ラクダ使いの嫁になろうか。と本気で思った旅

モロッコを1カ月かけて周ったことがある。

タンジェ→マラケシュ→メルズーガ→メクネス→フェズ→シャウエン→タンジェ

どこの町も刺激的で面白かったが、人生観を変えたのは砂漠の町メルズーガだ。

 

 

マラケシュから長距離バスに乗り、アトラス山脈を越え、約12時間後メルズーガに到着。

2泊3日の砂漠ツアーに申し込んでいた私は、

「ハサンという人がいるから、その人をちゃんと確認してついて行け」と言われていた。

 

到着したのは、夜の22:00。到着した町は真っ暗で、町の様子がさっぱり見えなかった。

「ハサン」と名乗る人が、私の名前を紙に書いて迎えに来ていた。

そして、ハサンの自宅へ向かう。

 

 

土でできた家に案内され、土の上に敷かれた絨毯にテーブルがあり

そこへ、ホブス(パン)、タジンとミントティが運ばれて来た。

大好きなオリーブは必ずついてくる(^^)

 

ナス、じゃがいも、鶏肉のタジン。

 

これを食べて、すぐに就寝。翌朝3:00には、ラクダで出発だという。

ちなみに、アラビア語で「いただきます」は「ビスミッラー」。

 

そして翌朝am3:00。外に出ると、まだ真っ暗で、ラクダが座っていた。

そして青い服を来た、ラクダ使いが1人。

ラクダの名前はジミー。ラクダ使いの名前はバラ。

 

ラクダに乗り、いざ2泊3日の砂漠の旅へ。

町には光が一切なく、満天の星空が空いっぱいに広がっていた。

保育園の頃、宮崎にラクダに乗りに行ったことがあったが、その時は、怖くて怖くて乗ることができなかった。

 

そんな私が、ラクダに乗り、それもサハラ砂漠を歩こうとしているなんて。

幼少時代のビビリな私を思い出し、成長した自分に笑えて来て

そして感動で涙が溢れた。

 

 

だんだんと朝日が登り始めると、ようやく周りの風景をみることができた。

オレンジ色に染まる砂漠が目の前に広がる。

なんという世界だろうか。

 

 

ラクダのジミーに乗っているのも楽しいけど、砂漠の上を歩いてみたい。

ラクダ使いのバラさんにお願いして、砂漠を歩かせてもらった。

リアルなフンコロガシや、ガラガラヘビの痕跡を見つけたりして何もかもが新鮮。

 

 

そして、到着したのは、ノマド民族の家。

土でできた4畳ほどの部屋に絨毯が敷かれた部屋に1泊する。

 

 

 

こんな場所で、バラさんとミントティを飲んでいると

「私がもし、この土地に嫁いだらどうなるのだろう」と自然に思っていた。

 

 

モロッコには不思議な魅力、そして魔力がある。

活気に溢れるスーク、シンプルな営み、フランス領土だった名残り、イスラムの尊い美しさ。

今思えば、私は全てのものに魅了されていて、

「なにもない」というシンプルな営みについて深く考えさせられていた。

 

 

そんな中で、私はバラさんと砂漠を歩きながら、勝手に「バラさんと夫婦だったら。」

という妄想に狩られ、砂漠の新婚旅行のようなフワフワした感情の中

砂漠の魔法に酔いしれていた。

 

 

ノマドの家にお世話になった翌朝、歩くこと4時間で到着したのは

砂漠のくぼみに用意されている絨毯でできたテント。

なんだこのドラクエ風な感じは!!!砂漠の真ん中で寝られるなんて最高!

 

 

バラさんが美味しい卵料理を作ってくれて、砂漠に二人きりで

なんだか変な気分になってきた。きっとバラさんもそうだったと思う。

今思えば、ちょっと危険だった。だけど、そこは成り行きに任せず、正気を取り戻した。

 

 

その日は、夕方に2人のツーリストが合流したのだが

もし、その夜、バラさんと私だけだったら、どうなっていたか分からない。

本当に、ラクダ使いの嫁になってしまっていたかもしれない。とそう思う。

 

 

翌朝、サハラ砂漠の夜明けを堪能し、メルズーガへ帰ることに。

「はぁ。終わってしまうのか。砂漠の旅が………」

私は、寂しく、なんとも言えない、「ひと夏の恋」が終わってしまうような感覚になっていた。

 

 

 

土壁の家だらけの、メルズーガの町。

 

 

そして、砂漠の旅を終え、シャワーを浴びたあと

突然気分が悪くなって、寒気がし、脂汗が出て、熱が出て来た。

バスが出る時間まで、ハサンの家で横になっていた。

 

 

熱のせいか、朦朧として、2泊3日の砂漠の旅が夢だっとのではないかと思うほどだった。

ここはどこだろう?と寝ぼけて目を覚ますと、外にはサハラ砂漠が見える。

あぁ、そうだ。私はモロッコにいるんだ。そしてメルズーガにいる。

 

なんとかバスに乗り込んで、メクネスを目指す。

バスの中でも熱にうなされ、「まずいな。変な病気になったかな…」と思ったほどだった。

お守りに常備していた「抗生物質」が効いたのか、メクネスに到着する頃には、治っていた。

 

この出来事を、母にメールで伝えた。もしかしたら、ラクダ使いの嫁になっていたかもしれないと。

母は「恐ろしい娘やなぁ〜」と、嫁にならずに済んだことに心から安堵した様子だった。

モロッカン・マジック。良い思い出だ。

 

ハサンと。

 

バラさんと。

 

 

 


小学5年から中学3年まで光GENJIを学校で使い倒す

 

以前からダマリはブログに書いているが

小学5年から、高校1年まで、光GENJIの大ファンだった。

田舎もんだったため、コンサートには一度も行ったことはない。

 

が、離婚して離れて暮らしてた母が

光GENJIのカセットテープ(のちにCD)、ビデオテープを購入して送ってくれていたため

常に光GENJIの波に乗っていた。

 

そんなダマリは、学校にまで光GENJIを導入し

先生たちを困惑させていた。

 

 

●小学5年

アイドル雑誌の「平凡」「明星」などの付録だった歌詞ブック。

光GENJIのデビュー曲である「STAR LIGHT」の歌詞の英語の意味を知りたくて

担任の先生に、聞いていた。「勉強もそのくらい真剣になってくれ」と言われた始末。

 

先生は、そんなダマリを見兼ねてか、

国語のテストでこんな漢字の問題を出してくれた。

 

問1 あの人は、諸星和己に(に)ている。

 

この問題を出してくれた先生の気持ちがとても嬉しかった。

 

図工の作品も、全て光GENJIモチーフで作成し

次から次に、光GENJI作品が増えていった。

 

クリスマス会の出し物も、クラスの発表会も、全て光GENJI。

もちろん、自分たちで7人のグループを作り、休み時間にはダンスの練習。

 

光GENJIが一度だけ鹿児島にコンサートにきたことがあり、

空港に光GENJIがくる!という情報が飛び込んできた。

空港は、走って5分位の場所にあるため、近所の仲間を集めて走って見に行った。

が、結局会えなかったけど………。

 

雑誌の切り抜きをスクラップして、みんなに見せていた。

「そんなものは持ってくるな」と先生に言われていたけど、続けていた。

最終的に30冊くらいになった。

 

 

●小学6年

小学5年の時の担任が引き続き担任となり、

家庭訪問で、ダマリのポスターだらけの部屋を見た先生は絶句。

「ちょっと減らした方がいいんじゃないか?」と言われたっけ。

 

そして卒業式。

光GENJIの名曲の中に「Graduation」という卒業の曲があり

これをどうしても、卒業式に流してほしい!!!と担任の先生にお願いした。

最初は断られたけど、結局、卒業生退場の曲に「Graduation」が流れ、ダマリは大号泣。

体育館出口に、担任の先生が立っていて、ニコニコしていた。ありがとう先生。

 

 

●中学1年〜中学3年

ダマリの頭の中は、とにかく光GENJI一色で、

小学5年ごろから描き続けていたマンガには、光GENJIのキャラしか登場しなくなった。

 

光GENJIファンを次から次へと増やし、

ダマリ家でビデオの上映会をよく行なっていた。

みんなでキャーキャー言って楽しんでいた。

 

そして何より、中学3年の体育祭で、中学の女子全校生徒で創作ダンスをするのだが

その創作ダンスのリーダーとなり、光GENJIの曲を採用。

おまけに、中学3年の応援団長となり、応援合戦の曲にも光GENJIの曲を採用という

今思えば、どこまで光GENJIを学校で使い倒すんだ!?という勢いだった。

 

音楽の先生にも光GENJIを聞かせ、「ボーイソプラノが綺麗だねぇ」と言われ

自分のことのように嬉しかった事を思い出すw

 

そして、もちろん中学の卒業式にも光GENJIの曲を使用。

卒業生退場の曲には採用してもらえなかったが、式の間に流す曲に紛れ込ませた。

 

 

今現在、ダマリ41歳。

あれから30年も月日が流れているけど、相変わらず光GENJIをBGMにして仕事をしたりする。

そして、1曲1曲に思い出があり、仲間のこと、先生のこと、

学校で過ごした日々を思い出しては心が穏やかになる。

 

いつかTVで7人が揃って登場することを願って。


【ペルー】アレキパから行くYURA温泉

ペルー第二の都市アレキパ。別名「白い町」。

ダマリは、ペルーの首都リマの日本人宿にあった宿帳に

「アレキパは良い!」という旅人の感想をたくさん目にして、行くことに決めた。

 

リマ→ナスカと旅を経て、ようやくアレキパへ。

噂通り、過ごしやすく、宿も快適すぎて、予定より長く滞在してしまった。

 

ある日、「YURA」という温泉があるということを耳にする。

ペルーでの温泉は、これで2度目となる。

 

公共のバスターミナル。バスに「YURA」と書いてあるからわかりやすい。

 

ギアのドクロがかわいいw

 

YURA(ユーラ)は、アレキパからバスで約1時間。

 

 

到着!!なんだかリゾートっぽい!

とスパのような感覚でいたら大間違いw

温泉は、この建物の一角にあった。

 

 

じゃじゃ〜〜〜〜ん!

なんだ、この芋洗のような温泉は。

なぜこんなに小さく区切られているの?

 

想像を絶する狭さと、芋洗状態に愕然としたが

これは、楽しむしかない!と頭のスイッチを入れ替える。

水着に着替えて、いざ入浴!!!

 

ダマリも体が大きい方だが、ペルーの方達もそれはそれはデカイ!

湯船に使っても、隣の人の肌が触れるほどに芋洗。

本当に自分が芋になったようだった。

 

とにかく、目を閉じて、温泉が体に染み渡るのを感じるのみ。

でも、ぬるいのよねぇ〜〜〜〜〜〜。

 

ここは、地元の人が集う湯治場なんだろう。

観光客がくる場所ではないw

でも、地元の人たちの生活を身近に感じられるのは、とても良い。

 

あとで調べてわかったが、温泉はここだけではなく、

他の建物の中にもあるらしい。

 

泉質は、硫黄みたいな匂いがして、ちょっとラムネ湯っぽかったかな。

 

みなさん、世界を旅するときは、水着を持っていきましょう〜!

どこでどんな温泉に巡り会えるかわからないよ(^^)v

 

 


愛猫ヒラがはじめてウチに来た日の過去ブログ

2005年8月30日のブログ

 

今日、dali魔女の家にやってきた
黒猫とは私のことですにゃ。
daliは私に"ヒラ"と名前をつけました。


ヒラとはトルコ語で"三日月"という意味みたいです。
だけど、daliのママは"平社員"のヒラ?
などと失礼なことをいっていました。

daliの家にはそう違和感がなく
ダンボールから出て
すぐにご飯をガツガツ食べました。


まぐろという魚味だったみたいで
すごくおいしかったです。


dali魔女宅で初のお食事

daliは、私が来る前にいたナイト姉ちゃんを亡くして
絶望的な日々を送っていたみたいですが
どうやら私が来てから元気をとりもどしたようです。

わたしです
これが私です。


daliにつかまれて無理矢理撮られました。
かんべんしてよぉ〜という顔になっちゃってます。
これからも、よろしくですにゃ。


大分県杵築市地域商社の封筒デザイン

 

杵築の生産者、製造者が真心を込めて作った商品を、

真心を込めて全国にお届けする大分県杵築市地域商社の

封筒デザインです。

 

ダマリが今現在住んでいる街

大分県杵築市に「きっと好きになる、きつき」を合言葉に

地域商社「株式会社きっとすき」が誕生しました。

 

地元のデザイナーにお願いしたいとのことで、

今回封筒デザインのお仕事をいただきました。

ありがとうございます!

 

封筒のサイズは、長3(A4三つ折りが入るサイズ)と

角2(A4がまるごと入るサイズ)の2種類。

 

「きっとすき」のCI使用規約に反することなく

このロゴを活かすデザインを心がけました。

 

シンプルだけど、どこか「気が利いてるねぇ」と思わせたい。

上質紙の白さも活かしたモダンな封筒にできないだろうか………

 

「きっとすき」のロゴは、黒と緑で構成されていて

背景の白がすっきりと美しい。

では、この3色でシンプルに表現できないか。

 

表面と裏面が繋がっているような、三次元的なデザイン………

と、あれこれ考え、できあがったのが、このデザイン。

 

担当者の阿部さんに、メールを送ると

一目で気に入ってくれた様子で、ほっとしました(^^)

 

シンプルであればあるほど、デザインて難しい。

みなさんも、オリジナル封筒作ってみませんか?

 

代表取締役社長 大蔵さん。

博報堂出身なので、いつも刺激あるお話を聞かせていただいています!

 

 

●株式会社 きっとすき

http://kit-suki.co.jp/


<< | 3/117PAGES | >>

ホームページ

プロフィール

グラフィックデザイナー・ダマリ
広告制作実績6000件。鹿児島県出身。趣味・乗馬、弓道弐段、フルマラソン3回完走、調理師免許取得、海外渡航22ヵ国。広告制作会社、新聞社等デザイン歴20年。2018年8月でデザイン屋Damalish.com3年目。現在、大分県にダーリン、黒猫と在住。
プロフィールの詳細

お問い合わせ

デザイン制作に関わることは何でもご相談ください。

デザインの見積もり・制作ご依頼
のご相談はコチラ

ネットツール

最近の記事

カテゴリー

以前の記事

produced by "POWER for Restart"

sakuragiyoshiko.com × damalish.com 編集者・櫻木よしこさんとのセルフマガジン共同プロデュースを始めました!

セルフマガジン


→マガジンを見る

◆デザイン屋Damalish.comマガジン「POWER」(無料配布)を希望される方は、以下の内容を記入しお申込みください。
お申込み⇒info@damalish.com

〇疚 ▲瓠璽襯▲疋譽 住所 ど数
住所は「メッセージ欄」に郵便番号を忘れず、またマンションの場合はマンション名まで記入してください。
※発送までにしばらくお時間いただきますこと、ご了承ください。

コメント

search this site.

管理者ページ