じいちゃんの大きな手

 

私が27歳のころ、

父方の爺ちゃんが亡くなった。

 

爺ちゃんは、無口。

もくもくと作業をこなし、

とても器用な人だった。

 

目が悪くて、自動車免許を取得できず

公道は運転できなかったが、

畑や農道は運転していた。

 

無口だったから、

爺ちゃんと色々話をしたことはないが

絵がとても上手で、牛の絵を描いて喜ばせてくれた。

 

タバコも吸っていたし

夜は、芋焼酎を飲んで、

農作業の休憩には、コーヒーを飲み。

 

余生は肺気腫で酸素ボンベを持ち歩き

家の中をゆっくり移動するくらいだったけど

毎朝、髭を剃り、髪をまとめ、清潔感溢れるピシッとした爺ちゃんだった。

 

簡易トイレを寝床の近くにおいていたが

汚物の処理は、自分自身でおこない、

祖母にも、誰にもやらせなかった。

 

機械に強くて、農機具をいつもピカピカにして、

大工仕事も得意で、牛小屋も飼料小屋も倉庫も納屋も

全部祖父が作ったものだ。

 

藁でワラジを編み、

竹で箒を作り、籠を編み、

お正月には立派な門松を作っていた。

 

軍隊にいた頃は、馬の扱いが上手だということで

騎馬隊だったと聞いている。

 

そんな爺ちゃんの亡骸に対面したとき、

胸に組まれている大きな働き者の手を、はじめて触った。

 

爺ちゃんの手を触った瞬間、

言葉にならない色々なものがこみ上げ

涙が溢れて止まらなくなった。

 

手には人生があらわれる。

爺ちゃんがいて、今の自分が存在することも強く感じた。

身近な人ほど、あまり手に触れる機会がないものだ。

 

爺ちゃん。

いつも婆ちゃん、お父さん、弟を見守ってくれてありがとう。

おかげさまで、みんな元気です。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


故人を思い出し涙が溢れる時は、あなたの隣に来ている。

 

昨夜、Facebookの「過去のこの日」をみていると

ベッドに寝ている母とのツーショット写真があがってきた。

「そうだ………この時期だった」

 

母は2016年5月に天に召された。

だから、4月、5月の「過去のこの日」には、見たくない記事が

たくさん上がってくるだろう。

 

昨夜は、「過去のこの日」の母を見てしまってから

急に寂しさが込み上げてきて、涙が止まらなかった。

 

でも、こういう時は、母が隣に来ている。

母が生前、そう教えてくれた。

 

「死んだ人のことを、急に思い出して涙が溢れる時は、

その人が隣にいる時なんだよ」

 

母も、祖母が死んだ時に、それを感じたらしい。

いなくなって、すぐは実感がないけど

ふと思い出す時の寂しさは、本当に辛い。

 

母が亡くなった日のお通夜。

親戚も家族も、葬儀屋に泊まったが

私は一人、母の家に戻った。

 

愛猫ヒラが、ずっと私にくっついてくれていて

とても心強かった。

 

そして、なんだか、温かいものに包まれている感覚があり

穏やかな気持ちで、すぐに寝入ってしまった。

今思えば、母が来てくれたのだと思う。

 

ふと故人を思い出して涙が溢れる時

きっと、背中に温かいものを感じるはず。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


寝たきりの方に寄り添う。聴覚は最後まで残る。

亡くなる前日。綺麗に洗髪してもらっていた。「気持ちいい?」の問いかけに、頷いていた母。

 

 

私の母が、末期ガンで在宅介護になった時に

いろいろネットや本を漁って読んだ記事の中に、

「聴覚は最後まで残る」と書いてあった。

 

私は、このことを知った時に、ハンマーで頭を叩かれたように

衝撃だった。

寝たきりで、言葉をかわせなくても、聴覚は最後まで残っている。

 

母が、日に日に弱っていき

目も開かなくなって、呼吸だけになっていても

私は、毎日、感謝の言葉を母に伝えた。

 

母が生前の時は、はずかしくて言えなかった

「大好きだよ、お母さん」も、惜しみなく伝えた。

 

ありがとう。

大好きだよ。

大丈夫だからね。ずっと側にいるから、怖くないよ。

 

ある時は、目を閉じた母の目から涙が出た時もあった。

だから、聴覚は、いつだって残っている。

 

多くの人がこのことを知らず、

お見舞いに行って、寝たきりの方の前で、

あれこれ陰口をたたいたり、デリカシーのない言葉を発しているのではないか。

 

そして、聴覚と同様、触れることもとても大切。

男性だと、あまり寝たきりの方に触れようとする人が少ない。

でも、そこは、手を握ったり、さすったり、体温を伝えてあげてほしい。

自分のエネルギーを分けてあげるようなつもりで、手を握るだけでもいいとおもう。

 

寝たきりの時こそ、感謝の言葉を伝えて、抱きしめてね。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


小公女セーラからみる弟との思い出「壁越しノック」

私には、二つ下の弟がいる。

世界でたった一人しかいない大切な兄弟。私の分身。

 

今も、まあまあ仲が良いが、小さい頃はもっと仲が良かった。

というのも、弟は学年でも小さく、甘えん坊で

「おねえちゃん、おねえちゃん」とピッタリだった。

 

私が小5の時に、両親は離婚。弟は小3で、まだ小さかった。

父側についたわけだけど、弟は母にべったりだったから、辛かったと思う。

 

そんな弟と、寝る前にやっていたことがある。それは「壁越しノック」。

部屋が隣同士で、壁側にお互いベッドを置いていたので、

寝る前に、コン!コン!コン!とノックしあう。

 

なぜ、こんなことをはじめたかというと。

当時みていた「小公女セーラ」というアニメの中で

セーラとベッキーが、壁越しノックで合図しあうシーンがある。

 

 

大富豪から使用人に成り下がったセーラ。

同じ年くらいで、学園に奉公に来ているベッキー。

1日中こき使われて、クタクタな日々、セーラとベッキーは

壁越しに友情を育んでいく。

 

41歳になって、あらためて、このアニメを観直しているが、

なんとも切なく厳しい、色々考えさせられる内容だ。

当時の私と弟が、どれだけこの物語の内容を理解していただろうか……。

 

今度実家に帰ったら、「壁越しノック」の話を弟にしてみよう。

きっと懐かしすぎて、爆笑するに違いない。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

【北海道・札幌のみなさん!】2018.05.19(土)

グラフィックデザイナー・ダマリの「印刷物制作アドバイス」

かさこ塾フェスタ札幌/ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

 

名刺を作り変えたい。チラシで集客を増やしたい。

あらゆる印刷物で頭を抱えている方へ

 

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


家族の笑顔を守るためには。

 

祖母が、昨年7月に脳梗塞で倒れてから、かれこれ8カ月。

この間に、三箇所の病院や介護老人施設にお世話になった。

そして、また4月から祖母の居場所について、父や弟夫婦と電話で話す。

 

私は、鹿児島に帰省するたびに、祖母の施設へ足を運び

祖母がどうしたいのかを、あれこれ聞く役にまわることに徹した。

祖母は、「家に帰りたい」との一点張り。

 

祖母は、祖父が亡くなってから、父の暮らす家に併設して家を建てた。

祖母が家に帰りたい。という意向を聞き入れるには、一緒に暮らす父の想いも大切だ。

 

父は、63歳。まだまだ働き盛り。

早期退職をすると言ってはいても、

いざ退職をした後が、祖母の介護生活になるのも。なんとも切ない。

 

父は、とても優しい。静かな愛に満ち溢れている人だ。

父と母が離婚したあと、懸命に私と弟を育ててくれた。

 

ずっと再婚もせず、自分の仕事をしながら、祖父母の農業を手伝い、

私には、まるで自分自身の人生を我慢しているかのように思えてならない。

長男だから、すべてを背負っているように思えてならない。

 

4月から、祖母は実家に帰る方向でと父は考えている。

電話越しでも気丈にふるまう父だけど、

心中を察すると、なんだか心苦しくなる。

 

私にできることをあれこれ考える。

できるかぎり、祖母や父の役に立たなければ。

また、あの家で全員が揃って笑い声が聞けるように。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

 

2018.05.19(土)好きを仕事にする見本市 2018かさこ塾フェスタ札幌

@ミライストカフェ&キッチン ノベルサ1F/10〜18時

ダマリも出展します!

 

<印刷物制作アドバイス>

フェスタ特別価格/1枠20分…2000円

詳細・ご予約はこちらから

 


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/8PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ