病院で祝ったひな祭り

 

2014年の3月3日。

母は、脳卒中で倒れ、入院生活4カ月目を過ごしていた。

 

母は、日本の行事を大切にして

なおかつ楽しむ人だったので、

私は、鞠寿司とハマグリの潮汁を作り、病室へ持って行った。

 

歳の離れた従姉妹の女の子を2人連れて、

雛あられも持参して。

病室でささやかな、ひま祭りを祝った。

 

それ以来、ひな祭りの日になると

その日のことを色濃く思い出す。

 

病院や、介護施設など、

食中毒などの原因になるため

持ち込みの飲食は禁止されている。

 

ここの病院は、緩かったかもしれない。

と言うより、母が言うことを聞かない患者だったから

あきれて、見放されていたのかもw

 

祖母が今、介護施設に入っているが

何か美味しいものを作って持って行きたくなる。

特に、こう言う行事の時は、一緒に祝いたい。

 

世界中の女の子にとって

笑顔あふれるひな祭りになりますように。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

Adobe Illustrator , Photoshop マンツーマンレッスン

独学で勉強しているけど、いまいち良くわからない……。

印刷物を自分で作りたいけど、どうやって入稿データを作ればいいの?

この写真をうまく切り抜きたいの………。

チラシや名刺を自分で作りたい! などなど

●レッスン…(1時間)5000円

※オンラインも可能です。※プロの方はご遠慮ください。

 

セルフマガジンプロデュース"POWER for Restart"

個人版会社案内セルフマガジンをプロの編集者とデザイナーでプロデュースします。

自分をブランド化し、正々堂々と自分を売り込むマガジンを作りませんか?

●A5版p8 …135,000円〜

※お申込み、お問い合わせはコチラから。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


自分の細胞に刻まれた味

 

私は、鹿児島県霧島市が故郷。

鹿児島市で生まれ、2歳から21歳の19年間は

霧島市溝辺町ですくすく育った。

 

自分の細胞に刻まれた味。

 

いろいろあると思うけど

今日改めて実感した細胞に刻まれた味は「緑茶」だ。

 

 

霧島市溝辺町は、お茶の産地として有名。

日本で生産1位は静岡、2位鹿児島となっているが、

鹿児島の苗を、静岡に送っていると以前聞いたことがある。

 

私の実家でも、2016年までお茶を作っていた。

今でもお茶畑は残っているが、茶工場に貸している状態。

 

小さい頃から、お茶摘みの時期になると祖父母たちを手伝い

アルバイト代を稼いでいた。

お茶を摘むと、お茶の香りが一面に漂う。

4月下旬から5月の新緑の時期、茶摘みの香りで満たされる空気が好きだった。

 

お茶を作っているのにも関わらず

お茶を飲むのは、祖母の家に泊まった時くらいで

普段はコーヒーばかり。

 

毎日ブラックコーヒーを3〜5杯は飲む。

最近、なんだかコーヒーを美味しく感じられず

紅茶やハーブティ、ほうじ茶、白湯など、いろいろなモノを飲んでいる。

それぞれ、美味しいけど、なんだか落ち着かない。

 

「あ、そうだ。緑茶を飲んでみよう」

今年の新茶。まだ残っていたっけ。

 

霧島みぞべ茶は、薩摩やぶきたという品種。

香りが高く、ほどよい渋みもある。

お湯を注ぐと、花のようないい香り。

霧島山麓を連想する、清々しい香り。

 

お茶を飲む。ふわぁ〜〜〜〜〜〜っと細胞隅々に故郷の味がしみわたるのが分かる。

やっぱり、私は、このお茶で育ったんだ。

 

同じ故郷・風土で育ったお茶をカラダに入れることは

こんなにも、自分に活力を持たせるのかと。

ひしひし感じる。

 

なんとなく気だるい時。

自分が育った土地のものを食べよう。きっと元気になるよ。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


奄美で生活していた時の習慣「マシュ浄化」

 

奄美大島で10年生活をして、本土に戻ってきて早3年経った。

この間、悔やみで奄美へ行った際に思い出したことがある。

それは

「マシュ浄化」

マシュとは、奄美の方言で「塩」という意味。

 

奄美で生活していた頃、玄関に小さい蓋つきの器をおき

その中に塩を入れていた。

 

そして、帰宅の際に、塩を

左肩上から後ろに振り、

右肩上から後ろに振り、

頭の上から後ろに振り、

最後に少し舐める。

 

この儀式(!?)を毎回行なっていた。

 

これは、奄美のばあちゃんを見て

私が自ずと始めたもの。

 

母方のばあちゃんは、ユタだった。

ユタとは、琉球列島でいうシャーマンだが、祖母は人に助言をしたりということはなく個人で神を崇めていた。

毎朝、白装束で神棚に祈りを捧げ、チヂンをたたき、

家の周りや自分に、塩と酒を振りかける。

 

病院生活になってからも、お祈りを毎日していた。

家族全員の生年月日と住所、名前を良い健康、安全を祈る。

ばあちゃんの祝詞の言霊が入ったお守りは今でも大切に持っている。

 

そんな神高いばあちゃんの姿を見ていて、

「マシュ=塩」を出かける際に、私も振ろう!と始めた。

 

今回、この奄美で習慣化していたマシュ浄化を、また始めようと思う。

 

 

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


また、大切な人が亡くなりました。

 

 

私は、2016年5月に最愛の母を亡くした。

そして、今日、母の旦那さんが亡くなった。

 

「おじちゃんが癌で、もう長くはない。」と、奄美に住んでいる従兄弟から昨日メッセージがあったばかりの事だった。

 

母は、私が小学5年の時に離婚して単身奄美大島へ。

そして、私が中学3年の時に、奄美の男性と再婚した。

おじちゃん。と呼んでいた。

 

毎年夏休みになると、母のところへ遊びに行っていた。

おじちゃんは、無口な鉄工所の職人さんで、怒鳴り声も怖かったし、あまり好きになれずにいた。

酔っ払った時だけ陽気になり、人生論を語るのが、余計に気に食わなかった。

 

私が27歳の時、母のいる奄美へ移住。

そこから、母とおじちゃんが住む家に8年居候することに。

 

一人暮らしがしたかったが、

おじちゃんが「美和ちゃんさえよければ、ずっといて欲しい」と言ってくれ

その言葉に甘えて住んでいた。

 

母もおじちゃんも我が強く、ケンカも酷いし、週末になれば、飲みに行って、酔っぱらい。

おじちゃんは、母に対して、怒鳴ってばかりいたし、手をあげたこともあった。

 

でも、母も一筋縄ではいかない破天荒な女性だったので、

どっちもどっちだった。

 

そんな生活を見ていて、母が死んだのは、おじちゃんのせいだ。とずっと思っていた。

 

母が脳卒中で倒れ、介護生活になってからは、おじちゃんは変わったけど。

それでは、遅すぎた。でも、お互い様の夫婦だったってことも分かっている。

 

母が亡くなった後に、私は、おじちゃんに「縁を切る」という内容の手紙を書いた。

母がいなくなったら、もう、奄美へ帰らない。と決めていた。

 

あれから1年5カ月。

「縁を切る」という手紙を書いておきながら、私は母が死んで一人ぼっちになってしまったおじちゃんの事をずっと気にかけていた………が、癌で末期、そして、もう死んじゃっただなんて。なんて、人生は儚いの。

私は、なんて冷酷だっただろう。でも、あのときは、そういう判断が正しいと思っていたんだ。

 

夫婦の繋がりが深いほど、

一人が亡くなった後に、すぐ亡くなる。っていつも目の当たりにしていたけど、

母とおじちゃんも、とても深い繋がりをもった夫婦だったんだね。

 

せめて、「おじちゃん、ありがとう。色々楽しかったね」って、話したかった。

まだ、温かいうちに、手を握りしめたかった。

 

いつも、後悔はしない生き方を選択しているはずなのに、

やっぱりこうして、悔やむ日が来る。

 

人の命に「絶対」はない。だから、今すぐ、大切な人にありったけのありがとう伝えよう。

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


丈夫な体を授けてくれてありがとう。

 

本日、満月。そして、私の誕生日。

この世に生を受けて41年、今日を迎えることができた。

 

私は誕生日を迎えるたびに

こんな丈夫な体を授けてくれた両親に、ご先祖様に感謝する。

 

お誕生日おめでとう!と自分が祝ってもらうのではなく

誕生日を迎えられたことを、親や先祖に感謝する日だと、私は毎年思う。

 

大きな怪我もなく、病気もなく、

平和で幸せな日々を送らせてもらっている。

 

だから、この体で心で感じられることは、沢山経験していこうと思っている。

せっかくいただいた命だから、命の炎を燃やしていく。

 

自分が「生きている」と思える状況は、

自分が大病になったり、危険で、過酷な状況に置かれないと感じられないだろう。

 

私はフルマラソンに参加することで、それを感じる。

42km走れる心臓。大地を踏みしめる足。目・鼻・耳などの五感。

この体を授けてくれて、ありがとう!

感謝の意を込めて、親や先祖のために走る。

見ててね。

 

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

主な制作料金

コチラからどうぞ(^^)/

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。
デザインの見積もり・制作ご依頼、メールでのご相談はコチラ

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////

 

セルフマガジン制作

produced by POWER for Restart

 

プロの編集者「櫻木よしこ」とデザイナー「ダマリ」が

あなただけのセルフマガジンをプロデュースいたします!

 

Price A5カラーp.8/123,000円〜

※さらなる詳細は⇒こちらから

 

///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


デザイン屋Damalish.comネットツール

 

★Facebook https://www.facebook.com/damalish

★teitter https://twitter.com/Damalishcom

★instagram https://www.instagram.com/damalish_com/

★Homepage http://damalish.com

★Blog http://blog.damalish.com


///////////////////////////////////////////////////////////////////////////


<< | 2/6PAGES | >>

ホームページ


2018.5.19(土)かさこ塾フェスタ札幌に「印刷物制作アドバイス」ダマリ出展します!お申し込み詳細はコチラ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
メールでのご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ