योंकि यह धूप आज है, सरुनतो अच्छा हो सकता है
मैं नाश्ता तैयार करूंगा, इसलिए कृपया थोड़ी देर प्रतीक्षा करें।」

 

ヒンディー語なんて、ナマステとダンニャワードしか分からないのに

なぜか意味が理解できる。

どうやら、宿の朝食の準備が整ったようだ。

 

いつのまにか、屋上にテーブルがセッティングされていて

サイドには、りんごやロティ、オレンジジュース、カレーが置かれている。

 

「ナマステ!」私は、少女と少年にお礼を言う。

少女と少年はニッコリ笑う。

そして、とても清々しく良い気持ちで、夢から目がさめる。

 

 

夢から目覚めたダマリは、がっくし。夢だったかぁ〜〜〜〜(T_T)

でも、あまりにもリアルすぎて、本当に旅してきた感じがする。

ついさっきまで、バラナシにいた感じ。

 

小瓶に詰めてきたガンジス川の水が

魂をバラナシへ繋いでくれたのかもしれない。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


お菓子?噛みタバコ?インドの国民的嗜好品「パーン」

 

インドのタクシーやリクシャーの運転手が

時折、何やらペッペ、ペッペ、唾を外に吐き出している。

感覚的に、「噛みタバコかな?」と思った。

 

その感覚は間違いではなかった。

インドの街を歩くと、噛みタバコ屋さんが所々にある。

何やらハート型の形をした葉っぱの上に、色々な香辛料をのせクルクル巻いて手渡す。

 

これは、なんとういう植物の葉っぱで何の香辛料をのせているのだろうか?

私は興味津々だったが、「タバコ」というからにはマズイに決まっている。

と、諦めた。

 

が、インド最終日。

インド門という観光客で賑わう場所へ出向いた時

噛みタバコと同じ葉っぱに、色あざやかなモノが盛られていて

女の子や、マダムが群がっているのを発見した。

 

 

え?子供が食べるということは

これは、噛みタバコではなくて、お菓子なのか?

なんとなくココナッツ的な甘い匂いがする。

 

 

インドまで来て、これを食べないと意味がない!

私は衝動にかられ、お兄さんに一つオーダーした。

1個Rs20。日本円で、40円。

 

 

お兄さんがクルクルっと葉っぱを巻いて手渡してくれた。

 

 

 

私は、何の躊躇もなく半分口に入れて噛み切る。

ん?????なんじゃこの、香水のような味は………

 

ココナッツ、ドライフルーツ、砂糖、

硬いナツメグのようなモノが砕かれたものが入っている。(後にしらべるとビンロウジュの実)

クシャクシャ噛んでいるうちに、いつのまにか口の中から消えている。

 

 

今思えば、クシャクシャ噛んだあの唾液を、外に出さねばならなかったのでは?

飲み込んでしまったけど、下痢ピーピーにならないだろうか?

もう、食べてしまったのだからしょうがない。

 

初め、口に含んだ瞬間は、今まで食べたことのない味に「ゲ、マズ……」と思ったが

食べた後は、なんだか口の中がスッキリ爽やか。

これって、ガムみたいなモノなのだろうか?

 

日本へ戻り、このモノについてググってみるとハート型の葉っぱは「キンマ」という植物の葉で、

タージマハールを作ったシャージャハーンの母、ヌール・ジャハーンも好んで食べていたと言われ、

歴史的にも由緒ある伝統的な嗜好品なんだそう。

 

アーユルヴェーダでは媚薬とされ、その有用性が古くから注目されてきた。

ただ現代では、パーンに入れるビンロウジュの実が口腔ガンを発生しやすくする。との報告もあるそうだ。

 

そういえば「世界の果てまでイッテQ」で、

このパーンに火をつけて口に入れてる店が取り上げられていたっけ。

イモトが挑戦してたwwwファイヤーパーンww

 

この葉っぱを唾液と一緒に噛み続けると、血のように真っ赤になり

これをペッペ、ペッペ吐き出すから、血を吐いているようでびっくりする。

そういえば、インド人のドライバーのおっちゃんの笑顔、歯が赤かったなww

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ダマリが体験したインド独特の2つの風習

今回、インドを初めて訪れてみて

他の国とは違う文化、というか風習を

2つ知ることができた。

 

 

ダマリが体験したインド独特の2つの風習・その1

 

インドへ向かう国際線の飛行機の中で機内食が出るが

ここから普通の機内食とは違っていた。

 

他の国は、「Beef or Chicken?」などと聞かれるが

インドに限っては「Veg or Non Veg?」と聞かれる。

これは、ベジタリアンか否か。という意味。

 

今回は、飛行機の機内食と

デリーからアーグラーへ向かう列車の車内食サービスで聞かれた。

もちろん答えは「Non Veg」

 

しかしながら、ベジタリアンの内容を見ると

肉・卵を使用していないのは分かるが

がっつり油で揚げたドーナツなどがあるし、なかなかズッシリしている。

 

レストランのメニューも、ベジタリアンのメニューがズラリ。

色々な味のカレーがあり、サラリとしてどれも美味しかった。

特に、ジャガイモのカレーは美味しかったな。

 

ちなみに、左側のマークがついている食品はノン・ベジタリアン

右側は、ベジタリアン。

 

 

 

 

ダマリが体験したインド独特の2つの風習・その2

 

インドのガンジー国際空港に到着した時からそれは始まっていた。

セキュリティ検査の時に、他の国は男女同じ列にならぶが

インドでは、Female女性とmale男性の列に分かれる。

 

これは、空港だけだと思っていたが、

各遺跡やお城に入場する際、セキュリティチェックが行われ

必ず男性、女性の列がある。

 

始めは知らずに、男性の列に並んでいたが

列に並んでいる人が、「女性はあっちだよ」と教えてくれ

その時初めて、インドはこういう風習なんだ。と知った。

 

タージマハルへ行った時、女性と男性の列があったのだが

女性はスイスイ進むのに、男性は5倍ぐらい時間がかかっていて

私が先に入場して、彼は1時間近く後にやっと入場できた。

 

他の観光客をみていると、家族のお父さん待ち。という家族が結構いた。

団体客も男性達がなかなか合流できないため、待ちぼうけ。

やっと家族や仲間の男性が入場できると、拍手喝采!という妙な風景だった。

 

こういう国って他にもあるんだろうか。

なかなか面白い習慣である。

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


不自由な場所に身を置くこと。



海外の旅は、何が魅力か。
それは、異国文化を味わえるという事もあるが、
自分の身における不自由を改めて感じることも旅の醍醐味だと私は思う。

不自由を感じながら、自分の愚かさを知り
その不自由を乗り越えて自分のものにした時に感じる自由こそ
「私は、生きている」と心から感じる。

日本で生活していると、本当は当たり前ではないことが、当たり前になっていて、
毎日何も考える事なく、オートマティックで日々が過ぎていく。
そして、それが幸福であり、普通だと思う。

でも、それは私において、ぬるま湯チャッポンに浸かり続けているのと同じ。
今回、久しぶりに海外に出て改めて自分のハングリー精神のなさに気付かされた。
もっと自分軸をしっかり持って生きなければ。

言葉が通じること。
水道から飲料できる水が出ること。
シャワーのお湯がずっと出ること。

文字が読めること。
地図が分かること。
道路が整備されていること。

学校に行けること。
勉強ができること。
インターネットができること。

スマホを持っていること。
猫を飼えること。
自由なファッションができること。

旅ができること。
目がみえること。
自分の足で歩けること。

書けば書くほどキリがない。
キリがないほど、日常は普通ではない。
国が整えたレールの上を歩いているだけだ。

もっと強く自分の意志を持つ。
生きることに向き合う。
今の自分にうぬぼれることなく、本物を見る目を養いつづけ、流されない。

2018年。もっともっと精神に磨きをかけていく。
バラナシで出会ったムンさんにカルマの素晴らしさを教えてもらった事に感謝。
今年もみなさんにとって笑顔ある一年になりますように。

05.01.2018 10:39am Old Delhi

<< | 2/4PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ