【奄美大島便り】青久集落 2006.08.02

前から話には聞いていた
「青久(あおく)」という集落へドライブへ行く事となった。


一人では行かない方が良いと何人もの人にいわれていたので
仲良くさせてもらってるT夫妻と一緒にGo!!!

 

聞いていた話によると
青久の集落に入るには門をあけてはいり
1件しか家がなく牛が一頭いて、牛の糞が沢山落ちていて
そこの石が青い。というのだ。


その不思議な話に興味がわいた。

 

青久の集落入口へ到着。噂どおり門をあけて集落へ。

 

青久へ到着。砂浜はなく青っぽい石がゴロゴロ。
 

うむむ。なるほど…青いかもしれん。

 

地球は青かった…。

 

記念撮影

 

 

青い石垣に囲まれた一件の家。台風対策かな…

 

噂の牛登場。糞も半端なく落ちていた…

(よくこの写真をみてね*牛がいるよ)

 

いやぁ〜〜〜〜〜奄美はまだまだ散策する予知有り。
さらに黒くなったダマリでありました。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【セルフマガジン制作プロデュースプロジェクト POWER for Restart Project】

 

編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「西溜美和」による

セルフマガジンプロデュースPOWER for Restart!(リスタートするためのパワー)

 

プロの編集者とデザイナーを使って

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「神が宿る日本一の巨樹」

 

この写真は、鹿児島県姶良市蒲生町にある

「蒲生八幡神社」の日本一の巨樹大クス。

 

「蒲生のクス」は、

昭和63年度に環境庁の巨樹・巨木林調査によって、

日本一の巨樹である事が証明された。

 

樹幹の下部は空洞になっていて、直径4.5m(約畳8畳敷)もある。

 

小学生の頃、ここに遠足で訪れた時は

皆んなで手をつないで、この大クスを囲んだ記憶があるし、抱きついたりしていたが

当時よりさらに大きくなっていて、今では抱きつくことはできない。

 

この写真を撮った日は、雨が降っていた。

神社を訪れた際の雨は、浄化の雨だから良い。と聞いたことがある。

 

雨の日だからこそ、大クスの苔むし具合が色濃く映える。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚勝´▲瓠璽襯▲疋譽后´住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


【別府ハ湯・湯遍路】二湯目・明治37年創業別府湾一望「花菱ホテル」/別府温泉エリア

 

別府八湯・湯遍路の第二湯目は、「花菱ホテル」

昭和建築の緑・茶・白の色合いといい、家紋っぽいロゴがなんとも渋い!

 

別府湾の海沿いにあるので、泉質は塩化物泉

(○単純温泉 炭酸水素塩泉 塩化物泉 硫酸塩泉 含鉄泉 酸性泉 硫黄泉)

 

別府八湯湯遍路にかかせない「温泉本」に「無料3湯めぐり」という付録がついていて

2016年度版の無料3湯のうちの一つが、ここ花菱ホテル。

 

ホテルフロントに厳選券とスパポートを掲示して

二湯目のスタンプゲット!やった〜*

 

 

家紋みたいだと思ったスタンプは、やはり家紋だった。

古くは、花菱旅館という名だったらしい。

 

「うみ館7階に大浴場があります」と案内され、いざ7階へ。

 

 

なんとも旅館のような佇まい。いいねぇ。

 

だいたいお客さんが少ない時間を狙って来るのだけれど

今回は私の他に2名いらっしゃいました。

 

 

暖簾をくぐるなり、目についたのが

ズラっと並ぶコレ!

 

なんと、シャンプーバイキングという花菱ホテルのサービスだ。

シャンプーand・コンディショナーのセットが5種類ほどある。

こんなの初めて!いろいろと、考えるなぁ。

(ちなみに私はTSUBAKIを選んだきらきら

 

そして、お待ちかね大浴場!

 

©別府温泉 花菱ホテル【公式】

 

じゃじゃん!!!海沿いに面する大浴場からの景色は壮観!

別府湾一望なのは、もちろんのこと、

左手には国東半島、右手には高崎山(猿山)、

そしてうっすら正面に見えるのが四国の佐田岬!?

贅沢な景色をながめながらの、源泉かけ流し温泉!

 

うたせ湯もあったから、肩や腰をほぐした。

欲を言えば、もう少し強めでもいいなぁ…。

 

シャワーの湯も温泉だった。

舐めたら、しょっぱかったから。間違いない。

 

温泉カルテによると、

「薄緑色でわずかに濁った湯。モール泉の香りもかすかに香る」

と書かれているが

モール泉ってなんだ?

調べてみると

「植物由来の有機物(腐植質)が溶け込んでいて(正確にはコロイド)、

黄褐色〜褐色〜黒色の独特の色を呈する温泉の通称」

 

各種温泉に入って、少し学んだことは、

海沿いは塩化物泉が多い。

そして、塩化物泉の湯は保温効果が高い!ということだね。

 

普段、クナイプのバスソルトを使用しているけれど

塩(ナトリウム)系は、保温効果があるわけだ。

 

花菱ホテルの在る北浜エリアは、

バスセンターや別府駅、商店街があり、観光客が多く行き来するエリア。

北浜エリアだけでも、温泉が沢山!!!

 

さ、次はどこにいこう。

タオルだけは、いつも持参しよう(^^)/

 

 

【花菱ホテルDATE】

入湯料は、大人500円。

シャンプー、コンディショナー、洗顔

アメニティグッズは揃っている。

タオルは、フロントにあるようだが

有料か無料かは分からず…。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚
▲瓠璽襯▲疋譽
住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「たのかんさぁ(田の神様)」

 

祖父母が住んでいた家の城戸口ある「たのかんさぁ」。

三体並んでいるうちの一つ。

 

小学生の頃、祖父母の家に泊まって、そこから学校へ行く際は

必ず、「たのかんさぁ」に「行ってきます!」と挨拶してから行っていたものだ。

 

田植えをする際は、苗をお供えする。

 

集落のみなさんに愛されている「たのかんさぁ」だ。

 

この写真を撮影した日は、祖父の葬儀の日だった。

どことなく、「たのかんさぁ」も悲しげに見えた日だった。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚
▲瓠璽襯▲疋譽
住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


今日の一枚「憂いのクマタケラン」

 

奄美大島の梅雨。

月桃とクマタケランが雨にうたれ、美しい。

 

奄美に移住した頃、月桃とクマタケランの区別がつかなかった。

月桃=サネン、クマタケラン=カシャ、っと奄美では言う。

 

奄美には、カシャ餅というよもぎ餅をクマタケランの葉に包んで蒸したお菓子がある。

よもぎとカシャの葉の香りがとても良い香り。

 

小さい頃、母方の奄美に住む祖母からカシャ餅が送られてきていた。

ダンボールを開けると、カシャの香り。島の香り。

 

黄色い芋餅と白い芋餅がカシャの葉に包まれていて

それを砂糖に付けて食べるのが大好きだった。

 

梅雨時期の奄美は、緑が露に濡れエネルギーを感じる。

この時期には、アカショウビンの鳴き声も相まって

いい意味での「憂い」を感じる。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////
デザイン屋 Damalish.com(ダマリッシュドットコム)は全ての印刷物にパワーを!
POWER to all the graphic design!
英語、スペイン語のチラシ制作も可能です。
Folletos se pueden crear incluso en Español y Inglés.Creat flier in Spanish and English.

 

【デザイン屋Damalish.comマガジン"POWER" No.1 2017】

 

 

◆デザイン屋Damalish.comマガジン“POWER”(無料配布)を希望される方は

以下の内容を記入し、お申込みください。

お申込み⇒info@damalish.com


〇疚
▲瓠璽襯▲疋譽
住所
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合は、
マンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

 


【デザイン屋Damalish.comネットツール】

★西溜美和 Damalish.comフェイスブック(フォローは遠慮なくどうぞ)

https://www.facebook.com/damalish

★Damalish.comツイッター(フォローどうぞ。基本フォロー返し)
https://twitter.com/Damalishcom

★Damalish.comインスタグラム(フォローどうぞ。基本フォロー返し)

https://www.instagram.com/damalish_com/

★Damalish.comホームページ

http://damalish.com

★Damalish.comブログ 旅・温泉コラム、世界の料理レシピなど執筆(毎日ブログ更新中!)

http://blog.damalish.com
///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/5PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ