便利な旅グッズご紹介【注意】普通のホテルに泊まる人はいらないものです

海外旅行へ持って行く必須グッズは沢山ある。

が、その中でも私がお世話になっているグッズを紹介しよう。

それは、コレ。

 

 

初めてみる人もいるかもしれない。これは、「調理電気コイル」。

水を入れたボウル(飯ごう等)にコレを入れて、お湯を沸騰させる。

侮るなかれ、すぐに沸騰してくれる。

 

私は、コーヒーがとても好きだ。

外泊した朝に、コーヒーを飲めないと調子が狂う。

コーヒーが文化の国は買いに行けば良いけど、美味しいコーヒーが飲めない国もあった。

 

ネスカフェの粉コーヒーは、海外のどこでも入手できる。

私は、お湯を沸かし、毎朝ネスカフェのコーヒーを飲み、自分軸を大切にしていた。

旅に出れば、郷に従うのが一番だが、自分の元気を保つには、自分を守る嗜好も必要だと思う。

 

 

キッチンが使える宿なら、別にこの電気コイルを使わなくても良いのだが

使えない宿もあるし、キッチンがない宿もある。

 

ロンドンの宿では、ドミトリー20人という大部屋でキッチンがなかった。

おまけに、部屋では飲食禁止………。

私は、スーパーからチョリソーを購入してきていて、どうにか調理しないと腐ってしまうと思い

コンセントがあるトイレでお湯を沸かし、チョリソーを茹でたこともあった。

 

お湯があれば、調理の幅が広がる。

長期の旅では、自炊をして節約するのが基本。

ゆで卵は、移動中にも食べることができるから、よく作った。

 

 

あとは、インスタント蕎麦も作ったし、お湯を注ぐだけのドライフーズも食べた。

体が弱っている時は、外出もしたくないので

緊急用に持っていたドライフーズのお粥や雑炊、味噌汁には、何度救われたことか。

 

ぜひオススメしたい、旅グッズである。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/135,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


死ぬまでに行きたい国

 

さっきお風呂に入りながら考えていた。

私は今、41歳。海外渡航21カ国。

 

50歳までに、1年に1回外国を訪れるとしたら

50歳で、たったの30カ国。。。。

 

地球には、196カ国(日本政府が認めている国家の数)あるというのに。

地球人に生まれているのに。

 

死ぬまでに、海外でやってみたいリストをここに書いてみる。

「ガンジス川で沐浴」は、どうやら正月にできそうだ。

 

 

●アジア編

・九寨溝(中国/四川)

・黄龍(中国/四川)

・兵馬俑(中国/西安)

・佛山(中国/広東)

・京杭大運河(中国/杭州)

・漓江下り(中国/桂林)

・福建土楼(中国/福建)

・モンゴルの草原を馬で走る(モンゴル)

・ゲルに泊まって遊牧民体験宿泊(モンゴル)

・ハロン湾(ベトナム)

・バインミーを食べる(ベトナム)

・アンコールワット(カンボジア)

・夕日(マレーシア)

・バリ島(インドネシア)

・ゴールデンロック(ミャンマー)

・ポタラ宮殿(チベット自治区/ラサ)

・ブッダ四大聖地巡り(ネパール、インド)

・パンゴンツォ湖(北インド/ラダック)

・死を待つ人々の家でのボランティア(インド/コルカタ)

・ダージリン鉄道に乗る(インド)

・イマーム広場(イラン)

・シベリア鉄道に乗る(ロシア)

・キジ島の木造教会(ロシア)

・クレムリン(ロシア)

・死海に浮く(ヨルダン)

・ペトラ遺跡(ヨルダン)

・ドバイでひたすら遊ぶ(アラブ首長国連邦)

・ラクダのミルクチョコ(アラブ首長国連邦/ドバイ)

・水タバコ(イスラム圏ならどこでも)

・サバサンドを食べる(トルコ)

・カッパドキア(トルコ)

・パムッカレで温泉(トルコ)

・ブルーモスク(トルコ)

・トルコからギリシャに船で入国

 

 

●オセアニア編

・エアーズロック/2019年で閉鎖(オーストラリア)

・アボリジニのブッシュフード(オーストラリア)

・グレートバリアリーフ(オーストラリア)

・テカポの教会(ニュージーランド)

・ゼリーフィッシュレイク(パラオ/マカラカル島)

 

 

●ヨーロッパ編

・トナカイの肉を食べる(フィンランド)

・ヒラという木苺のジャムを食べる(フィンランド)

・オーロラ

・バルト三国巡り

・ムンク美術館(ノルウェー)

・アウシュビッツ(ポーランド)

・デンマークからスウェーデンに船で渡る

・ビール祭り(ドイツ)

・魔女祭りヴァルプルギスの夜(ドイツ/ハルツ地方)

・ドラキュラ伯爵のお城(ルーマニア)

・ハンガリーで温泉巡り

・ネッシーがいるネス湖(E.U/スコットランド)

・マン島(E.U)

・ハリーポッターロケ地巡り(U.K)

・アイリッシュパブ(アイルランド)

・魔女の宅急便モデル地(クロアチア)

・マッターホルンをみる(スイス)

・サントリーニ島(ギリシャ)

・パルテノン神殿(ギリシャ)

・メテオラ(ギリシャ)

・スペイン巡礼

・ルルドの泉(フランス)

・モンサンミッシェル(フランス)

・最後の晩餐(イタリア/ミラノ)

・ベネツィアのゴンドラに乗る(イタリア)

・アルベロベッロ(イタリア)

 

 

●アフリカ編

・ピラミッド(エジプト)

・アブシンベル神殿(エジプト)

・ナイル河クルーズ(エジプト)

・マサイ族に会う(ケニア)

・野生動物サファリ

・テーブルマウンテン(南アフリカ)

・列車でナミビア、南アフリカへ

・ナミブ砂漠(ナミビア)

・ヴィクトリアフォールズ(ザンビア)

 

 

●北米編

・グランドサークル巡り(USA)

・アナサジ族メサヴェルデ(USA)

・ダマリターコイズ入手(USA)

・ペンタゴン見学(USA)

・自由の女神(USA)

・ハワイでまったり(USA)

・ウォルナッツグローブ(USA)

・ナイアガラの滝(USA)

・ニューヨーク観光(USA)

・ロス観光(USA)

・ターシャの庭(USA)

・カールスバッド洞穴群国立公園(USA)

・ロズウェル(USA)

・アメリカドライブ横断

・プリンスエドワード島(カナダ)

・イエローナイフ(カナダ)

・宿泊体験(アラスカ)

・キューバ

 

 

●南米編

・ギアナ高地(ギアナ)

・エンジェルフォールズ(ギアナ)

・アマゾン河

・アルゼンチンから南極へ

・レンソイス・マラニャンセス国立公園(ブラジル)

・ボニータ(ブラジル)

 

 

●日本 番外編

・北海道

・アイヌ人に会う

・知床

・ラベンダー畑

・オホーツク海流氷

・USJ

・伊勢神宮

・出雲大社

・原爆ドーム

・四国お遍路

・道後温泉

・神戸

・土佐

・屋久島

・西表島

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【マラリア対策】DEETディート成分30%以上の虫除け

 

2018年しょっぱなからインドへ行こうとしているダマリ。

12月に入ろうとしているのに、全然準備ができていないという焦りが募るばかり。

少しづつでも準備していこうと、ちょっとブログに書いてみる。

 

10月に、A型肝炎の予防接種をうけに

海外渡航外来へ行ってきた。

 

そこで、色々説明を受け

インドに持って行った方が良いものを2つ教えてもらった。

 

そのうちの一つは、

マラリア対策に必須の虫除けクリーム。

それもDEET 30%以上のもの。

 

ディートとは、虫除け剤の化合物。

日本で売られている虫除けは、ディート成分は10%ちょいで、海外製品に比べてとても低い。

「そりゃね、日本にいるかぎりマラリアにはかからないから」というのは、日本ボケ。

 

いつなんどき、日本でもマラリアが発症するかも分からない。

日本脳炎だって怖いし。ほかの病気を持っている蚊もいる。

 

 

 

最近、日本でもDEET成分20〜30%の虫除けが販売されるようになったらしい。

 

スプレータイプのものは液体だから、手荷物検査にひっかかる。(100ml以内はok)

缶タイプは、絶対NG。

となれば、クリームタイプが一番良い。

 

さっそくYahooショッピングでぽちっとな。

ちなみに、インドに持って行った方が良いあともう一つは、整腸剤。

これも購入せねば。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


21カ国旅をして、美味しい!と思ったモノとは

 

21カ国旅をして、美味しい!と思ったモノ。それは

アボカドだ。

 

そんなはずないだろ!もっと世界には美味しいものがあるだろ?

と思う人は大多数だろう。

 

私が旅を経て、よく聞かれることは

「何が一番美味しかった?」というもの。

 

それはそれは、美味しいものは沢山あった。

ペルーは、なんでも美味しかったし

ポルトガルのタラ料理もめっちゃ好みだった。

アルゼンチンでは、牛肉をたらふく食べた。

モロッコもタジン以外にも美味しいものが沢山あった。

 

だけど、そんな美味しい食べ物の中で

私が一番衝撃を受けたのは、

メキシコで食べたアボカドだ。

 

メキシコの安宿。

朝、共同キッチンに旅人達と時間を共にした時のこと。

ドミの部屋で一緒だったトウコさんが

軽く焼いたバゲットに、切ったアボカドを載せ、スプーンで伸ばしはじめた。

 

「へぇ!そんな食べ方があるんですね!」

「そうだよ。これに、塩をかけるだけ。ほら、食べてみて(^^)」

 

渡されたアボカドバゲットを食べてみる。

「うまっ!」

 

私は、それを食べた時に、ある料理が頭をよぎっていた。

フランス料理で、アボカドに生クリームを入れて作るディップがある。

それを、プチシューに入れて、オードブルを作ったことがあった。

 

でも、メキシコで食べたものは、生クリームなど入れていない

アボカド本来の味。

 

本当に美味しいモノって、あれこれ味を混ぜたものではなく、

その食べ物本来の味が引き立つモノ。

 

中南米から南米にかけて、アボカドを1コ買っては持ち歩いていた。

時には、アボカドが鈴なりになっている畑からいただいたこともあった。

 

先日、アボカドの刺身を居酒屋でいただいた。

刺身と言っても、刺身のように切られたもの。

これを、塩だけでいただく。

 

このアボカドの刺身を食べた時に、

メキシコで食べたアボカドバゲットを思い出した。

 

アボカドが「森のバター」と呼ばれていることを

今は深く納得している。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


ダマリの地球ネコ歩き

BRASIL São Paulo

ブラジル サンパウロ

 

 

SPAIN Portorigato

スペイン ポルトリガト

 

 

MOROCCO Fes

モロッコ フェズ

 

 

ARGENTINA Buenos Aires La Recoleta

アルゼンチン ブエノスアイレス レコレータ寺院

 

 

PERU Nasca Museo Maria Reiche

ペルー ナスカ マリア・ライ博物館

 

 

TAIWAN Taipei Jiufen

台湾 台北 九份

 

 

ICELAND Reykjavík

アイスランド レイキャビック

 

 

MOROCCO Marrakech

モロッコ マラケシュ

 

 

PORTUGAL Porto

ポルトガル ポルト

 

 

PERU Cusco

ペルー クスコ

 

 

CHILI Isla de Pascua

チリ イースター島

 

 

CHILI Santiago

チリ サンティアゴ

 

 

U.S.A San Francisco

アメリカ サンフランシスコ

 

 

MEXICO Cancun

メキシコ カンクン

 

 

U.S.A El Paso El Paso Zoo Sand cat

アメリカ エル・パソ エル・パソ動物園 サンド・キャット

 

猫はどこの国も可愛いなぁ*

 

愛猫ヒラの関連記事 http://blog.damalish.com/?cid=40

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/3PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン vol.02



◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ